Search

検索したいワードを入力してください

彼女/彼氏/夫/妻を信じられない時・信じる方法

Author nopic icon夏野
カテゴリ:恋の悩み

初回公開日:2017年08月14日

更新日:2018年01月19日

記載されている内容は2017年08月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

彼女/彼氏/夫/妻を信じられない時・信じる方法

相手を信じるにはどうすればいい?

男女の関係は未婚のカップル、既婚の夫婦でもいつも不安が付きまとうもの。その不安の中で最も大きなウエイトを占めるのが「相手を信じられない」ことではないでしょうか。それが原因で、時には破局が訪れることもあります。また、何らかの要因で信頼がよみがえり、お互いの仲が続くこともあります。

今回は相手を信じられない時とはどのようなときか、また、相手を信じるためにはどうしたらよいかを掘り下げて考えていきましょう。

彼氏を信じられない時

彼氏を信じられない時にはどんな時があるでしょうか。噓をつかれたとき、何か隠していそうな素振りを見せたとき、ふと見た横顔がつまらなそうだったとき、他の女性と歩いているのを見かけたとき、浮気されたとき、連絡をなかなかくれないとき、話をあまり聞いてくれないとき……、挙げるときりがありません。

嘘をつかれたとき

嘘をつかれると、人は男女問わず相手に不信感を持ちます。嘘というものは、その行動の中に相手を騙す趣旨が含まれています。大好きな、信じていた彼氏という存在に騙されたあなたが、その彼を信じられない、というのも無理もありません。

隠し事をされたとき

隠し事をされて不安になるということは、あなたが、「彼氏があなたを信じられない」と感じている証拠です。隠し事の内容が大きければ大きいほどあなたが受けるショックも大きいでしょう。隠し事をしていた彼氏に申し訳なさそうな様子が見られれば、あなたの心も少しは穏やかになるかもしれません。しかし、彼氏がケロッとしている場合、あなたの彼氏への不信感はぐんと増すことでしょう。

連絡がなかなかつかないとき

人、特に現代人はコミュニケーションツールで頻繁に連絡を取り合います。なので少々連絡頻度に関しては過敏になっています。それでもある程度の頻度では何らかのレスポンスがほしいものです。

あなたから連絡を取るという行為は、あなたの彼氏に応えてほしいという気持ちを具現化したものです。ですので、彼氏から応答がないと不安になり、応答が返ってくるまでの時間が長ければ長いほど、あなたの望む形から逸れた彼氏の行動と判断し、感じる不安は大きくなります。

約束を反故にされたとき

約束は男女関係ではとても重要な決まり事です。約束には、デートの待ち合わせ時間といった小さなことから、将来にかかわる大きなことまでいろいろありますが、どれも約束は約束、反故にされれば頭に来ます。大きな約束を反故にされたときのあなたの怒りは例えようもないくらい大きなものでしょう。

あなたにとって彼氏との約束はいわば小さな契約。大事なものです。それを反故にしてしまう彼氏なんて信じられないことでしょう。

他の女性と会っていた、または浮気をした

大好きな彼氏が浮気にしろそうでないにしろ、他の女性と親しげにしているところを見たら心穏やかではいられません。その女性との関係も気になりますし、親密度ももちろん気がかりです。

彼氏が浮気しているとなればもう心穏やかではいられません。基本的に日本人の男女交際は一夫一婦制が根底にあることもあって、交際も一対一が大前提です。好きになって、信頼を寄せていた彼氏がその大前提を覆し、他の女性とも交際していた、ということはあなたにとってはもう事件に等しいです。重大な裏切り行為です。彼氏を信じられない気持ちになるのも無理のないことです。

彼女を信じられない時

では、彼氏が彼女を信じられないときとはどのようなときでしょうか。やはり女性と同じでしょうか。男女の違いにも注目しながら、彼氏が彼女を信じられない時にはどんな時があるのか、見ていきましょう。

