Search

検索したいワードを入力してください

影響力のある人の特徴・影響力を鍛える本・日本人の例

Small 0444e577 7e48 478c 8ced 54c5949c5796muneshin
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2017年10月30日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

影響力のある人の特徴・影響力を鍛える本・日本人の例

影響力の武器

影響力に関する本の代表作ともいえるのがこの書籍です。影響力の武器では影響力を用いて攻撃してくる他者から身を守る術や、影響力がどのような場でどのように散りばめられているのかなどを具体的にわかりやすく記しています。

書籍の発行は一昔前ですが、この書籍の与える答えは現代社会でも色あせることはありません。情報が散乱するこの時代だからこそ読んでおきたい影響力に関する本の一冊です。

Blockquote firstBlockquote second

行動経済学/心理学周りの本が好きで、
ダン・アリエリーやダニエル・カーネマンなどを
何冊か読みましたが、この本はそれらの部類の
本の中で群を抜いていると思います。

とにかく面白い。本文だけで477ページもあるのですが、
読み始めると止まらない位面白いので
すぐに読んでしまいました。

やはり文章が秀逸なのでしょうか?

影響力のある日本人の例

影響力を発揮している日本人といえば誰を想起するでしょうか。芸能人や政治家といった大衆の面前に立つ機会が多く、かつ大衆の心を掴み、行動を左右できる人が影響力が強い人といえるでしょう。

現代社会で影響力を発揮した日本人を例に挙げてみます。

小泉純一郎

元内閣総理大臣、小泉純一郎氏は近代政治家の中でも突出した影響力をもつ政治家であったといえます。その発想力、行動力から周囲では「変人」と呼ばれた小泉元総理ですが、永田町という権力争いが複雑に絡み合う特殊な空間においても、小泉元総理は国民を味方につけるという手法で総理の座を射止め、長期政権を樹立しました。

「郵政選挙」と呼ばれる選挙でも、国民に争点は郵政民営化が是か比かの一本であるかのように写し、その他の争点をボカシて国民に投票を促し圧勝したといわれます。

わかりやすいフレーズと、たとえ矛盾した答弁でもなぜか納得させてしまうような声の大きさ、そして言葉の重み、これは、まさに影響力を駆使した政治手法といえます。この手法は現東京都知事である小池百合子氏や息子である小泉進次郎氏にも引き継がれているといわれています。

影響力は心理学である

ここまで影響力というものに関して解説していきました。影響力とは何か、という問いに対してはっきりしているのが、影響力とは心理学であるということです。

人が行動をおこす理由はさまざまですが、心理的、本能的に必要だと感じた時に人は本当の行動をおこします。影響力をもつ人はこの人間の習性を本能的にまたは学習して熟知しています。

このような人たちの中にはもちろん、この影響力を用いて他人に被害を与えようとしている人たちもいます。このような人たちから被害を受けないためにも、影響力とはなにかということを勉強しておく必要があるといえます。