Search

検索したいワードを入力してください

父の日のメッセージの書き方と例文|旦那/おじいちゃん/義理父

Small acad2d2b 980d 4dfb a57f 0d1f89e9514dにはかあめんぼう
カテゴリ:プレゼント

初回公開日:2017年08月24日

更新日:2020年09月19日

記載されている内容は2017年08月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

父の日のメッセージの書き方と例文|旦那/おじいちゃん/義理父

父の日って?

5月の「母の日」に比べると少し影が薄く忘れられがちな「父の日」ですが、6月の第3日曜日はおとうさんへ感謝を伝える父の日です。

「父の日」の由来は、20世紀初頭のアメリカで男手一つで育ててくれた父親への感謝の気持ちから、父親の誕生日月の6月に牧師にお願いをして礼拝をしたことが始まりだそうです。当時既に「母の日」は存在しており、母親だけでなく父親へも感謝する日を作ろうという流れで誕生しました。

「父の日」は、普段なかなか言いづらい「ありがとう」のメッセージを、おとうさんへ伝えることができる良いチャンスです。そこで、この機会を有効に活用し感謝の気持ちを伝えたいけれど、どうしたらいいかなぁと悩んでいる方へ、父の日に贈りたいメッセージやプレゼント等をまとめました。

父の日に贈りたいメッセージを一言で表すと?

メッセージを添えると言っても何を書いたらいいかわからないと悩んでしまう方もいるでしょう。手紙を書くのが苦手、文章を考えるのが苦手という方も少なくないのではないでしょうか。

そんな場合には、一言、シンプルに伝えたいことを書き添えれば、手書きからあなたの気持ちが伝わるステキなメッセージになります。父の日に伝えたいのは日頃の感謝です。「お父さん、いつもありがとうございます」この一言が最も父の日に伝えたい気持ちであり、お父さんに伝わるメッセージとなります。

もしも、手紙として長文のメッセージを贈るのはどうしても…という時は、この一言を添えて贈ると良いでしょう。

父の日のメッセージの書き方とお勧めの例文

前項で父の日に使える一言メッセージをご紹介しましたが、もう少し長めのメッセージを贈ってみようかなという方に、書き方の例文をご紹介します。

手紙を書くというのは、相手が身内、特に父親の場合特に照れくさく感じる方もいるのではないでしょうか。しかし、手書きの手紙というのはもらっただけで嬉しいものです。

SNSやメールでほとんどの用件を済ませている方にも、父親に手紙を書いたりしたことないなぁという方にも、ぜひ今年の父の日にはメッセージを書いて贈りましょう。メッセージカードは強くお勧めしたいツールです。

もし気が引けてしまって決めかねているという方がいましたら、今年は下記を参考にぜひメッセージを付けて父の日に感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。

ダンナさんへ

子どもがいるご家庭の場合、奥さんからダンナさんへ父の日にメッセージを贈ることがあるのではないでしょうか。日々の生活に追われついダンナさんへはSNSやメールで事務連絡のみになっていたりしないでしょうか。父の日は日頃の感謝を伝える良い機会です。ぜひ、メッセージを贈って労いたいものです。

【夫へ父の日のメッセージ例】
パパ、お仕事お疲れ様。
いつも頑張ってくれてありがとう。
今日は父の日、改めて感謝の気持ちを込めて。
これからも末永く、宜しくお願いします。

おじいちゃんへ

お子さんのいるご家庭で、ダンナさんへ父の日に感謝を伝えるのと同じように、父や義父へおじいちゃんとして父の日に感謝を伝える方もいるかもしれません。普段「敬老の日」に贈り物をしている方も、サプライズで父の日にメッセージを贈ってみたら新鮮にうつり、より喜んでくれるかもしれません。

