Search

検索したいワードを入力してください

彼氏の腕枕は好き?嫌い?痛くならない腕枕の方法

Author nopic iconsuzu709
カップル / 2018年01月19日
彼氏の腕枕は好き?嫌い?痛くならない腕枕の方法

痛くならない腕枕の方法

腕枕はお互いの愛を確かめ合ったり、気持ちが通じ合えたりなど幸せな気分になります。大好きな彼女に腕枕をしてあげているけど、どうしても時間が経つと腕がしびれてきたり、痛くなってきたりします。そんな時、どうしたら痛みから逃れることができるのでしょうか。

そこで、痛くならない腕枕の方法をご紹介しますので、参考にしてみてください。ちょっとしたことで痛みを軽減できることがあります。無理して腕枕をしていると思われないためにも、痛くならないように工夫して腕枕をしてみましょう。

首の下に腕を入れる

腕枕をしていると、どうしても腕がしびれてきてしまいます。頑張って我慢しようとしてもそのつらさは計り知れません。どうにかして腕のしびれを、相手に気づかれないようにして解消したいもの。そういうときは、腕を相手の首の下に入れるのが良いでしょう。

頭はかなり重量がありますので、腕にかなり負担がかかっています。なので、首の下に腕をちょっとずつ動かしていくことで、腕のしびれも軽減されます。首の下でも腕枕していることには変わりないので、大丈夫です。腕のしびれが無くなってきたらまた頭の下に腕を戻したりして工夫してみましょう。

枕の下に腕を入れる

腕枕をしているときは、相手に行かに気づかれないようにして痛みから逃れるかが重要になってきます。腕枕をしているとき、腕は頭の下にあります。それを枕の下に移動させてみましょう。枕の下に通すような感じですると、腕枕していることには変わりないのに、腕にかかってくる負担が全然違うのですごく楽です。

頭と腕の間にワンクッション置くだけで、こんなにも痛みが軽減されます。枕があったって、腕枕していることには変わりありません。相手は、腕枕をされているという心地よさを、枕があっても感じられるので大丈夫です。枕をうまく利用して、腕枕の辛さから逃れるように工夫してみましょう。

時々腕を動かす

腕枕で腕が痛くなってきたら、時々腕を動かして痛みから逃れるようにしましょう。適度に腕を移動させ、頭が当たる箇所をずらします。それだけでも痛さが和らぐのでおすすめです。腕を少し動かしても、腕に頭が乗っているままなので、腕枕には変わりありません。同じ位置にずっと頭があるとしびれてきます。

しびれたまま我慢していると、すごく苦痛に感じてしまいます。快適に腕枕をするためにも、自然と痛さから解放してあげると良いでしょう。または、我慢できなくなったら反対の腕で腕枕をするなど、相手に腕が痛いことを悟られないように自然に腕を動かしたり変えたりしてみましょう。相手に腕枕することに気を使わせないようにすると良いでしょう。

腕の付け根のほうでする

腕枕をするときは、腕の付け根の方に頭を載せてもらうようにすると、痛さを軽減させることができます。二の腕はどうしてもしびれてしまったり、痛くなってしまったりします。頭の位置を腕の付け根にするだけととても簡単な方法で腕枕を楽にできるので、すごくおすすめです。

彼女にもっと腕の付け根の方に来てもらうように伝えましょう。その時、腕が痛くなるからということを言わないように注意しましょう。近いほうが良いからというように、彼女が喜んで来てくれるように言うといいでしょう。

痛みをこらえて我慢する

痛さを軽減させるには、腕を動かしたり枕を入れることで軽減できますが、ひたすら我慢するというのも一つの手です。痛いから腕を移動させたり、枕を入れているのかと彼女を不安にさせてしまうこともあります。

そういった不安を抱かせないためにも、ただひたすら我慢するというのも一つの手です。腕枕をしているという幸せな気分に浸っているので、ある程度の痛みは我慢できます。その気持ちを最後まで持ち続けて、痛みを我慢している人も多いです。

ベッドの策にもたれかかるようにして寝る

腕枕をしているときに痛くならないようにするには、ベッドの背もたれの策にもたれかかるようにして寝ることです。ベッドには背もたれの策がついている場合が多いです。そこにクッションなどを置いてもたれかかると、腕に負担がかからずに腕枕をすることができます。背もたれがない場合でも、クッションや枕などを多めに頭もとにおいてボリュームをつけることで、腕に負担がかかりにくくなります。

腕枕和している側もすごく楽になりますが、されている側も首に負担がかかりにくくなるのですごくおすすめです。普通に寝転がっているよりも、クッションなどで肩から頭あたりにかけて高さをしっかりとつけることで、お互いに心地よく、痛くならずに腕枕をすることができます。

