Search

検索したいワードを入力してください

仕事が遅い人の特徴や性格|心理/改善点/深夜残業を減らす方法

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
仕事の悩み / 2018年01月19日
仕事が遅い人の特徴や性格|心理/改善点/深夜残業を減らす方法

仕事が遅い人の特徴や性格

仕事が遅い人の特徴や性格|心理/改善点/深夜残業を減らす方法

仕事をする上で大事なことは早さと正確さです。仕事が早くて正確に出来る人は社内での評価も高いです。正確さは何度も確認することで身に付きますが、早さはすぐに身に付くものではありません。何度も繰り返すことで少しずつ身に付いていきます。

しかし何度やっても仕事が遅い人というのもいます。わざとゆっくりやっているわけではなく、一生懸命にやっているのに仕事が遅いという人には特徴や性格があります。

特徴

仕事が遅い人は物事を一つの考え方でしか捉えられないという特徴があります。人には向き不向きがあるように、仕事のやり方にも向き不向きというものがあります。仕事の遅い人は教えられた仕事を教えられたやり方でしかすることが出来ません。

仕事で大切なのはやり方ではなく結果です。同じ仕事をしていても人によってやり方は違います。どれが一番やりやすいのか、早いのかも人によって違いますが、仕事の遅い人はやり方を模索することなく一つのやり方に固執してしまいます。

仕事のやり方を自分なりに考えることが出来ないというのは創意工夫が苦手でもある証拠で、仕事が遅い人は柔軟な思考が苦手でもあります。

性格

仕事の遅い人は受動的な性格の人が多いです。自分から積極的に動いて仕事をしていくのが苦手なのでどうしても後手後手に回ってしまいます。仕事の早い人と遅い人ではスタートの時点から差が出てしまっています。

受動的な性格のためおっとりとした性格の人も多く、競争心が全くないことも多いです。競争心が強すぎると社内での人間関係を悪化させてしまう恐れがありますが、全くないというのも問題です。

競争心はそのまま向上心にも繋がるので、競争心が全くないと現状で満足してしまいます。仕事の遅い人は状況を改善しようという気持ちがないことも多いです。

仕事が遅い人の原因

仕事が遅い人の特徴や性格|心理/改善点/深夜残業を減らす方法

仕事が遅いことには原因があります。仕事が遅い人もわざとだらだらとやっているというわけでもなく、本人としては一生懸命に努力しているということもあります。

ただ本人は仕事が遅いことを理解していなかったり、自覚はしていても遅い原因が分からないという場合もあります。本人がそれを自覚していくだけではなく、周囲の人間が仕事が遅い人の原因を知り、サポートしていくということが大切になります。

仕事への理解度が低い

仕事が遅い人は自分がどんな仕事をしているのか、なぜこの作業が必要なのかということを充分に理解しないまま取り組んでいることが多いです。仕事への理解度が低いため、漠然と作業をするだけになりいつまでたっても成長しないということが考えられます。

仕事への理解度が低いと目の前の仕事だけでなく、その先の仕事を見通すことが出来ません。目の前の仕事でいっぱいいっぱいになり、先を見越した行動が出来ないというのも仕事が遅い原因の一つになります。

簡単な仕事を後回しにする

仕事を素早くこなしていくためには仕事の優先順位を決めて効率的に取り組むことが大切です。仕事の遅い人は計画性を持たず、優先順位を決めないまま簡単な仕事を後回しにしてしまう傾向にあります。

小さな仕事でも積み重なれば大きな労力を要するようになります。仕事をたくさん抱えているということ自体もストレスになり、ストレスは集中力を奪います。仕事の遅い人は仕事を後回しにして集中力が欠けている状態が長いです。

集中力が欠けているため、いつまでも仕事が終らず残業が続くということもあります。長時間労働はさらなるストレスを生みますので、常に集中力を欠いた悪循環に陥ることも多いです。

仕事が遅くなってしまう心理

仕事が遅い人の特徴や性格|心理/改善点/深夜残業を減らす方法

仕事が遅くなってしまうのには原因があり、その原因に至る心理があります。仕事が遅い人は自分で仕事が遅いことを自覚していながらも、なかなか早くできない場合もあります。仕事が遅くなってしまう心理は、仕事に対して真面目に向か合っているために起こるものもあり、決して悪いものばかりではありません。

