Search

検索したいワードを入力してください

茨城のパワースポットを紹介|ご利益別・観光におすすめのエリア

Small 7f6bffd9 520f 499e b3ef ed0146aa0c1d千妃呂
カテゴリ:パワースポット

初回公開日:2017年06月27日

更新日:2018年01月19日

記載されている内容は2017年06月27日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

茨城のパワースポットを紹介|ご利益別・観光におすすめのエリア

神様が鎮座する茨城の魅力

東北と関東の境に位置する茨城県は、数々の神話が今も語り継がれる素晴らしいところです。神様のご加護を存分に授かったパワースポットと重要文化財が数多く存在します。今回は、その中からパワースポットをいくつかご紹介します。あなたもきっと、時の流れを感じるスピリチュアルな旅がしたくなるでしょう。

関東最古の神社が茨城に 鹿島神宮を歩こう

茨城県にある神社でまず思いつくのが、鹿島神宮でしょうか。紀元前66年創建、初代天皇である神武天皇が建てたと言われる関東最古の神社として参拝者が絶えない人気のパワースポットになっています。武芸の神様が祀られているため、勝利の神様として、多くの人が必勝祈願に訪れます。

勝負運の他にも行動力や決断力、精神力がアップするとの言われており、人生の転機にはぜひ訪れたいパワースポットと言えます。目の覚めるような朱塗りの楼門は徳川光圀公の父頼房公が納めたものです。

素木造りの拝殿と対照的な極彩色の華やかな御本殿、奥参道の先に徳川家康が関ヶ原の勝利に感謝して奉納したと言われる奥宮があります。これらの建造物は国の重要文化財になっています。

全貌を見ることのない巨岩のパワー!

鹿島神宮の奥参道を進むと要石と呼ばれる霊石にたどり着きます。ここは強力なパワースポットです。要石が地面から出ているのはほんの一部、7日掘り進めても全貌を見ることが出来ないくらいの巨石だと言われています。その根底は地球の中心にまで届いていて、地震を起こすナマズの頭を押さえつけていると伝えられています。

1198年に伊勢ごよみにこの要石を詠った歌が載っているため、その頃から茨城の地震鎮めの神様として世に知られていたことになります。要石は、自分以外の大事なものを守る力を与えてくれるとも言われるパワースポットですから、是非手を合わせておきましょう。

茨城県は森全体がパワーを宿している

鹿島神宮の境内は700種以上の植物の生い茂る広大な森で、その全体がパワースポットと言われてます。歩いていると何かに背中を押されているような強いパワーを感じます。新しいことを始める、大きな決断をする前などは、この参道を静かに歩き、自然のパワーを全身に浴びると前に進む力が湧いてきます。

森の一角に鹿苑がありますから、是非立ち寄ってください。たかが鹿と思うなかれ、あの鹿で有名な奈良県春日大社の鹿のルーツが、実はこの鹿島神宮の鹿なのです。かつてここの鹿は、茨城から1年かけて奈良の春日大社まで歩いたという言い伝えがあるのです。

神のおわす町 神栖市にもあるパワースポット

茨城県神栖市にある一番のパワースポットが息栖神社です。同じ茨城県の鹿島神宮、千葉県香取市にある香取神宮とあわせて『東國三社』と呼ばれ、この三社を地図上で結ぶと三角形になり、一度に3つのパワースポットを巡るとご利益もアップするとされています。

鳥居を入ると左右に井戸があり、この井戸が御神体、まさにパワースポットです。左右の井戸は、女瓶、男瓶と呼ばれる瓶の中から水が湧き出ています。男瓶は銚子形、女瓶は土器形をしていて、水の澄んだ日だけ拝むことが出来るラッキーアイテムです。

茨城県の数ある神社と比較して賑わいはないですが、東國三社巡りの神社として2000年の歴史を持ち、御神体の井戸は『忍潮井』と呼ばれる日本三霊水の一つという、茨城が誇るすごい神社なのです。

Blockquote firstBlockquote second

この井戸は、汽水の中に湧き出す非常に珍しいもので、 「忍潮井(忍塩井)=おしおい」と呼ばれ、伊勢の明星井、伏見の直井とともに日本三霊水に数えられています。左右の泉は、それぞれに女瓶、男瓶と呼ばれる瓶が据えられていて、その中から湧き出しています。男瓶は銚子の形をしていて、女瓶は土器の形をしてます。その瓶は、水の澄んだ日にしか姿を現さず、その姿が見られると幸運が舞い込んでくるといわれています。

強力なパワースポット 御岩神社

観光スポットとして大きな話題にはならないですが、専門家たちがパワースポットと絶賛する1000年以上前に創建された由緒ある神社が茨城県内には数多く存在します。そのパワースポットのひとつが茨城県日立市の御岩神社なのです。

創建時期は不明で、茨城に伝わる721年の『常陸國風土記』にかびれの高峰(御岩山)が信仰の聖地として記されていることから、1200年以上の歴史を持っているかも知れません。ここは、知る人ぞ知る茨城県随一の隠れたパワースポットです。

境内に入ると、パワースポットに相応しい樹齢600年の立派な三本杉が静かに出迎えてくれます。三本杉と言っても、地上3メートルくらいまでは1本の幹で、その先均等の太さの幹が3本に分かれ、天を突くように伸びています。茨城県の天然記念物に指定されている御岩神社の御神木です。

参道を歩いて日本中の神様を参拝!