会話をして意識をそらす

腕枕をしていると、どうしても痛くなってきたりしびれてきたりしてしまいます。そんな時は意識を腕からそらすようにしましょう。腕から意識をそらすことで、痛さも少しは我慢できます。ではどうしたら腕から意識をそらせられるのかですが、それは会話を楽しむことです。会話を楽しんでいるうちに腕の痛みを軽減できるので、痛さを忘れられる最高の手段です。

会話を楽しみながら腕の痛さも軽減できるので、我慢できない時こそいろんな会話で盛り上がりましょう。腕が痛いから必死で話をしているという風には悟られないように、自然と会話を楽しんでみましょう。悟られてしまうと相手に気を遣わせてしまうことにもなりかねないので、注意してください。

彼氏の腕枕は好き?嫌い?

彼氏と横になっているとき、自然と腕枕をしてくれたりします。彼氏にされる腕枕ってすごく特別で幸せな気持ちになれます。一見すごく幸せそうにみえる腕枕ですが、彼女は本当に腕枕が好きなのでしょうか。きっとみんながみんな好きというわけではないでしょう。

確かに腕枕が好きだという声が多いですが、嫌だという人ももちろんいます。そこで、彼氏の腕枕は本当に好きなのか、または嫌いなのかを調べてみたのでご紹介します。好きな理由と嫌いな理由をご紹介するので、参考にしてみてください。

彼氏の腕枕が好きな理由

大事にされているという実感

腕枕が好きな人の中で最も多い理由は、大事にされているという実感があるからです。彼氏に腕枕をされると、包容力があって、大事にされているという実感がすごく湧きます。腕枕って、頭の重さがあるので辛いはずなのに、何も言わずに腕枕をしてくれている姿を見ると、本当に愛されているんだなぁと感じます。

ただ腕枕をされながら一緒に寝ているだけなのに、こんなにも幸せを感じることができるです。そういった点で、彼氏にされる腕枕が好きな人が多いです。というのも、女性は包容力のある男性が好きな傾向にあるので、彼氏にされる腕枕はかなり嬉しいです。

近い距離で会話ができる

彼氏の腕枕が好きな理由は、近い距離で会話ができるからです。彼の腕の中で彼と会話できるってすごく特別な存在だからこそです。彼女にしか味わうことができない幸せを感じられます。腕枕の中でする会話と、普段する会話では全く違います。二人の距離が近いので、すごく幸せなんです。

腕枕をされているだけで、距離が近くなるだけでこんなにも彼を感じることができるなんて素晴らしいことです。腕枕って、素晴らしい効果があります。お互いに合いを確かめ合うことができるような気がします。

男らしさを感じたい

腕枕が好きな理由として、男らしさを感じられるからという意見もあります。男性の腕はすごくたくましくてしっかりしていて、すごく魅力的です。そんな腕の中で眠るのは、すごく安心感があるし、男らしさを感じられるひと時でもあります。腕枕をされながら抱きしめられたら、もう最高に幸せです。

男性の脇からはフェロモンが出ているので、そのフェロモンによって安心感を与え、または落ち込んだ気持ちなどを明るくしてくれる効果もあります。男らしさを感じられるうで枕は、女性はメロメロになってしまうでしょう。

甘えたいから

女性は比較的甘えん坊な性格ですので、男性の腕枕の中で眠るのは、守られているような気がして、安心感がわきます。その安心感が欲しいので、腕枕をして欲しいと強く感じます。彼氏と一緒に眠っているときは、甘えているという気持ちになれるので、腕枕をしてほしいと常々考えている人もいます。

この甘えん坊な気持ちを受け止めてほしくて、腕枕をするタイミングを見計らっている女性も多いです。彼氏に甘えられている瞬間は、すごく幸せで安心できます。

彼氏の筋肉が好きだから

彼氏の筋肉が好きで、腕枕をしてほしいという女性もいます。男性は女性と違い、筋肉がたくさんあるので、その筋肉に枕されながら眠りたいというのは、女性の夢でもあります。彼氏の筋肉に枕されながら眠れるのは、彼女の特権でもあります。彼女だけが感じることのできる彼氏の筋肉なので、特別な感じがします。

彼氏の筋肉をダイレクトに感じられる腕枕は、彼女にとって特別です。筋肉が欲しいから、彼氏に筋トレをお願いする彼女も少なくないです。

腕枕で気持ちが通じ合うから

腕枕は、彼氏との意思の疎通ができるので好きだという意見もあります。腕枕をされていると、彼氏が自分のことを愛してくれているという実感がわきます。逆に腕枕してくれないと不安になったり、好きじゃないのかと落ち込んでしまうこともあります。でも、腕枕をされるだけで自分のことを大切におもってくれているんだという彼氏の気持ちを、しっかりと理解することができます。

