Search

検索したいワードを入力してください

付き合う方法・タイミング・付き合う前にすること・付き合う基準

Author nopic iconyuta
片思い / 2018年01月19日
付き合う方法・タイミング・付き合う前にすること・付き合う基準

付き合う方法とは?(方法、タイミング、基準、期間など)

付き合うと言っても、方法、タイミング、基準、期間など様々です。付き合うという言葉は曖昧でそのために様々な人間がその意味を探ります。意中の相手と付き合うにはどうしたらいいのかわからない誰かの疑問に答えられる内容を目指しています。

付き合う方法

付き合うにはどういった方法をとればいいのでしょうか。まずは友達になるのが前提ですが、その壁を簡単には乗り越えられないといった悩みを抱える方も少なくはないのでしょうか。付き合うための第一段階をクリアするための工夫が詰まっています。そういった方の悩みに応える内容となっています。

二人の時間を過ごすようにする

まずは勇気を出してデートに誘ってみる、LINEやメッセージなどで会話の頻度を増やすなど、告白前に親密度を深めることは大切です。

この時に、友達と一緒に居る時には見せない自分を思い切って見せることで、異性に特別感や信頼感を意識してもらえます。単純接触効果は効果的で、会えば会うほど関われば関わるほど仲も深まります。まずは意識的に少しでも多く時間を取れるようにしましょう。

積極的に相談する

付き合う上で大切なことはお互いに信頼関係を築くことです。相手を頼ったり、話相手になってもらうことは、相手への信頼が伝わる行動です。また、悩みを話しているうちに自分のこともよく知ってもらえます。加えて、共通の話題を自然な形で二人で深く話す機会にもなりえます。相談することで、気になる相手に一歩近づくこともでき、お互いの距離を縮まります。

失敗を恐れない

異性と付き合うことに慣れていない方にはわからないことばかりで、はじめは上手くいかず失敗ばかりです。それでも挑戦したいと思えるのは相手への好意ゆえです。純粋に好きな人と付き合いたい、と思っていざ行動に移しても上手くいかないことが多いです。

しかし、自分の気持ちに責任を持って一歩踏み出すことで、例え付き合うまではいかなったとしても壁を乗り越えた清々しさと次への学びが残るはずです。失敗を恐れて何も行動出来なかった自分よりは断然良かったと思えます。何より自分の気持ちに嘘をつかず正直になれた方が自信も生まれます。

素直になる

恋は相手と対等な付き合うことであり、お互いが誠実で隠し事がない関係性であることが望ましいです。具体的には、自分の弱みさえもさらけ出せる関係性です。本気で好きになった相手であれば素直に自分のことを話そうと思いますし、知ってほしいとも思うはずです。

日々の行動から信用を獲得し、信頼に値する相手に自分のありのままをさらけ出し、良さ悪さ含めて全部を知ってもらった上で、判断してもらうという一連の流れです。

好きな異性のことを少しでも考えるようにする

例え恋愛対象外であっても自分のことを良く考えて思い気遣ってくれる人のことを不快に思う人はいません。好きな異性のことを考える時間を少しでも増やすことで、自然と相手がされて嬉しいことを考えたり、喜んでもらえることをしようと思うきっかけになり、そういった対応が自然と出来るようになります。

そういった姿勢は相手への好意ゆえであり、時間は掛かっても誠意として伝わり相手が好意を抱いてくれるきっかけになりえます。

異性として少しでも意識してもらう

意中の相手から自分への恋愛感情が皆無だと好きな異性と付き合うのは難しいでしょう。まずは友達としての関係を深めることに集中するのが先決です。この時に、少しでも恋愛関係に発展出来るように意識した行動を取るように心がけます。具体的には、自分が特別な感情を抱いていることを相手に感じ取って貰えるように笑顔で接したり親切な対応をしたりするようにします。

また、LINEやメッセージ、二人きりの時間に、好きな異性のタイプや性格などの話題を振ってみることも雰囲気作りという面でも効果的です。思い切って好きな異性に触れてみるのもいいかもしれません。

付き合う前のタイミング

付き合うタイミングはいつがベストなのでしょうか。付き合うという言葉の定義が確実ではない分、それぞれの思い思いに委ねられる部分も大きいので、付き合う相手や状況によって一概にとは言えませんが、判断基準の一つとして参考にして頂ければ役立つ時が必ずあります。

