Search

検索したいワードを入力してください

結婚を諦めた年齢と理由|諦めて良かった6つのこと

Author nopic iconそらあおぐ
カテゴリ:結婚

初回公開日:2017年08月06日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

結婚を諦めた年齢と理由|諦めて良かった6つのこと

結婚を諦めたい

一昔前までは結婚して家庭を持つことが幸せだと考えられていました。しかし、最近では結婚を諦めた人でも幸せに過ごしている人たちがたくさんいます。

そのような人たちは、どういった理由で結婚を諦めようと考え、いつ頃諦めたのでしょうか。

20代で結婚を諦めた男性の中には「家族を養えるだけの収入を得ることができない」という意見が多いです。女性側からも、そのような意見が出ています。

【男女別】結婚を諦めた年齢

女性では35歳くらいから結婚を諦めたという人が増えてきます。35歳から徐々に増えていき、一番多くなるのは40歳です。女性にとって40歳というのは年齢的に大きな節目になっています。

男性の場合は女性よりも少しだけ年齢が上がって、40歳くらいから徐々に結婚を諦める人が増えていきます。男性にとって30代は働き盛りで、40代になっても大人の魅力が出てくるので、年齢による焦りは女性と比べると少ないです。

【男女別】結婚を諦めた理由

婚活をしていても30代半ばを越えてくると、20代の若いパワーに勝つことは難しいという現実に直面することになります。

すでに充実した生活がある女性からすると、わざわざ精神的に辛い思いまでする必要はない、と言うのが結婚を諦めた人の多数派の意見です。

男性は経済的な理由がもっとも多い結婚を諦めた理由です。理想の年収は400万円という意見が多いそうです。20代で年収400万円に届いているのは15%ほどです。

結婚を諦めて良かった6つのこと

結婚を諦めた理由としては、生活の充実や出産が多いです。他にも、一度失敗しているから、良い人と出会わなかった、1人の方が楽、などの意見があります。

また、同性なので結婚できないという理由もあります。一部、条例などを適用する方法もありますが、現状では同性による結婚が認められていないからです。

さまざまな理由で結婚を諦めた人たちの、諦めて良かったことを挙げていきます。

1:婚活しなくて楽

結婚を諦めて良かったことのひとつに、婚活しなくて楽ということがあります。

婚活は本人にとってたいへんなプレッシャーになります。それがなくなるだけで多大なストレスが減り、生活に余裕が生まれます。

2:将来設計を立てやすい

結婚を諦めて良かったことのひとつに、将来設計を立てやすいということがあります。

結婚はハプニングの連続です。自分以外の他人の人生を共有するということは、未来予測がたてづらくなるということです。結婚を諦めれば、将来の設計が立てやすくなります。

3:家が買えた

結婚を諦めて良かったことのひとつに、家が買えたということがあります。

結婚を諦めるということは、婚姻のためのお金がかからないということです。その資金を家の購入にあてることができます。

4:子供を産まなくて気楽

結婚を諦めて良かったことのひとつに、子供を産まなくて気楽ということがあります。

子供という、ひとりの人間の人生を追わずにすむということは、自分の人生を充実させることに集中できるということです。気楽に生きられる部分が生じて、人生に余裕ができます。

5:異性に期待がなくなった

結婚を諦めて良かったことのひとつに、異性に期待がなくなったということがあります。

異性に期待すればするほど、欠点が見えてしまいます。結婚を諦めることで期待することをやめ、異性と気軽に付き合えるようになります。

6:趣味を仕事にできる

結婚を諦めた人は仕事を優先してきた人が多いです。仕事を頑張ってきた結果、そこそこの立場になり収入も安定しているため、自立した生活を送り始めます。

趣味などがあればさらに生活は充実します。趣味を仕事にできるチャンスもめぐってきます。充実した人生を送るために、結婚をしない選択肢もあります。

結婚を諦めたあなたに本はこちら

「損する結婚 儲かる離婚」は、結婚に関するシビアな意見が書かれている本です。

結婚を諦めた人は、結婚のマイナス面も書かれた本書で、損をしない生き方を模索できます。男女にとって最大のリスクである結婚相手に焦点をあてた本です。