Search

検索したいワードを入力してください

既読スルーする人の心理|彼氏/彼女/元カレ/元カノ/友達/仕事

Author nopic iconyuta
カテゴリ:恋の悩み

初回公開日:2017年09月01日

更新日:2018年01月19日

記載されている内容は2017年09月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

既読スルーする人の心理|彼氏/彼女/元カレ/元カノ/友達/仕事

既読スルーする人の心理

既読スルーとは?

既読スルーとは、ラインなどのSNSによるコミュニケーションツールの普及により若者の間で流行った言葉です。

LINEでメッセージが既読になっているのにも関わらず、相手からの返信が途絶えている状態のことです。 なお、メッセージに既読を付けず、放置することを「未読無視」や「未読スルー」と言います。

既読スルーする人の心理は?

既読スルーをする人の心理がわかりやすいように挙げました。その心理としての代表例をいくつか挙げたので、確認します。

まず、一つ目の心理として忙しすぎて返信を返す暇がないということです。平日の昼間や仕事やアルバイトが忙しい時にはどうしてもゆっくり返す時間がありません。そんな中でも既読することで読んだという跡だけを残そうという心理も垣間見えます。

二つ目の心理として挙げられるのが、相手のメッセージに対してどういった返信をしたらいいかがわからないという場合です。相手からのLINEの意図が分かり辛く、返信に困った結果、既読スルーという場合もあるでしょう。そのような場合は、きちんとしたコミュニケーションは成り立ってないことが原因ですので、言葉のキャッチボールを意識して丁寧に会話をすることを心掛けましょう。

三つ目の心理として、その相手と返信をしたくない場合です。故意に返信を避けた場合で、これ以上LINEをしたくないという明確な意思表示の上で行われています。しっかりと確認することが第一ですが、出来ない場合などもあるのでそういった場合は自分で送ったメッセージの中に相手を傷つけてしまった要因がないか確認しましょう。

四つ目の心理として、ラインにおけるメッセージにあまり重要性を感じない性格の人である可能性があります。既読して心の中で了承して、終わりにするタイプです。ラインでの会話を必要最小限に抑える傾向があります。あまり小さなことを気にしない性格です。人に依存しないタイプであるか自分勝手な性格であるかのどちらかです。

男女別の既読スルーの心理

男女別の既読スルーの心理をみていきます。この章では、主に男女の性格の差に着目して心理の違いを説明しています。

男性の既読スルーの心理とは?

男性の既読スルーをする心理としてどういったことが考えられるか挙げます。まず、男性は好き嫌いなどの気分で関係を築きがちなので、女性に対して既読スルーする場合、脈なしであることが多いです。男性なら好きな女性となら少しでも繋がっていて、話したいと思う性であり、既読スルーなんて論外です。

また、男女の違いとしてLINEにおけるコミュニケーションは、女性は話すことが好きで使っているのに対して、男性は連絡の手段として使っている傾向が強いためです。

女性の既読スルーの心理とは?

女性の既読スルーにはどういった心理が考えられるのか挙げました。女性は元来話し好きな性格なので、沢山の人と繋がっていたいと感じ、男性と比較して多くの人とLINEをしている場合が多いです。なので、返信の通知が溜まってしまい、返信することを単に忘れてしまうことも頻繁です。

この場合、友人からの人気があり、あっちこっちからLINEが来ていて溜まっているために、優先順位を付けて返そうとしていたらつい忘れてしまったという送った側からすると少し悲しいケースです。

また、ただ単に相手の男性に興味がないというケースも多々あります。残酷な現実ですが、LINEが来て嬉しい人のメッセージを簡単に既読をつけて終わりにしたりしないという事実は知っておくべきです。

相手別の既読スルーの心理

今までは、大きく男女の既読スルーの心理などを見てきました。この章では相手別からの既読スルーの心理を見ていきます。一気に深めていくので、気になる相手の心理を理解するきっかけになるはずです。それでは早速みていくことにします。

彼氏の既読スルーの心理とは?

