Search

検索したいワードを入力してください

言われたことしかできない人の特徴(旦那/上司/社員/新人/バイト/子供)

Small c7484e0d 71d3 4e7c 83f7 6fdb385d203furachan2000
仕事の悩み / 2017年10月01日
言われたことしかできない人の特徴(旦那/上司/社員/新人/バイト/子供)

言われたことしかできない人の特徴とは?

家庭や職場で、自分から率先して行動や発言が出来ず、言われた事しか出来ない人がいます。初めから、自ら率先して行動や発言を起こせる人もいる中で、なぜ、言われた事しか出来ないのかと疑問に感じる場面もある事でしょう。

時代の風潮も一理あるでしょう。インターネットが流通した事で、とても便利な反面、自分で考えて答えを出せなくなってしまったと考えられます。では、その日常に起こる、言われたことしかできない人の特徴を家庭や職場の状況に応じて、詳しくご紹介致します。

家庭での場合では?

家庭内でも言われたことしかできない人はいます。妻から見て、旦那にその傾向があると考えられます。家庭内で妻が思う旦那にやって欲しい事を挙げてみましょう。「ゴミ出し」「家事の手伝い」「掃除」「子育て」「買い物」「町内会の会合」などが主です。

人間は、一人で全てをこなす事は出来ません。旦那は会社で仕事をして、お金を稼いで来るという大きな仕事があります。これは、妻も感謝する事が必要です。そして、妻は旦那が外で働いている間に家事や子育てという仕事をこなします。これは、お互いの必須な役割でしょう。

旦那が言われたことしかできないのは、家庭内だけという事も考えられるでしょう。仕事場では積極的に働いて、汗をかいてお金を稼いでいる事でしょう。疲れた心身を家庭内では休ませたい、という考え方ができます。

旦那の心理としては、やる事を頭では分かっていても、疲弊した心身で余計に動く事が翌日の仕事に差し障り、面倒な状態と言えます。

子供ならば許せる?

言われたことしかできないのは旦那だけではありません。子供でも同じ場合があります。
ですが子供の場合は、まだ様々な経験が浅く、想像力も乏しい、という理由があります。言われたことだけやってくれれば御の字、という考え方が大切でしょう。

子供は、遊ぶことで頭が一杯です。遊ぶことが仕事と言えるでしょう。大人になって、そのままですと困りますが、子供の頃は、元気が一番です。丈夫な大人になります。

幼い子供に対して、言われたことしかできないという抑圧的な了見は、子供の教育上良い影響を与えない場合も起こり得ますので、細心の注意が必要です。

職場で機転がきかない?

職場でも言われたことしかできない人はいます。特に新人です。まだ、会社に馴染んでおらず、何をして良いか分からない落ち着かない心情です。ある意味では、家庭内での子供と同じで、社会人1年生です。文言で伝えても、身体で覚えていない為、言われたことしかできない状態になっています。むしろ、言われることを待っているという状態でしょう。

また、先に行動を起こし、失敗をして叱られるのを恐れています。その為、上司からの指示を常に待っていると言えます。その状態のまま、社会経験年数のみが重なれば、役職が付いた上司になっても同じ状態です。積極性が備わらず、常に誰かの指示を待ってしまうでしょう。それでは、いずれ後輩に仕事の指示をする際に困る事も出てくるでしょう。

社員とバイトではどんな違いがあるの?

バイトにも言われたことしかできない人がいる傾向は多いです。要するに、行う仕事の全体像が見えていない為に起こる現象です。失敗を恐れずやってみる事で、自然と経験値になって、いずれスムーズな仕事をこなせるのですが、やはり、上司からの指示を待ってしまう事が多いでしょう。

責任感の弱いバイトという立場では、寛容される場合もありますが、正社員となった場合はどうでしょう。正社員となれば、その会社に末永くお世話になる事が多いです。一刻も早く仕事を覚えて、会社の一員と成る必要がありますが、どうしても指示がないと動けない人がいます。

肩書が変わっただけで、バイトの時と心情の変化や責任感の増大も無く、仕事をこなす事への意欲が薄い為、言われたことしかできない要因と言えます。

ゆとり世代の言動とは?