御岩神社の境内にある表参道から裏参道を一周すると、御岩神社、かびれ神宮、斎神社、薩都神社中宮よ巡り、祀られている神様188柱を拝礼できます。茨城県内の笠間稲荷神社、大洗磯前神社、御岩神社を訪れることで、日本全ての神様を拝礼できてしまうという、なんともご利益の宝庫のようなパワースポットと言えます。茨城県だけで全国の神様を網羅できるのです。

各所に咲いた四季折々の花々が参拝者の心を癒してくれ、中でも4月中旬から5月上旬に咲く石楠花は見事なものです。生命力あふれる自然に触れ、生きる力が滾々と湧いてくるでしょう。山間の静寂な森に囲まれた境内は、神聖な空気に包まれていて、まさに強力なパワースポットと言えます。ゆっくりと歩いてその生気をたっぷりと吸収してみてはいかがでしょうか。

パワースポットの御岩山で登拝チャレンジ

御岩神社の先、御岩山へ登ってみましょう。山全体が巨大なパワースポットで、片道約小一時間ほどのハイキングコースです。危険な山道ですから、足元はスニーカーや登山靴、荷物はリュックにまとめるなどの準備はしておきましょう。至る所に巨石があり、登山素人にはそれなりに険しい山道になります。

各所に案内看板があるので、順路を守って進みましょう。山道を歩けば、木々の木漏れ日や風に揺れる小枝、鳥のさえずりが心を癒してくれます。山頂まで登って茨城の自然の生気を充分浴びてください。苦労の先には、茨城県の美しい眺望と気持ちいい空気が待っています。

絵画のような美しさ 五浦六角堂

あまり知られていませんが、茨城県の五浦海岸にある六角堂もパワースポットと言われています。明治時代の美術運動家岡倉天心が自身の居住地内に建てたもので、海に張り出した岩の上に建つ赤い建物は、東日本大震災で流されてしまったものの、2012年に当時の姿のまま再建されました。

海の青と白い波、六角堂の赤は、絵画のような美しさです。現在は、一般公開もされていますから、せっかくなので室内から見る五浦の絶景も楽しみましょう。部屋から見える五浦の景色に茨城の運動家は何を思ったのでしょう。

大洗の海に建つ『神磯の鳥居』に魅せられて

ガールズパンツァーの聖地として世に広く知られるようになった茨城県大洗町ですが、ここに壮大なパワースポットが存在します。大洗の海岸沿いを走ると、誰しもが目を見張る『神磯の鳥居』の光景、海にせり出した岩の上に悠然と建つ鳥居です。白い波が激しく打つ光景は何とも言えない壮大さで、時間を忘れて眺めてしまいます。

ここは、平安時代初期の865年に創建された大洗磯前神社で、社殿は県道を挟んで反対側の鳥居の先にある階段を上ったところにあります。一度は消失したものの、徳川光圀公によって再建されました。県道を跨ぐ大きな鳥居がありますが、以前ここが境内だったためです。県道を挟んで陸側の社殿と海側の鳥居、この聖域は、御祭神と徳川光圀公二重のご利益を授かるパワースポットです。

Blockquote firstBlockquote second

近代日本美術の発展に大きな功績を残した岡倉天心の住居敷地(茨城大学五浦美術文化研究所)の一角、太平洋に張り出した岩盤の上に、天心自身の設計により建てられ「観瀾亭」と名づけられた赤い六角形の堂が建っています。
朱色の建物と青い海、白い波の色合いは、まるで一枚の絵画のようです。
東日本大震災の津波により流失しましたが、再建されて平成24年4月28日より一般公開されております。

神秘の美しさが漂う花園神社

794年に創建されたと言われる茨城県北茨城市にある花園神社。同じ名前の新宿にある花園神社のほうが神社としてもパワースポットとしても有名ですが、茨城県にある花園神社も素晴らしいパワースポットなのです。

その名の通り、境内には樹齢数百年もの巨木が多く、美しい花々が咲き誇り、様々な草木がうっそうと茂り、境内全体を覆っています。中でも、拝殿前のコウヤマキは『天狗槙』と呼ばれ、高さ30ⅿ、樹齢600年を超える茨城県内一の槙です。

真っ赤な神橋の先に立つ大楼仁王門の左右に仁王像、御本殿左右に座る狛犬は、時代を感じさせる独特の表情で参拝者を出迎えています。緑に覆われた中に静かに建つ朱塗りの仁王門、拝殿、御本殿が美しすぎるコントラストを魅せる神社です。

Blockquote firstBlockquote second

拝殿広前両側にある、「コウヤマキ」は、幾条もの大枝が地に低く垂れ茂る。周囲4.4m、樹高30m、樹齢600年を超え
  る。槙としては、県下第一で全国にも稀なものであり、古来より「天狗槙」とよばれている。

茨城の霊峰 筑波山ハイキングでパワー満喫!