彼氏の既読スルーの心理を見ていきます。

第一に、気持ちが離れて冷めてしまったということが考えられます。以前は頻繁に連絡してくれたのに、突然既読無視が増えた場合、暗に好きではないことを伝えようとしている場合が多いです。返しが素っ気なかったり、話題を振らなかったりすればその傾向は強いでしす。もしくは、純粋に口下手な場合があります。女性のように連絡に対してマメでない、男らしいタイプです。

彼女の既読スルーの心理とは?

次に、彼女の既読スルーの心理を見ていきます。

彼女が小悪魔系で計算高いタイプであることが考えられます。ちょっとした恋の駆け引き気分で、「既読」という機能を使って彼氏を不安にさせたいという願望の現れかもしれません。最近、素っ気ない彼を引きつけるための戦略だったり、すぐ既読にしてしまう自分の好きな気持ちを隠したいと思っているのかもしれません。

・元カレの既読スルーの心理とは?

元カレの既読スルーにはどういった心理があるのか挙げます。

まず男性は一人の好きな女性をずっと追いかける傾向にあります。気になった女性を必ず手に入れる為に、その女性だけを見る必要があります。つまり、元カノからの連絡に既読スルーを付けるのは、気になっている女の子がいるという場合です。わかりやすい意思表示をしてくれた分、余計に傷つかなくて良かったと考えるのがよいです。

女性が元カレに連絡する時は、男性の性欲によるものではなく、話を聞いて欲しかったり寂しい気持ちを癒して欲しい感情がもとです。そういった心理を理解して紳士的な対応が出来る男性を目指すことが必要です。こういった誠実さが好きな女性への対応にも良い影響を与えます。

元カノの既読スルーの心理とは?

元カノの既読スルーにはどういった心理があるのか挙げます。

男性が女性との復縁を目指して連絡する場合、大体性欲が原因です。もう一度性交渉できることを期待して連絡しています。また男性の場合は、現在気になっている女性に振られて傷ついている時に男としての自信を取り戻したくたくて、元カノへの連絡に至ったという経緯があります。女性の勘は鋭いので、そういった点に気がついている可能性もあります。

また、女性は複数の男性をキープして、その時その時で自分が気に入った男性を選ぶので、その時既読スルーするということは興味がないということの意思表示です。わかりやすい女性の特徴です。

友達の既読スルーの心理とは?

友達の既読スルーにはどういった心理があるのか挙げます。

気の知れた友達同士では基本的にあまり気を使わないので、既読スルーに関しても深い意味はないです。もしくは素っ気ない性格か、あまりLINE自体を頻繁に使わない傾向が強いからです。また、信頼関係が構築されているその裏打ちであり、返信を放置しているだけの場合もあります。どうしても気になる場合は催促してみるか、新しい話題を振ればまた会話も続くかもしれないです。

もし返信の必要なメッセージに対して既読スルーを決め込むようでしたら、信頼関係の構築を考慮していない失礼な態度なので友達を辞めた方がいいかもしれません。お互いに良い影響はないです。

仕事上における既読スルーの心理とは?

仕事上における既読スルーにはどういった心理があるのか挙げます。

仕事では余程重要でないこと以外は、プライベートの時間を大切にするために、必要以上の連絡は避けることが多いです。棚でさえストレスが多い社会生活で、自分のプライバシーを守るのは当然です。最低限の返信をして、その結果が既読という形になったというのが自然です。言いたいことがあれば直接言って欲しいという心理の人です。

また、上司からの連絡に対して部下の既読スルーは、ただ単に「了解しました」という意味で行っていたとしても、上司に了解したという旨を伝える一言を入れるべきです。

既読スルーと未読スルーの心理的違い

既読スルーと未読スルーにはどういった違いがあるのか挙げます。

一つ目の心理的違いが、メッセージの通知の時点で返信する必要がないと判断したために未読にしている場合です。既読スルーは良いイメージがないので、一旦放置しています。こういった心遣いのもと、未読をしているという心理です。自分の送ったLINEを一度確認してみれば、返信が必要ないメッセージを送っていたことに気がつくはずです。これに該当する場合は簡単にわかります。

