Search

検索したいワードを入力してください

見た目と実年齢で差がある人の特徴・見た目から年齢を当てる方法

Author nopic iconmk68814
カテゴリ:性格・タイプ

初回公開日:2017年08月11日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2017年08月11日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

見た目と実年齢で差がある人の特徴・見た目から年齢を当てる方法

見た目年齢を診断するアプリ

見た目年齢を診断できるアプリがあります。

このようなアプリで見た目年齢を診断し、実年齢よりも若く診断されると、少し嬉しく思ってしまいます。人は他人から実年齢より若く見られると嬉しいものです。逆に実年齢より老けて見られると少し落ち込んでしまいます。

見た目年齢が実年齢より若く見えるのか、それとも老けて見えるのか、誰もがとても気にしているのでしょう。そのため、このようなアプリに人気が集まっています。

見た目年齢のチェック方法

見た目年齢をチェックするには、アプリ以外にどのような方法があるのか調べてみました。

一番に思いつくのが、「人に聞く」という方法です。しかし、知人に聞いた処で、実年齢を知っている知人は、実年齢より少し若く答えてくれたりしますのであまり参考になりません。初対面の人に対して、いきなりそんなぶしつけな質問はできませんし、したとしても、結局少し若目の年齢を答えてくれることでしょう。

結局自分の見た目年齢を知ることは難しく、せいぜいアプリでチェックする方法くらいしかありません。

見た目より年齢が若いと言われる人の特徴

人は年齢が上に行けば行くほど、に若く見える人と老けて見える人の差が大きくなっていきます。

学生時代から20代にかけては、歳よりも上に見える人は「大人っぽい」等と言われると少し優越感だったりします、また歳よりも下に見える人は「子供っぽい」というような言葉が使われ抵抗感がある人もいたでしょう。

30代になると見た目が若い人と、少し老けた感じの人との差が表れだします。この頃から、実年齢より若く見られることが羨ましく感じ出すでしょう。40代、50代になると、実年齢と見た目年齢の差が10歳以上違うという人も珍しくありません。このころになると、若く見えるタイプの女性は、実年齢を言って周りから驚かれることに快感を覚えます。

見た目年齢が実年齢より若く見える人とはどんな人でしょうか、考察していきます。

姿勢がいい

見た目年齢が実年齢よりも若く見える人は、比較的姿勢がいい人に多いでしょう。姿勢がよくハツラツとしていると「元気がいい」→「若々しい」と言ったイメージを周りに与えます。元気がよく若々しい印象は人に好印象を与えるでしょう。

考えが若い

見た目年齢が実年齢より若く見える人は、比較的に内面も若々しい人が多いです。趣味が多く、あまり既存の考えに拘らず柔軟な発想ができます、新しいことにも興味を示し、流行にも敏感です。チャレンジ精神も旺盛で、何事にも積極的にチャレンジします。その結果、他の人からも親しまれ人脈がどんどん広がります。

いつもニコニコしている

見た目年齢が実年齢よりも若く見える人はいつもニコニコしています。いつもニコニコしていて、物事に積極的で前向きです。行動的でシャキシャキしているのでとても若々しく見えます。

以上のことから、見た目年齢が若く見える人は、行動や考え方が見た目に表れ、周りに若い印象を与えていると言えるでしょう。

見た目からの年齢の判断方法

人は他人の何処を見て年齢を判断するのでしょうか?貴方は人の何処を見て年齢を判断してますか?一緒に考えてみましょう。

肌など

やはり肌です。特にほほに張りがなく、くすんでいたり乾燥していると、若く見られることはありません。次にシワです。特に目の周りのシワやたるみは加齢による影響が大きい部分です。

服装