1~3回目のデートの後で

友達としての信頼関係を築きその段階を乗り越え、付き合うということを意識し始めたら、まずは二人きりのデートを誘ってみてOKしてくれるかどうかが大事です。その際にデートを重ねる中で二人きりで過ごす時間や言動や振る舞いで判断する基準を定めます。

一回目から二回目、三回目と回数を重ねるためにはある程度の好印象が必要であり、回数自体も付き合うために必要です。具体的な判断基準としては、手を繋いでみたり、相手が楽しそうにしてるかどうかを見ます。

ある程度お互いを知ってから

まずは、しっかりとした土台作りを基本として、お互いがお互いを知る会話を重ねて長続きする関係かどうかを知るきっかけにします。相手の価値観の理解を根底に関係構築を目指します。特に、女性の場合はじっくり時間を掛けて価値観が合うかどうかをしっかり確認します。気分やその場の雰囲気で決めたりはしません。お互いを良く知って付き合うかどうかを判断する現実的なタイプです。

相手に脈ありサインが見えたら

こちら側が付き合いたうことを望んでいても、相手側が自分に気があると確信が持てない場合はなかなか行動に移せません。勇気を振り絞って告白するのに、確実な手ごたえが必要です。手を繋いだり、相手が楽しそうにしているかどうかを見て、好意があるかどうかを判断します。

付き合う前の流れ

こちらは付き合うまでの流れです。気になる異性と付き合うために必要な行動プランを挙げているので、デートプランをどうしたらいいかわからないと困っている方のマニュアルになります。また、付き合う前のデートの際に手を繋ぐのはアリかという疑問にも、男性側・女性側の意見を交えて答えています。

デート

一回目と二回目以降で取る作戦は変わってきます。一回目の際、場所に関しては、王道のデートプランであるレストラン、カフェ、映画館、水族館、動物園、テーマパーク、公園などが無難です。最初のデートは相手に楽しんでもらうことを重点的に意識します。付き合うためには、同じことを体験したり出来事を共有することが大切です。

ですから、楽しいことを共有できるデートスポットであることがポイントです。お互いをあまり深く知らないのであまり気張らず様子見する位の気勢で、いざ意気投合しても急接近するのは難しいでしょう。短めのデートで余韻を残して少しでも一緒に居たいと思ってもらうことが大切です。

二回目の際が、大きなターニングポイントになります。相手が恋人として付き合うには魅力的かどうかを判断します。最初のデートの後から、あまり期間をあけないことがポイントです。二回目のデートでは一回目のデートより長めにプランを組み立て、本気度を示します。三回目、四回目と繋がり、デートを積み重ねられるように一日一日を大切にします。

また、全体を通してリラックス出来るようにします。一回目、二回目と回数を重ねないうちには緊張してしまいますが、出来るだけ素の状態で居られるようにします。恋人と一緒に居る時は安らぎが欲しいものです。一緒に居て過ごしやすい関係を目指しましょう。

付き合う前に手を繋ぐのはアリ?

手を繋ぐことのメリットを挙げていきます。

次の段階の土台になる

これは次回のデートの約束や付き合う際のきっかけになりやすくなるということです。お互いに異性として意識しあい、恋愛対象に入っていると確認することになります。相手がもしモテる異性であれば、早いうちに手を打って付き合う意思があることを前もってけん制しておくことも大切です。

付き合う前に手を繋ぐのが男性と女性とでどう感じているのかを分けて挙げていきます。男性ならではの視点、女性ならではも視点がありとても興味深いです。

次に、男性側の手を繋ごうとする心理を紹介していきます。

遠まわしにでも好意を伝えたい

付き合うことを目指して手を繋ごうとするのは基本的に男性側からで、勇気を振り絞ってその好意を示そうとして行動に移します。また、同時に自分の気になる異性が手を繋がれてどう感じるのかを確認したいという意思もあります。

守ってあげたい

人ごみや足場が悪い環境下であれば、自然と女性のことを気遣って手を繋ぐ必要性があります。付き合う付き合わない以前に男性として女性を守ってあげたいという本能がそう行動させます。大切に思う女性なら尚更で、自分から離れないようにします。

嫌われてるかどうかの確認のため

男性は女性の反応を伺うために手を繋ごうとします。デートの回数を重ねたり、デートなどの際に、自分への好意がどの程度なのかを確認して自分のアプローチが実を結んでいるかどうか知りたいのです。