喧嘩したり、擦れ違いが生じて仲が悪くなっても、腕枕をするだけで彼女の不安も和らいでいきます。腕枕だけでこんなにもお互いが通じ合えて、分かり合えるのは素晴らしいことです。

特別な気持ちになれる

腕枕をされていると、特別な気持ちになります。自分だけにしか味わう事のできない彼氏の腕枕だからこそ、優越感もあり、特別感もあってとても最高の気分です。女性は、彼氏にはお姫様のような特別な扱いをされたいと感じている人も少なくありません。そういった願望から、腕枕されることは特別な気分に浸ることができます。

腕枕は、愛し合っているもの同士でしかできないものなので、自分だけに特別なことをしてくれていると思うと、さらに彼の愛情を感じることができるし、自分ももっと彼氏のことを好きになっていきます。彼氏はそういった彼女の気持ちを理解して、腕枕を自然としてあげるようにすると良いでしょう。

心地が良いから

腕枕がなぜ好きなのかと言われると、単純に心地が良いからと感じている人は多いです。彼氏の腕の中で眠るという心地よさは、本当に素晴らしいです。彼氏の体温や鼓動を感じながらぎゅっと抱きしめられていると、もうずっとこのままで居たいとすらおもえてきます。喧嘩しあとやぎくしゃくしていたりしても、腕枕をされるとかなり心地よさを感じて眠りにつけます。

気分的にも心地がいのはもちろんのことですが、高さや形などに関しても枕より寝やすいと感じている人もいます。男性の腕は筋肉などで寝にくそうですが、それが逆に寝やすくて心地が良いと感じている人も少なくありません。腕枕じゃないと眠れないというひとも少なからずいます。

単純にくついていられるから

腕枕が好きな理由として、単純にくっついていられるからという意見もあります。腕枕は、普通に二人で寝転がっているよりももっと、くっついて密着して眠ることができます。彼の腕の中にすっぽりと入りこんで寝ているので、密着度は非常に高いです。こんなにもくっついて眠れるのは腕枕の特権です。お互いに密着して寝たいとおもっているときは、腕枕をすると良いです。

もっと密着したいときは、彼女が彼氏に背を向けて、彼氏が後ろから抱きしめてあげれば、密着度はすごく高くなります。大好きな人とくっついていたいというのは、きっとみんな同じでしょう。単純にくっついて寝ていたいという理由で腕枕が好きな人はすごく多いです。

彼氏の腕枕が嫌いな理由

腕枕に気を使ってしまうから

彼氏の腕枕が嫌いな理由は、彼氏に気を使ってしまうからという意見が多いです。たしかに腕枕ってすごく疲れるし、腕が痛いです。それなのに自分のために耐えて腕枕をしてくれていると思ったら、気を使わずにはいられません。きっと腕が痛いんだろうなと思うと、どうしても腕枕を好きになれません。

大好きな彼女のためにと頑張ってくれている姿は、すきだからこそ見るに堪えかねないです。腕枕が終わった後の彼の腕を見ると、赤くなったりしていてとても辛い気持ちになります。そういった気持ちから、腕枕をしてほしくて、嫌いになっていきます。しかしこれは、愛するが故の理由でしょう。

腕枕がごつごつして寝にくい

彼氏の腕枕が嫌いな理由は、単純にごつごつしていて寝にくいからという意見があります。たしかに男性の腕って、すごく太くてたくましいので、女性からするとごつごつして寝にくさを感じてしまうでしょう。普段の枕よりも頭の位置が上なので、首がしんどかったり、固いのですごく寝ずらいです。腕枕をしている側も辛いですが、されているほうも結構首に負担がかかって辛いんです。

腕枕をしてくれること自体はすごく嬉しいけど、どうしてもそういった理由から好きになれない人が多いです。腕枕をされたとしてもほんのわずかな時間だけで十分だと感じるでしょう。お互いのためにも、腕枕をするのは少しの間だけと決めておいた方がいいです。

彼氏が汗っかき気だから

腕枕が嫌な理由は、彼氏が汗っかきだからという意見もあります。男性は汗っかきな人が多いので、仕方ないことなのですが、女性からすると確かにちょっと嫌な気持ちになります。大好きな彼氏の汗でも、あまりくっつきたくはないという気持ちになってしまうでしょう。

汗だけならいいですが、汗のにおいなどもあるので、夏場などは特にくっつきたくないとおもってしまうでしょう。自分も暑い時にくっつかれるのってすごく苦痛です。腕枕してくれるのはすごく嬉しいけど、できたら暑くない時や、汗をかいていない時にしてほしいというのが女性の本音です。

