Search

検索したいワードを入力してください

気配り上手な人の特徴|気配りを向上させる方法・おすすめ本

Author nopic iconhit.cam
性格・タイプ / 2018年01月19日
気配り上手な人の特徴|気配りを向上させる方法・おすすめ本

気配り・心配り・気遣いの違い

気配り上手な人の特徴|気配りを向上させる方法・おすすめ本

まず、気配り・心配り・気遣いの違いについて考えてみましょう。一見それぞれ同じように聞こえますが、実は違いがあります。

気配りとは?

気配りは、一般的かつ全体的なことに対して行われ、周りの気配を察知しての行動だと言えます。気配りは自分が気がついたことを中心に、人々にとって良かれとされていることを行うことです。仕事においては、周りや自分が失敗するのを防いだり、不都合が生じないように注意を払うことを意味します。接客業などで基本となるのがこの気配りになります。

心配りとは?

心配りとは、個人個人にに合わせて行われます。心配りはその相手の気持ちを基準に、その人にとって良かれとされることを行うことです。相手の立場を尊重した上での精神的な配慮が心配りと言えます。また、心配りは相手のことを心配に思っての行動だと言えます。

気遣いとは?

気遣いとは、あれこれと気をつかうことです。「気を使いすぎて疲れた」などとよく言います。気遣いになってしまっているという時は、気を使って疲れたという負担感があり、さらに、そのような気遣いは、相手にも気遣わせてしまい、相手までも疲れさせてしまいます。自分を良く見せるため、嫌われないためというために気を使ってしまうということもよくあります。

以上のように、気配り、心配り、気遣いは、似ていますが、違うものです。一般的な社会生活において一番活躍するのが気配りと言えるでしょう。「気配り上手」とよく言います。プライベートでもビジネスでも、上手な気配りができたら素敵です。

気配り上手な人の特徴

気配り上手な人は自分自身に余裕を持っています。自分に余裕がないと気配り出来なくなるのは当たり前です。そして、気配り上手な人は自分のことばかりで精一杯になるのではなく、周りのこともよく見ています。その結果、周囲の人々が必要としていることがよくわかり、それを行動に移しているのです。

また、気配り上手な人は思いやりの心を常に持つように配慮しています。 頑張って気配りをしているのではなく、上手な気配りをごく自然にやっているのが特徴です。気配りと聞くと大変そうと考えてしまうかもしれませんが、気配り上手な人がやっている気配りのほとんどは誰でも出来そうなことばかりです。

接客で気をつけたい気配りのポイント

接客で気をつけたい気配りのポイントとして一番にあげられるのは、自分勝手な思い込みでの気配りはトラブルの元にもなるということです。自分本位な考え方では単なるお節介や押し付けになりかねないので注意が必要です。本当にお客様が必要としていることを見極めなければいけません。接客業が上手くいく基本的な気配りは下記のようなことです。

「自分から気持ちの良い挨拶をする」「笑顔で対応する」「聞き取りやすい声でゆっくり話す」「連絡や返事をすぐにする」「指摘されたら、嫌な顔をせずにすぐ受け入れる」次に、お客様を不快にさせない上手な断り方です。無理難題なことを言ってくるお客様も中にはいるでしょう。そんな時は上手に断りましょう。

のらりくらりと曖昧な返事をすると、お客様はかえってイライラしてしまいます。断る時は筋道をしっかり立てた上で感じ良く、でもはっきりと出来ないことを伝えるのが賢いやり方です。

気配り力を向上させる方法

気配り上手な人の特徴|気配りを向上させる方法・おすすめ本

心に余裕を持つ

気配りは自分に余裕がないとできないことです。まずは、心に余裕を持つことが大事です。それにはまず、自分自身に気を配ってあげることです。次にあげるようなことを自分自身にしてあげてましょう。最初に、気配り上手になる為の第一歩として、自分の心に余裕を持てるようにしましょう。

あなたにもし悩み事があって心に余裕がないのなら、一人で抱え込まずに信頼できる人にどんどん相談することです。

あるいは日記に書き出して頭の中を整理して解決策を考えたり、匿名でSNSに投稿して同じ悩みを持つ人と相談、励ましあったり、あるいは専門家から悩み相談を受けて見るのも良いでしょう。悩みを吐き出し、ストレスを発散させて心に余裕を持ちましょう。

また、他人と自分を比べてしまってひがみや嫉妬心を持っている人も心に余裕が持てず、上手な気配りはできません。上を見たらきりがありませんし、自分にしかない素晴らしい個性は誰にでもあるものです。人と自分を比べるのではなく、自分の良いところを見つめ直し、自分自身を愛してあげることです。

