Search

検索したいワードを入力してください

友達や彼氏とのドタキャンの言い訳や理由・埋め合わせ方法

Author nopic iconまる
カップル / 2018年01月19日
友達や彼氏とのドタキャンの言い訳や理由・埋め合わせ方法

ドタキャンの理由にはどんなものがあるの?

前日、もしくは直前になって急に予定をキャンセルするドタキャンは、誰もが一回はしたことがある、または考えたことがあるのではないでしょうか。その中には、「こんな理由で断っているのは私だけ?」と悩んでいる人もいることでしょう。

それでは、一般にドタキャンをする人はどのような理由で、どんな言い訳をすることが多いのか、それぞれにメジャーな3つのパターンをご紹介します。自分の行動と照らし合わせながら確認してみてください。

理由1:面倒になった

デートでも友達との約束でも、直前になって急に面倒になってしまうことはよくあることです。朝起きたときは乗り気でも、支度をしているうちに段々と気分が落ち込み、当日になってキャンセルするというパターンも多いです。気まぐれな性格の人や、無計画な人に多く見られる傾向です。

理由2:体調を崩した

言い訳の際にも使われる文句ですが、実際に直前になって気持ちが高ぶってしまい体調を崩してしまうという人も多く見られます。本当に体調が悪くて苦しんでいても、言い訳をしているようでなかなか信じてもらえないのが悲しいという経験をしている人も多々いるようです。

理由3:急な用事ができた

仕事や身の回りのトラブルなど、当初入れていた予定よりも優先しなくてはならない事情ができてしまうことも少なくありません。本当はデートや遊びに行きたいけれど、泣く泣く仕事に行くしかないという人もたくさんいます。

ドタキャンの言い訳

言い訳1:体調不良

実際に体調不良で仕方なくドタキャンせざるを得ない人がいる一方で、体調不良を言い訳にしているという人も多くいます。もはやドタキャンの定番の文句ともなっていますが、未だ廃れることのない鉄板の言い訳です。特に言い訳が思いつかないという場合の最終手段として使われることが多いのも、この言い訳の特徴です。

言い訳2:急な仕事

実際には仕事が入っていないにもかかわらず、仕事を言い訳にするという人もたくさんいます。仕事を言い訳にすれば誰でも深くは追及しにくくなるので、長々と説明したくないときなどに多用されます。仕事を持ち出せばどちらも傷つくことはないと考える人も少なくなく、今では女性にとってもメジャーな言い訳の一つとなっています。

言い訳3:身内の不幸・トラブル

身内のことには他人は介入しづらくなるということから、身内の不幸やトラブルといった言い訳を持ち出すパターンもあります。この言い訳の場合、多少周りに口裏合わせをしておく必要があるため、普段から計画性があり用意周到な人が使いやすい文句として挙げられます。

条件別ドタキャンの対応例

もし自分がドタキャンをする側になってしまった場合、その後の対応の仕方一つで相手との関係が大きく変わってしまうことも考えられます。少しでも穏便に済ませるためにも、相手がどのような人物なのかによって臨機応変に対応するようにしましょう。

友達の場合

古くから付き合いのある友達の場合は、長年の付き合いでこちらの性格を熟知している可能性が高いので、多少ラフな謝罪の仕方でも大きな問題になることはないでしょう。それでも、急に予定を変えてしまったことのお詫びはきちんとするのがマナーです。

一方で、最近知り合ったばかりという友人の場合は、少し注意が必要です。付き合いが浅いため相手が自分のことを理解しきれておらず、一回のドタキャンでもかなり悪い印象を与えてしまう可能性があります。このような人に対しては、少し堅いかなと感じる程度にしっかりと謝罪し、また誘ってほしいという意思表示をするようにしましょう。

彼氏の場合

デートは男女共に胸が躍るイベントですが、ときには気分が乗らないという日もあるでしょう。そして、ついうっかりデートをすっぽかしてしまったという経験も多々聞かれます。しかし、ドタキャンされた彼氏側からすれば、彼女はもしかしたら自分が好きではないのではと恋愛感情が揺らぎかねません。

そうならないためにも、彼氏とのデートをドタキャンしてしまった際は、すぐに連絡して次のデートの日時を決めてしまうようにしましょう。間が空けば空くほど彼氏の気持ちが遠のいてしまうので、その日のうちか、できれば2、3日中に連絡を取り合うようにしてください。

