Search

検索したいワードを入力してください

色気のある男性の特徴|ほくろ/たばこ/髪型/ファッション

Small d6d26d8c d426 4b6d b4bf aeb5574c7ffelikelitght
男性心理 / 2017年11月08日
色気のある男性の特徴|ほくろ/たばこ/髪型/ファッション

色気のある男性の特徴

ほくろ

特徴的なほくろ

ほくろは、その人のチャームポイントとなる部分ということもできます。特に、顔の特徴的な部分にあるほくろは、印象的で魅力的に見えることもあります。目元や口元などの位置にあるほくろは、セクシーだと言われることがあります。特徴的なホクロは、際立ってみえるため、その人の性格やキャラクターをより、魅力的でわかりやすい印象に見せることもあります。

目元の涙ボクロは、可愛らしい印象を与えるため愛されるキャラクターとしてのイメージで捉えられることがあります。特に口元のホクロなどは、セクシーなイメージにインパクトを感じさせることがあります。ホクロがない場合よりも、キャラクターが際立って見えるために親近感や隙を感じさせることもあります。これは、顔にあるホクロが人に印象を与える理由の一つです。

魅力のあるほくろ

人に好意を持つことに対し「会えば、会うほど好きになる」という単純接触の法則があります。これは、相手のことを意識したり、接近をしていくほどに好意が増すと言われる心理学の法則です。色気は、目に見えないものと言われることがあります。

実際に、異性との関わりが多い場合や異性の内面の特徴的について知っているかどうかも色気を生み出すことに繋がっています。ホクロのある人は、魅力的なキャラクターとして捉えられることがあります。

そのため、女性や男性に好かれるだけでなく、意識されることも多くあります。異性について考える時間を持つことで内側の色気が高まり、増していくこともあります。

モテボクロ

一般的に目元の涙袋や口元のホクロは、異性を惹きつけるモテボクロと言われることがあります。顔のパーツの中でも、異性に魅力的な印象を与える位置にあるホクロがあります。これは、異性に魅力を感じさせるパーツの付近にホクロがあるためです。ホクロの位置によって、その人の可愛らしさや愛嬌が増してみえることもあります。

このようなホクロは、モテボクロと呼ばれ人気のあるホクロです。男性であってもモテぼくろのある男性は、色気や人を惹きつける魅力があると言われ、女性に人気があることがあります。

目元のホクロ

目元のホクロは、涙ボクロと呼ばるホクロです。 この部分の男性にホクロがある場合には、
女性の潤んだ瞳に色気を感じると言われることがあります。女性である愛嬌があり、可愛い女性であると捉えられることがあります。 人と人がコミュニケーションを取る際には、目と目を合わせて話すことがあります。

会話をする際には、目元にホクロに目がいくため、自然と相手の目を見ることが増えることがあります。それによって視線が合う回数が増えることがあります。目元のホクロは、このように印象的な位置にあるホクロであるために記憶に残りやすいこともあります。

「目は、口ほどに物を言う」と言う言葉があります。目は、その人の意思を表すと言われることもあります。強い意思を持っている男性や女性の目元からは、目力が感じられるこがあります。さらにその視線のみでなく、実際に自信のある態度からは、意志を感じられるためによりセクシーだと感じさせられることもあります。

色気は、自信から作られるものであると言われることもあります。 堂々とした振る舞いや態度と同じように意志を感じさせる目力は、思わずセクシーだと感じてしまうことがあります。

口元のホクロ

ホクロが口元にある場合には、特徴的に見られることがあります。口元のホクロは、キスを連想させることもある唇に近い位置にあります。そのため、男性が意識してしまうパーツであると言われています。

また、口元にほくろがある場合には、顔のパーツの口の動きに目が向いてしまうことがあります。 口元のホクロは、唇に近い位置にあり目に入りやすいです。そのため女性から、セクシーだと捉えられることもあります。

鎖骨のホクロ

身体のセクシーな部分として、鎖骨が挙げられることがあります。人は、デコルテ部分や鎖骨を美しいと感じたり、色気を感じることがあると言われています。鎖骨部分にホクロがあることで色気が増して見えることもあります。さらに、鎖骨部分にホクロ部分がある場合には、その部分に自然と目が向いてしまうことがあります。

