Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】結婚式をしたくない理由や彼氏彼女がしたくない場合

Author nopic icon***ちいた***
冠婚葬祭 / 2018年01月19日
【男女別】結婚式をしたくない理由や彼氏彼女がしたくない場合

結婚式をしたくない!男性と女性の理由とは?

結婚することで人生の節目に結婚式を挙げる人がいる中、最近では「結婚式をしたくない」という人が増加しています。
結婚式を挙げたくない理由の中には、結婚式の準備がめんどくさいと考えていたり、短時間の結婚式に何百万も使うなら結婚生活に使ったほうがいいという理由があります。結婚式をしたくない理由を、男性と女性に分けてみていきましょう。

男性の結婚式を挙げたくない理由

正直めんどくさい

結婚式といえば準備に時間がかかります。まず、結婚式場選ぶのではないでしょうか。式場が決まれば、準備することはたくさんあります。衣装や列席者を決めていくことになるでしょう。

列席者を決めるのに職場の人や友人の呼ぶ人、呼ばない人の線引きを決めるのは気を遣うことになります。衣装選びに女性は、特に時間がかかります。男性が衣装選びに付き合うことになれば、何度も式場に通うことになります。

列席者を選ぶことや衣装選び招待状の準備など、めんどくさいというのが本音のようです。

お金がかかる

結婚式は時間にして三時間くらいになります。その短時間の結婚式に何百万の金額を使用することに抵抗を感じるようです。

そのお金があれば、結婚生活を始める資金に使えます。贅沢な新婚旅行に行くこともできます。最近では授かり婚も多いです。結婚式をするお金があればそのお金を子育てに使うこともできます。現実主義な男性は、二人のためにお金を使いたいという考えから、結婚式をしたくないのです。

恥ずかしい

会社の上司や同僚や友人や親族を呼んでの結婚式になります。結婚式といえば、チャペルでの誓いのキスや新郎の挨拶といった主役となって行うことはいくつもあります。主役となり人前目立つことをするのが恥ずかしくて結婚式をしたくないのです。

呼べる友人が少ない

彼女はたくさん結婚式に友人を呼ぶのに、自分は結婚式に呼べる友人が少ないから結婚式をしたくない男性もいます。彼女はたくさん友人を呼んでいるのに自分は呼べる友人が少なくてはバランスが悪く格好もつきません。それなら、「結婚式をしなけらばいい」と結婚式をしたくなくなるのです。

女性の結婚式を挙げたくない理由

友人の式に参加してしたくないと感じた

女性の場合、何度か友人の結婚式に参加しているとドレスの色やデザインに「派手すぎない」と言ったり引き出物に「これどうやって使おう」といった具合にケチをつけることがあります。そんな結婚式に参加してきて自分の結婚式はしたくないとなるのです。

年齢を考えて

晩婚化の進む日本です。結婚する年齢が上がるため必然的に結婚式をする年齢もあがります。20代までなら良かったけど、この齢になって人前で派手なドレスを着て歩くなんて周りの目が気になって結婚式をしたくないのです。

離婚した場合恥ずかしいから

結婚しても離婚してしまう夫婦もいます。親が離婚している場合もあるでしょう。もし、自分が結婚式をして離婚してしまったら、「あんな盛大に結婚式をしたのに離婚した」と言われるのが恥ずかしいのです。

友人も結婚式をしたくないと言っているから

周りの友人が結婚式をしたくないと言っていることに影響されるのです。周りの人が言っているからと流されて私も結婚式はしなくていいとなってくるのです。

彼氏・彼女が結婚式をしたくないというときの対処法

【男女別】結婚式をしたくない理由や彼氏彼女がしたくない場合

ブライダルフェアーに行ってみる

結婚式をしたくないと主張するパートナーは、結婚式を何となくしたくないと考えているだけかもしれません。デート気分でブライダルフェアーに行ってみてください。行って話を聞いてみたら、想像と違ったり新しい発見があり「結婚式あげてみよう」と、気が変わるかもしれません。

結婚式をしたい理由を伝える

どうして結婚式をしたいのか具体的に伝えてください。女性であれば、「幼いころからのウエディングドレスを着てバージンロードを歩くのが夢だった」でもよいです。両親の為に感謝の気持ちをこめて結婚式をしたいといった理由もあります。
あなたの「結婚式をしたい」理由をいくつかあげて伝えてみてください。但し、相手は「結婚式をしたくない」と考えいます。熱く語りすぎて感情的になったり、喧嘩になるようなことのないよう気を付けてください。

結婚式でキスをしたくない相手にキスをして欲しい!

