Search

検索したいワードを入力してください

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

Author nopic iconsokonashi
片思い / 2018年01月19日
付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートに両思いになれるかがかかっている

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

男性なら誰でも、思いを寄せている人と両思いになって付き合いたいと願っているはずです。けれど好きな女性にどんな方法で自分をアプローチしたらいいのかわからない、という男性は多いのではないでしょうか。

付き合うためには、女性との距離を縮めていかなければなりません。まずはデートに誘うことから始めてみましょう。せっかく巡り合えた大好きな女性との縁を確かなものにするためには、二人で会う機会が必要です。

ただ、付き合う前の初めてのデートは、これから二人がうまくいくかどうかがかかっている大事な機会です。適当な考え方や臨み方では取り返しのつかない結果に終わってしまいます。そうならないためには、しっかりとしたプランを立てることが大切です。

付き合う前の連絡の取り方や頻度は?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートに誘う前に、相手の女性との距離を少しずつ縮めることから始めましょう。いきなりデートに誘うことは相手を戸惑わせてしまうので、まずはLINEやメールなどで連絡を取り合っていきながら、デートの誘いへと進めていくようにしましょう。

ポイントは、朝や日中は軽めに挨拶程度の内容で、夜の時間帯に内容の深い話題を持ちかけることです。夜なら相手に時間の余裕があるので、メールの内容をきちんと把握して返信をしてくれるという期待が持てます。

LINEやメールの頻度としては、相手の都合を考えながら週に1~3回が妥当でしょう。あまり恋愛経験のない女性に対してなら週に1,2回くらい、経験豊富な女性なら1日に1~2回を週1~3回くらいがいいでしょう。但し、あくまで相手の生活の邪魔になってはいけません。

付き合う前の連絡内容はどんなものがいいの?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前の連絡内容は、慎重さが大切です。焦り過ぎると相手に不快感や不信感を与え、恋愛対象外にされてしまうことにもなりかねません。デートの約束をするまでは、少しずつという気持ちがとても重要になってきます。

メールの内容は、自分の好感度を上げるものにしなくてはなりません。相手の好きなものや趣味などを聞いて、それをいつも話題にすると楽しいやり取りになります。その中で、相手のことをもっと聞かせて欲しい気持ちを匂わせていきましょう。

文章はだらだらと長くなく、読みやすい配置で効果的な言葉を各所に入れます。女性は褒められることが大好きなので、時には相手を褒めることも忘れないことです。相手の話を肯定しながら、相手中心の視点で話題を進めることが大事です。

付き合う前の電話も効果的

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前の連絡のやり取りが、ある程度スムーズになってきたら電話をしてみることも効果的です。相手の都合を考える姿勢を見せるためにも、事前にLINEで「今度電話してもいいかな?」と言っておくと良いでしょう。

話す内容は、些細な悩み相談がスムーズに会話が進むのに調度良いでしょう。会話があまり途切れることなく話のやり取りができるものです。また、相手に自分のちょっとした弱さを見せることも親しみを感じさせるのに良いきっかけとなります。

あまりだらだら話さず、自分の印象を1~2ポイント伝えたらそこでお終いにしましょう。最後に「時間を取らせてごめんね、話せて嬉しかった」などと感謝の挨拶の後電話を静かに切りましょう。

付き合う前の初めてのデートの誘い方とは?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前の連絡のやり取りや、電話での会話がいい感じで進むようになった状態が5~6回くらい続いたら、いよいよデートに誘ってみましょう。ここで肝心なことは、自分は時間をかけてきたと思っていても、相手の女性にとってはどうなのかをよく観察することです。

女性が、会話やメールの様子から警戒心や緊張感が無いようでしたらデートに誘っても大丈夫でしょう。前置きの話題を少し振っておいてから、さり気なく「今度の週末、土・日のどちらか空いてない?」とストレートに聞いてみます。

「デートしてくれる?」という問いかけはせず、土・日どちらかを選ぶ方式を与えることがポイントです。なぜなら相手は「断る」のではなく、「どちらかを選ぶ」ことに専念するからです。

付き合う前のデートはどんな服装がいいの?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートはどんな服装にしたらいいのか悩んでしまいます。相手にどう思われるかという点もてとても心配です。ダサいと思われず、キメ過ぎと思われない最適な服装とはどんなものがいいのでしょう。

基本は、相手の女性の雰囲気や好みを考えたイメージの服装にするということです。雰囲気が合っていなければ、女性から「一緒に歩くのは嫌だな」と思われてしまいます。カジュアル好みな女性なら男性もラフでカジュアルな服装にしましょう。