このように、色気を感じる部分に特徴的な魅力があることもあります。色気を感じる場合には、恋愛感情ではない場合であっても、異性として意識してしまうことがあります。

タバコなど

タバコを吸っている男性

タバコを吸っている男性から、セクシーさを感じることがあるといわれることがあります。タバコは、本来、健康に良くないとされる種類の嗜好品でもあります。自分の健康を守ることができないとわかっていても、本人の意思でタバコを吸う姿が見られることがあります。

このような姿勢には、揺るぎない男の信念や時には、その人の持つ人生観をまでもみえることがあります。自分だけのこだわりを持っている男性やそれを貫いている男性は、その内面から色気があると感じられることもあります。タバコを吸う佇まいや奥深さを感じる内面から大人の魅力を感じることによってもセクシーだと捉えられることがあります。

影があるようにも見える姿

タバコを吸っている姿は、どこかワイルドでセクシーに見えることがあります。セクシーでありモテる男性とされる男性には、ちょいワル親父と言われるタイプの男性がいます。特に、年上の男性である場合にこのタイプの男性は、少し悪そうな印象や危険な雰囲気のするといったイメージを受けることがあります。

そのような影のある雰囲気は、女性に自分の知らない世界を知っている男性と感じさせることもあります。このような男性は、特定の女性から指示されることもあります。危険な印象の男性であっても、大人でモテる男性のタイプでもあるということができます。このような男性は、秘密を持っているようであり、ミステリアスだと感じさせることもある男性です。

手の届かない存在感を感じさせる男性から、浮世離れした魅力を感じさせることもあります。経験豊富で大人な男性と感じる佇まいがセクシーな存在として女性の目に映ることもあります。

煙草を吸う姿に色気を感じる

タバコを吸っている男性は、独特な雰囲気を放っていることがあります。これは、煙草を自らの愛用品として、煙草を吸うという哲学から来ている場合もあります。 男性の三大嗜好品には、お酒やタバコが含まれています。煙草が好きな男性は、煙草を吸う行為も好きであることがあります。

一人で静かにタバコを吸う姿や、タバコを吸うことに集中している姿が、見られることがあるでしょう。女性より自分の趣味を深く味わい没頭することのあるのは、男性の特徴的タバコの吸い方ということもできます。

女性にはない嗜好品への情熱的な態度に色気を感じることがあるでしょう。男性がタバコを嗜好品として捉え、味わう姿は、色気があるように見えることがあります。

色気を感じる男性の髪型やファッション

パーマをかけている男性

男性の無造作な髪型やシルエットには、色気を感じることがあります。作り込まないスタイルであっても同性だけでなく、女性から見られている姿も意識したオシャレがあります。このように同性からの見られ方のみでなく、女性を意識した髪型やオシャレからは、色気のある雰囲気を感じられることがあります。

色気を作り出す際に重要なのは、異性を意識することであると言われることもあります。 また、色気とは「作り込むものではなく、内側から滲み出るものだ」と言われることもあります。作り込まれていないラフで自然体なスタイルからは、その人の本来持つオシャレな雰囲気をを感じとることができます。

美容師の男性などオシャレな男性は、髪型にこだわっていたり、パーマをかけている場合もあります。自分のオシャレを楽しんでいる男性は、遊び心を感じさせることがあります。見た目に気を遣うことのできる男性は、モテると言われることがあります。その人の内面から来るさりげない気遣いの見えるスタイルは、女性に色気のある存在であると感じさせることがあります。

ダボっとした服装をしている

ダボっとしたシルエットの服装は、どことなく気怠さを漂わせることがあります。ピタッとした洋服のように身体のラインが出るものでなく、ゆるくラフなスタイルは、その人の本来持つ自然体な雰囲気を感じさせることもあります。

色気を構成する要素のひとつには「気怠さ」があげられることがあります。 気怠さとは、力が入りすぎず、どこか自由で柔らかい雰囲気の伝わる振る舞いであるという意味です。色気のある人は、仕事や生活の場面において、ときには、そのようなリラックスした自然体な存在感を感じさせることがあります。

