Search

検索したいワードを入力してください

大人の恋愛の心理や特徴10コ・子供の恋愛とは何か

Author nopic iconそらあおぐ
恋の悩み / 2018年10月04日
大人の恋愛の心理や特徴10コ・子供の恋愛とは何か

大人の恋愛の心理

二十歳を過ぎると、世間からは大人と認識されます。学生の時とは違い、年々歳をとっていくにつれて、恋愛の価値観も変化していくのが現実です。みなさんも恋人に求めるものが変化したと感じることが多いのではないでしょうか。

恋愛の仕方が変化するということは、今までの子供の恋愛から大人の恋愛に変化しつつあるということです。では、具体的に大人の恋愛とはどのようなものなのでしょうか。

好きだけでは付き合えない

学生の時は美形であったり優しいという理由で人を好きになれますが、社会に出て数年も働くと、容姿や性格だけでは付き合うことはできません。

大人の恋愛で重要視することは人によって違いますが、相手の職業や、家族関係を気にする人もいるでしょう。それは、結婚も意識しているからです。単なる恋愛感情だけでなく、その先まで考える必要があります。

自分の気持ちを確認する

大人の恋愛では直感に頼るような恋愛の仕方はしません。時間をかけて慎重に自分の気持ちを確認します。学生のうちは何かをきっかけに急に「この人が好き」と感じ、相手に伝えることも多いでしょう。大人の恋愛でそれはあり得ません。

大人の恋愛ではまず自分の気持ちを疑います。今までの失敗があるからです。そして、相手の言動に注意し、長い時間をかけ、その恋愛感情が正しいものと徐々に認識していきます。

大人の恋愛の特徴10コ

大人の恋愛にはたくさんの特徴があります。一体どんな特徴なのでしょうか。「一言で大人の恋愛と言っても、実際はどんなものなのかイメージがわかない」という人も多いでしょう。

ここからは、大人の恋愛の特徴を具体的に10個ご紹介していきます。

特徴1:見た目より中身が重要

イケメンや美人という武器で恋愛ができるのは若いうちだけでしょう。大人の恋愛では、見た目より中身が重要です。なぜなら重要なのは今だけでなく、これから先のことも意識しているからです。

外見だけ整えても中身がなければ、10年後には誇れるものが無くなってしまうでしょう。美人は三日で飽きます。大人の恋愛では何十年経っても誇れるものを持つことが重要です。

特徴2:自分らしくいられる

大人の恋愛では、自分を大切にします。みなさんも若い時「恋人にはこうなってもらいたい」「こんなことをして欲しい」など多くのことを求め、または求められて失敗した経験があるでしょう。そういう要求は、大体思い通りになりません。

大人の恋愛ではいかに自分らしく自然体でいられるか、そしてそれに合う人を見つけるかという考え方になります。

特徴3:妥協も必要

大人の恋愛では、物事に折り合いをつけていくことが大事です。なぜなら完璧な人は存在しないからです。たとえ恋人の「ここが許せない」という部分があったとしても、その部分もその人の一部と認めることが大事になります。

たとえ相手を変えてその悩みを解消させたとしても、その新しい相手との間に別の問題が出てくるというように、問題は尽きることはありません。それよりも相手の他のいい部分に目を向け、感謝することです。

特徴4:相手を信頼する

大人の恋愛では相手の行動を尊重することを重視します。なぜなら、恋人がどこで何をしているかわからないという不安から束縛をし、上手くいかなかった過去の経験を覚えているからです。

大人の恋愛では信頼できる人であるかしっかりと見極めるために、付き合う前に多くの時間を使っています。そのため、大人の恋愛では距離感を保ったり、相手の生活ペースを乱したりはしません。

特徴5:刺激しあえる関係

大人の恋愛では、お互いをいい具合に高めていける関係が理想になります。相手の生き方を近くで感じながら「自分も頑張ろう」と思えるようなポジティブな関係性です。

学生の頃は相手と一緒にいる時間がすべてで、いつも恋人と一緒にいたという人も多いでしょう。大人の恋愛では、体と体という物理的なつながりよりも心のつながりを重視します。

特徴6:会いたい気持ちを大切にする

大人の恋愛では、感じる気持ち一つ一つを大切にします。学生の頃は「会いたい」と思ったら即相手に伝え、実際に会いに行ってた人も多いでしょう。大人の恋愛では、周りの状況にも目を向けます。