どうしても我慢できなくなってしまった

付き合う前ということもあり微妙な関係性だとわかってはいても、女性のちょっとした仕草や二人の雰囲気に負けてしまい、手を繋ぐという行為に至ってしまうこともあります。

続いて、女性側の手を繋いだ時の心理を紹介します。女性側は基本的に男性が手を繋いでくれるのを待つスタンスなので、その際の感情が主です。

どきどきした

女性は男性よりも情緒豊かな側面が強く、付き合う前のデートにおいて付き合うことが近づいている中での手を繋ぐという行為はとても嬉しい気持ちにさせます。女性の場合はシチュエーションや段階が大事なのでそういったポイントも抑えていることも重要です。また、ふとした男性からの好意の現れも嬉しいのです。

特になんとも思っていない

男性からの手を繋ぐ行為に対しても、断りにくい雰囲気だからとその場の流れを読んでという場合もあります。確かに男性の気持ちを考えると軽く断ることも難しい、女性の気苦労が伺えます。基本的にあまり事を荒げることは好まないので、その場はちゃんと相手に合わせて乗り切ります。

デートが楽しかったので手を繋いだ

女性は感情重視の性格で気分が乗るかどうかを大切にするので、デートが楽しいと手を繋いでくれます。このまま付き合うのも良いという肯定的な心情を示しています。女性側がデートを楽しんでくれるように男性側がしっかりとした計画を練ったり、思い遣ってエスコートしたりなどの誠意を見せることが大切です。

好きな人と付き合いたい人がすべきこと

好きな人がいて付き合いたいと思っている片思いの人間が具体的にするべき行動はどんなものがあるのでしょうか。こんな時自己流に走りがちですが、明確な行動指針があれば効率良く思いが伝えられ、相手にも届きやすくなります。

気になる異性にきちんと好意を伝える

好意を伝えるにしても、ただ単純に「付きあってください」とドストレートに告白するではなく、意中の異性の良いと思う部分を具体的に褒めるという方法で直接伝えるようにします。これが案外実行に移すとなると難しく、忘れがちです。

人は人に好かれたり、褒められたりして悪く思う人はいません。加えて、返報性の原理も働きより良い関係性の構築に役立ちます。最初のうちは照れくさかったりするのは当然ですが、何度も繰り返すうちに徐々に慣れていきます。なにより褒められていい気分になる人が殆どで思った良い事を直接伝えることには絶大な効果があります。

相手を好きになりすぎない

好きな異性のことを考えるとつい考えすぎてしまい、冷静さを失いがちです。冷静さや客観性は適切な距離を保っていることが前提で、相手を好きすぎるときちんと好意を伝えることも困難になります。

例えば自分の顔の20cm先くらい前に人差し指を立ててみて下さい。目の前の人差し指が鮮明に見えます。一方で、1cm先に立てた人差し指は、度が過ぎた接近により所謂見えた気になっている状態に陥っています。皮肉ですが、人差し指をよく見ようよく見ようとすればするほど、逆によく見えなくなってしまいます。

恋愛にも同じことが言えて、余りにも近づきすぎると見えない部分は自分の想像で補おうとしてしまい、相手をきちんと見ようとせず美化してしまいます。好きな人に近づきすぎず遠すぎず一歩離れて冷静に見てみるとちゃんと好きな人が見れるようになります。

付き合うと初めてわかることがたくさんあるように、付き合って相手のことを徐々に知っていくうちに相手への理解と好意が深まっていくような関係も良いです。

誠意を見せる

付き合いたい相手にただ付き合いたいといっても仕方ありません。好意を伝えすぎても相手が引いてしまうので、付き合うために重要な要素である相手への誠実な姿勢をみせます。女性は男性に誠実さを求めます。また、誠意は信頼関係の構築には必要です。付き合う前にまずは信頼関係の構築を目指して、友達関係の土台を堅固にします。

付き合う理由

付き合う理由は人それぞれで、合っても良いし、無くても良いです。これだと思って明確な理由を持って付き合うことを決めるのも良いです。もしくは、頭の中で理由を探すのはやめて、なんとなく直感でいいなと思った人と付き合うことを始めてみて関係を深めていくことも良いです。

イベントを楽しみたいから

イベントを彼氏彼女で参加するのはカップルの特権です。一人で過ごすよりは同性の友達同士で過ごすのがいいですが、出来るなら好きな異性とイベントや記念日を過ごすのも悪くはありません。異性と過ごす方がその時期を彩る思い出にも残ります。