脇の毛が長くて邪魔

彼氏の腕枕が嫌な理由は、彼氏の脇の毛が長くて邪魔だからという意見もあります。たしかに男性の脇は毛がたくさん生えていて長いので、顔に当たったりします。顔に毛が当たるとすごくかゆくて寝にくいです。脇の毛は男性らしくてすごく魅力的なのですが、寝るとなるとちょっと不愉快に感じてしまう人もいます。

本当は腕枕をしてほしいけど、脇の毛が邪魔してどうしても腕枕を好きになれないという女性は少なくないので、これはすごく辛いことです。お互い腕枕をしたいとおもっているのに、脇の毛でできないのは悲しいです。彼女が我慢するか、彼氏が少し脇の毛をカットするかしましょう。

特に心地よくないから

腕枕をしてもらうのは、愛や幸せを感じられますが、現実的に考えてそんなに心地よくないという意見が多いです。確かに寝にくいし、いつもの枕でぐっすり眠りたいという人もいます。そういった人たちからすると、腕枕は好きになれないです。ほんの少しの間だけならまだしも、長時間となるとすごく苦痛に感じてしまいます。

特に腕枕が心地いわけではないので、彼氏が寝たらすぐに腕枕から逃れて一人で寝るという人もいます。確かに腕枕よりも枕の方が寝やすいです。彼氏の愛情を感じられるのはすごく嬉しいですが、やはり寝やすいほうを優先してしまうのは仕方がないことなのでしょう。

ちょっと汗臭いから

彼氏が汗臭かったら、腕枕をしてほしくなくなります。とくに脇は汗をかきやすく臭いも出やすいので、その付近でする腕枕は、女性にとっては苦痛な時もあります。汗をかいた後や夏場などは結構臭いが気になってしまうでしょう。だからといって彼氏に臭いと直接言える人はすごく少ないので、いつの間にか腕枕をしないように話を持って行ったり、ほかの理由をつけて拒否したりするようになってしまいます。

本当は腕枕されたいけど、ちょっと臭くて我慢できない人もいるので、彼氏が嫌いだから拒否しているわけではありません。確かにちょっと臭うと、気になってなかなか寝ることができません。すきだからこそ、あまり臭いを知りたくないということでもあります。

いびきが気になる

腕枕をするという事は、彼氏の近くで寝るという事です。その時に気になるのが彼氏のいびきです。気にしないようにしようとしても、密着して寝ているのでかなり聞こえてきます。彼氏のいびきが大きいと、それが原因で眠れないし、ストレスにもなります。普通に横で寝ているなら我慢できても、腕枕は密着しているので、耳のすぐ横でいびきが聞こえてきてしまいます。

すごく疲れている時に彼氏の腕枕はすごくありがたくてほっとしますが、彼氏が眠りについた後はすごく苦痛に感じている女性は少なくありません。いびきが聞こえてきたら離れるという人もいれば、我慢して寝るという人もいたりします。

寝顔を近くで見られたくない

女性の中には、自分の寝顔を見られるのを嫌う人がいます。腕枕をしていると顔の位置もすごく近いので、もし途中で寝てしまったら寝顔を見られることになります。すっぴんの顔を見られるのだけでも嫌という人はとくに寝顔を見られることもすごく嫌います。大好きな彼氏だからこそ見られたくないとおもってしまうのでしょう。寝顔を近くでずっと見られていると思うと、腕枕ができなくて、嫌いという結論に至ります。

彼氏なのですべてをさらけ出しても良さそうですが、寝顔だけは見られたくないという人もいるのは仕方がないことなのでしょう。どうしても腕枕がしたいときや、せがまれたときは、彼氏に背中を向けて寝転ぶと寝顔を見られなくて済みます。

口臭が気になる

少数派ではありますが、口臭が気になるという理由で腕枕を嫌う人もいます。口臭とは、自分のもそうですが、相手の口臭もきになってしまうのでしょう。腕枕をしていると、顔の距離がすごく近いので、普段よりも息が相手にかかるし、しかもそのまま寝てしまうと寝息が常に顔に当たっている状態になることもあります。そうなると、お互いの口臭がすごく気になってしまいます。

口臭が気になると、相手のこともちょっと嫌になってしまいそうだし、逆に彼氏にもそう思われているのではないかという不安に駆られることもあります。口臭でちょっと見る目が変わってしまうなんてことは少ないですが、こういう気持ちから腕枕をあまり好まない人もいます。

腕枕してくる男性の心理

腕枕をしてくる男性の心理って、一体何なのでしょうか。腕枕されるのはすごく嬉しいけど、本当はどんな気持ちでやっているのか、すごく気になるところです。本当はいやなのか、好きでやっているのか、もしくは何も考えていないのか色々あります。そこで、腕枕してくる男性の心理をご紹介しますので、参考にしてみてください。

