Search

検索したいワードを入力してください

母親に関する夢を見たときの夢占い(死ぬ/出産/夜の営み/母親が2人/いなくなる/お金)

Author nopic icon清水琉風
夢占い / 2018年10月04日
母親に関する夢を見たときの夢占い(死ぬ/出産/夜の営み/母親が2人/いなくなる/お金)

母親に関する夢を見たときの夢占いとの意味と心理

夢とは、もう一人のあなた・潜在意識との対話であり、同時に、宇宙の森羅万象とつながるトンネルでもあります。あなたが眠っているとき、心は遥か古代にさかのぼり、あるいは未来を探訪することができます。夢の世界はもう一つのあなたの人生であると同時に、今生きている世界と密接に対をなして現実と影響し合っています。

夢の言語は独特であり、全世界共通の『象徴』を駆使してあなたに毎夜メッセージを送ってきます。そのメッセージは夢占いとして、古来から活用されてきました。夢占いにおける「逆夢」とは何でしょうか。「母親に関する夢」が示すものは、あなたに何を伝えたがっているのでしょうか。詳しく見ていきましょう。

夢で「母親」が示すもの

夢の中で「母親」が示すものとは、何でしょう?その答えは、母親とはいったいどんな存在かを考えることによって明らかになります。

ポジティブな面から言うと、創造的、命の源、いつでも受け入れてくれる、愛情、温かい、豊か、などのイメージです。ネガティブな面から言うと、束縛、支配的、暴力的、逃げ場がない、決めつけ、など、世の中で母親ほど支配的な存在はない、と言っても過言ではありません。

母親は、圧倒的な存在感と逃げようのない支配力を持っていて、良い面でも悪い面でも影響力抜群です。対象を支配したり、依存させたり、操ったり、外側から支配してくる父親的な権力よりも一層内面からの支配を可能にもするのが、「母親的なもの」です。

夢で母親が出てきたとき母親が感じが良ければ,愛情や創造性などを示す吉夢です。

一方で、母親が恐ろしかったり感じが悪かったりする夢ならば、束縛、支配などを示す凶夢です。

「母親」以外の、「母なるもの」を示す場合

夢の中の母親は、「母親」のみを示すのではなく、母なるものを示す場合も多いです。すべてを呑み込む「時代の流れ」であるとか、逆らいようのない「周囲の評判や雰囲気」、あるいは、環境の変化などを示すキャラクターとなって夢の中に現れます。

基本的に、夢の中の母親があなたに好意的であるなら、周囲の環境もあなたに好意的、つまり順調と言えるでしょう。

母親が恐ろしかったり、死にかけていたり、姿を見せない夢は、あなたが逆風の中にいる暗示です。こういう時は新規のことは始めず、内部を充実させることを考えましょう。

最も基本的な「母親に関する夢」の解釈 ~自立すること〜

母親に関する夢で、具体的に最も基本となる解釈は、「自立」に関することです。現実社会でも、両親から、特に母親からの自立というのは、人間として必須であるにも関わらずもっとも困難を伴うものの一種です。

これに失敗すると、女性ではいつまでも家にいるパラサイトになる可能性が高くなり、男性ではいわゆるニートにまで転落する可能性が高くなり、非常に危険です。

この危険性は、もっと社会に広く警告されても良いはずなのに、テレビやマスコミなどを通じてあまり伝えられないのは、母親という人種はテレビの視聴率を左右し、消費のリーダー的存在であり、正面から危険性を喧伝すると企業側が不利になる、という無意識の判断があるように思われます。

人生で最も困難な作業である「母親からの精神的自立」に失敗することで、結婚しない、子供を産まない、独り立ちしない男女が増えているのが昨今の風潮です。

もちろん、結婚しない男女がすべて母親からの精神的自立に失敗しているというのではありませんが、独り立ちをしなくても許される風潮は、「母親的なものからの脱却」に失敗した人が陥る落とし穴であることは間違いありません。

夢の中に母親が出てきたとき、母親がどんな感じで、自分は母親とどう接していたかを詳しく見ることで、人生のもっとも重大な局面の一つである「自立」がどこまで進んでいるか、知ることができます。

