Search

検索したいワードを入力してください

幸せを呼ぶ香川のパワースポット|ご利益別・観光にオススメ

Author nopic icondahoyama
カテゴリ:パワースポット

初回公開日:2017年07月21日

更新日:2018年01月19日

記載されている内容は2017年07月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

幸せを呼ぶ香川のパワースポット|ご利益別・観光にオススメ

行かなきゃ損! 香川の魅力的なパワースポット

あまり知られていませんが、実は香川には「行かなきゃ損!」な魅力的な幸せを呼ぶパワースポットがたくさんあるんです。子宝・初詣・縁結び・恋愛・金運など、様々なご利益のある香川のパワースポットとともに、観光におすすめの香川のパワースポットも一緒に紹介していきます!

香川のパワースポットといえば?

うどんだけじゃない!

香川といえばまず何を思い浮かべますか? うどん? お遍路? オリーブ? 実はそれだけじゃないんです。香川には幸せを呼ぶ魅力的な開運パワースポットが盛りだくさん! 子宝・初詣・縁結び・恋愛・金運など、様々なご利益のある香川のパワースポットをご紹介します。

香川の代表的なパワースポット「金刀比羅宮」

金刀比羅宮は香川でも最もポピュラーなパワースポット。「こんぴらさん」と言えば誰もが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。参拝すると様々なご利益が得られるパワースポットとして有名です。香川県仲多度郡琴平町の象頭山中腹にある神社で、全国の金刀比羅神社・琴平神社・金比羅神社の総本宮でもあります。

本殿までは標高236メートル、階段だと785段あります。さらに上にある奥の院まで行くには、1368段の階段を上らなければなりません。しかし、その分パワースポットとしてのご利益は盛りだくさんなので、上る価値はありそうです。頂上では香川県内の景色を一望できます。

1368段の階段を上ると、標高は450メートルにもなるそうです。登り口は標高60メートルなので、その差は歴然です。参拝にかかる時間は、おおよそ1時間半から2時間程度です。お土産や休憩、周辺のレストランでの食事などを含めるとそこからさらにプラスで時間を見積もっておくのがよいでしょう。

階段の段数が多いため、体力的に小さなお子さんや高齢の方は体調管理に注意が必要です。特に汗をかく夏場は体力を消耗しやすいので、水分補給を忘れずに!周囲のレストランやお土産屋さんは17時を過ぎると徐々に閉まり始めるので、買い物などをする場合は昼間の時間がよいでしょう。

ご利益盛りだくさんのパワースポット「金刀比羅宮」

香川の代表的なパワースポット、金刀比羅宮の起源は、大物主命が象頭山に行宮を営んだ跡を祭った琴平神社から始まり、中世以降に本地垂迹説により仏教の金毘羅と習合して金毘羅大権現と称したと言われています。

その御利益は多種多様! 縁結び、商売繁盛、健康運などから、香川の水に囲まれた地形が金運を呼び寄せます。1368段ある参道の階段を登ると勝負運がついた気分になり、まさにパワースポットとしての全てが備わっている死角なしの金刀比羅宮です。

金刀比羅宮には「こんぴら狗(いぬ)開運みくじ」があります。おみくじと一緒に金色の「こんぴら狗(いぬ)」の小さなかわいいお守りが入っています。パワースポットといえば、お守り。女性には嬉しいお土産になりそうですね。

江戸時代には犬もお参りに!?

江戸時代、香川のパワースポット金刀比羅宮は、伊勢神宮と並んで庶民の憧れでした。「丸金か京六か」と言われた讃岐の金毘羅大権現(今の金刀比羅宮)は、非常に人気があったそうです。

しかし香川まであまりにも距離が遠かったため、飼い主の代わりに参拝する犬も現れたくらいでした。そういった犬は「こんぴら狗(いぬ)」と呼ばれ、飼い主を記した木札、初穂料、道中の食費などを入れた袋を首から下げて、旅人から旅人へ連れられ、街道筋の人々に世話されながら、飼い主の代わりにパワースポットのパワーをもらってきたそうです。

飼い主ともども、犬まで幸せになれるなんて素敵ですね。犬を飼っている人には、嬉しいパワースポットかもしれません。

まるでナスカの地上絵! 巨大な「銭形砂絵」

有明浜を見下ろす砂浜に描かれた巨大な「砂絵」。なんと江戸時代の貨幣である「寛永通宝」を模しているそうです。その大きさは、東西122m、南北90m、周囲345m!琴弾山の山頂から見るとまるで本物の通貨のように綺麗な円形に見えます。

そもそもこの銭形砂絵はなぜ作られたのでしょうか? その起源は、寛永10年、藩主、生駒高俊公を歓迎するために、一夜にして作られたと言われています。

「銭形砂絵」を見た者は、「寛永通宝」だけに、お金に不自由のない生活を送ることができるそうです。香川のパワースポットで、金運といえば「銭形砂絵」でしょう。また、健康長寿の言い伝えもあり、優れたパワースポットであるといえます。

