Search

検索したいワードを入力してください

好きな人とうまく話せない人の改善方法|気まずい/恥ずかしい/人見知り

Small acad2d2b 980d 4dfb a57f 0d1f89e9514dにはかあめんぼう
カテゴリ:自分磨き

初回公開日:2017年08月10日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年08月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

好きな人とうまく話せない人の改善方法|気まずい/恥ずかしい/人見知り

パターン別・好きな人とうまく話せない人の改善方法

自分にとって恋愛対象ではない異性とは普通に話すことができるのに、相手が「好きな人」となるとどうしてもうまく話せない、なんてことはありませんか?本当は、好きな人に自分のことを知ってもらい、相手のことももっと知りたいと言うのが本音ではないでしょうか。しかし、いざその時が来るとチャンスを逃してしまい、結局話せないまま大後悔ということも少なくないでしょう。

話すと言うことは、お互いの事をもっとよく知る貴重なチャンスです。好きな人との仲を深められるよう、今回はパターン別で好きな人と話せない状況の改善方法をご紹介します。好きな人と話せないという、もったいない事態を少しでも良い方向に導きたいと日々頭を悩ませている方必見です。

なんとなく気まずい場合

好きな人と話せないという原因を考えた時に、会話がうまく続かず2人の間に沈黙が流れてしまうという気まずさがあると言う方も少なくないのではないでしょうか。その沈黙がなんとなく気まずく話せないという流れだと考えられます。では、そのような場合どうすることでその気まずさが改善するのでしょうか。

まずは、笑顔を作ることから始めましょう。好きな人と沈黙が続いてしまうと気まずくなり、心の中は焦りでいっぱいになってしまったり、落ち込んでしまったり、マイナスの思考でいっぱいになってしまいがちです。そんな時は表情も暗くなってしまうことが多いので、会話が続かない、気まずい、話せないという時こそ、実は明るい笑顔が重要になるのです。

笑顔で明るい雰囲気を作るとその場も和みますし、相手にもそれが伝わるはずです。あなた自身も気持ちが少し前向きになる効果がありますので、ぜひ試してみてください。

恥ずかしい場合

好きな人を前にすると、恥ずかしくなってしまいうまく話せないという方も多いのではないでしょうか。それはきっと、好きだという気持ちがばれてしまうのを避けるためだったり、自分に視線を向けられることが照れくさく感じてしまうことだったりが無意識に働いてしまうが故だと考えられます。

ある意味、好きな人に対して抱いてしまうのも仕方がない感情かもしれません。しかし、このまま好きな人と話せない状態が続くことで、いつの間にか他の人と仲良くなっていて、その人と付き合ってしまうなんてことが起きてしまう可能性もあります。自分に視線が向くことがなぜ恥ずかしいのか、それは恐らく自分に自信がないからではないでしょうか。

まずは自分に自信をつけるため、自分磨きに精を出してみましょう。自信がつくことで、相手に好きな気持ちを知られることへの恥ずかしさも軽減され、今より積極的になれるはずです。

人見知りの場合

初対面の人とはどう話せばいいかわからない、仲良しな人とは話せるけれどそうでない人との距離がつめられない、元々人見知りの人の場合、周囲の人ともなかなか会話が難しいため、好きな人と話せないということはとても大きな悩みの種の一つではないでしょうか。思い切って話したいけど、何を話したら良いかわからないという人見知りの方は、衣食住に関する事項を会話に入れて相手の方と話してみましょう。

「あのお店美味しいらしいよ」「その服かっこいいね」等々、全ての人が関わっている衣食住の話題は会話のとっかかりにとても効果的です。また、相手の趣味に関することや好きなこと等も話題が広がりやすく、また聞き役に徹することができるので好きな人と話せない人見知りの方にはとてもお勧めです。

大勢だと話せない場合

周囲の人に好きなことがばれることを避けるため、2人でいる時は普通に話すことができるのに、大勢の人がいる中では好きな人と話せないなんていう人はいませんか?このパターンで注意したいのが、大勢の人がいる中でそっけない態度をとってしまうことで、相手が自分の事を嫌っているのではないかと誤解しかねないということです。