きちんと感のあるファッションの女性なら、男性も同じジャンルのファッションがいいでしょう。大手チェーン店で揃えた洋服は避けましょう。自分を安っぽく見せてはいけません。だからといって、ブランド物を着る必要もありません。

付き合う前のデートの頻度はどれくらいがいいの?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートはどのくらいの頻度がいいのかと、頭を悩ませる男性は多いことでしょう。ここは相手の女性のタイプによっても違ってくるのですが、いったいどれくらいのデートの頻度が妥当なのでしょう。

社会人の場合と学生の場合をそれぞれ考えてみましょう。

学生の場合

学生の場合の付き合う前のデート頻度は、時間の自由がきくことから週に1~3回くらいでも良いでしょう。もちろん相手の都合や性格的なことを考慮することを忘れてはいけません。性格的に外出が億劫な女性や消極的な女性、恋愛経験の少ない女性の場合はあまり頻繁に誘いをかけるとプレッシャーになってしまうこともあるので要注意です。

デートは短い時間で複数回というパターンがおすすめです。回数を重ねる毎に親しみや信頼感が育っていくからです。そして、だんだん二人の間に自然さが出てきたならそろそろお付き合いに発展させてみても良いでしょう。

社会人の場合

付き合う前のデートの頻度について、社会人であれば毎日仕事に追われ疲労感を抱え、職場の付き合いなども関わってきます。また、個人の時間も考慮すると、社会人の場合の付き合う前のデート頻度は、週に1回又は2週間に1回位が良いと思われます。

回数的には少な目となってしまいますが、煩わしくない程度に会うことが大事で、ストレスになっては逆効果となってしまいます。1回1回のデートを有意義で質の良いものにしてその先へと繋げていきましょう。

付き合う前のメールでの女性の脈なしサインとは?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前に交わすLINEやメールで、男性がつい勘違いしてしまう女性からの脈なしサインがあります。それはどんな内容なのでしょうか。男性に「これは脈ありかな?」と思わせてしまうメールは、実は女性にとっては意味のない言葉だったり、遠回しに恋愛対象外だと告げるものだったりします。

ここで、女性が送る脈なしサインをご紹介します。男性はこの内容をしっかり記憶にとどめてどうか勘違いで失敗しないよう気を付けましょう。

恋愛中なのか問いかけてくる

付き合う前のLINEやメールなどで、女性が彼女の有無や好きな人はいないのかを問いかけてきたら、男性は自分のことが気になっているんだと勘違いしてしまいます。好きな女性のタイプは芸能人に例えると誰なのかなど、あまり細かに問いかけられれば勘違いしても仕方ありません。

実は女性は自分が話したい話題を、先に相手に問いかけるところがあります。男性に恋愛話を問いかけたということは、自分の恋愛の話を聞いて欲しいからという場合があります。ただ単に聞いて欲しい場合と、好きな人がいるからあなたは対象外ですよと伝えたい場合があります。

また、好きな人はいないけれどその男性とは恋愛をするつもりがないという場合もあります。いずれにしても、この問いかけは脈なしサインだという可能性が高いことを覚えておきましょう。

メールの返信が極端に早いか遅い

付き合う前のメールで、女性からの返信がやけに早い、やけに遅いと感じたことはありませんか?返信が早いのは、自分に少しでも早く返事を返したいからだと思ってしまいがちです。けれど、そうだとは限らないようです。

返信の速度は女性にとってあまり意味がありません。ただ単に時間を持て余していて暇だからとか、面倒だからさっさと返してしまえという場合もあります。あえて意識的にしている場合があるとすれば、やはり遠回しなサインです。

わざわざ、気のない相手と時間をかけてまでメールのやり取りをするのが億劫だから、早いところ返してしまおうとしたり、気のなさを示すために忘れたころに返信したりという感じです。未読は明らかな脈なしサインです。

メールでの問いかけが多い

付き合う前のメールで、女性側からどんどん問いかけてくることが、自分への興味からだと勘違いしてしまうパターンがあります。けれど、これは女性側が会話が途切れないよう気を遣ってのことという場合があります。

たとえば男性のほうが年上であれば、女性は気を遣ってしまいその気がなくても会話を持続させようと一生懸命話題探しをします。自分のことを沢山知りたがっているために、問いかけが多いのだと思うのは早すぎる思い込みです。

