Search

検索したいワードを入力してください

冷却期間はどれくらい?|冷却期間に冷却期間に連絡をとる頻度

Small 7aaa5c49 526a 446b b552 7b964cdfb039西原広大
カテゴリ:カップル

初回公開日:2017年08月22日

更新日:2020年03月09日

記載されている内容は2017年08月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

冷却期間はどれくらい?|冷却期間に冷却期間に連絡をとる頻度

冷却期間とは

恋愛ではお互いが愛し合い、上手くいっている期間だけではなく、お互いの気持ちが離れてしまう倦怠期であったり、時には激しくぶつかり合い、衝突するということもあります。恋愛においては感情が動きやすく、楽しいこと、辛いこと、悲しいこと、気持ちが離れることなど様々な感情の動きがあります。

多彩な感情の動きに伴い、カップルの関係性が変わり、倦怠期などのようにカップルが今どんな状態なのかを指した言葉はたくさんあります。その中の一つに冷却期間という言葉があり、よく耳にする言葉はありますが、恋愛における冷却期間とはそもそもどのような期間のことを指した言葉なのでしょうか。

お互いの頭を冷やす期間

恋愛における冷却期間とはお互いの頭を冷やし、昂った感情を落ち着けるための期間です。そのため喧嘩したときやカップルが別れたときなどに使われる言葉でもあります。お互いに愛し合っているカップルであっても些細なことが原因で意見が分かれ、喧嘩に発展することがあります。またそれが激化してカップル解消、別れてしまうということもあります。

原因が何かに関わらず、喧嘩したり別れるときにはお互いの頭は相手への不満や怒りでいっぱいであることが多いです。どちらか片方がこのままではいけないと思い関係の修復に走ってももう一方はまだ感情が昂ったままで謝罪をしても受け入れてくれない場合もあります。

冷却期間に連絡をとる頻度は?

冷却期間はお互いの気持ちに整理をつけ、感情を落ち着けさせる期間ですので、連絡は出来るだけ取らない方がいいですが、一方であまりに連絡を取りなさ過ぎても相手に不誠実だと思われたり、自分のことを忘れられてしまうということもあります。

お互いの関係を落ち着けさせるための冷却期間ですが、落ち着きすぎてもそこからの回復が難しくあります。相手を怒らせないように、しかし自分を忘れられないようバランス良く関係を保つためにはどれぐらいの頻度での連絡が好ましいのでしょうか。

喧嘩中であれば3日に1回程度

一口に冷却期間と言ってもそれがただの喧嘩によるものなのか、それとも別れたことによるものなのかによって連絡頻度も変わってきます。お互いにカップル同士であり、喧嘩中の冷却期間であれば3日に1回程度の連絡が望ましいです。

喧嘩してすぐはお互いに気が立っていますのでどんな謝罪も受け入れられないことが多いです。しかし2日目になると気持ちも落ち着き、自分にも悪いところがあったかもしれないと反省する場合もあります。しかしこの時点ではまだ意地があるために自分から連絡することはありません。

3日目にして完全に怒りや不満は収まり、連絡がないことを寂しく思い始めます。ここでようやく連絡をすれば関係を修復するだけでなく、さらに良い関係を築くことも可能になります。

別れた後なら週に1回程度

別れた後の冷却期間の場合は恋人のいない生活を歩み始めてようやく慣れた、あるいは恋人がいないということを意識し始める3か月後くらいに連絡をするのがよく、そこからの連絡頻度は週に1回程度にするといいでしょう。

どんな理由で別れたとしてもカップルを解消させるだけの出来事があったとなれば少なくとも相手の心中は穏やかではありません。別れてすぐに連絡をしても鬱陶しいと思われるだけなので、最初の連絡は3ヶ月程度余裕を持ってからするようにしましょう。

そこからの連絡は週に1回程度であれば鬱陶しいこともありませんし、遠慮しているということが伝わります。別れた後の冷却期間での連絡は少しでも相手に不快な気持ちを与えてはいけないということを覚えておきましょう。

冷却期間はどのくらいの期間?