自分の良いところを伸ばすべく、自分磨きに専念しましょう。また、嫉妬は自分がそうなりたいという心の現れでもあるといいます。嫉妬するばかりでなく、自分のなりたい人になれるようそれを目標にして努力をすることは素晴らしい結果を生み、心の余裕が生まれます。

もしあなたがイライラしているのなら、もう一度何がそんなにイライラするのかを考えて見てください。紙に書き出して見ても良いでしょう。そしてその解決策をじっくり考えてみましょう。

あとは、瞑想してみたり、好きなテレビを見たり、好きな本を読んだり、好きな音楽を聴いたり、好きな場所を散歩したりして、精神を安定させるように努力してみましょう。イライラしていて短気になってしまっていては気配りどころではありません。精神を安定させて心の余裕を取り戻しましょう。

体調が今ひとつというのも気配りには支障が出てしまうでしょう。規則正しい生活を心がけることが一番です。体に良い食事、適度な運動、早寝早起きを心がけ、体調を整えるように努力しましょう。健康な体を持ってこそ、心に余裕が生まれます。

思いやりの気持ちを持つ

思いやりの気持ちを持たなければ上手な気配りはできません。心に余裕が生まれれば、思いやりの気持ちも持てるようになります。思いやりの気持ちを持てば、ちょっとした気配りはすぐにでも簡単にできます。まずは周りをよく見渡してください。そして、周りの人々に関心を抱いてよく観察することです。

何をしたら周りの人達は喜ぶのか、またことがスムーズに進むのか、考えてみましょう。それを紙に書き出してみるのも何をしたら良いのかはっきりしてくるのでお勧めです。そして相手の負担にならないようさりげなく行動してみてください。それを積み重ねていくうちにそれが当たり前の習慣となって気配り力はどんどん向上していきます。

気配りに関するおすすめの本の紹介

気配り上手な人の特徴|気配りを向上させる方法・おすすめ本

気くばりのすすめ、三十四年目~どっこい、まだ生きております。

「内容紹介」

鈴木健二さんの大ベストセラー「気くばりのすすめ」から34年目にして新たに書かれた本です。自らのこと、世の中のこと、今後未来に生きていく若者についてのこと、第2の故郷弘前や思い出深い熊本のことなどが書かれています。

思わず「YES」と言いたくなる気配りのコツ

「内容紹介」

元エグゼクティブクラスCAの著者が、さまざまな場面で必要になる「自分の要望を伝えながら相手に気分よくYESと言ってもらう」技術を伝授しています。気配りの基本とも言える「愛ベース」を提唱しています。仕事も人間関係もスムーズになるヒントが書かれています。

「気がきく人」のスマート仕事術-ちょっとした気配りで「期待以上」の仕事をしよう!

「内容紹介」

会社が求めている人材である、気が効く人になれる方法が書かれています。自分もまわりも気持ちよく働けるようになるためのプラスαの気配りついて具体的に書かれています。

相手もよろこぶ 私もうれしい オトナ女子の気くばり帳

「内容紹介」

1000人以上の気くばり上手さんに聞いた本当によろこばれる気くばりのコツが113も載っています。今日からできるリアルなものばかりが紹介されています。

さああなたも気配り上手になりましょう!

気配り上手な人の特徴|気配りを向上させる方法・おすすめ本

「気配り上手」という言葉は、社会生活をしていく中で最高の褒め言葉と言えるでしょう。何故ならば、社会生活をするうえで、良い人間関係を築くことは一番大事で、良い人間関係を築くためには、「気配り上手」であることは必要不可欠だからです。

例えば、仕事のことで悩んでいるという場合、大多数の人が「人間関係」をあげます。上司、先輩、後輩、同僚、取引先など、様々な人間関係にストレスを感じるのはよくある話です。しかしそれは、逆に考えると、人間関係さえうまくいけば、ほとんどの悩みが解決するわけです。より良い人間関係を築いていく上で、上手な気配りは大切です。

仕事だけでなく、どんな場面でも人間関係は付き物です。あなたやあなたの周りが幸せな気持ちで過ごせるために欠かせないのが気配りです。たくさんのことをする必要はなく、ちょっとしたことで人間関係がガラッと変わるということがよくあります。簡単に出来る気配りは沢山あります。

上手な気配りをする人は周りにいませんか?そう言う人を真似してみるのもいいことです。考えているだけでは何も進みません。まずは自分から感じの良い挨拶するなど、すぐに出来そうこと始めてみましょう。そして相手も自分も気持ち良い関係を築きましょう。

関連記事

Related