質問もされない状況であれば、完全な脈なしと言えます。

LINEスタンプをたくさん使ってくる

女性がLINEの中でスタンプをやたらと使用してくるからといって、自分に気があるからだと決めつけるのは危険です。女性は普段からメールやLINEでスタンプを多用します。可愛いから見て欲しいという時だったり、新しいスタンプが手に入ったことで使ってみたいなど、多様することに意味はないと言っていいでしょう。

また、男性への言葉が思いつかず、面倒なのでスタンプで埋めて済ませているという場合もあります。LINEをさっさと終わらせたい時にもスタンプ使用は普通です。付き合う前のメールでこれを脈ありと勘違いしないよう十分注意してください。

会話が長く続く

付き合う前のメールのやり取りで、女性からの返信が切れずに長く続く場合、男性として会話をやめたくないのは自分に気があるからなのかと思ってしまうものです。確かに女性は好きな人との会話が長く続くよう頑張ることはありますが、そうではない場合もあります。

相手との会話をどこで切り上げればいいのかタイミングがつかめなくてだらだらと返信を続ける場合や、暇つぶしの場合もあります。会話の内容をよく考えれば何となくわかるものですが、女性が会話を続けるからといってそれが好意からくるものだと思ってしまうのは、脈ありとは限らず、男性の単純な思い込みだと思われます。

付き合う前のデートでおすすめなスポット

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートは相手の好みや性格が良く分からないので、場所選びに悩んでしまうものです。デートの場所次第で盛り上がり方や、相手との関係も変化してくるものなので慎重な場所選びがポイントになってきます。

一緒にいて楽しいと思ってもらえるデートスポット、自分をストレートにアピールできてこれから先に繋いでいける効果的なデートスポットはないものか考えてみましょう。ポイントはこり過ぎた場所にしないこと、話しをしやすい場所を選ぶことです。

デートの定番で良く、二人が落ち着いて会話ができる場所であることが重要です。初めから相手にインパクトを与える必要はありません。お互いが自然体で向き合えることが大事です。

関東でおすすめのデートスポット

付き合う前のデートで、関東のおすすめスポットは「新江の島水族館」です。夕方17時から開催されるナイトワンダーアクアリウムは、華やかで神秘的な海を演出する「満天の星降る水族館」をテーマにした世界が楽しめます。

付き合う前のデートでは、相手のことがまだよく分からないので、ちょっとした沈黙などが不安を招いてしまいます。その点で水族館は付き合う前のデートに最適な場所です。二人の大切な時間を宇宙のような幻想的な水族館で過ごしてみてはいかがでしょう。

関西でおススメのデートスポット

付き合う前のデートとして神戸の定番デートスポットである「神戸メリケンパーク」がおすすめです。神戸ポートタワーがシンボルとなっており、海岸沿いには複数の観光スポットがありゆっくり探索しながら過ごせる場所です。

付き合う前のデートとしては退屈せず、会話がどんどん生まれてくるスポットなので最適だといえます。海の見えるレストランでお食事をしながら、ゆっくり語り合う時間が持てます。

東京でおすすめのデートスポット

東京にはデートスポットと言える場所がたくさんありますが、付き合う前のデートにふさわしいスポットは、会話がとぎれても雰囲気でカバーできて、共感しながら会話をすすめていける水族館がおすすめです。

「エプソンアクアパーク品川」は、水槽の魚たちを観ながら感動したり共感したりしながら、ほのぼのとした気分で二人の時間を楽しめる最適な場所なのでおすすめです。品川駅からのアクセスも便利なので、相手に苦労をさせることがありません。

数年前にリニューアルをして、音と光と水族館のコラボレーションが話題です。幾つかの乗り物もあり明るい雰囲気です。カフェバーもあるので、ちょっと大人の雰囲気を楽しみながらお互い語り合う時間が持てます。

大阪でおすすめのデートスポット

心斎橋にある「アクアリウムダイニングLIME」は、水族館のようなレストランです。水槽の魚たちを観ながら、美味しいお食事ができて会話はずむことでしょう。お料理のお値段もお手頃なので、気軽に付き合う前のデートでを楽しめます。

付き合う前のデートで避けたいスポットとは?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートは、どこでもいいわけではありません。大切なのは二人がよく話せて理解を深め合える場所であるということです。それには、避けたい場所を把握している必要があります。

相手が緊張することなく、二人にとって居心地がよく、会話がはずんで楽しく過ごせる場所でないなら付き合う前のデートの場所としては不向きということになりますので、欲吟味した上でデートの場所を提案しましょう。