失敗に敏感

仕事が遅いことを自分で自覚している人は、自分は仕事が遅い分せめて正確な仕事を心がけようと、念入りにチェックを繰り返している場合があります。正確さも仕事では大事なことですが、それだけを重視するあまり仕事に遅れが出てしまいます。

また自分の取り柄が仕事の正確さだと自覚している場合はさらにその傾向が強く、よりチェックに時間をかけます。ミスをすれば自分の存在意義がなくなると考え、失敗に敏感になってしまい仕事が遅くなる人も多いです。

マイペース

仕事が遅いことを全く気にしないマイペースな人もいます。人は人、自分は自分であり仕事が遅いということに罪悪感を抱いていなかったり、周囲を観察していないため自分が仕事が遅いということを分かっていない場合もあります。

周囲と比べることが苦手だったり、競争心のない場合が多く、競争の土俵に立たないことで自分が傷つかないようにする自己防衛の気持ちも見受けられます。ストレスに弱いことも多く、マイペースであることで自分を守り、出来るだけストレスを感じないようにしています。

仕事が遅い人の改善策

仕事が遅い人の特徴や性格|心理/改善点/深夜残業を減らす方法

仕事は取り組み方を変えることでそのスピードも大きく変化します。仕事の遅い人は本人の能力が低いからではなく、仕事のやり方を間違えていることが多いです。

仕事の遅い人には共通した原因があるように改善策も共通していることが多いです。改善策を試すことで仕事のスピードが劇的に変化する可能性もあります。

仕事を理解する

仕事への理解度を高めるだけでも仕事のスピードは格段に変わってきます。自分が今何をしているのか、それは何のためなのかを知ることで取捨選択の幅が広がり無駄をなくすことができます。

また一つの仕事を深く理解することで、その他の仕事の理解にも繋がる場合があります。今まで点と点だったものが一つの線になれば、並行して業務を行うことができ、仕事の効率も上がっていきます。

一つの仕事に集中する

仕事の遅い人はたくさんの仕事を抱え、少しやっては他の仕事、また少しやっては他の仕事をして効率が悪いことが多いです。仕事のスピードを上げるためには一つの仕事に集中して終わらせる必要があります。

仕事を早く終わらせるには集中力が大事になります。途中で他の仕事に移ることで集中力は途切れてしまいます。一つ終われば、次の仕事というようにできるだけ集中力を切らさない工夫が必要です。

仕事のスピードが遅い悩みとその解決策

仕事が遅い人の特徴や性格|心理/改善点/深夜残業を減らす方法

仕事の取り組み方が悪いのではなく、単純なスピードが不足しているため、仕事が遅いという人もいます。仕事のスピードを上げるためには集中して取り組み、そして何度も繰り返す必要があります。

仕事に慣れるまではなかなかコツを掴むことができませんが、コツさえ掴めば仕事のスピードを上げることは簡単です。仕事のコツを掴むにはたくさんの業務に触れるということも大切です。

仕事のスピードが早い人を観察する

同じ職場に仕事のスピードが早い人がいるならその人の仕事ぶりを観察することも大切です。どんな順序で、どのようなやり方で仕事に取り組んでいるのかを知ることで仕事のスピードは上げていくことができます。

また自分に適したやり方はそれぞれ違うので、常に最速を模索するということも大切です。仕事が早い人のやり方が自分に適しているとは限りません。違うやり方でもスピードを上げることはできます。

色々なやり方を試し、どれが自分に最適かを探ることでも仕事のスピードは上がります。一つのやり方に固執せず、自由な発想で取り組むことで仕事のコツをみつけやすくもなります。

仕事が遅いのは欠点ではない

仕事が遅い人の特徴や性格|心理/改善点/深夜残業を減らす方法

世の中の変化のスピードは激しく、それに取り残されないように仕事でもスピードが求められるようになりました。仕事が早い人もいれば遅い人もいます。しかし仕事が早いから良い、遅いから悪いという単純なものではありません。

仕事が遅いというのは、言い換えれば仕事が丁寧であるということでもあります。丁寧に正確にやるからこそ見えてくるものもあります。

また仕事はやり方次第でいくらでも早くなります。仕事が遅い人も改善していくことは出来ますし、仕事が遅いことを気に病む必要はありません。

関連記事

Related