Search

検索したいワードを入力してください

ずっと好きでいてくれる彼氏の特徴|好きでいてもらう方法

Author nopic iconSAWA
カテゴリ:恋の悩み

初回公開日:2017年08月22日

更新日:2020年02月13日

記載されている内容は2017年08月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ずっと好きでいてくれる彼氏の特徴|好きでいてもらう方法

「ずっと好きでいて・・・」これは無茶なお願いなの?

「ずっと好きでいて・・・」と彼氏や旦那さんにお願いしたとしても、相手は「可愛らしいな」と思ったり、軽く「もちろん」と返事をすると思います。

しかし、人の心がこの先どう移りゆくのか、未来が見える人なんていないのです。大恋愛の末に結ばれても別れるカップルはいます。「ずっと好きでいて」というのは無茶なお願いに近いかもしれませんが、あなたが「ずっと好きでいる」自信があるのならば、互いの気持ちがずっと続くことでしょう。

ずっと好きでいて欲しいのならば、ずっと好きでいてもらう努力もしなければいけませんし、あなたも「彼をずっと好きでいる」という頑なで一途な気持ちを持ち続けることが大切なのです。

ずっと好きでいてくれる彼氏の特徴・チェックポイント

「ずっと好きでいてくれる彼氏(旦那)」はイコール「一途な人」なのです。まずは、誰かを一途に想い続けられる男性のチェックポイントをご紹介します。

また、ずっと好きでいてくれる彼氏には、意外な特徴が隠されていたりします。一途は素敵な事ですが、「真面目すぎ」や「風変り」なタイプにも匹敵するのです。

一つだけ「これだけは!」と言えることは、一人の人をずっと好きでいてくれるような男性は、何気に「モテない」ということです。

このことは意外と重要なポイントで、モテなさそうな人の素敵な面に気が付いて、その人と恋人になれたのなら、本当にずっと好きでいてくれて、大切にしてくれる人となる可能性が高いのです。

同じ人を一途に想い続けられる男性のチェックポイント

一途に、ずっと好きでいてくれるような男性のチェックポイントにはおおよそ次のようなことが挙げられます。

■女性と付き合った経験が少ない・ない
■家族仲がいい
■マメである
■本当に信頼している友達が数人いる
■同性から人気がある
■嘘をつくのが苦手で顔に出る
■中高時代に部活に熱中していた
■周りの意見に影響されない
■酒飲みではない
■ぱっと見でモテない

どうして一途な男性はモテないの?

一途な男性は、片思いしている相手がいる時も、付き合ってもいないのに、ふらふらと遊んだりしません。ある意味、頑固で融通が利かないため、男友達が合コンなどに誘っても、頭からその女性のことが離れないので、他の女性からしたら面白みがないのです。

また、多くはシャイだったり、自ら目立つようなことをするのが好きではないので、まず注目の的になるようなことはなく、日陰の人と言っても良いくらいなのです。

一途だからモテないというよりも、モテないから一途になれると言ってもいいくらいで、内面や性格が穏やかな人が多いのも特徴です。

一途な彼氏の特徴①「滅多に怒ることが無い」

「怒る」という感情が沸くのは、自分が気に入らなかったことに対しての対抗意識が心理的に働くせいです。

滅多に怒らない、ケンカにならないというのは、あなたに対して気に入らないことが無いからとも言えるのです。

あなたを自分の思い通りにコントロールしたがるようなワガママさがあれば、絶対にどこかで怒りが沸いてしまう場面があるのです。それが無いということは、ありのままのあなたが大好きだという証拠です。

一途な彼氏の特徴②「オタク気質がある」

オタクな男性はキモチ悪がられますが、一つの事に意志を持っていて、強い芯があるのです。興味の対象に対して、勉強したり、研究したり、追求・探求する気質があります。

それゆえに、一人の女性を好きになったら、彼女はどんなことが好きで、何で喜んでくれるのかなど、一途に一生懸命に尽くしてくれるのです。

最近では、オタク男子は付き合うと、ものすごく女性を大切にしてくれると、意外と人気もあるくらいなのです。

一途な彼氏の特徴③「反復作業も飽きずにこなす」

男性の性質として、もともと肉体労働など反復作業が得意な面があります。分かりやすく言うと、仕事のように毎日同じことを飽きずに出来るということです。

これは女性に対してもそのまま当てはめることができるのです。反復作業を飽きずにこなせる人というのは、彼女との関係に常に刺激を求めたりせず、彼女にたいして変化がなくても、飽きることなく一途に愛し続けてくれるという性質が強いのです。

恋人(旦那)にずっと好きでいてもらうには?