以降、具体的な「母親に関する夢」の解釈に入りましょう。

状況・状態別の母親の夢を見たときの夢占いの意味

母親の夢占いは、比較的メジャーかつポピュラーな夢です。実際の母親ではなく、友人の母親や見知らぬ人が母親として登場する場合もありますし、時に、母親のおっぱいを吸うとか、母親と夜の営みをするなどの、ぎょっとするような気味の悪い夢を見ることも、全然珍しくありませんので、ご安心を。

両親からの精神的自立は、個人の発展に置いてもっとも困難なものの一種ですので、ぎょっとするような夢でもそこから読み取る夢占いは、ごく一般的なものの場合が多いので、自分を責める必要はありません。

では具体的に夢占いに入っていきましょう。

母親が死ぬ夢占い

母親が死ぬ夢占いは、自立や事態の好転を示す吉夢です。一般的に人が死ぬ夢と言うのは、自分が死ぬ夢も含めて、「大きな変化の前触れ」「事態の劇的な好転」「一見不幸に見えることが、後から考えると一大転換期だった」などの非常な吉兆を示すことが多いのです。

特に母親が死ぬ夢占いは、今まで支配されていた何かから解放されたり、どうしても避けて通れなかった問題が無くなったり、心に重くのしかかって今にも潰れそうな問題が解消される吉夢になります。

母親が無くなって悲しみに暮れている夢で、悲しんでいればいるほど、吉夢度は高いと言えます。

一方で、もし母親が死んでほっとしていたり、平然と受け止めている夢であるなら、現実には母親に悪いことが起きる可能性もあるので、注意したほうが良いでしょう。

母親が出産する夢占い

母親が出産する夢占いは、母親が何が大きな負担を抱えていて、その負担に押しつぶされそうになっている暗示になります。出産の夢占いは通常吉夢が多く、負担からの解放や物事の発展を示す場合がほとんどですが、母親が出産する夢は、少し違います。

この夢占いでもっとも見えてくるものは、家族が母親にばかり負担を押し付けて、母親が今にも倒れそうになっている、という警告です。

思い当たることがあれば、すぐに母親を助けてあげてください。

もし実際の母親でなく、よその母親が出産する夢を見たら、少し離れたところで起きる変化が自分に影響を及ぼす暗示です。生まれた赤ちゃんが健康で可愛ければ良い影響を、醜く不健康であれば、悪い影響を暗示しています。

母親が(もしくは母親と)夜の営みをする夢占い

まず、母親が夜の営みをしている夢占いから解釈してみましょう。現実に母親が夜の営みしている場面を見たら、こどもは少なからずショックを受けます。母親や父親というものは、性的な臭いを感じさせない、もっと清浄なものと考えているからです。

母親が夜の営みをしている夢は、両親を無条件に神のように敬い尊敬していた幼児期から一歩抜け出し、両親も自分と同じで、過ちも犯せば生臭い欲望も持つ人間なんだ、と実感と共に認識している証しであり、精神的成長を示す夢占いになります。

一方で、母親と自分が夜の営みをしている夢占いは、男性であれば、少なからずショックを受けるかもしれませんが、珍しくもなんともない夢です。夢の中の母親との夜の営みは、精神的繋がりや幼児性、甘えの象徴なので、まだ母親の胸の中で甘えていたい願望を示したり、大人になるのが怖い、などの自立への恐れを示していて母親の胸の中に逃避したい願望を象徴したりしています。

決して、母親に性的願望を持っているという意味ではありませんので、安心してください。

母親とタクシーに乗る夢占い

母親とタクシーに乗る夢占いは、二人の目的地が今のところ一致し、息が合っている暗示になります。
受験を乗り越えたり、こどもの精神的自立と母親の子離れが噛み合い、二人でそれらを同時に成し遂げようとしている家庭を示しています。

