Search

検索したいワードを入力してください

車の運転が怖い人の克服方法|高速道路が怖い/事故が怖い/教習中

Author nopic iconとつ
カテゴリ:車・バイク

初回公開日:2017年08月25日

更新日:2020年09月19日

記載されている内容は2017年08月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

車の運転が怖い人の克服方法|高速道路が怖い/事故が怖い/教習中

車の運転は楽しい?

皆さんは車の運転をしたことがありますか?現代は車社会です。ほとんどの人が免許証を手にしています。自分の好きな時間に、好きな場所へ自由に移動できる便利な乗り物です。

一方で、悲しい事故も起きているのが実情です。地方では、車は移動のためのコミューターとして貢献していますが、都市部では、公共交通機関が充実しているので、通勤などで自動車を使用する頻度は格段に少なくなります。

いつの間にかペーパードライバーになっていたりすると、久しぶりのハンドル操作は何かと緊張するものです。今回は、車の運転が怖くなってしまったという方に、運転が怖い理由とその対処法についてご紹介します。

車の運転が怖い!

やっと取得した自動車免許で、ドライブを楽しもう、と思っている人の中には、潜在的に運転が苦手という人もいます。久しぶりにハンドルを握るペーパードライバーの方も、怖い気持ちを抱いています。皆さんはいかがでしょうか。

大きな鉄の塊である自動車を運転することは、ひとたび扱い方を間違えてしまうと人にケガを負わせてしまう凶器ともなりえてしまいます。

高速道路が怖い

事故が怖い

事故は誰でも怖いものです。事故を起こしたくて車に乗っている人はいません。しかし、事故が怖いことを理由に運転しないというのも、残念な話です。車は正しく扱うことで快適な乗り物になります。

①安全確認は何度でも

何トンもある車重がある車は、一度凶器となってしまえば人ばかりでなく、様々なものにダメージを与えてしまう物体です。そうならないようにするには、周囲の安全確認を入念に行うことです。

②ルールを守る

事故はルールを守ることで防ぐことができます。電話をしながらの運転やスマートフォンを操作しながらの運転などはもってのほかです。飲酒運転やスピード違反なども事故を誘発する一因になりますので、止めましょう。

教習中

免許を取得するためには教習所に通うことになります。慣れない運転操作にくたくたになった経験はありませんか。運転を始める時にはそのくらい心身ともに疲弊するものです。

①教官の指示通りに

教習中はまず教官の指示に従います。危険予知の為に教習車には教官用のブレーキが付いています。万が一の時には、教官が対応してくれますので安心して運転に集中します。

②運転者としての感覚を身につける

道路を歩いている視線と、車を運転する時の視線がかなり違うことに気付くはずです。歩行者としての視線は意外と運転者に比べて狭範囲しか見ていないことが多くあります。最初は慣れずに疲れることが多いかもしれません。だんだんと慣れてきて周りを見ることができるようになります。

仕事中

仕事で車を運転する時には、色々と怖いことが多く気を遣うことが多くなります。運送業の方であれば、商品を傷めないように静かに運転することが必要ですし、営業マンの方であれば、商談の時間に遅れないように急ぐこともあります。いつも決まった道を走っている人もいれば、毎日走る道が変わる人もいます。

①時間に余裕を持つ

どのような場合でも言えることですが、到着時間に余裕を持って移動するようにします。慣れた道ばかりを通るだけではありません。慢性的な渋滞、事故処理や工事など様々な要因で混雑している場合があります。気分的に落ち着くことになり、怖い運転も軽減されます。

②連絡等は運転中にしない

携帯電話の普及により、急な連絡などが容易にできる時代です。しかし、運転中は慎むべきと心得ておきます。ふらふらとしていたり、明らかに速度が遅かったりと見るからに怖い運転をしている車を見かけることはありませんか。連絡する側にも配慮する必要があります。

運転中に電話が鳴ってしまったら、慌てず鳴らしたままにしておき、自分が出られる状況に
なったら、まずは車を止めましょう。

③運転に集中する

社用車などに人を乗せていると、むやみに話しかけてきたり何かを尋ねてきたりする人がいます。お客様を乗せて走るタクシーなどは別ですが、仕事をしている以上は運転に集中しましょう。事故にあってしまったら、同乗者のみならず会社の信用にも傷がついてしまいます。

メガネをかけた時は?

