Search

検索したいワードを入力してください

6月6日生まれの人の特徴と性格とは?運勢・運気・星座など

Author nopic icon☆yuri☆
誕生日占い / 2019年01月04日
6月6日生まれの人の特徴と性格とは?運勢・運気・星座など

6月6日生まれの人の特徴と性格

6月6日生まれの人は芯が強い

6月6日生まれの人は柔らかな落ち着きと親しみやすさを併せ持ち、誰からも好かれます。その穏やかさで周囲の人たちから一目置かれることも多く、異性からも、「一緒にいて落ち着く」と好感を持たれることも多いでしょう。

ただが長かったり、特別親しい人からは、「頑固者」といわれることもあります。これは、6月6日生まれの人の妥協が嫌いな性格から言われてしまうことで、何よりも自分の考えを大切にしているといえます。そのため、人の意見を求めることもあまりないでしょう。

また、6月6日生まれの人は、直感力に恵まれている人が多いです。初めに閃いた考えが大きく外れるようなことがないため、取り返しのつかない失敗をしたり、大きく道を踏み外したりすることもありません。決断力と、さらにそれをやり通す根性も持ち合わせています。
持ち前のリーダーシップも活かしていくことで、人の後を追うのではなく、自ら切り開く人生を歩んでいけるでしょう。

6月6日生まれの人は話術に優れ親しみやすい

6月6日生まれの人は、人間関係をとても大切にします。聞き上手でありながら会話のセンスもあるので、どこに行っても「素敵な人」として評判になること間違いなしです。また、6月6日生まれの人は知恵とアイデアにも満ちています。パーティーのような人が集まる場所では大勢の人に話しかけられ会話も弾み、その中で思わぬ有力なコネをつかんだりします。

よって6月6日生まれの人は人づきあいが得意といえますから、人を相手にした仕事が適しています。教育関係、営業など、信頼関係が重要な業種において、個性を十分に発揮します。また6月6日生まれの人は芸術的なセンスもありますので、文学や芸能の分野でも活躍できます。6月6日生まれの人の人柄から、周囲の人が率先して協力してくれるので、どんな場面においても有利に立ち回れます。

6月6日生まれの人の恋愛

6月6日生まれの人は話し上手な上、オシャレですから、どこにいても異性の注目の的となります。「憧れの人」のような好感を持たれることが多く、交際も、近づいてくる何人もの異性から本命を選んでスタートしていく形がほとんどです。自分の魅力的な部分をしっかり把握し、それをさらに魅力的にみせることができるので、交際が始まってからも相手の心を離しません。そもそもの性格は温和で思いやりのある6月6日生まれですから、いつまでも安定した交際を続けることができます。

また、6月6日生まれの人は、純粋でかわいらしい心を持っています。理想の人がいつか自分を迎えにくると空想していたりします。「そんな夢みたいなこといつまで考えているの?」と周囲から言われてしまうこともあるかもしれませんが、6月6日生まれの人にとってはこのような空想に浸ることはとても楽しいことで、リラックスできる時間でもあります。一般的に、リラックスしながら落ち着いた気持ちで願う願い事は、潜在意識に届きやすく、叶いやすいといわれていますので、6月6日生まれの人はその願いによって思わぬ出会いを引き寄せてしまう力も持っています。

恋愛のことで悩んだらこちら!