まもってあげたい

男性が腕枕をする心理は、守ってあげたいからです。誰しも彼女や大切な人の事は守ってあげたくなります。そういった気持ちから自然と腕枕をしています。腕枕は男性からすると、一種の愛情表現でもあります。愛しているからこそ、腕枕をしています。

男性は、女性や自分よりも弱い人を守ってあげたくなる傾向にあります。それに、自分を頼ってきてくれる人には守ってあげたくなります。守ってあげたいという強い気持ちから、腕枕をして、腕の中に入れてあげます。

腕枕をしてる間は、離れずにずっと一緒に居られるので、大好きだからこそ腕枕をしているというのが、男性の心理です。腕の中に居ると、女性は守られている気持が強くなるし、お互いに幸せを感じられます。

男らしさを見せたい

男性が腕枕をするのは、単純に男らしいところをみせたかったり、かっこつけたいという気持ちがあるからです。腕枕をされている女性は、すごく嬉しくて幸せな気持ちになります。さらに、腕枕をしてくれている彼のことをすごくたくましく感じたり、かっこよく見えてしまうでしょう。その女性の心理を知っていて、良いように思われたいから腕枕をしているという男性も少なくないです。

男らしさを彼女にアピールするために腕枕をしていて、本当はそんなに腕枕をしたくなくてもしている男性もいます。腕が痛くてしびれているのに我慢しているのは、男らしい一面を彼女に見てほしいからという気持ちを持っている人もいます。

愛おしいから

男性が腕枕をするのは、やはり彼女のことが愛おしいからという理由がダントツです。もちろん彼女からしてもそうあって欲しいです。愛おしさから腕枕をしてしまうという男性がすごく多くて、確かに腕枕は近い距離で相手に触れられるし、会話ができるし、特別なことです。腕枕は彼氏だけができる特別なことです。

彼女が弱っている時や、悩んでいるとき、可愛くてとっても愛おしく思えた時などに、さっと腕枕をしたくなります。愛おしさがあふれている行動こそがうで枕なのでしょう。大事にしたいし、守ってあげたいし、彼女には特別な思いがあるので、腕枕は愛されている証拠だと考えていいでしょう。

自分の物だけにしたい

腕枕をする心理として、自分だけのものにしたいという意見もあります。彼女のことを誰にも取られたくないし、自分の元から離れて行ってほしくないと感じるのは当然のことです。男性は独占欲が強い人が多いので、自分だけの物にしたいとつよく感じているときに、腕枕をします。

女性も、腕枕をされると、自分は彼のものなんだと実感します。腕枕をすることは、お互いにとって安心感を与えてくれる素晴らしいものでしょう。彼女をだれにも渡したくないという気持ちで腕枕されていると、女性はものすごく嬉しいです。腕枕をしてくる男性の心理がすべてそうであってほしいです。

可愛くて仕方ないから

腕枕をしてくる男性の心理は、やはり可愛くて仕方がないから自然としてしまうという意見が多いです。確かに、愛おしくなるとぎゅっと抱きしめたくなります。寝転んでいるときもそっと自分お腕を差し出してそこに寝ころんでほしいという気持ちになります。可愛くて仕方がなくて、そういった気持ちの表れが腕枕でもあります。

男性が腕枕をしてくるときは、自分のことをとても可愛いとおもってくれているんだと考えるようにするといいでしょう。確かに好きじゃない人に腕枕しません。それと同じような気持ちから腕枕はとても可愛くて仕方ないと気にするもと言えるでしょう。

愛情表現のひとつとして

男性は、好きな女性には愛情表現として腕枕をしています。女性は、男性に腕枕をされるとすごく嬉しくて、しかも守られていたり愛されているような気分になります。そういった気持ちになるのを理解しているからこそ、腕枕をして相手に愛していることをアピールしています。なので、男性から腕枕をされたら愛されているとおもっていいでしょう。

愛情表現をするのはとても大切なことです。愛されているという気持を相手に伝えるのは付き合っていくうえで重要なことなので、言葉では言えなくても行動で愛を示すだけでも十分伝わります。腕枕で相手に愛を伝えているという男性もいるということを覚えておくと良いでしょう。

筋肉を自慢したい

最近はジムなどに行って体を鍛えている人が増えてきています。鍛えると誰かに見せたくなります。そんなたくましくなった体をアピールしたくて腕枕をする人もいます。腕枕をすると相手にどれくらい鍛えているのか、筋肉の感じをわかってもらえます。鍛えているからだが好きな女性は多いので、わざと筋肉をアピールするために腕枕する人もいます。

確かに腕枕をされた女性は、相手の筋肉がたくさんあると知るとすごくたくましく感じたり、さらに愛おしく感じたり、守ってほしいという願望も強くなります。筋肉をアピールすることはお互いにとっていいことでもあります。筋肉をアピールされているとおもっても、それはあなたのことが好きだからこそアピールしています。