愛されたいから

人は誰でも愛し愛されたいと思います。特に現在に不平不満を抱えていると、より一層愛されたいと思う傾向が強くなります。そんな心の隙間を埋めてくれる存在を求めてのことです。

基本的には愛されることを求めるより自分から愛することが大切であり、他者との関わりをきっかけにいいなと思う魅力を見つけ、その興味に従って距離を縮めていく過程で、好意が芽生えていくものです。

従って、愛されたいという他者依存ではなく、愛したいという自立から来る自己依存が本来です。こういった場合、自尊心の欠如が顕著であり、自分自身と向き合ってどうしても埋められない部分を他者に埋めてもらおうとしています。

付き合うにはお互いが自立していることが大切ですが、皆が皆そこまで成長しているわけではなく、まして若いうちは仕方ない部分もあるので、愛し愛される良さを知っている人間が付き合うことで支えになるという関係性も良いです。

打算的な考え

付き合うにあたって相手への好意はあまり重要視せず、自分自身の現状における問題を取り敢えず解消したいということからです。例を挙げると、一人になるのが嫌だから、恋人必須のイベントがあるから、性欲を満たしたいから、愛されたいから、寂しいから、世間体が気になるから、元彼・元彼を忘れたいからなどです。

以上のような理由から、相手のことを好きかどうかははっきりしないが自分の中でメリットがあることは認識しているために付き合うという選択をします。実際には、こういった打算的な考えでは根本的な解決にはならないですし相手に対しても失礼ですが、悶々と独りで悩み続けるよりは行動に移し少しでも変化を起こすことで解決に繋がるきっかけにもなりえます。

人との関係を築いていくことの幸福感や充実感を味わえる

人と付き合うことは楽しいことや幸せばかりではありません。喧嘩や嫉妬、束縛などのしがらみやトラブルなどの苦労も多いです。別れを経験した人間が暫くの間恋愛から距離を取るのは人との様々な関わりが難しいことを痛感して精神的に傷ついていくからです。それでも時間の経過とともに、人と付き合い深く関わる幸せを受け入れられるようになり、人間的な成長とともに乗り越えていきます。

理由なんて存在しない

付き合う理由を分かりやすく説明できる人なんてそうそういません。仮に付き合う前の理由が明確であったとしても、お互いが時間を過ごすうちに知らないことばかりで最初の気持ちをずっと保っていることなど不可能に近いです。付き合う前は理想や想像の域を出ることは出来ませんから、実際に付き合って現実的な相手自身を理解する過程で付き合う理由の変化も起きえます。

付き合うメリット・デメリット

付き合うことのメリット・デメリットを挙げていきます。可能なら意中の相手と付き合うことに越したことありません。物事には必ずいい面もあれば悪い面もあるので、参考程度に眺めてもらえると良いです。

もしかしたら、付き合うことのデメリットにどうしても嫌なことがありその対策を考えることになりますし、付き合うことのメリットに意中の異性と付き合うことの良さを実感する事柄が挙がっていたら共感出来ると思います。

付き合うことのメリット

異性のことを知れる

同性同士で関わっていては知ることの出来ない異性特有の違いは異性と関わると沢山あることに気が付きます。それ位男性と女性は違うのです。付き合う過程でお互いが時間を過ごすなかで、異性の良さを知ることで、自分自身の人間性の向上にも繋がります。

今までとは少し違う生活が遅れる

付き合うことは楽しいことばかりではなく、悲しいことや辛いことも多々あります。しかし、支えてくれる恋人が傍に居るだけで毎日が充実します。困難を二人で会話を重ねることで乗り越えていけば精神的にも成熟し、また異性の理解にも繋がります。

寂しくなくなる

寂しさの解消は、一人の時間が好きな人間には付き合うことにおけるデメリットになりますが、四六時中一人で過ごす時間ばかりだと精神的にも異常をきたすとともに人肌が恋しくなるものです。心の通い合った異性と付き合い二人で過ごす時間は寂しさを抱えている人間にとっては多くが解消に繋がります。人の温もりは人間が生きていく上でとても大切です。

心が満たされる

お互いの好意が結ばれて付き合うことを決めたので、心の触れあう時間や思い出を共有し、心が満たされます。付き合うことを通して心が満たされると自然と人に親切に出来る余裕が生まれ、実生活にも良い影響を及ぼします。