・彼氏がなかなかできない
・運命の人は現れるの
・今の彼と結婚しても大丈夫
・人を信じるのが怖い


そんな悩みを解消したい方におすすめなのは、当たると評判の人気電話占いピュアリ
口コミランキングNo.1の実績があります。

初回はどの先生でも10分無料で相談OK!
ピュアリはTV番組への出演や大手ブライダルサイトとのコラボなど、メディア露出も多いので安心です♪

一度無料鑑定してみることをおすすめします(^ ^)

相性の良い/悪い誕生日の人

6月6日生まれの人と相性の良い人

6月6日生まれの人と相性が良いのは、
3月16日、7月16日、9月3日、10月12日、12月1日、12月23日
生まれの人です。

3月16日生まれの人とは、金銭感覚や家族計画の価値観が似ていることから、ここぞという重要な場面で揉めることがありません。

7月16日生まれの人とは、お互いの気持ちを理解するのに言葉はいらないといえるほど、6月6日生まれの人との相性が抜群です。ただ、相手が落ち込んでいたり沈んでいたりすると、一緒に心が曇ってしまうことが多いです。うまく相手を励ますことができずに、二人して落ち込んでしまうという弱点があるので、もし相手が悩んでいると感じたらあえて笑顔でいるように心がけるとうまく心が晴れていきます。

6月6日生まれの人と相性の悪い人

6月6日生まれの人と相性の悪いのは、

5月21日/8月22日/9月10日/9月12日/9月18日/10月29日

生まれの人です。自分の気持ちを正直に言葉にできる6月6日生まれの人に対し、9月12日生まれの人は自分の思いを上手に言葉にできず、何を考えているのかわからないという苛立ちから、喧嘩が増えてしまいます。

10月29日生まれの人は、内向的で警戒心が強いので、危険な場所へも好奇心からついつい立ち入ってしまう6月6日生まれの人を受け入れられない気持ちがあります。

6月6日生まれの人の運勢・運気(男性/女性)

6月6日生まれの女性の全体運

6月6日生まれの女性は、自分磨きを欠かしません。20代後半くらいから、時間を忘れるほど没頭する趣味に出会い、そこから新しい自分に出会うことがあります。どんなことにも真面目に取り組む性格なので、このころから運気はどんどん上がっていきます。

仕事や金運については、30代に入ったくらいから上昇していきます。仕事に夢中になりすぎて婚期を逃す人もまれにいますが、結婚せずとも自分で自立した生活ができるほど、お金に困ることはありません。結婚願望がある人は、なるべく早めに行動することで素敵な出会いが訪れます。

6月6日生まれの女性の恋愛運

6月6日生まれの女性は、魅力的かつマドンナ的な人気者の星回りです。言葉のセンスもあり自分をより魅力的に表現できるので、周囲の男性はたちまち虜です。

6月6日生まれの女性は男性の輪の中にいることが多いため、同性からは陰口をたたかれてしまうこともあるほどです。その輪の中でも、年上の男性より、年下の男性から憧れられてちやほやされることが多いです。

30歳になるころには少し陰りが出てしまうかもしれませんが、気になる人には一度すべてを捨てる勢いで自分をさらけ出すといいです。飾らない自分を好きになってくれる人が見つかります。

6月6日生まれの女性の金運

6月6日生まれの女性にとってお金とは何か。それは身の回りを豊かに飾るための手段として必要不可欠なものです。とはいっても、バランス感覚にたけている6月6日生まれですから、つい使いすぎてしまう…ということはありません。ですが自分自身の楽しみのために惜しみなくお金を使うタイプで、使えば使うほど、自分自身が磨かれていくといえます。

6月6日生まれの女性は収支のバランスのいいマネーライフを送ることができます。よって大幅な黒字になることはないですが、多額の赤字になることもありません。

6月6日生まれの男性の全体運

6月6日生まれの男性は、仕事において多少優柔不断な部分があります。ですが周りに頼ることをせずに、自分の力で勝負していくことを続ければ、30代頃には仕事運も上昇していきます。大成功を収めることもできるでしょう。計画的に目標を掲げ、しっかり準備することで、老後も安泰、穏やかに過ごせるでしょう。

6月6日生まれの男性の恋愛運

6月6日生まれの男性は、紳士的でありながらユーモアセンスもあり、女性からの人気は高いでしょう。カリスマ的な空気感があり、黙っていても女性の方からついてくることが多く、恋愛で困るということはほぼないといえます。ですが、本人はそれほど恋愛に固執しておらず冷静です。その時その時の楽しさを優先してしまうので、恋愛に発展することは少ないです。