近年では、この「銭形砂絵」を見て宝くじを購入した人が高額当選をしたんだとか! そのおかげもあってパワースポットとして有名になり、多くの観光客が訪れています。

夜には綺麗にライトアップ

赤い夕焼けをバックに、緑色にライトアップされた銭形砂絵は幻想的な雰囲気です。香川を訪れた際には一度は見てみたいパワースポットでしょう。

ライトアップは一年中行なわれており、時間は日没から夜10時まで。砂絵を見るには展望台からがいいそうです。駐車場は2ヶ所あり、連休中には混雑するので注意が必要です。下からの道は一方通行なので気を付けてください。

写真を撮る場合は、夕日をバックに撮影すると幻想的な雰囲気で綺麗に撮れます。香川のパワースポットめぐりの記念に、夜の銭形砂絵の撮影はオススメです。

龍神伝説が伝わる「田村神社」

香川のパワースポット、田村神社の起源は極めて古く、社記によれば和銅二年(709年)に社殿が創建されました。現在では「田村神社」と呼ばれていますが、昔は「田村大社」「定水大明神」「一宮大明神」とも称され、香川の人々から篤く敬われてきました。

その後、嘉祥二年(849年)、従五下に叙せられ貞観三年(861年)官社となり名神大社に並べられ、讃岐國の一宮に定められた後に、神階を授けられ建仁元年(1201年)正一の極位に叙せられました。

田村神社の奥殿の床下には深淵があり、厚板で覆われています。そのため、殿内は夏の暑い日でも冷気が満ちており、神秘的な雰囲気に満ちています。まさにパワースポットといった感じですね。

また、周囲の地域で水害があれば領主は必ずはじめに田村神社に祈願したといわれており、それが定水大明神と称される理由となっています。

奥殿の床下の深淵には龍が棲んでいると言われています。覗いたものは絶命するとされて、開かれたことがありません。ちょっとホラーなところもパワースポットらしい一面です。

昔から香川県のある讃岐の地方は雨が少なく、溜池が作られてきましたが、田村神社の付近は香東川の伏流水が多い地域で、人々は農耕に欠かせない湧き水への信仰に篤く、それが祭祀に繋がったと言われています。

小判を奉納するとこんなご利益が!

パワースポット「田村神社」のご祭神は龍として現世にあらわれたと伝えられています。龍は昔から水を司るとされていますが、他にも様々な形で篤く信仰されてきました。

龍神様に小判を奉納することで、財運招聘、商売隆昌、厄難消滅、昇運招福等のご利益を受けることができるそうです。香川に行った際にはぜひ寄ってみたいパワースポットですね。

参拝は年に一度!香川のレアスポット「津嶋神社」

香川の超レアなパワースポット、津嶋神社。本殿がある津島と対岸とは約250m離れており、普段は通行できません。参拝ができるのは、夏季大祭のある毎年8月4日と5日の2日間だけ。年に一度その2日間だけ、橋が架けられ、島に渡ることができます。

この橋は「つしま橋」という名前ですが、別名「しあわせ橋」と呼ばれています。「しあわせ橋」を渡ると、子供・若いカップル・夫婦に幸せが訪れるそうです。1年に一度の参拝日は早朝から夜遅くまで、全国から老若男女が香川のパワースポット津嶋神社を訪れるため、「しあわせ橋」を渡って参拝します。

美しい瀬戸内海に浮かぶ神社からの眺めはまさに絶景! 夜には提灯で橋が照らされて幻想的な雰囲気になります。また、8月4日には毎年花火大会があり、観光客で賑わいます。香川のパワースポットめぐりをするなら、この時期に合わせてみるのも手かもしれません。

1年に一度の超レアなパワースポットのために、その2日間だけ、臨時駅「津島ノ宮駅」が開設されるそうです。そのレアさから鉄道ファンの間でも幻の駅として大人気のようです。

香川の津嶋神社で行なわれる夏季大祭は、300年以上にわたって代々執り行われています。その厳かな雰囲気は、パワースポットとしてぜひ行ってみたいと思わせる魅力があります。

こどもの神様が祀られている「津嶋神社」

香川県多度津町の海岸寺から詫間町の松崎にかけての海岸線の向こう側に浮かぶ瀬戸内海。その海上に浮かぶ小島に津嶋神社はあります。

江戸時代から子どもの健康と成長の守り神として信仰が厚く、全国津々浦々から子ども連れの参拝者が多く訪れます。年に一回の夏季大祭には、のべ10万人の観光客が訪れます。

瀬戸内海に浮かぶ小島は、沖合い250メートルに浮かぶ周囲132メートルの島で、周囲は季節風や波に洗われ奇岩が連なっています。子どもの神を祀るパワースポットである津嶋神社は香川のみならず、全国的にも珍しいと言われています。小島にある神社には、素盞鳴命(すさのおのみこと)を祀る本殿、幣殿、拝殿、神饌殿、社務所、守札授与所があります。

