Search

検索したいワードを入力してください

母の日のメッセージの書き方と例文・メッセージカードを手作りする方法

Author nopic iconサルスベリ
カテゴリ:プレゼント

初回公開日:2017年09月23日

更新日:2020年09月19日

記載されている内容は2017年09月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

母の日のメッセージの書き方と例文・メッセージカードを手作りする方法

結婚してからは義理母となかなか会う機会がない人もいるでしょう。いえいえ、義理の母とは棲んでいるところが近いからしょっちゅう会っているのというひとも中にはいらっしゃいます。それでも、母の日のメッセージに加えたいものは、二人の様子です。メッセージなので、だらだらと長い分を書く必要はないのです。

新婚であれば、二人の近況を、2年・3年目の二人であれば、2人で過ごした日のことや家族のことなどをお知らせするのが一般的です。後に例文をいくつか紹介しますが、そちらにもありますが、例えば、義理母に贈るプレゼントについて書いても良いでしょう。

【一郎さんと一緒に選びました。】
なんて書かれてあると、仲睦まじくやっているんだなとこちら側の近況が伝わるのです。

相手のことを思う

3つ目のポイントは相手のことを思うです。例えば道端で義理のお母さんにあったときは、「お母さん、元気?」で良しとされるかもしれません。ですが、メッセージといえども、手紙になると、「お母さん、元気?」ではあまりにもおそまつです。

なかなか、日ごろ伝えれない気持ちがあるかもしれません。なんといっても自分よりも人生の先輩でもありますから、義理のお母さんの体調や心情を思い、ねぎらう言葉をかけるというのが良いのです。相手あっての自分であるということを思って書くとぐんと義理のお母さんとの距離も深まります。

義理の母に送るメッセージカードの例文

それでは、いくつかのポイントを踏まえて、母の日に、実際にどのようなメッセージを書けばよいか、いくつかの例文を紹介します。

例文1
おかあさんへ
いつも私たちのことを気にかけてくれてありがとうございます。
本日は、日ごろの感謝の気持ちを込めて〇〇さんと、お母さんの大好物のカステラを選びました。ご賞味ください。
季節の変わり目です、体調にはくれぐれも気を付けてお過ごしください。

例文2
おかさんへ
いつも私たちのことを見守っていてくれてありがとうございます。
〇〇さんとは結婚して早、1年が経ちました。先日は二人で〇〇(場所)へ行ってきました。
是非、次はお母さんと〇〇さんと3人で一緒に行きたいです。
温泉につかってゆっくりと日ごろの疲れをいやしていただけたらと思います。
それまでは、ゆっくりとお身体ご自愛ください。

例文3
おかあさんへ
いつも子供の面倒を見てくださり、ありがとうございます。
子どもも休みの日になると「今日はおばあちゃん来ないの?」と言っています。
また、今度子供を連れてお伺いします。お体に気を付けてください。

お母さんに送るメッセージカードの書き方と例文

自分のお母さんに送るメッセージはいつでも特別なものです。面と向かっては伝えられない思いを唯一、母の日のメッセージとしてカードにつづる人も多いことでしょう。あるいは、やはり恥ずかしくて、【ありがとう】としか書けない、あるいは手紙にすることすら恥ずかしくて、カーネーションを送られる方も多いのではないでしょうか。

そんなハートフルな方に今回はとっておきの母の日のメッセージの書き方をご紹介します。
まずは娘からお母さんへ向けた、母の日のメッセージ、そして、息子からお母さんへ向けた、母の日のメッセージの2本です。

娘からお母さんへ

母と娘の関係は非常に深いものです。小さな時からお料理、お洗濯、お買い物とどれだけの長い時間を過ごしてきたかと時間に考え直そうとしても途方に暮れるほど長い時間です。そんなお母さんへ娘から母の日にメッセージを送るとしたら、どんなメッセージがあるのでしょうか。

あなたが独身の場合、結婚している場合、年代ごとに様々な伝えたい言葉があるでしょう。
それでは、お伝えします。

書き方のポイントは
1.日ごろの感謝を書く
2.相手をねぎらう

以上2つです。

娘から母の日に送るとっておきのメッセージ例文集

娘からお母さんへ

例文1
笑顔が素敵なお母さんへ
いつも部活の応援や夜食を作ってくれてありがとう。
たまにはゆっくり休んでね。

例文2
お料理がおいしいお母さんへ
お母さんいつもお弁当ありがとう。
たまには温泉や美味しいものを食べに行ってきてほしくて、今日のプランを考えました。
ゆっくりくつろいでください。