慰めたいから

彼女が落ち込んでいるときは、慰めてあげたくなります。大切な人が落ち込んでいる姿は、自分も同じように悲しくてつらいです。なので、落ち込んでいる彼女を見ると腕枕をしてあげたくなります。慰めたいという気持ちから、腕をそっと差し出してぎゅっと抱きしめてあげたいです。それは愛しているからこそそういう気持ちになります。

慰めのつもりになっているのかはわかりませんが、なんて声を書けたらいいかわからないときでも腕枕をするだけで相手を安心させることもできます。安心させてあげたいという気持ちは大切です。彼女も落ち込んでいるときは腕枕をされるだけで安心し、とくに何も話さなくても抱きしめられるだけで気分が明るくなったりします。

当たり前だと思っているから

とくになぜ腕枕をするのかという理由はなくても、自然と腕枕をする男性もいます。腕間裏をすることが当たり前だと感じているからです。たしかに、ベッドで寝転んでいるときは男性が腕枕をしているというイメージがあります。そのように腕枕をすることは当たり前だと感じているため、自然と腕を差し出します。

腕枕をしている男性の中に、嫌でやっているという人はいないはずです。みんな彼女のことをおもっていたり、当たり前にするものだと感じているからこそ腕枕をしています。お互い腕枕で愛を感じたりできるのでそれは素晴らしいことです。どちらかが苦痛じゃない限り腕枕を続けていても良いでしょう。

安心感が欲しいから

女性が腕枕をされたい理由として、安心感が欲しいからという意見があります。じつはそれは女性だけではありません。男性も同じように安心感が欲しくて腕枕をしていることもあります。腕枕をするだけで彼女に寄り添うことができ、ぎゅっと抱きしめることでお互いに安心感を得ることができます。安心感は、いろんなときに感じたくなります。

喧嘩した時などもそうですが、仕事などでの悩み事があるときや、ひどく落ち込んでしまうような事があった時など、大切な人のぬくもりを感じて安心したいという気持ちになります。腕枕は女性だけではなく、男性も安心できるので腕枕をしています。

腕枕のやり方・コツ

腕枕は、している側もされている側も幸せを感じられる素晴らしもの。しかし、腕枕をしている方は、腕がしびれてしまったり痛くなったりして辛いこともしばしばあります。さらに腕枕をされている側も、首に負担がかかって辛くなります。

お互いに愛を感じられる腕枕なのに、苦痛に感じてしまっては仕方ありません。そこで、腕枕をするときのやり方やコツをご紹介しますので、参考にしてください。これでお互いに苦痛を感じずに腕枕ができることでしょう。

腕枕は二の腕でする

腕枕のやり方は、簡単に言えばただ腕に相手の頭を置くだけなのですが、どのあたりに頭を置いたらいいのでしょうか。一番ベストな位置は、腕の付け根ではなく、二の腕に置くことです。二の腕らへんで寝てもらうことで、お互いに不快な思いをせずに安心して腕枕をすることができます。

腕の付け根で腕枕をすると、相手の頭の位置がすごく高くなるし、滑ってきてすごく寝苦しいです。かなり首に負担がかかるので辞めましょう。腕枕をするときは、二の腕の真ん中からひじにかけての間あたりでするのが望ましいです。一番寝やすいし、腕に負担もかかりにくい位置なので、目安にしてみましょう。

腕枕は枕を利用する

腕枕をするコツは、頭と腕の間に枕を入れることです。頭が直接腕にあると、腕がしびれやすくなったり、赤くなってしまいます。しびれてくると、はやく頭をどけてほしいという気持ちになってきてしまい、腕枕を不快に感じてしまうことになりかねません。枕を間に入れるだけですごく腕が楽になります。

腕枕をしている側はもちろんのこと、されている側も枕があるほうがすごく寝やすいです。腕は意外と滑りやすく、寝にくさがあるので、枕を腕の上に乗せることで、腕枕をしていることには変わりないのに、お互いに心地よくいられるのでおすすめです。苦痛を感じないためのコツとして、枕を入れるという事を覚えておきましょう。

横向きに寝てもらう

実は腕枕をしている側は結構苦痛です。一緒に居られるという嬉しさもありますが、痛さが結構不快に感じてしまいます。しかし、そう感じているのは腕枕をされているほうも同じです。長い間腕枕をされていると、首が圧迫されてすごく苦しいです。寝苦しさを避けるためには、横向きに寝てもらうのが良いでしょう。

横向きに寝ると、腕の位置が高くても仰向けよりは苦しくありません。自分の肩の高さがあるので、彼の腕の位置はすごくベストです。少々高くても我慢できるくらいだし、横向きで彼の方を見て寝ても良いし、背を向けて寝ても密着度は変わらずなので、彼女に横向きで寝るように促してみましょう。彼女はすごく楽に眠れるので良いですよ。