隠れパワースポット 七宝山「不動の滝」

パワースポットといえば「滝」を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。香川にある七宝山「不動の滝」は、弘法大師が七つの宝を埋めたという伝説がある七宝山に流れる滝です。

不動の滝の名前の由来は、弘法大師が修行を行った時に、滝のわきの岩に不動の像を刻んだことからきているそうです。

不動の滝は七宝山の西南部にあり、山頂の水を集め50メートルの絶壁を水の煙をあげながら流れ落ちています。香川のパワースポットめぐりの際にはぜひ立ち寄っておきたいところ。

弘法大師の七つの宝物の伝説

香川県の三豊平野、その北側に連なる稲積山、志保山、七宝山、妙見山などの山々を七宝山系といいます。七宝山の名前の由来は、弘法大師の七つの宝物の伝説からきています。

神秘的なパワースポットである不動の滝は、七宝山系の水を集めて流れ落ちる高さ50メートルの滝です。不動の滝周辺は香川県の緑地環境保全地域になっており、遊歩道や不動の滝を中心としたカントリーパークが整備されています。

七宝山系の1つである稲積山は、稲の神様として地域の信仰を集めています。その登山道は、春祭り(稲積神社)に神輿を担いで登る道となっています。

弘法大師のふるさと「善通寺」

弘法大師のふるさとである香川のパワースポット、善通寺は、京都の東寺、和歌山の高野山と並ぶ弘法大師三大霊跡の1つとして、古くから篤い信仰を集めてきました。

善通寺には3つの見どころがあります。

「五重塔」
善通寺のシンボルである、五重塔。高さ45メートルにの総けやき造りの大塔で、多くの人々に親しまれています。建立から大風や火災により、何度もの倒壊・焼失を経ながら、そのたびに再建された塔です。なお、現在の塔は、弘化2年(1845年)に再建が始められ、明治35年(1902)に完成しました。

「金堂」
金堂は、善通寺の本堂です。現在の建物は、元禄年間(1688−1704)に再建されたもので、本尊・薬師如来坐像は、像の高さが3メートルもある巨像で、元禄13年(1700年)、御室大仏師運長法橋によって造られました。

「御影堂」
御影堂の奥殿には大師自作と伝わる本尊・瞬目大師像が秘蔵されています。御影堂の地下には、約100メートルの「戒壇めぐり」があり、暗闇の中、法号を唱えながら修行する道場となっています。現在の建物は、天保2年(1831年)に建立され、昭和11年に修築されました。

香川ならでは! 弘法大師にうどんを献上「献麺式」

毎年7月2日の「うどんの日」には、弘法大師にうどんを献上する「献麺式」が行われます。香川県内のうどんの製麺業者の組合が定める「うどんの日」に、小麦の収穫に感謝してうどんやだしの材料を奉納します。善通寺だけではなく、香川県内各地でイベントが行なわれるそうです。

善通寺の献麺式では、さぬきうどんの研究や普及にあたる「さぬきうどん研究会」が協力し、僧侶がうどんの麺を弘法大師の木像前に供えます。毎月15日に行っている弘法大師の生誕を祝う読経をした後、うどんが振る舞われるそうです。香川のパワースポット独自のユニークな行事ですね。

祀られているのはたぬき!?「屋島寺」

香川のパワースポット、四国八十八ヶ所・第84番札所である屋島寺には、全国的にも珍しいたぬきが祀られています。屋島の太三郎狸と言われ、境内にはたぬきの置物が多くあります。屋島寺は屋島のミステリー坂を上った山頂にある寺です。

屋島寺のたぬきは太三郎狸、禿狸と呼ばれ、佐渡の団三郎狸、淡路の芝右衛門狸と並んで、日本三大狸として有名です。屋島寺の蓑山大明神は家庭円満、縁結び、子宝などのご利益をもたらすたぬきとして全国の多くの人々から篤い信仰を集めているそうです。

屋島寺の境内の奥には、「瑠璃宝の池」と呼ばれる池があります。も見てみましょう。屋島寺の建立の際に弘法大師が「遍照金剛、三密行所、当都率天、内院管門」と書いて、宝物をおさめて周囲を池にしたためたことから「瑠璃宝の池」と名付けられました。

たぬきの他にも見どころがたくさん

香川のパワースポット、屋島寺には他にもたくさんの見どころがあります。

「梵鐘」
鎌倉時代の作品で、「平家供養の鐘」といわれています。国の指定重要文化財。

「宝物館」
近代的な美術館で、本堂左手前にあります。本尊をはじめとして、源平盛衰記絵巻物、「源氏の白旗」、屋島合戦屏風など豊富な宝物が展示されています。

「蓑山大明神」
四国狸の総大将「太三郎狸」と称される神様で、子宝、縁結びや家庭円満などのご利益があります。

魅力溢れる香川に訪れてみては

いかがでしたでしょうか? 香川には「行かなきゃ損!」な魅力的なパワースポットが盛りだくさんなことがおわかりいただけたと思います。子宝・初詣・縁結び・恋愛・金運など、様々なご利益のある香川のパワースポットにぜひ足を運んでみてください!

Line@