もともとメガネをかけている人は別ですが、サングラスをかけて運転する人にとっては、ちょっとした心がけが必要です。

①トンネルの前や後ろ

まぶしさを和らげるサングラスは、トンネル内など暗い場所ではレンズの色によりますが、視界が真っ暗になる場合があります。濃い色のレンズであるサングラスを使用している方は要注意です。

②レンズはいつもきれいに

自分の目を保護する目的や視力の矯正の役割があるメガネは、自分の目と同じです。つまり、汚れていたり傷がついているとはっきりと見えなくなります。

特に油や汗などが連図面に付着していると、目の前の景色がギラギラと乱反射する場合があります。雨の日に乱反射してしまうと視界が遮られてしまうので、怖い体験をすることになります。常にレンズは清潔にしておきます。

ペーパードライバー

教習所で毎日のように乗っていたものの、長く車の運転をしていない人は、都市部には多く存在します。突然運転を頼まれたら、やはり怖いものです。

①一度教習所へ行ってみる

運転期間が極端に短い人にとっては、免許はあるものの操作が怖い人は多くいます。そんな時は、思い切って教習所に通ってみるのも一つです。怖い不安から解放されます。

②家族に同乗してもらう

普段運転している人(父親や母親など)に助手席に乗ってもらって近所をドライブしてみます。あくまでも自分が通いなれている道を通ることをお勧めします。信号機や交差点での走行方法など、確認しながら思い出してみましょう。怖い気持ちが軽減されます。

滅多に乗らない時は?

ペーパードライバーではないにしても、殆ど自分で運転しない場合はどうでしょうか。

①運転する日を設ける

例えば、週末に家族と出かけたり、連休に遠出をするなど車に乗る機会が多い人であれば、家族の人ではなく自分でハンドルを握るようにします。強制的に運転する機会を設けて運転技術を思い出してみましょう。他に運転できる人がいることで様々な意味で怖い気持ちが少なくて済みます。

②免許はあるが、乗らないと決めてしまう

自分以外に常に運転できる人が周囲にいたり、運転する必要がない事情があるのであれば、思い切って自分は運転をしないと決めてしまうことも一策です。免許証は必ず運転しなければならないという拘束力はありません。怖いと感じることもありません。

軽自動車の運転に慣れている人が普通自動車を運転すると?

普段軽自動車を運転する人がいきなり普通自動車の運転をすると、怖いと感じます。原因として挙げられるものは何でしょうか。

普通自動車は大きい

当然ですが、軽自動車に比べて普通自動車は明らかに大きい車です。では具体的に大きいことで怖いと感じてしまう背景を探っていきます。

①車格が違う

当然の話ですが、軽自動車と普通自動車では大きさが異なります。勿論大きさが違えば、取り回しにも違いがありますで、駐車場や狭い路地などでは何度も切り返したりしてしまいます。ぶつけたりしないかと心配になり、怖い気持ちが増幅されてしまいます。

②車幅が認識しづらい

ドライバーが常に意識しているのが車幅感覚です。対向車とのすれ違いであったり、狭い路地に迷い込んだ時に、素早く通れるか否かを判断したりします。軽自動車と比べものにならないほど、格段に車幅が広い普通自動車に乗っていると、すれ違いの時にミラーを擦ってしまった経験を下という人もいるでしょう。

バックの時にも違いはあります。いつもと同じようにバックをしてみると、ポールにバンパーをぶつけてへこませてしまったり、傷をつけてしまったりと自分の目で目視できない分、怖い部分はあります。バックはどんな車であっても、後ろに人や障害物がないかドキドキで怖い気持ちになります。