そのような柔らかい雰囲気は、ときには、異性を惹きつけることもあります。包容力を感じさせる雰囲気からは、柔らかな色気を纏っているといった印象を感じることがあります。

落ち着いた色味の服装をしている

青色や水色など寒色の色味の服装は、クールで落ち着いた印象に見えることがあります。「人は、見た目が9割」という言葉があります。心理学において洋服の色味は、その人の内面を想像させることがあると言われています。

例えば、黒やグレーであれば落ち着いているような印象やミステリアスといった印象を与えることがあります。また赤やピンクなどの色は、明るく元気なイメージに見えるなどです。 見た目の印象によっては、その人のイメージが左右されることもあります。青色や水色は、落ち着いていて、理性的にみえることがあるとも言われています。

恋愛においては、単純な生き物であると言われるのが男性です。行動の面においては、情熱的であったり、わかりやすい態度を示すと言われることもあります。大人っぽくも感じさせる雰囲気が女性に緊張感を生じさせることもあります。クールであるとも感じることがため、他の男性にはない特別な感情を抱くこともあります。

「色気とは、見せるものではなく包み隠すものである」と言われることがあります。 思わず、男性として意識してしまうことがあり、その内側に抱えた色気を感じてしまうこともあります。

上質な鞄や靴にこだわっている

オシャレは、足下からと言われることがあります。ビジネスの場面においては、男性が靴をみて、ファッションやビジネスにおけるセンスを判断されることもあると言われています。また、プライベート面でも革製品などにこだわりがあれば、自分の物を特別に扱うことや丁寧に扱うという事を知っていると感じることがあります。

人が物を愛し大切にすることからは、精神的な成熟さを感じることがあります。物を愛用する姿やその愛用品に対して、知識を活かしてる姿は、真摯であり男らしくも見えます。その人の知性や品がファッションに表れている男性は、色気のある男性として女性の目に映ることがあります。

モテる男の色気の理由

女性の影が色気を演出する

モテる男性には、女性の影があると言われることがあります。またモテる男性は、女性への連絡もマメであることが多いと言われます。そのため、常に携帯を触っている仕草が見られることや、女性からの連絡を気にしていることもあります。彼女がいる場合や結婚している男性は、女性物のピアスや指輪などのアクセサリーを持っていることがあります。

このように男性の持ち物からも、女性の影を感じることがあります。さらにときには、ファッションの一部として香水などをつけている場合もあります。日頃から女性を意識した振る舞いをしている男性やファッションスタイルの男性から女性との付き合いが連想されることがあります。 そのため、モテる色気のある男性であるというイメージが定着することがあります。

体を鍛えている

モテる男性は、体を鍛えている場合があります。女性からモテる男性にワイルド系と言われるタイプの男性があります。体を鍛えている男性は、女性にとって魅力的に移ることがあります。肉体的な面において、男性らしさが感じられる場合には、色気があるとして捉えられることがあります。

男性が体を鍛えることで、フェロモンの分泌が高まると言われてます。このフェロモンは、分泌されることで、女性を惹きつける効果があると言われています。体を鍛えた際に生み出されるのは、テストステロン呼ばれるフェロモンです。このフェロモンは、女性の本能的に訴えるフェロモンとも言われています。

体を鍛えている男性がフェロモンを放っている場合があります。そのため、女性にモテることがあるとされています。体を鍛えている男性は、女性から自分を守ってくれる力強い存在として、認識されることもあります。そのような男性は、女性の本能に訴える色気を放っているということもできます。

清潔感がある

清潔感のある人から色気を感じるといったことがあります。これには、清潔感を感じることから異性とのベットでの行為を連想させることがあるからという理由もあります。特に、女性にモテる男性てあれば、清潔感を意識していることがあります。清潔さを意識し、見た目に気を使える男性であれば、女性からもっと一緒にいたいと思われることがあります。

このようなモテる男性であるからこそ、女性に気を遣い、配慮することのできる精神的な余裕を持っていることがあります。このように異性を意識した清潔感のある男性は、色気があると感じられることがあります。