二つ目の心理的違いが、既読すら付けたくない心理状況の場合です。既読を付ける行為自体が嫌であり、一度離れて暫くの間考えたくないという意志表示かもしれません。一度既読を付けると返事をしなくてはいけないので面倒に感じるので、未読にして置いてるということも考えられます。また、既読にするとまた相手からメッセージが来るかもしれないので、それを避けるために未読にしてメッセージが来るかもと相手に期待させたままにしているという心理も考えれます。

三つ目の心理的違いが、そのメッセージを受け取った際に忙しい場合です。ゆっくり考えて返信したいが、今はゆっくりとした時間が取れないので、既読は付けないが、未読にしているという誠意のある対応の場合です。既読無視にするぐらいなら未読にして置く方が良いです。

四つ目の心理的違いが、その相手に対して苦手なイメージを持っている場合です。どうでもいい人には既読スルーをします。それを避けて未読にしているということは、一度距離を取って避けたいという心理の現れです。

五つ目の心理的違いですが、優先順位が低ければ既読スルーですが、興味が無いために未読している場合です。そのメッセージを貰った相手に対して特に感情が湧かず、既読すら付ける気がない心理状態です。おもしろい画像や可愛いスタンプなどを送ることで気を引いてみることがいいです。

既読スルーは脈なしか脈ありか確かめる方法

気になっている相手にラインを送り、既読スルーされると不安になります。自分が相手にとって脈ありか脈なしかどうか気になりますが、直接聞きづらいのもあります。なので、その対策として出来る方法を挙げました。それでは早速みていきます。

少し寂しがってみせる

脈ありか脈なしかを確認する最も一般的なやり方で、ほんのり匂わせるぐらいのニュアンスで伝えることで相手の心理を確かめます。気になる相手に直接言葉で伝えるのが難しかったり苦手だったりしたら、寂しいという感情があるスタンプに頼るのもいいかもしれません。長文のメッセージや重い文章で相手に負担を掛けないように配慮することが必要です。

少し怒ったふりをする

既読スルーされたことに関して少し怒っているということを示すことで既読スルーされたことで悲しんでいるという心理を相手にわかってもらうという意図があります。素直に自分の感情を見せることで、相手に自分を見てもらうが出来、相手の本音を引き出しやすくなります。

構ってスタンプを押す

こちらも脈ありか脈なしかを判断する上で正攻法です。素直に構って欲しいことを言葉で直接伝えるのではなくスタンプによって伝えることで、気になる相手に甘える作戦です。少々変でも距離を縮めることで、自分の好意を伝えます。相手と自分の関係性が良好に進行していることが前提です。また、脈あり脈なしの確認のみならず、時には気になる異性と仲良くなるきっかけとして使ってみるのも悪くないです。

必要事項などを聞く

脈あり脈なしの確認に、必要事項を聞くのはおかしいと思うかもしれないです。しかし、たまたまメッセージが終わってしまい、しつこく行くと面倒に思うかもしれないと気遣った場合もあります。少し不本意な既読スルーなら、少し攻めて、会話を続けるのも有効です。必要事項を聞くぐらいなら、相手にとって負担にならない会話なので、自然と続けることが出来ます。負担になる会話とは、返信に困る内容のメッセージを送ることです。日頃、気軽な会話のキャッチボールで楽しんでいる分、たまには内容がある会話をすれば、いいアクセントになるかもしれないです。

可愛い画像や癒し画像を送る

ラインのメッセージで可愛い画像や癒し画像を送ることは、相手が忙しい時や疲れている時などにちょっとしたリラックスになります。脈ありか脈なしかどうかの判断に関しては、相手がその後好意的な判断をしてきたかどうかでわかります。もし、この画像を送って既読スルーされてしまったら少し時間を置いた方が良いです。

既読スルーの心理

いかがでしたでしょうか。既読スルーという意図にも、色々な見方があり、実際に相手の心理を確認してみないとわからない部分も大きいですね。相手の価値観に左右される部分も大きく、普段から相手を理解する姿勢が大切になってきます。

気になる相手からの既読スルーに対して、ネガティブに考えてしまい、負の感情の循環に入ってしまう前に、自分が送ったLINEを見返し、相手が返しやすくなるLINEになるように工夫することが賢明です。あまり気にしすぎないようにするのがいいかもしれません。