タクシーの夢占いは、小回りが利く、最短距離を見つけられる、目的がはっきり定まっているなどの吉の面が多いです。一方で、乗っているタクシーが目的地に着かなかったり、途中で事故にあったり、タクシーの運転手が怪しげな人である場合、こどもの精神的自立、または母親の子離れに何か障害が起きる可能性を示していると考えましょう。

母親と乗っているタクシーがスピードを出していて怖い夢占いは、性的願望が高まって、女性的な「母なるもの」に対する欲望がコントロールできないまでに高まっている暗示になります。もしスピードを出しすぎて事故になったりする夢占いは、性的衝動が暴走して事件につながる可能性もありますので、ともかく気を付けてください。

女性が母親とタクシーに乗る夢占いも基本的に精神的自立を表しますが、こちらは娘のほうが親離れできない暗示になります。母親はいつまでも娘に頼ってきてほしいと願うものですが、女性がそれに甘えたままでいると、将来結婚できない、したくない大人になってしまいます。

母親はあくまで母親で、自分が獲得した人間関係ではない、自分の人生は自分が獲得した人間関係でしか築けないことを自覚しましょう。

母親と(母親が)ホテルに入る夢占い

母親と(母親が)ホテルに入る夢占いは、今まで非常に遠くに見えていた母親や父親が、実は自分と同じ人間であり、生臭い性的な欲望も、未熟な面もある人間である、という失望感または正常な感覚を持ち始めたことの暗示です。

自立の一歩は、「母親も自分と同じ人間である」という認識から始まります。赤ちゃんから幼児期までは、母親は絶対的存在であり、神様に等しいどうにも越えられない壁であることから始まるのですが、思春期を経て、母親は徐々に神聖さを失い、次第に自分たちと同じところにまで降りてきます。

母親がホテルに入るのを目撃してショックを受ける夢占いは、まだ母親への崇拝が多少残っている現れですが、それも次第に溶けていっている暗示になります。

自分が母親とホテルに入る夢占いは、今までの密着した母子関係から一歩成長して、互いに自立した大人同士の関係に移行する前触れになります。入ったホテルがビジネスホテルであっても、ラブホであっても、それは同じです。

母親と元カレがセットになっている夢占い

夢の中の登場人物で、母親と元カレがセットになっている夢占いは、人間関係を過去のものとして整理し始めている暗示になります。母親は人間関係の土台になる大事な存在ではあるものの、自分で作った人間関係ではなく、将来的には別次元の存在になるものです。元カレも同じく、過去の存在として認識され、だんだんと未練が薄れていっている表れです。

元彼にまだ未練があって、復縁できないものか、と願っている場合、母親と元カレが夢に出てきからは徐々に未練も薄れ、新しい恋に目が向くようになっていくでしょう。

一方で、母親と元カレがセットになってあなたに敵意を向けてきたり、意地悪をしてきた場合、あなたは過去を過去として受け止められず、いつまでも過去に生きて未来に目を向けられていない、という夢からの警告になります。

未練の感情は、時に生霊になって自分と元彼を苦しめたり、未来の素晴らしい出会いの妨げになります。もし元彼と別れて生々しい感情を引きずったまま、元彼と母親に意地悪される夢を見たのなら、過去の人間関係を過去のものとして受け止めるには、まだまだ時間がかかることを示しています。

いずれは時が解決してくれますので、それまではじっと耐えてください。

母親が二人の夢占い

母親が二人いる夢占いは、愛情の泉である母親と、その裏返しである束縛や強制、支配的な母親への反発の葛藤を示しています。特に、片方の母親が感じが良く、片方の母親が感じが悪い場合は、母親へのイメージが揺れ動き、以前のように完全に信頼したり、甘えたりできなくなっている心理状態を示しています。

片方の母親をどこかに閉じ込めて、もう一人の母親と出かけている夢占いは、母親に対する絶対的な信頼をもう一度取り戻したい現れですが、今はもうそれができなくなっていることを示しています。母親が両方いてどちらを選べばよいのか迷っている夢占いは、母親の両面性(愛情と支配)の双方を受け取ることにまだ迷いがあり、両面性を受け止められない暗示です。