筑波山と言えば、茨城県外の人にもわかる古くから信仰の山として知られるパワースポットです。茨城県民なら、幼少から学生時代幾度となく学校行事などでも訪れるほど有名な山。標高877mと日本百名山の中で最も低く、ケーブルカーやロープウェイといった文明の利器が充実していて、老若男女がハイキングを楽しめる人気のパワースポットです。

ケーブルカーの『筑波山頂駅』の横から15分ほど歩くと、イザナギノミコトを祀る御本殿がある男体山山頂に到着します。そこからさらに登ると、イサナミノミコトを祀る御本殿がある女体山山頂、筑波山最高地点です。女体山山頂の岩山に登れば、360度の巨大パノラマが楽しめます。関東平野がくるりと広がり、天気が良いと富士山や東京スカイツリーも見えるほどの絶景です。

神聖なるパワースポットで末永い幸せを

筑波山神社の創建は3000年前、御神体は筑波山で、先に述べた通り御本殿は男体山、女体山それぞれの山頂にあります。祀られている伊弉諾尊(イザナギノミコト)、伊弉冉尊(イザナミノミコト)が夫婦神であることから、ここ筑波山神社は古くから茨城県民の結婚式にも利用されています。

すべてを包み込む壮大なパワースポットに建つ、永い歴史を刻む格式高い拝殿での挙式は、厳かで神聖なものです。運が良ければ、白無垢姿の花嫁さんに出くわすかも知れません。夫婦神が国作りの神であることから、縁結びや子宝、夫婦和合、家内安全の他に、開運、工事安全祈願に訪れる参拝者も多くいます。

大自然が創る造形美の怪石

山全体がパワースポットの筑波山には、自然が創りだした奇岩・怪石が数多く存在します。その一つ一つがまた、強いパワーを持つパワースポットです。ここではいくつか人気のスポットを紹介します。おそらく最も有名なのが『ガマ石』、カエルが座っているような岩で、ガマの油売りの口上が生まれた場所です。

『弁慶七戻り』はその名の通り、弁慶が今にも落ちそうな頭上の岩を気にして七戻りしたと言われています。ここは聖と俗を分ける門とも伝えられています。『屏風岩』は、スサノウノミコトを祀っています。『母の胎内くぐり』は岩をくぐると生まれた姿に立ち返る言われています。

『白蛇弁天』は白蛇が棲むとされ、その白蛇を見ると財を成すと言われています。その他に、願い石に願い事を書き、大石重ねに置くと願いが叶うと言われています。

マイナスイオンたっぷりの名瀑!

日本三大名瀑は、日光華厳の滝、熊野那智の滝、そして茨城にある袋田の滝というのは有名です。120mの高さを4段階に落ちることから『四度の滝』とも呼ばれています。春には新緑の奥に氷壁から溶け出した滝のせせらぎが、夏には太陽を浴びて豪快に落ちる水しぶきに映える虹が、秋には色鮮やかに染まった紅葉とのコントラストが、冬には滝は凍結して何とも神秘的な情景が人々を虜にします。

四季折々に飽きることなく絶景が楽しめ、来るたびに違う顔を見せてくれる、パワースポットの優等生です。正面に観瀑台があり、第1デッキから第3デッキまで高さと角度の違う場所からの眺望も素晴らしく、特に第1デッキでは、目の前の滝の轟音と水しぶきを全身に浴びることが出来ます。

コツコツ働いて仕事運と金運をゲット

お稲荷様は京都の伏見稲荷大社が有名ですが、茨城県にもすごいパワースポットのお稲荷様が存在します。それが笠間市にある笠間稲荷神社です。創建は661年ですから、711年創建の伏見稲荷大社より古いことになります。毎年初詣の参拝者は、茨城県1の神社というお墨付きです。

お稲荷様は名前の通り稲に宿す神様、食の神様になります。人々の食を満たすためには仕事が大事ですから、仕事運、金運にご利益があります。金運と言っても一攫千金といった類のものではなく、コツコツと地道に、真面目に働く人に微笑む神様と言われています。

また、現在では日本各所で催される菊祭りは、茨城の笠間稲荷神社が1906年に始めたのが最初とされています。毎年10月頃になると境内には、菊人形の花壇の他、およそ800鉢の菊が咲き誇り、多くの人で賑わいます。

パワースポット巡りの〆は食すこと!

茨城には至る所に神話があり、歴史ある神社と強力なパワースポットが存在します。そして、神々に守られた豊かな土壌と大海原はパワースポットとなります。土からパワーを吸収した農産物、その草木で育てられた畜産物、神様が鎮座した海で採れた海産物、それらにはパワースポットが持つパワーが宿ります。

各地を訪れたら、是非地産地消の飲食店を探してください。更に茨城ならではのお土産を持ち帰りましょう。その土地の全てのものは必ずパワースポットの強力なパワーを宿しているのです。

神秘を誇る茨城県でパワーチャージを

いかがでしたでしょうか。今回は茨城県のパワースポットをご紹介しました。この記事を参考にぜひ神秘的な各所に訪れて、自然の力を感じてみてください。

Line@