ここでは、付き合う前のデートで避けたほうが良いスポットを幾つかご説明しましょう。

遊園地

付き合う前のデートで選んでしまいがちなスポットとして「遊園地」が挙げられます。色々な乗り物や体験が楽しめてとても盛り上がって良いように思ってしまいますが、遊園地という場所はいつも混み合っている場所です。

一つ一つの乗り物に乗るために、いちいち待ち時間とうものが発生してきます。大切なデートで、待つことにばかり時間を費やしていてはもったいないし、ろくに会話もはずまず白けてしまうでしょう。待っている間にイライラすることにもなってしまいます。

二人で盛り上がれることで距離が縮まることを期待することはできません。相手が強く望むならば、「じゃあ面白いポイントを教えてね」などという流れなら良いでしょう。

付き合う前のデートスポットして海はとても不向きです。一年を通して、海は恋人同士が訪れるスポットとして人気ではありますが、それは付き合い慣れた関係ならばOKです。海の雰囲気を楽しみながらじっくり会話を交わしたり、泳いだりという場所には最適だからです。

けれど、付き合う前の二人にとって海でのデートはおすすめできません。夏であれば海水浴の季節ということで女性はいきなり水着を着るはめになってしまいますし、それ以外のシーズンだと風が冷たく寒いことが多いので、女性にとっては迷惑なだけです。

景色としてムードを盛り上げてくれそうだと海を選択する人もいますが、それは安易な考えです。

男性の部屋

男性が、付き合う前のデートスポットに自分の部屋を選ぶのは最も避けるべきです。まだ付き合ってもいない関係で、お互いどんな相手かを理解もしていないうちにプライベートな場所に招かれたら、女性は引いてしまいます。

プライベートな部分をさらけだして理解を深めるつもりだとしても、まだ早すぎます。女性は身構え、不信感しか抱きません。自分の部屋にいきなり女性を招くことはただのチャラ男にしか見られないでしょう。

付き合う前のデートだということを忘れず、相手を思いやった場所を考えることが大切です。

映画館

付き合う前のデートは貴重な時間です。映画を観ることに何時間も費やすことはとても無駄なことです。数時間、お互い向き合うことなく黙って過ごす映画はデートをしている意味がありません。

付き合い始めて何度か目のデートであれば問題はありません。付き合う前のデートならば、ちゃんと会話ができてお互いを見つめ合える穏やかな場所が最適です。

たとえ一緒に観たいと思う映画があったとしても、それはいずれの機会までとっておきましょう。「〇〇〇っていう映画面白そうなんだけど、今度一緒に観に行こうよ」と相手に話しておくのも良いでしょう。

付き合う前のデートをうまくいかせるための心得とは?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前にしっかりデートに誘うことができたら、今度はそのデートに向けての心構えが大事になってきます。せっかくデートまでこぎつけたのですから、成功するデートにしたいものです。

意味のないデートにしないためにも、実りあるデートにして後に繋げるためにも、是非これから挙げる心構えを把握してデートに臨んでください。二人にとってハッピーなお付き合いを実現させるためには、すべてが付き合う前のデートにかかっています。

デートの前の日は相手に必ず連絡をする

付き合う前のデートの日取りが決まったら、その日が来るまで黙っているのではなく、前日になったら相手に必ず連絡をしましょう。「明日の都合は大丈夫?」とか「楽しみだなあ」などと短いメッセージを送ることで、相手の期待度も高まります。

また、そのメッセージを相手が受け取ることで、当日のドタキャンの確率が少なくなります。前日に連絡を送る行為は、相手への体調や都合を気遣う配慮にもなり、好感度が増すことでしょう。

待ち合わせの時から楽しい演出をする

付き合う前のデートはいよいよ当日を迎えました。肝心なのは始まりです。待ち合わせの時点からもうデートはスタートしているということを忘れてはいけません。「始め良ければ終わり良し」ですから、付き合う前のデートモードにしっかりスイッチを入れてください。

遅刻などもっての外で、10分前までには待ち合わせ場所に到着していましょう。相手の女性がやって来たら、明るい笑顔で対面しましょう。待ち合わせの時から楽しい雰囲気を演出し、これから始まるデートにワクワク感を持ってもらうことが大切です。

緊張して強張った表情を見せたら、女性はここへ来たことを後悔してしまう場合もあります。第一印象はとても大事です。会った瞬間に明るく微笑みかけられたら、相手の女性は心が和み、楽しいデートがスタートできるでしょう。

