Search

検索したいワードを入力してください

看護師が結婚することでのメリットやデメリット・結婚率・年齢

Small c3544019 ed09 469c 9b97 5797c5f9dc9ftukimi
カテゴリ:結婚

初回公開日:2017年08月10日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年08月10日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

看護師が結婚することでのメリットやデメリット・結婚率・年齢

看護師が結婚することでのメリット・デメリット

結婚することでのメリットは、夫と過ごすことで癒される、話を聞いてもらえることでストレス解消できる、家事を分担してもらえるなどです。結婚するときには家事を分担してくれる夫かどうか見極めることも大切です。看護師は一般的に年収が高い職業のため、夫と協力すればマイホームや子育ての教育費など、金銭的に困ることはないでしょう。

デメリットは、看護師の仕事に対して理解ができない男性と結婚した場合です。白衣の天使は優しくて可愛いと外見だけで判断している場合です。清楚なイメージで男性にとってはの職業ですが、仕事で疲れた看護師はプライベートでは癒しを求めています。看護師は体力勝負の仕事で疲れた心と身体の癒しを求めているため、親身になって相談できる男性が良いでしょう。

看護師の結婚率はどれくらい?

看護師は清楚で癒されるイメージでの職業ですが、結婚となると別です。結婚率は、25~29歳の時点で25%、30代前半で50%と一般の女性の結婚率に比べると結婚する年齢は遅い傾向にあるようです。交代勤務で夜勤があったり、仕事が激務で残業が多い、医療は進歩しているため常に勉強が必要のため、プライベートの時間が不足している現状があります。

一般的に女性では高収入の職業で経済的に安定しているため独身でも生活していけますので、看護師の結婚率が低いと言われています。医療の仕事は激務で体力的にきつく精神的にもストレスが生じる仕事ですので、プライベートではゆっくり休みたいと思う看護師が多いそうです。仕事で疲れている看護師に、結婚相手のお世話や両親の介護まで頼ったら、看護師の身が持ちません。理解力のある男性をみつけることを考えたほうがよいでしょう。

看護師がよく結婚する年代は?

看護師は3~4年のキャリアを積んでから20代で結婚する人と、仕事が忙しい理由と出会いが少ないため、30代になって結婚する人がいます。よく結婚する年代には、20代と30代の二通りのパターンがあるようです。就職してからも、看護師は勉強会なども多く研究発表会もあり、プライベートの時間が確保できず晩婚化になりがちです。

看護師は看護技術など、習得することや勉強することが多くて時間が足りないほどです。仕事で心と身体が疲れて休日はリラックスして過ごしたり、余暇を楽しむための時間に使い、男性との出会いの場に出向かない看護師もいます。30代になると、出産年齢にもタイムリミットがありますから結婚に対して真剣に考える看護師が増えてきます。

勤続3年目などの看護師の現状は?

新人の頃は看護師の仕事を覚えることに一生懸命で時間があっという間に過ぎます。勤続3年目ぐらいになるとある程度仕事に慣れてきて、リーダー業務や新人指導をまかされます。総合病院だと病棟異動がありますので、新たな現場で一から学ぶこともあります。内科、外科、小児科、手術室、透析室、内視鏡室など幅広い種類の部署があり、異動すると新たに習得する技術や勉強することが増え、勉強の連続です。

同じ科で勤続3年からだと仕事に慣れてきて精神的にもゆとりがでて、プライベートで食事会や出会いを求める機会を増やして結婚を意識し始めるでしょう。しかし、他の科に部署異動で忙しくなると勉強する時間に費やされ、外出する機会が減り婚期が遅れる原因となってしまいます。

結婚したい看護師がすべき行動とは?

仕事が多忙とはいえ、結婚を夢見る看護師は多いでしょう。結婚するためには、プライベートを充実させる必要があります。仕事と恋愛を上手く両立して結婚へとつながると、人生のライフステージにおいてさらに幸せな道に進めます。夜勤や残業が多くて家でゆっくり休んでいる看護師もいます。

しかし家の中で過ごしてばかりでは男性との出会いはありません、結婚が遠のくばかりです。年休は確保できますから、男性との出会いを求める時間を作る、結婚相手を見つける努力をする必要があります。何もしないで出会いは転がっていません。職場では男性職員が少なく、職場で出会って結婚する看護師は少ないのが現状です。職場恋愛すると上手くいっている時はいいが別れると気まずく、病院内での噂の的です。

多くの男性と出会って見る目を養う必要もありますから、結婚相談所、友人も交えて食事会する看護師もいます。看護師の仕事を理解してくれる男性かどうか見極めるためにも、コミュニケーションを大切にしたほうがよいでしょう。

同業種での結婚はうまくいく?