例文3
お母さんへ
いつも家事や家族の面倒を見てくれてありがとう。
お母さんのおかげで家族みんな楽しく過ごせています。
お母さんが笑うとみんな笑顔になります。
私はそんなお母さんをとても尊敬しています。
いつまでも元気なお母さんでいてください。

いかがでしたでしょうか。少し言葉を添えるだけでぐんと感謝の気持ちの伝わり方が狩ります。是非、母の日にはメッセージを書かれてみてはいかがでしょうか。

息子から送るとっておきのメッセージ例文集

息子から自分の母親へメッセージを送るのはなんだか非常に恥ずかしいものです。男の子は女の子と違って自分の心情をなかなか親に話をしないものです。ですから、親としては息子が何を考えているのか漠然としかわかりません。娘のように口出しをいろいろとしてしまってはかえって逆効果なこともあり、たいてい、木の上から見守っているということが多いです。

そんなお母さんに是非、息子から送るとっておきのメッセージを用意してみてはいかがでしょうか。言葉にはしないかもしれませんが、きっとうれしいプレゼントになります。

しかし、実際のところどのように書けばよいのか悩んでしまいます。好きな人にラブレターやメールといったものは過去に書いたことがあっても、自分の母親に母の日のメッセージを書くのは非常に難しいです。

一言、【ありがとう】だけで終えてしまいところですが、なんだかそれだけでは、もったいないです。折角、母の日にメッセージを書くのですから、何か一言言葉を添えられるともっと感謝の気持ちが伝わりやすくなります。ここからは、息子から送るとっておきのメッセージ例文集です。どう書けばよいか迷ったときに参考にしてください。

例文1
(花を贈るとき)
お母さん、いつも僕たちのために仕事や料理を頑張ってくれてありがとう。
お母さんの好きな花を贈ります。気に入ってくれると嬉しいな。

例文2
(CDを贈るとき)
お母さん、いつもお仕事ご苦労様。
お母さんが前に話をしていたビートルズのCDをプレゼントします。
家事の合間に聞いてね。

例文3
(日用品)
いつもきれいなお母さんへ。
今年は紫外線が強いですね。僕からは日傘を贈ります。
いつまでもきれいなお母さんでいてください。

男の子にとってお母さんは永遠のアイドルです。そんなお母さんに贈るプレゼントはお母さんにとって特別なものです。そして、メッセージも特別なもので、ずっと大切にとっておきたくなるものです。日ごろの感謝を込めて、母の日にメッセージを添えてみてはいかがでしょうか。

母の日のメッセージカードを手作りする方法

市販のメッセージカードを利用して母の日のメッセージをつづるのもいいけれども、時には世界で一つだけのオリジナリティあふれたカードを作ってみてもいいです。特に、義理のお母さんには自分の個性や趣味が、お母さんには知られざる一面を披露できるいい機会です。それでは、オリジナリティあふれた母の日のメッセージカードの作り方をご紹介します。

女子力あふれるお花のメッセージカードレシピ

女子ならだれもが好きなお花。今回はこのお花をモチーフとしたとってもキュートな母の日のメッセージカードの作り方をご紹介します。

【準備するもの】
・お好きな色のソフトティッシュペーパー(縦2cm×横3cm)
・ホッチキス
・厚紙もしくは画用紙(縦8cm×横8cmのもの)
・色紙や包装紙
・のり
・ボンド(木工用)
・セロテープ

【作り方】
1.鉢の部分を作ります。底を作り、カードが上から入るために型紙を二つに折ります。

2.折った部分が鉢の底の部分になります。折った部分が下になるように台形を作ります。

3.作った台形には、後で作るメッセージカードが入るくらいの大きさになるようにします。
 メッセージカードのサイズは横5.5cm×高さ7cmです。(お好みで調整しても良いでしょう。)