過去の男性経験を語る

あなたは彼氏の前で過去の男性経験を語ったことがありますか。過去の男性経験を聞くことは、彼氏にとっては拷問にも等しいものです。「○○君はこうしてくれたの」などと過去に関係のあった男性の長所をほのめかすような発言をされると、彼氏は彼女が過去の男性を褒めたと感じ、自分に劣等感を抱くことがあります。そして、彼女がまだ昔関係のあった男性に未練があるのでは、と疑心暗鬼になってしまいます。その結果、彼女を信じられない心情に陥ります。

約束を守らない

約束を守ることは男女関係なく交際に影響を及ぼします。彼氏もやはり約束は守ってほしいと思っています。あなたと同じ気持ちで約束しています。ですので、あなたに約束を破られたときにはあなたを信じられない、と感じています。

嘘をつく

約束を守らないことに通ずるものがありますが、嘘をつかれると、彼女に対する信頼度はぐんと下がります。嘘をつくという行為は、前述の通り相手を騙すこと。騙されてうれしい人は男性でも女性でもいません。嘘をつかれれば、相手を信じられない状況に陥るのは必然です。

ほかの男性と親しくする、浮気する

交際中の相手以外の異性と親しくするという行為は、男女関係なく相手を不快にします。彼女が他の男性と親密にしているところを目撃した彼氏は、彼氏と自分以外の女性が親しくしているところを目撃したあなたと同じ心境です。嫉妬心と猜疑心に駆られています。

浮気も同様です。男性は時と場合にもよりますが、女性よりも強い嫉妬を覚えることがあります。彼女が他の男性とも交際していた、などという状況を目の当りにしたら逆上するかもしれません。

基本的に受け身

こちらは多くの男性が口にする信頼を失う女性の行動です。基本的に受け身とはどういうことでしょうか。例えば「何が食べたい?」と聞かれて「なんでもいいよ」と答えたことはありませんか。「行きたいところある?」と聞かれて「あなたの生きたいところでいいわ」と答えたことはありませんか。これらのような主体性のない返答は彼氏からするととても困る回答になります。彼氏は彼女の具体的な「希望」が聞きたいのです。なのに、「なんでもいい」と返されると、どうすればいいのか途方に暮れてしまいます。そして、彼女が自分の問いに対して、本当に真剣に考えて回答してくれているのか、という疑念を抱きます。結果、彼女の言動を信じられないという状況に陥ります。

人の悪口ばかり話す

彼氏の前で女友達の悪口を話すことはありませんか。また、彼氏の友人の悪口を話すことはないでしょうか。悪口とまでいかなくても、否定的、攻撃的な発言はしていませんか。こういった発言は、彼氏の耳には不快なものとして感じられます。このような彼氏からすると真偽の定かではない負の感情を含んだ発言を頻繁に聞かせていると、あなたの評価が下がり、「この女性は悪口ばかり話している。それも本当かどうかわからないし……この人のことを心から信じられないな」と思われてしまいます。

彼氏、彼女の関係は一般的に信頼関係を構築している途中です。まだ二人の信頼関係はさほど強固ではありません。築きかけた信頼を崩すような行動が彼女、彼氏を「信じられない」という心情にさせます。

彼氏を信じるためには

嘘、隠しごとの裏にある事情も汲む

彼氏が嘘をついていたり、隠し事をしている理由を考えたことがあるでしょうか。確かに大切なことを隠していた、嘘をついていたことは、あなたにとってショックかもしれません。その時に彼氏を責めるだけではなく、「なぜ隠したのか、嘘をついたのか」理由も聞いてあげてください。彼氏が隠し事をした、嘘をついた理由がわかれば、あなたも彼氏のとった行動に納得がいくかもしれません。彼氏もやむを得ず隠し事をしたのかもしれません。隠し事をしている間、苦しんだかもしれません。そういった事情を理解することが、彼氏の理解につながり、ひいては彼氏が「信じられない」から「信じられる」存在にかわるのです。

