Search

検索したいワードを入力してください

知らない場所の夢占いの意味と心理|異性/家事/旅行/仕事/何度も

Author nopic iconuwell
カテゴリ:夢占い

初回公開日:2017年09月06日

更新日:2018年01月19日

記載されている内容は2017年09月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

知らない場所の夢占いの意味と心理|異性/家事/旅行/仕事/何度も

夢で知らない場所に居た?夢占いで見る意味と心理

睡眠中に見る夢では、知っている現実世界の場所が出てくることも多いとされますが、知らない場所が出てくることも珍しくありません。夢占いでは、知らない場所に対して「未来や未知の自分への可能性」の意味があるとしており、心理的には意味の内容を「求める気持ちや探している気持ちがある」「変化に対して前向きな気持ちを持っている状態」とされています。

ただ、夢占いで意味として付けられている象徴性はあくまで参考程度の情報です。夢占いにおいて最も大切なことは「その夢を見た時の感情」と考えられていますので、知らない場所の夢を見た時にあなたがどう思ったのか?ということを解釈する上で最も大切な材料とします。一概に知らない場所といっても、多くの場合プラスして他の象徴が登場します。

たとえば、自分以外の人などです。また、知らない場所にいる経緯や状態も夢占いで解釈をするためには必要な情報となります。ただ「知らない場所にいた」ではなく、知らない場所にいるまでの経緯や、経緯が分からない場合はその項目を除き、知らない場所を夢で見た時の気持ちは?他に何か覚えているものはないか?など、まずは夢の内容を整理してみましょう。

状況・状態別で夢占い!知らない場所の夢を見た時の意味とは?

仕事

知らない場所というよりは知らない職場に居る、そしてそこで働いているのであれば「仕事に関しての自由度が上昇する」暗示とされます。仕事の自由度というのは、仕事上で生じる選択肢の幅が広がるなどのことです。気持ちの面で良い印象がある場合は自由度上昇に対して前向きですが、良くない印象を抱いた場合は「自由度上昇に対する不安」とされます。

人は変化を好むタイプと保守的なタイプが存在しますが、選択の自由度が上がったことに対して不安を抱くのは保守的なタイプでしょう。「今の環境が変化することで何が起きるか分からない」という考えは誰にでもありますが、保守的なタイプは起きること=良くないことです。変化を好むタイプは良くないことが起きたとしても気に留めない、もしくは柔軟に解決します。

旅行

夢占いで旅行は「現実の物足りなさ」を象徴しますので、「未知の自分や可能性」を意味する知らない場所と組み合わさることによって「現実の物足りなさを満たすためにさまざまな可能性を考えている」と状態されます。あくまで夢占いではそのように解釈されますが、単純に旅行に行きたい気持ちがあって見たものの記憶の欠片が混ざっていることもあります。

泊まる

「泊まる」夢は「癒し・ストレスの発散・新たな人間関係」を求めている心情と解釈されるため、知らない場所に泊まる夢は「癒し・ストレス発散・新しい人間関係について考えたり・無意識下で必要としていること」が表されていると考えられます。

歩く

知らない場所を歩いている夢を見た場合、夢占い的には良い解釈がされます。しかし、気持ちの面が重要です。楽しい気持ち、または明るい気持ちで夢の中の知らない場所を歩いていた・散策していた場合は吉夢とします。夢占いの解釈としては「変化に前向き」なことを表しているとされ、良い意味で「変化を求めている」暗示のようなものです。

歩いている、散策をしている中で何か見つけたものを覚えているのであれば、その象徴も夢占いで調べてみると良いでしょう。見つけたものは「変化を求めた結果」であり、「変化を求めたことで実現化すること、得ることができるもの、発見する自分の可能性」などを示します。必ず良い結果になるとは言い切れませんが、知らない場所を良い気持ちで歩く夢自体は良い夢です。

火事

燃えているものや火の大きさも関係しますが、特別なにもない知らない場所が燃えている(火事)の夢占いでは「外的な変化」を意味します。外的な変化とは、引っ越し・給料の増減・新しい出会いなど目に見える変化のことです。火事の火が穏やかに見えたり、火事ではなくて暖かく感じられる火は「愛情を受けるサイン」とされます。

爆発した炎は「急激な変化」を意味しますが、「自身の内にある激情」が表されているとも考えられます。メラメラとした炎を見て不安を感じる場合、夢占いでは「不安や心配が起きる前触れ」と解釈します。どす黒い火は「警告」で、運気低下を表します。悪い意味もありましたが、このような夢を見た時は落ち着いた心と言動を心がけましょう。