ではどのように改善していくかと言いますと、まずは大勢でいる時に相手を異性だと見ないように心がけてみるということから始めてみましょう。そして、自分の気持ちは思っているほど周囲にはばれないもので、自分が考えているほど周囲の目を気にする必要はないということを意識的に意識することが重要です。せっかくの自分の好きという思いを逆に捉えられてしまうのはとても悲しいことですから、誤解のないよう接していきたいものです。

嫌われるのがこわい場合

好きな人とうまく話せない人の多くは、嫌われたくないという気持ちが大きいためではないでしょうか。好きだからこそ、自分の気持ちが相手にばれてしまい、嫌われてしまうかもしれない、うまく話すことが出来ず嫌われてしまうかもしれない、色々とあれやこれやと考えてしまい話せないのです。しかし、恐れてばかりいては好きな人との距離を縮めることはできず、ずっと一定間隔を保ったままの状態でいることになってしまいます。

頑張って、無理にアプローチをする必要はありません。まずは深呼吸をして落ち着きましょう。そして、自分を良く見せようと背伸びせずありのまま、素のままで相手の方と向き合ってください。予め相手の趣味や好みをリサーチして何を話すか決めておくのも手です。そうすることで、相手に嫌われてしまうかもしれないという気持ちが少し薄れていくでしょう。

とにかく緊張してしまう場合

好きな人と一緒にいると、それだけで必要以上に意識をしてしまうということがよくあります。それが緊張を引き起こし、結果好きな人と話せないで終わってしまうということに繋がってしまうのです。それだけ相手の事を思っているということなのに、せっかくのチャンスを活かせず話せないなんてことはとてももったいなく、出来るだけ避けたいものです。

そんな時は、緊張してしまうことを認めてあげましょう。そうすることで、気持ちが楽になり相手と話すきっかけが持てるはずです。いっそのこと「緊張してうまく話せない」と相手に打ち明けてしまうのも効果的かもしれません。相手も「なぜなんだろう」と疑問に思ってあなたのことを考えてくれるようになったらしめたものです。もしかしたら「じゃあ自分から積極的に」と考えてくれるかもしれません。ぜひ、緊張する心を上手にコントロールして相手との距離を縮めていきましょう。

好きな人とうまく話せない人のよくある行動パターンとは

好きな人と話せないという人には、よくやってしまう行動というものがあります。それは、視線があってもなんとなく目をそらしてしまったり、距離が近いと恥ずかしくなってしまい離れてしまうというようなことです。そして、ついそっけない態度をとってしまったり、当たりが強くなってしまったりというようなこともありませんか?メールやLINEの返事でも、わざと少し遅らせてしまったり、敬語を使って少し他人行儀に見せてしまうことも少なくないのではないでしょうか。

全ては話せないことの理由と同じ、嫌われたくない、恥ずかしい、緊張する等々からやってしまう行動です。しかし、これは相手があなたに嫌われていると誤解をしてしまう可能性があります。ぜひ、上記の改善方法で話せないことを克服しながら、行動パターンも見直してみてください。

好きな人と緊張して話せない人の特徴や性格に男女差はあるの?

好きな人と話せないという人の多くは、男女ともに恥ずかしがり屋だったり、人見知りということが元々の性格としてあるようです。それゆえ、嫌われたらどうしよう、うまく話せなかったらどうしようという不安が緊張に繋がる傾向があります。とてもナイーブであるという特徴を持っているとも言えるでしょう。

また、恋愛経験が少ないという特徴もあります。好きな人に対し、自分の気持ちの伝え方がわからずどう接してよいのかという思いから緊張してしまい、話せないという流れになってしまいます。一方で、嫌われたくない、傷つきたくないという思いから好きな人と話せないということもあるようで、自分に自信があまりない半面、プライドが高さを伺うこともできます。

好きな人と話すことはお互いの仲を深める第一歩!

好きな人と話せないという人へ、その改善方法についてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。嫌われてしまったら、緊張してしまう、恥ずかしい、好きな人と話せない原因というのは色々とあります。しかし、その思いで好きな人との仲が深められない、距離を縮めることができないというのは、とても悲しいことです。

好きな人と話すことができたら、きっと今よりもっと楽しく、充実した時間を過ごせるはずです。今回ご紹介した改善方法を試して頂き、ぜひ、自分の事をもっと相手に知ってもらい、また、自分の事を相手にたくさん知ってもらう、そんなきっかけにして頂けたらと心から願っています。