【おじいちゃん(実の父親)へ父の日のメッセージ例】
相変わらず仕事が忙しいようですが元気ですか?
今週末父の日なので、●●(子どもの名前)と一緒にプレゼントを選びに行きました。
●●(子どもの名前)が「おじいちゃんにはこれがいい!」と贈り物を選びましたよ。
これから暑くなるので体には気を付けて、あまり飲み過ぎないようにね!
また、みんなで遊びに行きますので、宜しくお願いします。

【おじいちゃん(義理の父親)へ父の日のメッセージ例】
いつも色々とお気遣い頂きありがとうございます。
○○(子どもの名前)がいつも「おじいちゃんとまた遊びたい」と言っており、
今週末の父の日のプレゼントも○○(子どもの名前)と一緒に選びました。
時節柄、お体にはお気をつけてお過ごしください。
また、お伺いできる日を楽しみにしております。

父親へ

自分の父親へ感謝の気持ちを伝えるのは少し恥ずかしく思う方もいるかもしれません。しかしせっかくの父の日ですので、ぜひ、下記の例を参考に日頃なかなか言えない気持ちを手書きのメッセージで贈ってみてください。文章は長くなくても大丈夫です。

日頃の思いや、もしカードに盛り込めるようであれば、思い出に残っているエピソードも添えて贈れば、お父さんは喜ぶこと間違いなしです。


【父親へ父の日のメッセージ例】
お父さん、いつもありがとう。
一生懸命仕事をしているお父さんをとても尊敬しています。
小さい頃一緒に行った○○(場所)を思い出しました。また今度一緒に行けたらいいな!
父の日に感謝の気持ちを込めてプレゼントを用意しました。
気に入ってくれたら嬉しいです。
体には気を付けてね!

義理の父親へ

結婚をしている場合、義理のお父さんへ父の日のプレゼントを贈る際、メッセージを添えるということもあるでしょう。実父と比べると印象も気になりますし、その分気遣いも必要になるのでなかなか難しく感じる方もいるのではないでしょうか。

ポイントとしては、ダンナさんと連名にすることで、夫婦2人からの感謝の気持ちを手書きのカードに込めることです。義理のお父さんではありますが、文面上’お義父さん’では、なんとなく敬遠されている印象を与えてしまいます。’お父さん’もしくは’おとうさん’と書くと良いでしょう。


【義理父へ父の日のメッセージ例】
お父さんへ
いつも温かい心遣いを頂きありがとうございます。
父の日に寄せてささやかではありますが、○○さん(ダンナさんの名前)とプレゼントを選びました。
お父さんのお気遣いに日頃から助られており、とても感謝しております。
これからもどうぞ宜しくお願い致します。

父の日に手作りメッセージカード3つ

父の日にメッセージを贈りたい、巷には一筆箋やメッセージカード等たくさんの市販品があります。その中から気に入ったものや、お父さんの雰囲気に合う品を選ぶというのももちろんステキなことです。しかし、どうせならば手作りで世界に1つしかないメッセージカードを用意してみるというのも、父の日の記念の1つになるのでとてもお勧めです。

そこで今回は、お勧めの手作りカード3つの作り方をご紹介します。父の日に手作りのメッセージカードで感謝の気持ちを伝えることで、お父さんの顔がより一層ほころぶかもしれません。

Yシャツカード

いつもお仕事を頑張ってくれているお父さんへYシャツ型のメッセージカードで感謝の気持ちを伝えてみるのはいかがでしょうか。Yシャツの色・柄やネクタイの色・柄を選ぶ楽しみもありますし、世界で1つしかないオリジナルカードになちます。父の日に華やかさをプラスしてくれるとてもかわいいカードになるので、お父さんも喜んでくれること間違いなしです。

ポップアップカード

カードを開けたら飾りが飛び出してくるとても楽しいポップアップカードで、感謝のメッセージを添えてみるのも、父の日のステキな演出になるのではないでしょうか。型紙を用意する作業等が必要になるため少し難易度は上がりますが、気持ちが伝わる手作りのメッセージカードにお父さんも驚くこと間違いなしです。