いずれにせよ、今あなたは「精神的自立」という人生においてもっとも大事な局面に遭遇しているでしょう。愛情も支配も、双方とも母親の真実の姿だと受け入れることができれば、あなたはようやく等身大の母親を受け入れて対等な人間として見られるようになります。それが自立の第一歩です。

母親にいじめられる夢占い

母親にいじめられる夢占いは、精神的自立をしようとしている自分に対する罪悪感でいっぱいになっている暗示です。精神的自立とは、厳しい言葉で言うと、「母親を必要としなくなること」です。依存してきた母親を今自分は捨てようとしているのではないか、母親に対してひどいことをしているのではないか、と人は誰でも成長過程で思い悩むものです。その罪悪感を夢の中で「母親にいじめられる」ことで解消している、と考えましょう。

夢占いでは、いじめられることは、その人に対する罪悪感の象徴と解釈します。たとえば、父親にいじめられる夢占いでも同じように、父親を尊敬できなくなる自分の罪悪感の現れです。

世の中の母親にとって、確かにこどもの自立はさびしく、急に心に穴が開いたように感じられるでしょう。しかし、少しずつ子離れをしていくことで、母親も自由を取り戻し、一人の人間として生きる道に戻っていく、そうすることでまた第二の人生を生きることができるのです。

母親を見捨てようとしているのではないか、という罪悪感が無くなれば、この種の夢は見なくなります。

母親がいなくなる夢占い

母親がいなくなる夢占いは、あなたの精神的自立がもうあと少しで完成することを暗示しています。母親がいなくなって探し回っても見つからない、そこで嘆き悲しむ夢占いは、あなたが永遠に失ってしまった「母との一つの命を分け合う時間」に対する惜別の状であり、もう二度と戻れない過去への憧憬です。

幼稚園に行ったり、学校に通ったりするうちに、母親と過ごす時間は少しずつ少なくなり、結婚する時期にには完全に、母親を、自分が頼る人間ではなく、一人の別人格としてとらえる時期になります。母親がいなくなる夢占いはでは、夢の中で寂しがり、悲しみ、泣きわめく度合いが強ければ強いほど自立への感情が浄化されて自立の準備が整っている暗示になります。

逆に、母親がいなくなっても平気な夢占いは、あなたはまだ母親の無償の献身を当然のものとして受け取っており、精神的自立ができていないことを示しています。ニートになってしまう人は必ず、母親からの精神的自立に失敗している人です。

母親がお金をくれる夢占い

母親がお金をくれる夢占いは、くれるお金の額が大きければ大きいほど、あなたがまだ母親に依存している証しになります。小遣い程度の額だったり、小銭だったりする場合は、あなたが母親を必要としなくなっている暗示です。

大人になる、ということは、つまり、両親を必要としなくなる、ということです。必要としなくなるというのは、もちろん、経済的に頼らなくても自活できるということが最も重要な部分になります。

人からお金をもらう夢占いは、もらう額が大きいほど、お金をくれる人に依存しているという暗示です。宝くじが当たった夢を見た場合は、偶然や幸運ばかりに依存して努力していない暗示であり、社会に甘えている暗示にもなりますので気を付けてください。

依存する、ということは、依存する対象に支配されることを受け入れる、ということと同義であることを覚えておいてください。

母親が入れ替わる夢占い

母親が入れ替わる夢占いは、強く母親に依存しているひとほど見る傾向にあります。幼児の大半は、母親が別人に入れ替わってしまい怖くて仕方がない夢を見ますし、母親が死ぬ夢を見ます。入れ替わったり死んでしまって、目を覚まして母親がいることを確認してほっとする、その繰り返しで少しずつ母親のテリトリーから離れていくのです。

母親が入れ替わっても全然気にならなかったり、悲しくもなくごく自然に接している夢占いは、母親との絆が切れてしまっている人か、もうまったく母親に依存していない自立した人間になっている人でしょう。