あなたの好きな人に、ずっと好きでいてもらうには、時々は彼の心をキュンと掴むような刺激が必要です。

また、あなただから側にいたい、あなただから「自分がついていてあげなくちゃ」と思わせることができないと、男性は自尊心が満たされずに、別の女性に気が向きやすくなってしまいます。

そんなことにならないように、一番大切なことは、何歳になっても「女の子」な部分を相手に感じさせることなのです。

「か弱さ」を見せる

私がしっかりしなくちゃ!なんて思って頑張らなくても良いのです。男性は、女性の「か弱さ」を見ることによって、保護本能が働きます。要するに、「俺が守ってあげなくちゃ」と思わせるのです。

「か弱さ」を見せない女性の特徴として、「お前は一人でも大丈夫だろ?」と言って振られるということが多いのです。

ずっと好きでいてもらうには、彼に「この人を守らなければ」という保護本能を沸かせるとともに、自分が「男」であるということを刺激させることが大切なのです。

気遣い・心遣いができる

気遣い、心遣いをさりげなく出来るというのは、一緒にいる相手に「波長が合うな」と思わせることができます。

要するに、彼にとって「居心地のいい女性」であるということです。そうなると、男性は独占欲を刺激されて「やっぱりこの人じゃないと」と、手放したくなくなるのです。

また、他の男性にも自分と同じように気遣いを見せることにヤキモチをやくようになります。そこで「あなたは特別だよ」と、笑顔と優しさを向けると、更に愛おしく、慈しむ気持ちが沸いてくるのです。

ドジな部分は隠さない

彼に不快な思いをさせないようにと、色んな面で完璧でいる必要なんてないのです。男性は、「しっかりしているようで、なんだか抜けている部分がある」女性には、釘付けになってしまう部分があります。

特に自分の愛しい人となれば、そのドジな部分は、自分だけが知っているかのように、可愛らしいと受け取ってくれます。ドジや失敗は隠す必要なんてないのです。

もし、そういうことを許さない完ぺきを求める男性ならば、あなたに一途とは言えないといっても過言ではないくらいです。

「あなただけがスキ」をしっかりアピールする

やっぱり、基本は「好き」「愛してる」ということをしっかりアピールする事です。あなただけ、という特別扱いに、男性の自尊心が満たされます。

そんな自尊心を満たしてくれる女性が近くにいるのに、キョロキョロと他の女性にも目を向ける男性はいないと言っても良いくらいです。愛されたければ、まず相手をより愛すること、これは基本です。

胃袋をつかむ

「男性の胃袋をつかみなさい」や「美人は三日で飽きるけど、料理上手は一生飽きない」などと言われるように、男性も料理上手な彼女だと、恋人同士のその先の将来を想像してしまうことも多いです。

胃袋をつかむということは、家庭を作るに繋がります。既婚者にとったら、旦那さんが真っすぐ家に帰って来る理由にもなるようで、「奥さんの料理が美味しいから、特に外食しようとは思わない」という意見もあるくらいです。奥さんにしたら、たまには家事を休みたいかもしれませんが、旦那さんがあなたを手放さない理由の一つにもなるのです。

「ずっと好きでいてもいい?」この言葉って重い!?

「ずっと好きでいていいですか?」と言われるのは重いのか!?この問いは、男性諸君からの意見を基にして、お答えしたいと思います。

極端にお金で物事を動かす、などの一部特別な方を除けば、基本的に男性は「ずっと好きでいていいですか?」と言われて悪い気はしないのです。むしろ、ニヤケてしまうくらいに、喜ばしい事のようです。

■男性諸君の意見
ある男性は、「そこまで自分に好意を寄せてくれる女性に、逆に「ありがとう」と思ってしまう。」と答えています。また、「ずっと好きでいていいですか?」と聞かれて「迷惑だ」と言ったり思ったりするような男性は、「まだまだガキ!」という意見もあります。

ずっと好きでいるのは、彼女の勝手です。男性側としては後に、その女性を好きになるかなどは別問題なので、頑張って告白してくれたことに感謝の気持ちが沸くのが普通なのだそうです。

重いと感じるパターンがあった!

「ずっと好きでいていいですか?」
この言葉だけなら、先程のように男性は「ありがとう」と感謝の気持ちすら持ち、重いなんて基本的に思わないと分かりました。しかし、「重い!」と思われてしまうのは何故か!?それは、この言葉の後の問題だったのです!