男性が大人の色気を出す方法

自分なりのセンスで身の周りの物を選ぶ

「使っている物は、その人自身に影響を与える」と言われることがあります。良い物を使う際には、その物を丁寧に扱うため、その仕草や身のこなしが洗練されてくると言われることがあります。さらに丁寧に物を扱うことや物を大事に扱うことによって、ゆったりとした所作が身につくと言われることがあります。

どこか品があって、落ち着いた雰囲気を感じさせる男性は、物知りであったり、その内面に奥行きや深みを感じさせることがあります。さらに、自分の知らないことを知っているといった印象や、自分だけの世界を持っているといったイメージを与える場合もあります。色気のある男性は、上質なものを知っている大人な存在と感じさせることがあります。

自分なりに物選びにこだわることは、見た目や内面から深みのある色気を感じさせることにも繋がります。

ゆっくりとした動きを取り入れる

「モテる女、モテる男に早い動きをする人はいない」と言われる事があります。ゆったりとした仕草や振る舞いからは、どこか育ちの良さを感じることがあります。

また、佇まいに品がありどこか落ち着いている男性は、精神的に落ち着いているといった印象を受けることがあったり、余裕を感じさせることもあります。人を惹きつけてしまうゆったりとした所作を身につけている男性は、品のある色気を感じることがあります。

香水を身に付ける

色気とは、多面性であると言われることがあります。TPOに合わせて香りを変化させることのできる男性は、色気のある存在として捉えられることがあります。特別な場合や異性を意識して付けるという印象があるのが香水です。嗅覚に訴えることもある香水は、印象的であり、記憶に残りやすいこともあります。

さらに、セクシーで品のある香りを纏うことで洗練された男性としてのイメージが高めることもできます。香水を身に纏うことで、色気やセクシーさを相手に伝えることや感じさせることもできます。

自分の居場所を増やす

色気のある男性は、仕事をプライベートを両立させることによって、充実させることが上手であることがあります。「色気とは、多面性である」という言葉があります。これは、男性がその場に応じた振る舞いなどさまざまな顔を使い分けていると言う意味があります。

人は、仕事やプライベートと言った場面にに合わせて、振る舞いや服装を変えることもあります。また仕事であれば、時には理性的な振る舞いや自分を客観的にみた振る舞いが求められることもあります。TPOをわきまえてさまざまな顔を使い分けることのできる男性は、色気があると捉えられることもあります。

いつも関わっている自分の居場所のみでなく、新たな世界を知ることで、内面に奥行きや多面性が生まれます。新しい自分が生まれるような居場所を増やすことは、奥行きのある色気を作り出すことにも繋がります。

多面性が男の色気を作り出す

自分らしいこだわりを持っていたり、自分だけのスタイルを持っている男性からは、自信を感じられることがあります。女性を意識し、清潔感やヘアなどを意識している男性は、気遣いができると感じられることもあります。モテる男性は、スマートであるためにさらなる色気を感じさせます。

外見から得られる印象からは、内面にも多面性や奥行きを思わせることがあります。深みがあり、経験豊富であると感じたり、時には、物知りな人であるいった印象に変化していく場合もあります。色気には、さまざまな種類があり、このような男性像が生み出すものもあります。

男性が感じる女性の色気は、わかりやすい服装のアピールではなく、清潔感や身だしなみから感じられることがあると言われます。また、女性の男性を立てる態度にも表れることがあります。さりげなく身につけられる奥ゆかしさから、色気を感じると言われることもあります。

男性の場合でも、目に見えない精神的な余裕といった部分は、色気として、外側にも表れるのではないでしょうか。色気は、初めから持っているだけでなく、自分自身で作り出していくことができます。シェイクスピアの名言に「人生は、成熟こそ全てである」という言葉があります。

大人の色気は、男性の成熟した大人な精神を象徴するものでもあります。セクシーな男性は、女性にモテるといわれます。女性に対する優しさや好意を意識することによって、生み出された色気あります。見た目からわかるワイルドな雰囲気やセクシーと言われる見た目のみでなく、優しさや気遣いなど自分自身が精神的に大人であることも色気の種類のひとつです。

このような種類の色気を纏うことによっても、人生をより豊かで実りのあるものになることがあると言えます。