30歳くらいからは、自分から何もしなくても、女性の方からのアプローチで恋愛が始まるでしょう。女性の方が、自分のことを離すまいと一生懸命になってくれるくらい気持ち的に余裕のある交際ができそうです。

6月6日生まれの男性の金運

6月6日生まれの男性は、30代から金運が上昇していきます。恋愛に関しても同じことが言えますが、焦らずじっくり取り組むことで、後の大きな成功へたどり着けます。若いうちからライフプランをしっかり頭に入れて、将来の準備をしておきましょう。安定した老後が迎えられます。

6月6日生まれの人の星座

6月6日生まれの人はふたご座

6月6日生まれの人は、ふたご座です。ふたご座の人のコミュニケーションは、スパッとしているといわれます。素早くきっぱりしていることがおおいですね。本当に竹を割ったかのようで、必ず黒か白です。グレーがあり得ません。

話の展開も早く、周囲がついていけないなんてこともしばしばです。このスピードは、「双子」だからこそなせるものだといわれます。二人の頭脳が一つの頭に入っているようなもので、処理能力がほかの人と比べて単純に2倍あるとされています。そのため、ふたご座の人は記者や編集者などの仕事につけば、この才能をより発揮できるといえます。

恋愛においてはプライドの高さが邪魔をして、簡単に相手に溺れるということがなかなかできません。素直になれないとも言えます。

また、相手と一定の距離を保っていたくて、自分の思いと行動がうまく一致しません。なかなか交際を長続きされるのも難しいでしょう。

相性がいいのは、細かいところまで見てくれる、知性的で控えめな人です。ふたご座の人は、無意識に自分と相手を比べてしまうところがあるので、その癖をなくせば、何事もうまくいくようになります。

相性が良い星座/悪い星座

ふたご座の人は理想主義的な人が多いといわれます。自分の理想通りの相手が見つかると、快く受け入れます。ただ少々飽きっぽいところがあるので、別れの理由が喧嘩や浮気だけとは限らないのもふたご座の特徴です。

ふたご座と相性のいい星座はてんびん座とされています。てんびん座の人とは、価値観や自分が保ちたい距離感が非常に似ています。またお互いの感覚も理解できるので良好な関係を維持できます。疲れを感じやすいふたご座にとって、平和主義なてんびん座の人には安心感があり、心から安らぐことができます。

逆に相性がよくないのはうお座です。うお座の人とは価値観が合わないことが多く、意見が異なったり、お互い正反対のことを思っていたり、共通点がないので、合わないとされています。交際に発展したとしても、お互いの恋愛観が異なるのですれ違いが多くなります。

ふたご座の人はさっぱりとした交際を好みますが、一方でうお座の人は恋人に忠実さを求めます。ふたご座のさっぱりした対応にうお座は不信感を覚え、溝は深まるばかりといえそうです。ふたご座は適応能力が高いといわれますが、無理にうお座の価値観に合わせようとして自分を疲れさせ、関係に亀裂を生じさせる危険があります。

ガラスのような繊細さと大胆さを持つ6月6日生まれ

6月6日生まれの人は、繊細で、触れたら壊れそうなハートの持ち主です。そのことを少し悩んだりしていることも多いでしょう。でも、ある時は、周りも本人さえもびっくりさせるくらい大胆な行動をとることもあります。

困った人や苦しんでいる人には手を差し伸べずにはいられないので、とっさの判断で行動を起こしてしまいます。

それは6月6日生まれの人の素晴らしい魅力でもありますが、その優しさを自分自身に向けることができれば、ガラスのハートがダイヤモンドの輝きになります。自分を大事にすることで、今以上に強い人になれるでしょう。

関連記事

Related

Line@