4.台形を作ります。まず、底辺6cm×高さ5cm×上底8cmの台形を鉛筆で書きます。次に、定規を使って線の上に定規の角を当ててそのままなぞり【線】をつけていきます。型どれたら、型紙を開きます。

5.開いた状態にして、開いたら、一枚の厚紙に二つの台形ができている状態になります。内側を表にします。すると、先ほど定規で【線】を付けた部分が浮き彫りになっているのがわかります。

6.厚紙の台形の余白部分を落としていきます。この時に注意していただきたいのポイントがあります。
ポイント:厚紙を開いた状態で、上のほうの台形と下のほうの台形が対になっていることを確認します。上のほうの台形の余白はカットしません。

7.カットできたら厚紙を最初のように半分に折ります。すると一つの台形ができました。しかし、余白があります。余白の部分にのりを付けます。台形のコップを作ります。余白はコップの内側に入れません。

8.鉢のもとができました。その鉢にお気に入りの色紙や包装紙を糊付けしていきます。

9.次にカラーソフトティッシュペーパーを用意します。ここでは、オレンジ色のものと、白色透明のものを用意します。オレンジ色の間に白色透明のソフトティッシュペーパーを挟み込み6枚から7枚セットにして、端から幅0.7cmで蛇腹折りをしていきます。

10.完成したら、真ん中を幅0.5cmのセロテープで巻き付けて留めます。

11.ピンキングばさみなどで上下端をカットします。そして、一枚ずつ花びらを丁寧に広げていきます。9から11までの工程を様々なカラーのソフトティッシュペーパーを使って3.4個作ります。お好みで数を調整してください。

12. 鉢の中にメッセージカードを入れます。鉢の上に出たメッセージカードの上にお花をボンドでつけていきます。鉢にくっつくといけませんので鉢からメッセージカードを取り出して別の場所でつけるとよいでしょう。

13.鉢の上部に違う色のペーパーを貼り付けます。鉢らしく仕上げていきます。

14.最後にメッセージカードにメッセージを書いたら出来上がりです。

ご参考までに、こちらをどうぞ。

ポップアップなメッセージカード

それでは、ポップアップな母の日のメッセージカードの作り方をお伝えします。
必要な材料
・カラーペーパー縦6cm×横12cm。 赤とピンク系 それぞれ1枚。ピンク系は一回り小さいものを用意します。
・赤いソフトティッシュ、縦8cm×横6cm
・細めのリボン
・セロテープ
・両面テープ
・ピンキングばさみ
・はさみ
・定規
・カッター
・カッティングボード

作り方
1.縦8cm×横6cmのソフトティッシュ(赤)を4枚全部重ねて、端のほうから5mmの幅で蛇腹折りしていきます。

2.蛇腹折りが完成したら、長さ3cm×幅2.5mmにカットしたらセロテープで「1」の真ん中をぐるぐると巻き付けて留めます。

3.「1」の先端上と下をピンキングばさみでカットします。

4.カットが終わった「1」の上の1枚をゆっくりと中心に折り上げてきます。運動会のお花を作る要領ですべて折り上げていき、形を整えます。

5.次に縦6cm×横12cmのカラーペーパーサイズ違いを用意します。

6.赤いほうを半分に折り、谷折りをしたところに鉛筆で線を引きます。

7.「6」と同様に一回り小さいサイズのカラーペーパーも半分に折り、開いて谷折りの部分に鉛筆で線を引きます。ひきましたら、線が中心に来るように物差しを置き、横幅12cmが下に来るように置き、下の辺から上へ1cm上がったところ、中心線を軸に左右2.5cmずつ線を引きます。直径5cmの線を引きます。さらに、そこから1cmあがったところにも同様に先に引いた線と平行になるように線を引きます。

8、軸ではなく、平行線の上をカッターでなぞるようにカットします。

9.カットした部分がポップアップになりますので、軸を中心に左側にmother's、右側にdayと書きます。

10.小さいサイズのカラーペーパーと縦6cm×横12cmの赤いカラーペーパーを重ねて、両面テープで接着します。

11.蛇腹折りで作ったカーネーションの背の部分に両面テープを張り付けて、カードの軸の上に貼り付けます。

12.ほめのリボンで蝶蝶結びをつけ、両面テープを張り付け、カーネーションの花弁の下にはりつけてできあがりです。

参考にこちらをご覧ください。