異性

知らない場所で異性と居る時には、気がかりな考えが頭から離れないかもしれません。夢占いでの解釈では、異性と知らない場所に居ることを「恋愛運UP」としています。新しい恋愛がスタートする予兆であったり、素敵だと思える異性に巡り合えるといったような解釈です。デートをしているのであれば、夢占い的には「恋愛で自分が変化する」とされます。

もし、相手が知っている異性であった場合は「その人のことを考えている」「好意がある」という解釈になります。「その人のことを考えている」のは色々な事情がありますが、「好き」の他に「1日や昔の振り返りの中で出てきただけ」の場合もあります。知っている異性の場合は、その人に対しての感情を自分に問いかけて明確にすると良いでしょう。

知らない人

夢占いでは、知らない人=「出会う人」「潜在の自己」「魂の交流」とされています。顔が見えない場合は「出会う人」の可能性も考えられ、その人を見た時の感情に伴う運気の増減を表していることもあります。「潜在の自己」とは自分の精神世界の奥に存在する自分のことで、顔が見えない場合も見える場合もあります。しかし、顔は見えても起きた時に忘れるケースがほとんどです。

「魂の交流」というのはスピリチュアル的な意味合いが強くなりますが、眠っている間に魂が徘徊するという説からきています。睡眠中に肉体から離れた魂は、人間が生きる世界だけでなく死者が住む世界も行き来するでしょう。そのような魂の徘徊の中で出会った魂が、知らない人として夢に出てくることがあると言われています。

知らない場所で知らない人を見た時には、その場所はどんな場所なのか・知らない人がどんな人なのか・気持ちの面などの情報があると夢占いでの解釈が行いやすくなります。どんな場所?では、たとえば森・家・学校・現実にはなさそうな所などです。どんな人なのか?では性別・年齢・服装など、気持ちは良いか悪いかですが具体的に分かる場合は夢占いの成果が出やすいです。

懐かしい

「知らない場所なのに懐かしい」とは何とも不思議なことですが、夢占いではあり得る話です。知らないのに懐かしいと感じる場合、その場所は「前世の記憶」である可能性が考えられます。今の自分は知らないけれど前世に訪れたことがある場所・見たことがある場所・住んでいた場所など、それらの場所が知らない場所として夢に現れて懐かしい感情を抱かせるとされます。

夢の中の知らない場所で「懐かしい」と感じた時、他に感情はありましたか?もし良くない感情が生じたのであれば、「前世からの過ちを繰り返している」教えです。良い感情があったのであれば、「前世からの良いサポートが受けられる」とされています。単に記憶の欠片である場合もありますが、夢占いでは上記のような解釈になります。

何度も

何度も同じ夢を見る場合、それは「予知夢」と考えられます。同じ知らない場所を何度も夢で見る場合、自分の周りで何か大きなことが起きる暗示です。特に、身近な男性(夫や父親など)が関係する可能性が高いとされます。ただ、「このような夢を見たい」と考えながら眠ることで希望した夢を見ることも可能なので「予知夢」ではなく「思考のどこかにある」可能性もあります。

また、「前世の記憶」や「過去の記憶」の可能性も考えられます。どちらにしても、その場所で「大きな何かが起こった」ことを知らせている夢とされます。思い出しても良い内容のこともあれば、思い出さない方が良い内容のこともあるでしょう。「懐かしい」のであれば、忘れていた「過去の記憶」かもしれません。

知らない場所への気持ちが夢占いでは重要なポイント

夢占いでの解釈は、見た人の気持ちが大切と言いました。科学がまだ栄えていない時代であれば、夢に出てきた時の象徴性だけで解釈が可能です。しかし、現代では脳の構造や心理面の知識など全面的に科学的な能力技術が向上していることから、象徴性だけでなく見た人の気持ちを尊重する傾向も強くなっています。

夢占いでは、知らない場所は「未来の可能性」「潜在の自己や願望」「変化に対する前向きさ」「記憶の断片」「前世の記憶」です。「前世の記憶」は根拠が明確にはされていないためスピリチュアル的に捉えることができる人向きの考え方であり、「変化に対する前向きさ」や「未来の可能性」は自分の考えが良い意味で表されています。

「潜在の願望」は望むことによって良し悪しですが、自覚していない自分を知ることにはつながります。「潜在の自己」も無自覚の自分を知るきっかけになり得ますが、それは性格的な多面性の一部・アニマやアニムスと呼ばれる自己の潜在にある異性の性質・子どもの頃の自分であったりします。夢占いは断言できるものではないため、できるだけ良い捉え方をすると良いでしょう。