例えば仕事などで会いたくても会えないなんてこともあるでしょう。そんな時に感じた気持ちを大切に取っておきながら、次会う時までのモチベーションにします。

特徴7:ぶつかってもいい

大人の恋愛では、意見の相違は当たり前という感覚でいます。むしろぶつかることで、相手のことをよく知るいい機会とさえ感じているでしょう。

成長すればそれぞれの価値観や意見があって当然です。大人は分かり合うことで絆を深めていくので、その入口が口論などのケンカであっても、最終的に理解し合えればそれでいいと考えています。

特徴8:求めすぎない

大人の恋愛では適度な距離感を保つことが相手への思いやりになります。学生の時には「毎日連絡が欲しい」「休日には必ず会って欲しい」など、付き合う上でのルールもあるでしょう。

しかしルールを作ってしまうと、それを守るために生活のどこかにしわ寄せが来てしまいます。自分のペースを乱され、仕事で本来のパフォーマンスが発揮できなくなることもあるでしょう。大人の恋愛では、お互いを支え合う存在でないといけません。

特徴9:駆け引きしない

大人の恋愛では相手の気持ちを試したり、ヤキモチを焼かせるということはあまりしません。駆け引きなどの刺激よりも、一緒にいる心地よさだったり、安定を望みます。

大人は仕事や夢など、恋愛以外のことにも時間を割かなければいけないので、常に忙しいです。1日24時間では足りないという程時間がありません。なので恋人には、駆け引きなどのゲームをするよりも、常日頃の疲れを癒す存在であって欲しいと感じています。

特徴10:距離感を大切にする

大人の恋愛では遠すぎず近すぎずというように、ある程度の距離感を意識しています。お互いが仕事をしていれば、その仕事に支障を出さないように心掛けなければなりません。

休日でも残った仕事を家でしたり、仕事の付き合いで行きたくもないゴルフに参加させられたりと、何らかの形で仕事をします。そんな時に恋人から「連絡が欲しい」や「用事が済んだら会いたい」などと言われると、負担にしかなりません。

大人の恋愛を求めている人へ

「恋愛ゲームに疲れた」「本気の恋がしたい」と感じたことはありませんか。withは、真剣な交際を求めている人におすすめのマッチングアプリです。趣味などの共通点からマッチングしてくれます。

子供の恋愛とは何か

ここからは、子供の恋愛とは一体どういう恋愛なのかについて詳しく見ていきましょう。大人の恋愛とは一体何が違うのか、また、自分の恋愛価値観に当てはまるところはないかなどに注目しながら見ていきましょう。

独占欲が強い

子供の恋愛では、自分の恋人は自分だけのものという気持ちが、行動にもそのまま出てしまうことが多いです。具体例では、他の異性と話しているところを見るとヤキモチを焼いてしまったり、行動に制限を加えるような束縛をしてしまいます。

価値観を押し付ける

子供の恋愛では、「普通こうだよね」と自分の考えがすべてと思いがちです。なので、口から出る言葉はほぼ主観的な考えで、物事を客観的に見ることに欠けています。それにより恋人との喧嘩が耐えないことも多いでしょう。

愛を形に残したい

子供の恋愛では、お互いの気持ちの証としてジュエリーなどの形に残したがるところがあります。お揃いのペアリングやキーホルダー、時にはTシャツなどペアルックで街を歩いているカップルもいるでしょう。常に一体感を求めます。

大人の恋愛はできるようになる

人間は年を追うごとに価値観が変わっていきます。それは恋愛感情にも影響し、自然と大人の恋愛へとステージが移行していくでしょう。

同じ人間がこの世にいないように、同じ恋愛も存在しません。色んな恋愛を経験して色んなことを学び、自然と価値観は進化していきます。自分の価値観を大切に恋愛を楽しみましょう。

魅力のある大人になろう

魅力のある大人とは、一体どんな大人なのでしょうか。忙しい毎日を過ごしている中でいつの間にか歳だけとってしまったり、その定義がはっきりせずにそのままになっている人も多いでしょう。「大人」という言葉に疑問のある人は、ぜひ下のリンクから確認してみてください。