Search

検索したいワードを入力してください

理想的な人の特徴と性格・本能的な人との違い

Author nopic iconnkskmh
カテゴリ:人間関係

初回公開日:2017年08月01日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年08月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

理想的な人の特徴と性格・本能的な人との違い

理性的とは

理性とは、感情に溺れずに、筋道をたてて物事をとらえて判断をする能力のことです。人に本来備わっている知的能力です。たとえば、あなたが怒ってしまいそうになったときその場で感情的にならず我慢ができたとします。自分の都合のいいようにいかなくても自分の中で消化しようとします。

このように衝動的になりそうなとき理性的になれるのは、この理性が働いているからです。もちろん、理性は誰にでもあります。しかし、その使い方は人それぞれです。

理性的な人はこの理性をコントロールするとこがとても上手な人です。周りに合わせることができ、たくさん人がいるところでは調整役として大いに役立ちます。周囲の様子を見ることが上手なので集団を円滑に動かすことができます。

理性的な人の特徴や性格

理性的な男性の性格・特徴

理性的な男性の特徴や性格についてご紹介します。理性的な男性は魅力的です。また、大人っぽさを併せ持っています。物事を合理的に考え冷静に判断し行動をすることができます。恋愛においては女性の意見を尊重し仲裁案を提案してくれるので喧嘩になることが少なく、そばにいると安心感があります。包容力があり相手を大事にします。

また、いつも冷静沈着でクール。賢い人というイメージを人から持たれます。そのため会社で出世している人が多く、評価が高い人が多いのが特徴です。しかし、その反面では「冷たい人」や「つまらない人」などと言われがちであるというデメリットもあります。それは、自立した人で真面目であると、周りが認めているということなのかもしれません。頼りがいのある人が多いのも理性的な男性の特徴です。

理性的な女性の特徴

次に、理性的な女性の特徴や性格についてご紹介します。理性的な女性は自分の感情を常にコントロールしています。つらいことや悲しいことがあってもネガティブな感情を爆発させることなく、常に冷静でいることができます。また、他者と意見が食い違った場合でも、感情的に相手を攻め立てたりはしません。一度冷静に考え自分の意見をしっかりと伝え、相手の意見も聞き、互いに納得いくように意見をまとめていきます。

また、計画性があるので行き当たりばったりの行動をしません。計画的に行動するので一見地味に見られますが、確実に自分のしたいことを実行していきます。

恋愛においては年上の男性を好む傾向があり落ち着いた男性を好みます。女性の方も包容力のある落ち着いた人が多いのでとても相性がいいのです。情熱的な恋愛よりも穏やかな恋愛を好みます。そのため、一度信頼した相手との恋愛はとても長続きすることができます。お互いが帰る場所であるかのように穏やかな恋愛をすることができます。

理性的であるために注意するべき点とは

理性的な人というのは、理性的であるがゆえに注意しなければいけないことがあります。まず、一つ目の注意すべき点は、思い切った行動ができないということです。理性的な人は計画性があります。物事の道筋を立てて、計画的に進めることができます。しかし、今すぐこれがしたいという時や、今だったら今まで会いたかった人に会えるという時でも、躊躇してしまいます。それは、新しい事に飛び込む前にそれに関してのリスクを考えてしまうからなのです。

また、イレギュラー対応が苦手なので、急な予定変更や途中の大幅なプラン変更に関しての対応がとても苦手です。なぜ、急な予定変更が苦手なのかというと、また物事の筋道を作り直さないといけなくなるからです。理性的な人は、急な予定変更への対応は苦手なのですが、もう一度計画を立てることができたら通常運転に戻すことができます。通常運転に戻るまでがとても大変なのが理性的な人の特徴であり欠点でもあるのです。

理性的であるから注意したいこと

恋愛においての注意点

理性的な人は恋愛に対していくつか注意すべき点があります。理性的な人は、常に恋愛に対してのストッパーが働きます。理性的であるがゆえに、感情的に飛び込んでいくことができないのです。異性と出会った時に「仲良くなりたい!」という気持ちがあったとしても、すぐに「どうしたらいいんだろう…」という気持ちが湧いてくるのが理性的な人の特徴です。一番怖いのは自分がどうしたいかという感情に気づくことができなくなってしまうことです。

理性的な人は、少しでも他の人と違う感情を感じることができたならば、勇気を出し勘違いであってもいいのでとりあえず気になる方に声をかけてみましょう。話をして、時間をかけて相手を理解することで、自分の本当の気持ちにも気づいていきます。最初の少しの勇気で人生が変わるかもしれません。いつもと違う小さな勇気を出してみましょう。ストッパーを少しだけ緩めることで、人生が変わる出会いをすることができるかもしてません。失敗を恐れず積極的に恋愛にチャレンジしていきましょう。

理性的と本能的な人の違い

感情に溺れずに、物事を筋道立てて行動できるクールな「理性的な人」と本能のままに行動する「本能的な人」というのはどんな違いがあるのでしょうか。「理性的な人」と「本能的な人」の違いを知りたい方のために、以下にその違いを詳しくご紹介させて頂きます。

本能的な人とは

「お金持ちになりたい」「出世したい」という気持ちを誰でも一度は持ったことがあると思います。本能的な人とは理性的な人と違い、このような自分の気持ちに素直に行動するという特徴があります。今したい事があった場合、今どうにかしてできないかを考えます。したい事があったら、リスクを恐れずにまずその世界に飛び込むことができます。即決力があり行動力があります。

本能的な人は、好き、嫌いがとてもはっきりしています。好きなものを純粋に追いかけていけるので、ポジティブで明るい人が多いのも特徴です。さらに、本能的な人は無謀に思えることでも積極的にチャレンジするという特徴もあります。

本能的な人と理性的な人の明らかな違い

本能的な人というのは、上記でご紹介致しましたように「したい!」と思ったことに素直に飛び込んでいくことができるという特徴があります。ここが理性的な人と本能的な人との大きな違いです。理性的な人は、したい事ができるチャンスが目の前にあった時でも、飛び込む前にリスクについて考えたり今の生活を手放しても大丈夫かなどと考えてすぐには行動に移さない場合があります。本能的な人に比べて決断をするために少し時間がかかってしまうのです。しかし、時間をかけた分大きな失敗はしません。

また、恋愛においては、本能的な人と理性的な人とではさらに顕著に違いが出てきます。本能的な人は少しでも興味がある人には、どんどん積極的に声をかけていきます。たとえ、断られてたとしても全くめげません。「縁がなかったんだな」と割り切ることができるのです。しかし、理性的な人は最初の一声をかけるのにかなりの勇気が必要になります。さらに、もっと進展するためにはもっと勇気がいります。断られないような安全な人を探して声をかけていくことが多いので、あまり失敗はしませんが進展もゆっくりなのが理性的な人の恋愛の大きな特徴です。しかし、一度信頼をした相手とは、とても長く付き合っていくことができるのが理性的な人の恋愛の特徴です。

理性的なことはいい事なのか

理性的なことはいい事なのでしょうか?理性的であることは確かに必要です。仕事や学校など集団生活をしているうえで全員が感情的であった場合は、話がまとまらないので理性的に対応してくれる人が必要となります。

しかし、みんなが理性的であると、積極的に発言したり行動したりする人が少なくなってしまう可能性が出てきます。近年装飾系男子が増えてきているのは、世の中に理性的な人が増えてきているからなのではないでしょうか?プライベートでもビジネスシーンで発言や行動をうまくコントロールするためには、理性的なことと本能的なことの適度なバランスがとても重要なのです。