「連絡」に関する男女の認識の違いを理解する

彼氏から連絡がこないと嘆いているあなた、男女で「連絡」というものに関する認識に違いがあることをご存知でしょうか。

女性は「連絡」を通して相手とコミュニケーションをしています。一方男性は「連絡」はあくまで連絡であり、情報を得るための一手段ととらえています。男性の「連絡」はコミュニケーションとは別ものなのです。極端な話、特に連絡事項がなければ連絡はしない、ということです。

「今日天気いいねー」、「元気」はコミュニケーションの会話の投げかけです。それでもこれに返信してほしい場合は、「そちらの天気はどう? 教えてください」とか、「元気? 困っていることある?」とコミュニケーション言葉+要件をつけてみてください。返事が来る率が高まります。

上記を理解し実行すると、信じられない彼氏が、信じられる彼氏に代わっていくことでしょう。

浮気後に何が一番なのかをはっきりさせる

彼氏が浮気、もしくは他の女性と親密な場合は彼氏に対する信頼度を回復することがかなり難しいです。二人でよく話し合って、次のポイントをはっきりさせましょう。「なぜそのような行動に出たのか」「今、本当に一番好きな人は誰なのか」、「今後の二人の関係の展望はどうなるのか」。

「なぜそのような行動に出たのか」については「出来心」という回答が多いですが、「出来心」で行った行為の再発を止めることは困難です。「二度としません」という弁明も意味がありません。この問いで見つけたいことは彼氏のとった行動について、自分に落ち度はあったか、という点です。自分に落ち度があれば、そこを改善することで二人の関係は修復できる可能性があります。

「今、本当に一番好きな人は誰なのか」という問いは、読んだままで、彼氏が今一番大切にしたい人を明確にします。これがあなたでなければ、彼氏を信用することはもはや困難ですが、一番好きな人があなたであれば、彼氏を再び信頼することは可能です。

「今後の二人の関係の展望はどうなるのか」という問いは非常に大事です。ここを具体的に話せる彼氏というのは、あなたとの関係をしっかり考えている証拠です。ここで彼氏が信じられないか、信じられるかがほぼ決まります。

彼女を信じるためには

逆に彼氏が彼女を信じるにはどうしたらよいでしょうか。嘘や約束を守らないこと、浮気は彼女が彼氏を信じる場合と同じ傾向にあります。他の要素はどうでしょうか。

嫌なことは嫌という

過去の男性経験を話されたり、デートの時の問いかけに「なんでもいい」と返されたりしてもやもやしている男性も多いことでしょう。もやもやしているくらいだったら、サクッと彼女に思いを告げましょう。「そういう話はあまりしないでほしいな」、「そういう返しはできればやめてほしいな」と。この後が大事です。「こうこうこういう理由でやめてほしいんだよね」とやめてほしい理由を明確に伝えましょう。そうすれば彼女も「ああ、こういうことは相手が嫌がるんだな」と納得してくれます。そしてお互いの「信じられない」に傾いた関係が「信じられる」に傾いていきます。

悪口についても同様です。「そういう話は控えてほしい、理由はこうこうこうだから」と理由も付け加え、理詰めで、冷静に彼女に伝えましょう。

ここまで彼氏と彼女の信頼関係を見てきました。次からは夫婦間の信頼関係についてみていきます。

夫婦といっても男女。彼氏と彼女の関係と通ずるところは多々あります。ただ、夫婦というものはある程度信頼関係がしっかり構築されて、結婚生活に至っています。そのような関係特有の信頼関係についてみていきます。

夫を信じられない

夫婦間で夫を信じられないということはひとえに妻が夫に不信感を持っているからです。そうなった原因はいろいろ考えられます。嘘をつく、浮気などは彼女と彼氏の関係で詳細に見てきました。夫婦特有の問題として、家事、家庭の仕事(子育て、教育など)に非協力的というものがあげられます。