冷却期間はお互いの気持ちを落ち着けさせるための大事な期間ではありますが、実際にはどれくらいであることが多いのでしょうか。もちろん人によって、そのカップルの関係性や衝突の原因などによって冷却期間の長さは違いますが、一般的に別れた後のカップルの冷却期間はどれくらいであることが多いのでしょうか。

3ヶ月が基本

別れた後の冷却期間としては3ヶ月が基本となることが多いようです。冷却期間中の連絡頻度を見てもそうですが、別れて3ヶ月すれば大抵の気持ちは落ち着きますし、相手がいないことに慣れる、あるいは寂しいと感じ始める時期であり関係を再構築するためにはちょうどいいフラットな時期でもあると言えます。

もちろん人によっては3ヶ月よりも短いという場合もありますし、もっと長いということもあります。また冷却期間は短いよりも長い方が多い傾向にあります。そのため3ヶ月が基本というよりは3ヶ月経ってからが本当の冷却期間と考え、長い場合では1年や2年など年単位で冷却期間が取られることもあります。

男性・女性別の冷却期間の心理は?

人によってカップルによって冷却期間の考え方は様々ですが、実は男女によっても冷却期間の考え方は違っていることが多いです。もともと男女では趣味や嗜好だけではなく思考のパターンも違うことも多いので、冷却期間の捉え方が違っていても当然ではあります。男性・女性の冷却期間はどのように違っているのでしょうか。

男性心理

冷却期間における男性の心理はとにかく謝罪の言葉や態度を考えたり、どうすれば彼女ともう一度上手くやっていけるか、関係を修復できるかを考えていることが多いです。これは喧嘩や別れの原因が男性にある場合は当然そうですが、元の原因が女性にある場合でもこのように考えていることが多いです。

男性は相手の女性に対して少しでも好きという気持ちが残っている限り、冷却期間ではどうすれば関係を修復できるかを考え続けます。男性は女性に対して未練を残すことが多く、その女性との関係がはっきりしないと次の恋愛にも進めない傾向にあります。

女性心理

女性の場合は冷却期間であっても普段と同じように考えていることが多いです。それは毎日の生活のことであったり、仕事のこと、新しい恋愛のことなど様々ですが、いい意味で喧嘩や別れのことは忘れ、フラットな気持ちで毎日を過ごしていることが多いです。

もちろん人によっては相手のことを考えて苦しくなるという人もいますが、多くの場合で実際の生活と恋人のことは切り離して考えることが多いので、特に悶々として過ごすということも少ないです。女性は男性に比べると切り替えが早いことも多く、同時に複数のことを考える力に長けていますので、冷却期間もあくまで生活の一部でしかなく、それほど重大に受け止めるということは少ないです。

冷却期間の効果は?

お互いの気持ちを落ち着けるために存在する冷却期間ですが、会わない期間、連絡を取り合わない期間を設けたからといって、本当にお互いの気持ちは落ち着いて、元通りの関係を築けたり、関係を修復することが出来るものなのでしょうか。果たして冷却期間には本当に効果はあるのでしょうか。

冷却期間は効果あり

冷却期間はお互いの気持ちを落ち着ける働きがあります。もちろん喧嘩の原因などによれば一生恨まれるということもありますが、大概の場合で怒りの感情は長続きしません。

怒るということは非常に体力のいることで、怒り続けるのは想像以上にエネルギーを消費します。毎日の生活を送りながら怒りにエネルギーを使い続けることは不可能で、時間が経てば怒りはどんどん風化していきます。

冷却期間を設けることで完全に怒りが消える場合もありますし、完全には消えずとも冷静に話し合う事は可能な程度に落ち着きます。そこから関係の修復が可能かどうかは個人の努力次第ですが、少なくとも関係修復のチャンスを手に入れることは出来ます。