デート中は女性の話をよく聞いてあげる

よくデート中に一方的に自分の話ばかりする男性がいます。緊張感やより深く自分を知って欲しい気持ちの表れでしょうが、とても見苦しいものです。女性はすぐさま引いてしまいますので、付き合う前のデートでは決してしてはいけないことです。

付き合う前のデートでは、自分の理解より相手を知りたいという姿勢が大切です。女性は基本的に自分の話を聞いて欲しいものですので、沢山の話を聞いてあげましょう。相手が話やすいように、きっかけとなる質問を一言してあげると自然に言葉が出てくることでしょう。

たとえ言葉数の少ない女性でも、話を引き出す手助けをしてあげればどんどん話したくなるものです。相手が真剣に聞いてくれていると思えばなおさら楽しくなってくるでしょう。

女性の友人ともコミュニケーションをとっておく

付き合う前のデートに誘う前もその後も、相手の女性の友人ともコミュニケーションをとっていると、相手の性格や嗜好、興味を持っていることなどの情報が手に入りやすくなり都合が良いです。

また、有効な情報が得られることからデートの失敗が少なくなり、相談相手としても女性の友人をキープしておくと、何かと助けになってくれて心強いものです。そして、親しくなりながら、自分の女性への気持ちをちょくちょく打ち明けていれば、自然に友人から女性に伝わり、いかに真剣に思ってくれているかが伝わり効果的です。

自分一人の力も大切ですが、女性をよく知っている友人が味方につくことで付き合う前のデートの成功率はだいぶ上がってきます。

デートのクライマックスでは名残惜しげな仕草を見せる

待ち合わせからスタートした、付き合う前のデートもお別れの時を迎えます。この最後の別れ時にどう印象を残すかが重要なポイントです。ただあっさりと「じゃあ、またね」ではいけません。

大事なのは、「離れたくない」という気持ちを漂わせることです。ちょっと寂しげで名残惜しい思いが相手に伝わるような見送り方をしましょう。そして、手を振りながら相手が見えなくなるまでは去ってはいけません。

まだ見えているうちに相手が背中を向けたら、ちょっとがっかりな気分になるものです。好きな気持ちを伝えるためにも、相手が見えなくなるまでずっと見送り続けましょう。その姿に女性は胸がキュ~ンとしてしまうでしょう。

付き合う前のデートで手を繋ぐ時の心理とは?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートで手を繋ぎたくなってしまったら、それはNGなのかと思い悩む男性が多いことでしょう。まだ付き合う前だというのにいきなりそんなことをしたら嫌われてしまうのではないか、でも好きな気持ちを抑えられず、どうしても手を繋いで歩きたいと思ってしまったらどうすればいいのでしょう。

付き合う前のデートで女性と手を繋ぐ行為は、自然な仕草であれば大丈夫です。わざわざ手を繋いでもいいかと問いかけず、極自然な流れでさりげなく手を握れば、女性は嫌な気はしません。ただ、初めてのデートではが我慢しましょう。

付き合う前のデートで手を繋ぐ行為は、女性の心理に効果的な影響を与えることがあります。手の温もりを通して男性の想いが女性の手に直接伝わることで、女性は男性を強く意識し始めるからです。

付き合う前のデートでどのタイミングで女性と手を繋げばいいの?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートで女性と手を繋ぐことは、女性の気持ちを確認できる上に、次へのステップアップにも繋げやすい点でおすすめです。確かに男性にとっては勇気のいることですが、タイミングさえ間違わなければとても効果的な働きをしてくれます。

自然な流れで手を繋ぐ方法としては、たとえば階段や段差があったりする場所で「危ないから」と手を握る、今いる場所から次の場所へ移動するのをきっかけに「じゃあ行こうか」と手を握る、帰る際に「そこまで送るよ」と手を握るなどのタイミングは口実と共にスムーズにいきやすいのでおすすめです。

ちょっとしたことを口実にして手を差し出すのが無難であり、女性の気持ちをキュンとさせるものです。また、男性がリードするという姿勢も見せられるのでより効果的です。

付き合う前のデートでキスはあり?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

たとえ付き合う前のデートであっても、好きな気持ちがどんどんつのってしまったらキスをしてしまうかもしれないと心配な男性は多いことでしょう。我慢するべきか思い切ってしてしまうべきかと悩むところです。

付き合う前のデートで女性にキスをする行為はありだと言えます。女性の半数以上が肯定しているという現状があるので、男性は安心してください。キスがきっかけでスピーディーに恋愛に発展するケースもあります。