デートスポットを堪能できる

遊園地や水族館などのデートスポットは、好きな異性と行くからこそ輝いて見えるものです。同性の友達同士で廻るのもアリですが、やはり行くとしたらロマンチックなデートを絶好の場所で楽しみたいものです。付き合う思い出にもなります。

付き合うことのデメリット

時間も気持ちも束縛されてしまう

恋愛経験豊富な方ならこのデメリットは生じませんが、経験が少ないうちは「好きでないといけない」という気持ちに縛られ、付き合うことを決めたときの純粋な気持ちを忘れてしまいがちです。「連絡を返さないといけない」「会う時間を作らないといけない」などの気持ちが結果的に自分を疲れさせてしまいます。ありのままの自分で飾らずに済むことが長続きする関係性です。

異性関係のトラブルに巻き込まれる

彼氏彼女が出来てしまうと、付き合っている以上他の異性と二人きりで出かけることは出来なくなります。本人は単なる遊びと捉えていても「浮気」と捉えられる可能性が高いからです。特に、重い異性だとすぐに不安になってしまい、疑われてしまいます。

プレッシャーが重荷になる

恋愛とは、少しずつ相手の人間性や意外性を探りながら、良い関係を築いていくものです。しかし、相手に気に入られなきゃと思ってしまう相手とは幸せになれません。もっと素直になってありのままの自分を受け入れてくれる異性を探した方が良いです。気持ちが一方通行で届かない関係性は疲れてしまいます。

付き合うという段階に至るまで、長続きするのはありのまままで居る自分を肯定出来た時のみであり、飾ってしまっては疲れるだけです。

付き合う基準

付き合う基準ですが、なかなか曖昧な部分が大きいです。付き合うには男性側からの告白ですが、勇気を持って踏み出せる方は自分自身の感覚に自信を持てますが、持てない場合は踏み出すのになにかの大義名分が必要です。そういった意味で付き合う基準の参考として挙げています。

大切な日を一緒に過ごしている

記念日や誕生日、クリスマスなどの大切な日を一緒に過ごしているかは重要な基準のひとつです。大切な日を一緒に過ごしたいという感情の現れであり、特別な人として認識されているということです。妥協して付き合う人を決めるのではなく、心からそう思える関係性、相手を見つけることが出来れば幸せです。なにより妥協で付き合うことを決めた人と大切な日を過ごしても幸せではありません。

恋人としてのスキンシップを取っている

キスや性行為など恋人としか行われないようなスキンシップが無い状態は付き合っているとは言えません。また、会って性行為をするだけの関係ではデートや特別な日を過ごさない場合が多いです。恋人だけのスキンシップを取っていることは、お互いの好意を確認しあっていることであり、付き合うという基準に当てはまります。

お互いの気持ちを確認している

これは当たり前ですが、お付き合いしましょうという言葉があるか、異性として好きという感覚があるかどうかです。確実な言動があればそれが示す通りです。告白するなども該当します。女性の場合はしっかりとした言動や行動がないと付き合っていると認めない場合が多く、信用という基準を大事にします。

ずっと一緒に居たい

一緒に居て居心地がいいという感情が付き合う決め手になります。一緒に居てドキドキする人と勘違いされがちですが、ドキドキという熱は恋の形で、いずれは冷めてしまいます。落ち着くという感情は、愛の形で相性の良さか時間が掛かります。

静かではあるが、充実した感覚はわかるはずです。そういった感覚を言葉で表すと、波長が合う、テンポが合う、価値観が合う、安心感ということになります。一緒に居たいから近づきたくなる人と言い換えることもできます。付き合うにはこういった感覚を大事にしている方は多いです。

お試しで付き合ってみる

男性の告白を受ける女性の場合、ある程度常識があると判断できる見た目なら取り合えず付き合ってみるという場合もあります。付き合ってみないとわからない相手の魅力や欠点もあります。その時彼氏が居なかったからであったり、男性側の押しが強かったからであったり、信頼度や誠実さを重視する女性が多い一方で、気軽に付き合うことを決めている女性も少なくありません。

付き合うのが怖い・不安な心理

どうしても付き合うのが怖く踏み出せないという方もいます。未経験の場合と経験豊富すぎるが故の場合です。どちらの場合も原因を適切に突き止め、解決策を講じることが大切です。