腕枕は時々場所を変えてする

腕枕をするとき、同じ位置でばかりしているとすぐにしびれてきてしまいます。良い位置で腕枕をしていても、あまり長い時間していると、やはり痛くなってきてしまいます。そういうときは、時々頭の位置を変えて腕枕するようにしましょう。さりげなく位置を変えていくことで、無理しているという事を悟られないで済みます。話しながらちょっとずつ動かして位置を変えてみましょう。相手に気を使わせないようにしながら動かすことをおすすめします。

毎回腕を変える

腕枕をするときのコツは、毎回腕を変えるという事です。腕を変えるというのは、いつも右腕ばかりで腕枕をしていると、腕の神経がマヒしてしまうことになります。腕の神経をマヒさせてしまったら元に戻らなくなるなんてことにもなりかねないです。そうならないためにも、前回は右腕だったから今回は左腕にしようなど、毎回交換しながら行うのがコツです。

いつも同じ腕ばかりだと、自分ももちろんそうですが、相手も結構辛い時があります。違う腕にすることで意外と寝やすかったり、腕も疲れにくいのである程度我慢することができます。毎回同じ腕でするのではなく、前回と違うほうの腕で腕枕するようにしましょう。簡単なことですが、それだけでお互いに心地よく腕枕をすることができます。

頭が滑らないようにする

腕枕をしていると、男性の肩のボリュームで彼女の頭がすべっていってしまうことがあります。ひじの方に少しずつずれて行っているなんて経験があるかとおもいます。そうなると、女性は結構苦しいです。頑張って腕に戻りますが、また下がってきてしまうので地味に苦労しています。彼女の頭が滑って行かないようにするようにしましょう。

肩に筋肉が付きすぎているとどうしても滑って行ってしまうので、肘のあたりなどにクッションを引いたりしてできるだけ腕が平らになるようにしましょう。腕を平らにすることで彼女の頭は安定感があるので滑って行かないし、首もいたくなりにくいです。腕枕をするときは彼女のことを一番に考えてあげると良いでしょう。

実は腕枕は危険?

二人の愛を確かめたり、感じたりできる腕枕は、お互いにとって特別なです。そんな腕枕は、実はずっと続けていると危険です。危険と聞くとどう危険なのか、または腕枕くらいで危険な目に遭うわけないとすら思う事でしょう。そこで、腕枕を続けていると、どこがどう危険なのかをご紹介します。

危険な目に遭わないためにも、しっかりと目を通してください。とくに日ごろよく腕枕をしているという人や、いつも無理して腕枕をしているという人にかかわる大切なことなので、参考にしてみてください。

神経が麻痺する

腕枕を続けているとどうして危ないのか、それは、神経が麻痺してしまうからです。腕枕をしていると、腕がしびれてきます。腕がしびれていてもそのまま腕枕を続けて、数時間寝てしまうなんてこともあるでしょう。

しかし、しびれたまま数時間たつと、腕枕をやめたあともずっとしびれたままになっています。それだけではありません。腕枕していたほうの腕だけ動かせない状態になっています。どうせこのままほおっておくと元に戻るだろうと軽く考える人もいます。

これは「とう骨神経麻痺」という名称で、腕枕を続けていると麻痺してこのような危険な目に遭ってしまいます。一度なってしまうと、数か月間安静にしていないと治らないこともあるので、注意が必要です。

気づかないうちに圧迫されている

とう骨神経麻痺になるとき、気づきにくいのですが、それは圧迫されていることに気が付きにくいからです。というのも、腕を圧迫されていても痛みやうっ血する感覚がないことが多いからです。腕枕は実は気が付かないうちにかなり圧迫されています。とくに圧迫されやすいのは上腕部です。または脇の下などが圧迫されやすいので、その周辺では腕枕しないように心がけましょう。

圧迫されている時間が長かったり、圧迫されている場所が悪かったりすると、麻痺したまま腕がだらんとしたままの状態になってしまいます。まさか腕枕でこんなことになるなんて想像もできません。なかなか元に戻らないこともあるので、腕枕をする場所にはしっかりと注意しましょう。

麻痺したらどのくらいで治る?