母親が病気になる夢占い

母親病気になる夢占いは、年老いてしまった母親を持つ人が母を喪うことを恐れている暗示か、または母を喪いそうになる世界をまず夢の中でシュミレートしていてるかどちらかになります。いずれにせよ、大人になる過程で必ず一度は見る夢ですし、大人になってからも幼いころの自分が母が病気になる夢を見ることもよくあります。人類(というより哺乳類)にとって、それほど「母親」というのは大事な存在であり、すべてがそこから生まれてそこに帰っていく存在と言っても過言ではありません。

この夢占いでは、母親が病に倒れて嘆き悲しむ度合いが高ければ高いほど、あなたは母親から精神的自立を果たしている、という暗示になります。

逆に、母親が病気になっても平気である、まるで気にならない夢であるほど、いざ母親から自立する段階になると精神的に不安定になったり、自立に失敗したりする可能性があります。

自立は、今までの関係を喪うのではなく、また違う関係を新しく作り直すこと、と考えて、前向きに捉えるとうまくいきます。

母親が再婚する夢占い

母親が再婚する夢占いは、その他の母親に関する夢占いとはまた違った意味を持ちます。自分と母親との関係性を示す夢ではなく、現実の母親がいま非常な負担に喘ぎ、逃げ出そうとしているまで追い詰められている暗示になります。

人は、母親に対して幻想を抱いています。母親はいつでもこどものことだけを考えてくれて、献身的に、あふれる愛を持って接してくれる存在、という幻想です。

世の中の多くの母親はその幻想の世界に半分は身を浸し、半分は、それに反発して生きています。母親でも疲れたときは休みたいし、自分のことを大切にしたい日もあります。そんな感情に鈍感な家族は、母親の幻想を母親に押し付け、完全にオーバーワークに陥らせてしまいます。

この夢占いは、典型的なそのパターンです。このままでいくと、母親が倒れてしまうか、どこかに行ってしまう可能性さえありますので、気遣ってあげてください。母親が出産する夢とほぼ意味合いは同じですが、出産よりもさらに母親の心理的危機度は高いと言えます。

母親がじっと自分を見つめている夢占い

母親がじっと自分を見つめる夢占いは、母親に関する夢占いの中で最も警戒すべき警告夢になります。近い将来、何か母親を心配させる出来事が起きる可能性を暗示しています。

特に母親が悲しそうな目で見ていたり、何か言いたげである場合は、現在進めていることを一時手を止め、よく振り返って、方向性を確かめてみましょう。不要不急と判断できるなら、速度を緩め、周囲にいろいろ相談するのをやめて、物事をできるだけ小さく、自分で自信を持ってコントロールできる範囲に留めてください。

新しいことに手を染めず、信頼できる人だけとお付き合いをし、じっと身を潜めることができれば、ダメージも最小限に済みます。

母親が一人の人間であることを知ること

母親に関する夢を述べてきました。夢占いの大半が、「精神的自立」というテーマに基づき、あまり予知的な意味を持たず、夢占いというよりは心理学的な解釈に傾いてしまったかも知れません。

母親は個人にとって、最も重要な配役の一人です。配偶者や子供と並ぶ配役であり、人生に及ぼす影響に至っては、配偶者やこども以上であり、人格のもっとも基本的なものを形作る役割を背負っていると言えます。それ故に、夢に出てくる頻度も高く、夢占いは心理学的な解釈に傾きがちになってしまいます。

精神的自立、と何度も同じ言葉を使いましたが、要は、「母親もあなたと同じ人間である」ことを認めてあげることで、自立は完成します。わがままも言いたくなるし、自己中心的にもなり、自由を愛する一人の人間である、と認められて初めて、対等な一人の人間として見てあげられ、精神的な自立が完成します。

対等な人間である、と認めることに罪悪感は少しも必要ではないし、自立することで母親も「母親業」から解放されて新たな人生を歩めるようになります。

支配、束縛、強制などの悪い側面もおっかぶせられてしまう母親は、こどもが自立してくれることでようやく、一人の人間に戻ることができ、そこからまた第二の人生を一歩を踏み出していくことになります。

母親の第二の人生を祝福してあげましょう。

関連記事

Related

Line@