【男女別】結婚式をしたくない理由や彼氏彼女がしたくない場合

結婚式でのキスを恥ずかしいからとしたくないという人もいます。そんなパートナーにはまずは、誓いのキスの意味を伝えてみましょう。誓いのキスとは、愛の誓いを封じるために唇にキスをします。二人の誓いが永遠に続くようキスをしたいことを伝えてみてください。キスの意義を理解し、キスをしてくれるかもしれません。

人の前での唇へのキスが恥ずかしいと感じる人もいます。そんな相手には唇ではなく、おでこや頬といった別の場所にするよう提案してください。誓いのキスといえば唇ですが、おでこや頬にするケースもあります。

キスは大切な愛を誓う儀式の一つです。せっかく準備をして結婚式をするのですから、相手に理解してもらいキスをして愛を誓いあいましょう。

結婚式に参加・出席したくない人がいる場合どうする?

おめでたい結婚式ですが、残念ながら参加したくないといってくる人もいます。親であったり友人かもしれません。そんな人がいる場合どうしたらいいのかみていきましょう。

親が参加したくないという場合

結婚に反対していたり、宗教的な理由から欠席したいと言う親もいます。そんな場合まず、説得をしてみましょう。会いに行ったり手紙を書き思いを伝えます。

それでも参加してもらえない場合、割り切って親の不参加での結婚式を挙げてください。大切なパートナーとの結婚式です。パートナーとそのご両親の了承を得て結婚式を挙げてください。

結婚式に招待した友人や職場の人はいい大人です。常識のある人であれば、おめでたい席にどうして親が参加していないかまで聞いてこないでしょう。もし聞かれた場合は、「体調を悪くして欠席した」と伝えればよいのではないでしょうか。それ以上は聞いてこないでしょう。

友人が参加したくないという場合

友人が結婚式に参加したくないというのは理由があるのでしょう。きちんと理由を伝えてくれたのなら、素直にその理由を受け止めましょう。後日会って食事に行くなどして交流をしていけばよいのではないでしょうか。

あなたの結婚式に参加したくない理由を聞いて、あなたと今後は付き合っていきたくないのではと感じたのなら、あなたから連絡することはしない方がよいかもしれません。

結婚式に招待したくない人から参加の意思表示!どうする?

【男女別】結婚式をしたくない理由や彼氏彼女がしたくない場合

結婚式に招待したくない人から結婚式に参加したいと伝えられたら、「結婚式に招待できる人数が決まっていて、もう招待できない」旨を伝えてみてはどうでしょう。結婚式はあなた一人で決めているものではありません。式場の広さによって招待できる人数に制限があります。そういったことを丁寧に伝えればわかってもらえるのではないでしょうか。

二次会には来てもらってもいい人なら、二次会から参加してもらうとよいです。あなたの結婚式をお祝いしたいと考えてくれている人なら、二次会に参加することでもお祝いしてもらうことは可能になります。

結婚式をしたくないことが別れる理由になることはある?

【男女別】結婚式をしたくない理由や彼氏彼女がしたくない場合

結婚式をしたくないことは別れる理由にはなりません。結婚することは、結婚式をあげることではありません。結婚式とはけじめとしての結婚生活のスタートラインであり、これまでお世話になった人たちに感謝の気持ちをこめてお披露目をするためのものです。大切なものではありますが、結婚式をしたくないことを理由になぜ別れるのでしょう。

パートナーから結婚式をしたいと言われ続けて嫌になっているのでしょうか。そうであれば、結婚式をしたくないことが理由ではなく、きっかけであって見えていなかった嫌な部分が見えてきたということです。その嫌な部分を理解したり上手く付き合っていけないのであれば、その後の結婚生活も上手くいかずに離婚してしまいます。

せっかく知り合って結婚まで考えているパートナーです。嫌だと感じる部分を結婚前に知ることができたと前向きになり、相手の嫌な部分を上手く受け止めてその後の夫婦生活を楽しんでください。

披露宴をしたくないときはどうする?

【男女別】結婚式をしたくない理由や彼氏彼女がしたくない場合

披露宴をしたくないのであれば、簡単な会費制のパーティーをレストランを貸しきってするケースも最近では多くなってます。ご祝儀を包んでもらうのは悪いから、レストランを貸し切って友人を呼んでお披露目をするのです。

身内にだけはお披露目したい場合は、親戚を呼んでの会食をするのもよいでしょう。両家の親戚が顔を合わせるいい機会になります。

結婚式をしたくない選択

結婚式をしないといけない時代ではありません。結婚式をしたくない理由は、恥ずかしいからだったりお金がかかるからなど様々です。

人生に一度かもしれない結婚式です。結婚してから後悔しないよう、結婚式をするかしないかはパートナーと話し合って決めていったほうがいいでしょう。

関連記事

Related