■男性をうんざりさせてしまう「その後の好意と行為」
頑張って「ずっと好きでいていいですか?」と言った勇気に対して、お返しを求めるような行為があると「重い!」に繋がってしまうのです。

その行為は「次から急に馴れ馴れしくなる」「周りに俺が好きだと言いまわるようになった」「記念になるものをねだられた」「今の彼女に宣戦布告するような情報が入った」などです。

正直、重いというか迷惑な行為です。こういうことをせずに、次にまた誰かに恋をするまで、心でそっと彼を想っているということが、「重い!・迷惑!」と思われない基本なのです。

一途な男性の心理をくすぐるためにアナタがするべきこと

一人の人をずっと一途に好きでいられる男性の特徴は、「ずっと好きでいてくれる彼氏」の特徴とリンクしています。

しかし、今からあなたの事をずっと好きでいてくれる男性とお付き合いしたい!と出会いを願うのなら「一途な男性の特徴」を捉えることがポイントになってきます。

そして、そういう男性は、どんなことに弱いのか、また、あなたが誰かに一途に想われるような女性になるには、どう努力し行動したらよいのかをご紹介します。

モテない一途オトコには「無理しなくていいよ」

モテない一途なタイプの男性には、必ずと言っていいほどコンプレックスがあります。彼のコンプレックスであろう部分を褒めたり、無理して背伸びしている部分を見たら、「無理しなくてもいいんじゃない?」と声をかけてあげることが大切です。

彼を振り向かせて、ずっと好きでいてもらうキーワードがあります。「私はそんな〇〇君が好きだけどな・・・」と、彼がコンプレックスに感じていることも、私は気にしないし、丸ごと好きだよとほのめかすことです。自分を理解してくれる、と感じさせることが肝心です。

周りに流されないオタ系には「彼色に染まる努力を」

オタクな男子は、周りに流されることなく、自分の流儀や好みがハッキリしています。そんな男性の的を射るには、彼の好みに染まることです。彼との共通点をたくさん持つことも大切です。

そして、距離が縮まったら、「私にどんな風になってもらいたい?」と質問のようなおねだりをしてみましょう。彼は、あなたを自分好みに染めたくなるはずです。

オタクの特徴と言っては失礼かもしれませんが、周りに流されないタイプならば、彼の流れに流されることが、彼にずっと好きでいてもらう近道です。

優しすぎ見返りを求めないオトコには「引っ張っていってあげる」

見返りを求めず人に親切な男性は、逆に言うと「断れないタイプで、利用されやすい」とも言えます。そして、そういう人は必ずと言っていいほど優しい人なのです。しかも、一人の人をずっと好きでいて、一途なタイプのお手本です。

しかし、この「優しい人」というのは、付き合って最初のうちは、あなたの言うことを全部聞いてくれていいのですが、裏を返せば「自分で決められない」優柔不断なタイプなのです。

こういう男性は「私が引っ張っていってあげる」とばかりに、女性がリードする覚悟が必要です。もちろんデートで女性にお金を出させるようなことはしませんが、デートの場所や何をするかなど、あなたが決めていく面倒くささがやがて出て来ます。

それを覚悟の上で、お茶目に、彼を引っ張りまわして、彼の知らない世界をたくさん見せてあげることがポイントです。

執着・独占欲の強いオトコには「“さしすせそ”で褒め伸ばし」

執着心や独占欲の強い男性は、褒められることによって欲求不満が静まります。そして、自分を褒めてくれる女性を手放したくないと思うのです。

また、褒められることによって、更にやる気を出して頑張ります。そんなタイプの男性は、意外と単純なので、恋愛の基本「さしすせそ」の法則で褒めてあげると効果的です。

さ:「さすが!」
し:「知らなかった~」
す:「すご~い!」
せ:「センスいいじゃん!」
そ:「そうなんだ~」

という感じで、相手を立ててあげることが、このタイプの男性の心をつかむポイントです。自分を立ててくれる女性を、自分だけのものにしたいと思うのは時間の問題です。付き合えば、結婚まで考えるくらいずっと好きでいてくれる人になります。

「少しの努力と素直なあなた」が一途な彼氏を育てる!

ずっと好きでいてくれる彼氏や旦那さん、実際にたくさんいます。でも、そんなパートナーがあなたに一途なのは、あなたに魅力があるからです。もともと一途でない傾向がある男性も、あなたの魅力次第で、ずっと好きでいてくれる人になるのです。

必要なのは、少しいつもと違う感じを出す、今日は少し彼に甘えさせてあげる・・・など、時々「少し何かをしたり努力する」ということです。要するに、ずっと好きでいてもらうには、淡々と関係を続けるのではなく、時々刺激を加えるということです。

そして、女性として、人間として成長していくあなたの素直な部分を見せることも大切です。あなたの「心からの素直な笑顔」が、彼が一番手放したくないものなのです。