全くの未知の世界であるため

誰でも未知のものには不安な感情を抱きます。それでも危険を冒してでも行きたいと思うのはその世界への高揚感やわくわくを抑えきれないからです。そんな夢を見せてやまない気になる異性の相手が出来れば占めたものです。

また、自分に自信がなく恋愛に踏み出せない場合もそんな自分を受け入れ、愛してあげることから始めます。自分を肯定することで、自分の殻に閉じこまらず一歩踏み出す勇気を持つことが大切です。

恋愛の良し悪しを知ってしまった

大人になるにつれて、数々の恋愛も重ねて楽しいことばかりでない辛いこともあったり、好き過ぎて寂しかったり、逆に気持ちが離れて温度が下がったりして別れの時期がどうしても来ます。そんな辛さや寂しさ、別れという経験と重ねてしまって不安な心理を抱えています。

浮気や束縛、裏切りなどの悲しみに苛まれることに耐えられないのもあります。傷つくのが怖いという不安を抱え、共有し、理解し、思い遣ってくれる度量の広い人間を必要としているのかもしれません。

片思いが多く実らない

好きな人に告白してフラれたり、過去の恋愛を引きずってしまうあまり臆病になってしまいます。自分に自信がなかったり、アプローチ方法がわからなかったりして、叶わない恋を追い続けてしまう傾向にあります。無闇やたらと手を出すのではなく、落ち着いて大切に出来る友達を少しずつ増やしていくことが大切です。自分の相手への思いの深さは、相手から自分への思いに近い場合が多いです。

また、人を大切にして適切なアプローチをしたのにも関わらず結果が実らなかった場合は、縁が無かったと思うか自分よりいい人が居たから仕方ないと思うなどして自分を高める方向性に持っていき、またいい出会いがあることを願う潔さも大切です。

付き合う期間

付き合う期間はどれくらいの期間が一般的なんでしょうか。関係性が終わればそれで終わりですが、お互いが好きな感情が続けばずっと一緒に居たいはずです。関係性の構築は最優先事項ですが、その指標として期間を参考にすることが良いです。

付き合う期間の男性側からの統計とその考察

以下はマイナビ参照の男性の平均的な付き合った期間の統計です。母数は少ないですが、参考になります。

Blockquote firstBlockquote second

Q. 平均的な付き合った期間の長さを教えてください (単数回答)
1位 半年~1年未満 24.2%
2位 1~2年未満 21.5%
3位 2~3年未満 14.8%
4位 3カ月~半年未満 11.4%
5位 1~3カ月未満 10.1%

調査時期:2010年3月9日~3月18日
調査対象:COBS ONLINE会員
調査数:誰かと付き合ったことがあると回答した男性149名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

男性側は半年から2年未満が半分近くを占めます。続いて、2年から3年が15%です。上位3つを合計すると、6割になります。男性の場合は、勇気を出してデートに誘ったり告白をしたりといった苦労が、半年以上が6割という結果を導くといえます。

付き合う期間の女性側からの統計とその考察

以下はマイナビ参照の女性の平均的な付き合った期間の統計です。母数は少ないですが、参考になります。

Blockquote firstBlockquote second

Q. 平均的な付き合った期間の長さを教えてください (単数回答)
1位 1~2年未満 25.5%
2位 半年~1年未満 19.4%
3位 2~3年未満 17.5%
4位 3カ月~半年未満 10.5%
5位 3~4年未満 8.4%

調査時期:2010年3月9日~3月18日
調査対象:COBS ONLINE会員
調査数:誰かと付き合ったことがあると回答した女性476名
調査方法:インターネットログイン式アンケート

女性の場合も男性と同様、順位が多少変わるものの大差はありません。女性は男性の誠意を大切にしているのかもしれません。また、男性とは違い5位に3~4年がランクインしている点も見逃せません。

素敵なパートナーを見つけて付き合おう!

付き合うことは素晴らしいです。その時間を共有できることも、そういった時間を共有できる相手が居ること、そんな相手に出会えてそこまでの仲まで進展できたことも、尊いことだと示すには十分すぎる程です。つかの間の幸せもいつまでも続くわけではありません。

だからこそ、いつかは別れると経験からわかっているからこそ、良いのかもしれません。結婚は一度か二度が普通ですが、付き合うのはまちまちの期間、まちまちの相手、沢山色んな経験が出来ます。人間的にも成長できる機会にもなりえます。そういった一期一会の出会いを大切にすることから初めてみるのもいいかもしれません。