学校教育のシステムが変わり、休日が増え、科目が減った世代があります。それを、総称して「ゆとり世代」と呼びます。ゆったりとした教育の中で育った子供たちが、成人して、周囲と同じように会社内で働く事となります。では、そこにどんな影響があるかという事でしょう。

これにも、言われたことしかできない傾向は強いです。要するに、緊張感に欠け、責任感や想像力も乏しく、自分で考えた行動が怖くて出来ません。その為、指示を待つ事が仕事と勘違いしています。

言われたことしかできない、という事は、一見無難な印象もありますが、社会に出たら、それでは済まされない事が多い故に、常に積極的に考えて行動して、失敗の中から成功をしていく、という癖を付ける事が大切な事でしょう。

ゆとり世代はなぜ積極的に動けないの?

ゆとり世代を生む原因とは、その名の通り、ゆとりに重きを置いて教育された期間が長い為、ゆったりしとしたマイペースな考えや言動の人が多いです。

中には、言われたこともやれない場合もあるでしょう。本来は当たり前ですが、言われた事をしっかりとやってくれるゆとり世代の人は少ないでしょう。要するに、誰かに叱られた事がない、という事も言えます。

叱られる事で、やっていいこと、やってはいけないことを学んで行きますが、その経験が無い為に、社会人となっても、ゆったりとした学生気分のままで、責任を持って仕事をこなす人は少ないでしょう。結果として、言われたことしかできない人材を生む事となってしまいます。

言われたことしかできない人の改善方法!

「言われたことしかできない人」と呼ばれて嬉しい人はいません。仮に思い当たる節があれば、それは少しの意識次第で変わる事が出来ます。まずは、上司からの指示を待つ癖を無くす事から始めてみましょう。

それには、事前に下準備をしっかりこなして置くことが必須です。仕事は、段取りが全てとも言えます。準備を入念に済ませることが大事なポイントです。それにより、想像力も鍛えられ、現場でも想像通りに働くことができるでしょう。

場面別での言われたことしかできない人の対処方法とは?

仕事場での言われたことしかできない人の対処には様々な方法があります。周りが、積極的に改善策を打ち出す事で、本人にも徐々に意識が芽生える事でしょう。

仕事場で、言われたことしかできない相手へは、1日に終えて欲しい仕事内容をメモに書き起こす方法があります。このようにすれば、目で見て仕事内容が理解できる為、逐一指示を出す手間も省けるでしょう。

バイトの人へも同じ方法が役立ちます。箇条書きにして、終えた項目にチェックを入れてもらうようにします。これで、1日の全体の流れが把握できます。この方法をしばらく続ける事で、本人にも自然と自意識が芽生え、その内にメモを見なくても、自主的に仕事をこなせるようになるでしょう。

派遣社員の教育や指導とは?

言われたことしかできない人は、やる事に自信が無い傾向があります。周りが、指導して教育しなければ、会社の一員として成立しないでしょう。派遣社員でも同じでしす。言われたことしかできない傾向は強いでしょう。なぜなら、正社員では無く、バイトの延長的な意識の人も存在します。

メモを渡す方法や、LINEなどの通信方法で、一斉に行う仕事内容を送信する事も良いでしょう。スマホを持っていない成人した若者はほとんどいませんので、常に持ち歩いている中、随時送られる指示内容は有効です。

心を通わせる時間が大事!

様々なケースでの、言われたことしかできない人の特徴やその対策をご紹介致しました。いかがでしたでしょうか。まだ、社会経験が浅く、自分のペースを掴めていない事が多いでしょう。その為にまだ、自発的な考え方がありません。

とは言え、社会の大切な一員です。長期的な展望で見守る事も大切です。人は、「一朝一夕」ではなく、時間の経過と共に自然と学んでいく性質があります。どんな時でも、助け合う事で、心が通じ合うでしょう。