腕枕をすると、腕が麻痺してしまう可能性があるという事をわかっていただけたとおもいます。そこで、とう骨神経麻痺になってしまったら、どうやって治すのか、またはどれくらいで治るのか気になるところです。治療法としてステロイドの内服や運動治療などが行われます。そうすることで徐々に腕が回復して動くようになっていき、個人差はあるものの約1か月から3か月ほどで回復していきます。

腕枕でこんなに危険なことになるなんて驚きです。腕枕をあまくみてはいけません。愛し合うもの同士にとって腕枕はすごく重要なことですが、あまり長時間腕枕をしすぎたり、同じ場所ばかり圧迫しないようにお互いに気をつける必要があります。大切におもっているからこそ、お互い腕に気を使いながら腕枕をするようにしましょう。

腕枕のアイテムを使用すると良い

腕枕をしてほしいと彼氏にお願いする女性は少なくないです。でも、彼氏からするとこんなに危険な目に遭ってしまう可能性もあることから、すこし避けたいところです。または、すでにとう骨神経麻痺になってしまった人は、彼女に申し訳ないです。それでも腕枕をせがまれるときは、腕枕型の抱き枕を使用してみると良いです。

本当に腕枕されているかのように包み込んでくれて、デザインも腕の形をしたものがあります。本当に彼が腕枕をしてくれているようで、すごく安心できます。彼氏が腕枕をできない理由があるときは、彼女はこの腕枕型の抱き枕で我慢してみましょう。かなりリラックスできるし、腕よりも寝やすいのでおすすめです。

ぶっちゃけ腕枕は寝にくい?

誰もが憧れる彼氏の腕枕ですが、本当に腕枕は心地が良いのでしょうか。ぶっちゃけ腕枕って寝にくくないのでしょうか。腕枕と聞くと、彼氏と密着できるから形上ではすごく嬉しいし幸せなことです。現実問題、寝にくかったら、あまりしてほしくないと感じてしまうこともあります。

そこで、腕枕が寝にくいと感じている人はいるのか、または腕枕はどうして寝にくいのかなどをご紹介しますので、ご覧ください。腕枕が寝にくいという女性の声を聞いて、寝やすく改善できると彼女も心地よく寝られるようになります。

女性の約半分は寝にくいと感じている

女性は腕枕がすきですが、実は好きな人とそうでもない人は約半分です。ということは、女性の中の半分の人はそうでもないと感じています。腕枕を好きじゃないと感じている人の中で最も多い意見は、やはり寝にくいからです。たしかに腕枕ってすごく寝にくそうなイメージがあります。

男性の腕のごつごつした感じや、筋肉の感じは女性からすると魅力的に感じるのですが、そのうえで寝るというのはすこし違うという意見があります。筋肉があるとボリュームもあるので、頭の位置が高くなります。自動的に首に負担がかかるようになり、すごく苦しい状態です。そういった点からすごく寝にくいと感じてしまいます。

向きによっては寝やすい

腕枕が寝にくいとおもっている女性もいるという事がわかっていただけたことでしょう。この結果を知ると、腕枕をするのを躊躇してしまう男性も出てきてしまいます。ですが、躊躇する必要はありません。寝にくいとは言っても向きによっては寝やすい寝方もあるからです。確かに仰向けに寝ると、頭の位置も上がるので首がすごく辛いです。

横向きになると頭の位置もいい感じでフィットしてくれるので楽だという意見があります。さらに、彼氏に背を向けるような形で寝ると、後ろから抱きしめられるので安心感もあるしすごく心地よく眠ることができます。仰向けで寝るよりもより彼氏にフィットして寝ることができるのでお互いにとっていい寝方です。

気を使ってしまう

彼氏の腕枕が寝にくいと感じている人の中には、ただ首などが苦しくて寝にくいとおもっている人だけではありません。ほかにも理由はあり、それは相手に気を使ってしまうからです。彼氏の腕がしびれてきているのではと気にしてしまうと、腕枕で寝れません。

腕が痛いだろうなと感じたら、少しずつ気を使って頭の位置を動かしてる彼女もいます。たしかに頭の位置を動かしたりして気を使っていると全然寝れないから、寝にくいというところにたどり着きます。

彼氏に気を使っているということは、やはり愛からきています。愛しているからこそ気を使って、彼氏が痛くならないように気をつけているんです。それでも密着したいから腕枕をやめられないんです。

腕枕でお互い幸せを感じよう

いかがだったでしょうか。彼氏にされる腕枕は、彼女にとってとても幸せで愛されている実感があります。腕枕だけでこんなにも幸せな気持ちになれるなんて素晴らしいことです。そんな腕枕は、実はすごく腕が痛くてしびれてきます。しかし彼女のためにと我慢したり、それでも腕枕をしてあげたいという気持ちが強いです。

腕枕で二人の愛を確かめたり、感じ取れたりするので、大切です。腕枕をするときに痛くならないコツや、痛くなったときはどうしたら良いのかを参考にして、今後の腕枕に役立ててみてください。腕枕を苦痛に感じないためにも、痛みから逃れるほうほぅは必要です。二人の距離も近くなって、もっとお互いを分かり合えます。

関連記事

Related