病院で出会って結婚する同業種の結婚もあります。厳しい医療の現場を理解してくれるため、同業者の結婚も多いと言われています。医師は激務のため、仕事を理解してくれてサポートしてくれる看護師に惹かれるケースがあり恋愛に発展し結婚につながります。

同じ看護師や薬剤師、放射線技師、理学療法士などの職種の男性だと看護師の仕事を理解してくれて共働きができ、協力し合いながら結婚生活を送れます。看護師の仕事を続けたい希望があれば家事を協力してくれる男性を探したほうがよいでしょう。

医師と看護師の結婚は幸せか?

医師の仕事が激務のため看護師は退職して専業主婦になる女性がほとんどです。総合病院の医師は残業が多く当直もあるため、自宅に帰って食事して寝る生活スタイルがほとんどです。家事や育児は一切妻の役割となるため、家庭が優先となり看護師の仕事を続けていくことは困難です。

医師は仕事以外にも学会などでも忙しく、休日もゆっくりできません。学会で出張もあり、休日に一緒に出かけたり子供と一緒に遊べる時間もほとんどありません。激務の医療の仕事で疲れている夫を労うことも大切です。医師の仕事を尊敬し、支えることに幸せを感じる看護師が医師との結婚に向いています。医師と結婚したからには、夫をサポートし家庭は私が守るという覚悟が必要です。

薬剤師などの同業種と結婚した看護師の生活は?

病院の医療従事者同士の結婚は、少なくありません。看護師は日頃出会いが少ないため、交流が多い身近な男性が恋愛対象となるケースがあります。病棟勤務の看護師だと休日が不定期で土日出勤のことも多く、出会いが限られてきます。薬剤師、放射線技師、理学療法士、介護士、看護師など同じ職場での交流から恋愛へと発展し結婚となります。

看護師の仕事の大変さを理解してくれる同業者との結婚は、仕事の悩みを理解してくれよき相談相手にもなるでしょう。看護師を続けたい希望が強いなら、理解力があり家事を手伝ってくれる同業者なら結婚相手として最適です。さらに出産するとハードな看護師の仕事と育児で疲労が蓄積します。家事や育児にも協力的な優しい夫との結婚が理想です。

結婚する看護師に必要な手続きとは?

最高のパートナーとめぐり逢い、結婚となります。結婚すると看護師に必要な重要な手続きがあります。本籍地、氏名の看護師免許更新の手続きです。何年も忘れて届け出を怠っている看護師がいるようなので注意しましょう。届け出義務違反をすると罰金50万円以下だそうです。転職時や復職する際に使用する看護師免許証で、看護師は国家資格ですので大切に保管してください。

看護師免許の更新手続きについてわかりやすく記載されていた看護rooから引用しました。参考にしてください。

Blockquote firstBlockquote second

看護師 免許の更新手続きについて

手続き対象者
保健師籍、助産師籍、看護師籍の登録事項のうち、本籍地都道府県名(日本国籍を有しない者については、その国籍)・氏名などが変更になった保健師、助産師、看護師
※転居(引越し)に伴う住所変更のみで、戸籍の都道府県名や氏名(名前)の変更がない場合、本籍地に変更があった場合でも、同じ都道府県内の変更の場合は手続きは不要です。

手続き時期
戸籍(本籍地・名前)変更後、30 日以内
※手続き期限を過ぎても申請は可能ですが、遅延理由書など追加で書類の提出が必要となります。
手続き場所
就業者の場合勤務地の管轄の保健所、未就業者の場合住所地の管轄にある保健所(一部県庁)

手続きに必要な書類
看護師免許証
戸籍謄本または抄本1部(発行日から6ヶ月以内のもの)
印鑑(シャチハタ不可)
申請用紙(各保健所に備付)

手数料
保・助・看護師は、申請書1通につき、収入印紙…1,000 円
※収入印紙は一般的に保健所では購入できないため、郵便局や県庁などであらかじめ購入しておきましょう。

准看護師の手続きについて
准看護師は、都道府県免許のため交付された都道府県によって手数料(県の収入印紙で購入)が異なります。他県の免許の場合、郵便振替になることもありますので、事前に保健所(一部県庁)にご確認ください。

看護師が結婚して幸せな家庭生活を続けていくには?

看護師をやりがいに感じ、結婚しても看護師の仕事を続けていきたい女性も多いでしょう。しかし、過重労働から結婚や育児をきっかけに退職する看護師が多く、パート勤務を選択する看護師もいます。看護師の仕事と家庭を両立するためには、結婚相手の協力が必要です。良きパートナーを探すためには、積極的に出会いを求め外出する機会を増やす必要があります。看護師の仕事は多忙で20代はあっという間に過ぎ、30代になってからと考えると婚期が遅れる可能性があります。

年齢を重ねると自分の生活スタイルがありますから、経済的に安定している看護師は独身でも生活できるので困りません。しかし、交代勤務や残業、勉強会などで多忙な看護師でも、心の支えになるパートナーがいると癒され安心感につながります。夫や子供がいる安らげる家庭生活があれば、看護師の仕事も頑張れるでしょう。