家事、家庭の仕事は一部の人たちから簡単な仕事という偏った見方をされていますが、とても重労働です。三食ご飯の支度、子供のお弁当作り、掃除洗濯、子供の勉強を見る、ワーキングママはそれに加えて外での仕事があります。

これだけの労働に家族の一員である夫が無関心、不参加となると、妻に不満がたまります。「夫は家族のことを本当にちゃんと考えているのか?」、「夫は自分さえよければそれでいいのか」、「私(妻)の疲労には気も配らないのか」など、夫への不満、不信、疑念が妻の頭の中をぐるぐる回ります。

最悪離婚に発展することも

こうした妻の夫を信じられないという心情は、最終的に離婚問題に発展することも少なくありません。家庭にまつわる数多の不信感は妻に現状打破という名目で離婚の選択をさせます。

夫もまた、こうして自信を信じられないという妻に対して不満、不信感を募らせていきます。妻も夫を信用せず、夫も妻を信じられないというデフスパイラルに陥ります。こうなると夫婦仲はどんどん冷めていきます。そして離婚に向けて前進していきます。

妻を信じられない

男性は意外と恋愛、結婚に夢を持っているといわれています。おしゃれでかわいかった付き合っていたころの妻が、結婚後にはジャージ、ノーメイクで家の中を闊歩し、あれをやれ、これをやれと命令口調になり、気が付くを夫自身の意見は何一つ通らず、恋をした時の妻の姿も失ってしまった。夫は強い喪失感を味わいます。また、結婚前と後で豹変した妻に対して、「騙された」という思いが芽生えます。妻を信じられない夫になってしまったのです。

信じられない恋愛をしないためには

相手を信じられない。そのような思いは多くの人が抱いています。既婚者も、未婚者も。ではどうしたら相手を信じて恋愛を続けていけるのでしょうか。相手を真実ポイントは3つあります。

相手を知る努力を惜しまない

あなたは交際相手、結婚相手が信じられないと言いますが、交際相手、結婚相手の何をどのくらい知っていますか。相手が考えていることがわからない状態で、頭ごなしにあれこれ言っても、その言葉の効力は0に等しいです。時には相手の怒りを買うこともあるでしょう。まずは相手のことを深く知りましょう。まずはコミュニケーション言葉を投げかけて、次に質問や疑問、お願いなどをしてみましょう。相手から帰ってくるレスポンスをみて、相手を知っていきましょう。

相手に伝える努力を惜しまない

相手が信じられないからといって、言葉で伝える努力を惜しんでいませんか。思ったことは素直に相手にぶつけてみましょう。不満などの負の感情は特に溜めれば溜めるほど大きな問題に発展する傾向があります。小さな不満のうちに相手に、冷静に、理由とともに不満の感情を伝えましょう。

また、明るい話題は二人の関係をより良い方向に運んでくれるので、積極的に口に出していきましょう。

ギブアンドテイクの精神

人間関係はコミュニケーションが基本です。待っていれば相手がコンタクトしてくるだろう、という受け身の姿勢では物事はなかなか動きません。まずは自分が動きましょう。相手に対してコミュニケーションをとってみてください(ギブ)。そうすれば相手からレスポンスが返ってくるでしょう(テイク)。これをキャッチボールのようにつないで、二人の関係をより良い方向につないでいきます。

恋愛も結婚も2人でするものという意識を大切に

恋愛も結婚も2人でするものです。一人ではできません。2人でするからには価値観の違いなどで楽しい思いをすることもあれば、逆に大変な思いをすることもあります。そんな二人の関係を維持するのに大切なのは、「相手を信じる心」です。

信じられない相手に自分の人生の一部、ひいてはすべてを任せられません。また、片方が信じていて、片方が信じられない状態でも、関係はうまくいきません。良い信頼関係を長く維持して行くには、お互いが信じあう努力を怠らないことが大切です。信じあうためにはお互いの思いをうまく伝えることが大切です。上手にコミュニケーションをとって、幸せな恋愛ライフ、結婚生活をお送りください!