そもそもデートに誘ってOKしてくれている時点で、男性に興味を持ってくれているものです。付き合う前のデートでキスをされたら、女性は男性の気持ちを認識すると同時に自分も強く意識し始めるでしょう。キスの後は優しいスマイルを忘れずに。

付き合う前のデートでキスをする男性に対する女性心理とは?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートで男性にキスをされる女性の心理とは、いったいどんなものなのでしょうか。男性としては女性の本音が知りたいところでしょう。付き合う前のデートでキスはあり派とキスはなし派の女性の気持ちをお話しましょう。

付き合う前のデートでキスはあり派の女性は、「自分が特別な存在だと思える」という思いや「キスで確実に恋愛に発展させたい」という思い、「女性としての魅力を実感できて嬉しい」という気持ちを持っているようです。

また、付き合う前のデートでキスはなし派の女性は、「自分が軽い女性と思われそう」や、「付き合う前なのに軽いなと思ってしまう」などという気持ちを持っているようです。女性の性格にもよるところが大きいので、男性は女性の気持ちを配慮した上で行いましょう。

付き合う前のデートで告白するタイミングとは?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

女性にとって男性からの告白はドラマチックなものです。好きかそうでないかは別として自分への好意を打ち明けられることは女性として嬉しいことです。付き合う前のデートに応じてくれているのなら、恋愛対象の可能性があるので、積極的にアピールして良いでしょう。

タイミングは、付き合う前のデートで女性が感情を表すようになってきた時期や、LINEなどで気持ちを具体的に表現するようになってきた時期が告白に適しているでしょう。それは男性に心を開いている証拠だからです。

付き合う前のデートに何度か応じてくれているなら、楽しい時間だと感じてくれている証拠です。女性がその気持ちを口にするようになった時は告白するタイミングでしょう。付き合う前の2回目のデートで相手の気持ちが実感できたなら、自然に告白しても良いでしょう。

付き合う前の2回目のデートでおさえておきたいポイントとは?

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートは、初回より2回目が重要です。今後付き合えるかどうかを相手はこのデートで決断すると言っていいからです。2回目のデートで次への手ごたえを得られるということでもあります。

付き合う前の2回目のデートでは、1回目のデートと同じようなパターンにならないことが大事です。なるべく対照的なパターンになる設定で臨みましょう。メインをどうするかを考えればいいでしょう。

付き合う前の1回目のデートから、1週間後くらいに2回目のデートを計画し、夜と昼を逆にするのもいいです。ただし相手の都合を配慮することが大切です。1回目のデートより心遣いをしながら、相手が自分にどんな反応をしているかをよく見極めましょう。

1回目のデートの時とは雰囲気の違う服装も新鮮で効果的です。会話の中で前回の相手の情報を話題にすると、ちゃんと話を聞いてくれていたと認識してくれます。

一緒にいて楽しいと思われる男性になるには

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

付き合う前のデートで肝心なのは、一緒にいて楽しい男性だと思ってもらえることです。楽しいという印象は話やすいところから始まるものなので、自分がいかに楽しい男性かをアピールするために必要な要素をここで把握しておきましょう。

まずは、優しい表情で話すことを心掛けることを忘れないようにしましょう。話していない時でも、無表情にならないよう気を付けて明るい雰囲気を出すようにすることが大切です。誰と話す時でも、気さくな態度で穏やかな言葉遣いで話し笑顔を忘れないことです。

無理に格好をつけずシンプルな姿勢でいることが、自然な会話が出来て好感を持たれるでしょう。シンプルで自然体のほうがどこか砕けていて親しみを持たれ、人を楽しい雰囲気にさせてくれます。

自分がデートを楽しんでいれば相手も楽しんでくれる

付き合う前のデートの頻度、告白のタイミング、服装など

いかがでしたでしょうか。これまでのお話しで、付き合う前のデートで恋愛に発展させる方法を充分理解できたことでしょう。女性は男性の誠意や優しさ、純粋さに心惹かれていくものです。

相手との時間を大切にしながら、誠心誠意で付き合う前のデートを自分自身が楽しみ、気持ちを素直に表現することで、女性に想いは伝わるはずです。自分が楽しんでいれば女性は自分といることが相手にとってハッピーなことなのだと実感してくれます。

一緒にいて楽しい、安心だと思える相手が女性にとってはベストです。付き合う前のデートは、これからの恋愛に向けて不安や恐れが多いことでしょう。けれど、自然体で相手と向き合いながら、大切に思う気持ちを真っ直ぐぶつければ良い関係が築けることでしょう。

関連記事

Related