彼氏の怒りがなかなか収まらないようであれば、少し時間をおいてから再度連絡を取り合うのもありです。感情的になっている状態で会うと、こちらも感情的になってしまうことも考えられるので、お互い冷静なときに改めてデートをし直すというのが望ましいでしょう。

仕事関係の場合

仕事で飲み会に誘われるという経験は、会社に勤めていれば誰しもが通る道です。しかし、ときには飲み会などの行事に参加するのが面倒になってしまうこともあります。そんなとき、つい何も考えず断ってしまい、後になって職場の人間関係にひびが入らないか不安になるという方も多いでしょう。

体調不良やどうしても断れない用事でドタキャンをしてしまったという場合は、素直に事情を説明するしかありませんが、特に理由もなく断ってしまったときは、後日会社にお詫びの品を持って行ったり、次に誘われたときにはきちんと出席するなどの誠意ある対応を見せることが大切です。

そうとはいっても、仕事関係では、飲み会といった直接業務に影響がないイベントのドタキャンの場合、後から理由を追及されるということはそれほど多くはないでしょう。もし、ドタキャンの理由を聞かれるのが怖いというときは、自分に都合の良い日時をあらかじめ伝えておいて、少しでも積極的な姿勢を見せておくのが良いです。

体調不良でドタキャンするときの謝罪方法

体調不良はドタキャンの理由としてよく使われる文句ですが、場合によっては本当に体調を崩してしまいドタキャンしなくてはならなくなったということもあるでしょう。そんなときは、「どうせ嘘だと思われる」「体調不良だから仕方ない」と開き直るのではなく、正しい謝罪の仕方で好印象を与えましょう。

メール等で謝罪

それほどドタキャンの回数が多くないという方であるならば、メールやラインなどで謝罪を済ませてもそれほど問題はないでしょう。しかし、「ごめん」や「体調を崩しちゃって」というような軽い言葉で謝るのはNGです。最低限、自分がそのときどういった状況であったのかを説明し、相手に迷惑をかけたくなかったためにドタキャンしなくてはならなかった、などといった誠意ある対応を心がけましょう。

電話で謝罪

文面で気持ちを伝えることが苦手という方は、直接電話で謝罪をしてしまうのが最も効率的な方法です。その際は、メールなどと一緒で開き直ったりせずに、相手の許しが出るまで誠意を込めて謝罪するようにしましょう。こちらが一方的に話したり早口になると必死さが伝わり逆効果になるので、落ち着いて状況を説明し、可能であればすぐに次の予定を聞き出してしまうのがベストです。

後日直接会って謝罪

メールや電話で連絡をしたら、次に会った際にもドタキャンしてしまったことをきちんと謝罪するようにしましょう。できれば、その際にちょっとしたプレゼントを用意しておくと、今後も良好な関係を続けていくためにプラスになるでしょう。それでも相手が許してくれないようであれば、その人との関係を見直すのがおすすめです。

ドタキャン癖がある人の特徴(男性/女性)

「何回もドタキャンされて困っている」「1、2回程度なら仕方ない」と諦め半分に悩んでいる方も多いことでしょう。実は、ドタキャンをする人の中には、ドタキャンをしたことに対して罪悪感を抱かない人もいます。

何度もドタキャンをされることがないよう、あるいは自分がそういった人間に当てはまらないよう、男女別にドタキャンする人の特徴を確認しましょう。

男性の特徴

男性でドタキャン癖がある人の主な特徴は以下の2点です。

・面倒くさがり、気分屋
・浪費癖

面倒くさがりで気分屋の人は、直前になって気分が落ち込み、予定をすっぽかしてしまうということが多く見られます。また、本人にその自覚がなく、ドタキャンを平気で繰り返してしまうという人が多いのもこのパターンです。もし、彼氏や男友達がこのパターンに当てはまるようであれば、ドタキャンはされるものという気持ちで気軽に付き合うのがベストでしょう。

金銭感覚がなく、とにかく何にでもお金をかけたがる見栄っ張りな人も、ドタキャンをしやすい人の中に含まれます。何度も何度も「急な出費」を理由にしてきた場合は、このパターンの人物だと疑ってみてください。このような人たちは、お金が溜まったときに誘ってくれる可能性があるので、長い目で見守っていても損は少ないでしょう。

女性の特徴

男性に対し、ドタキャンをする女性に多く見られる特徴は以下の2点です。

・気分屋
・わがまま

男性と同じで、女性も気分屋の人はドタキャンをする確率が高いです。例えば、合コンや婚活イベントなどで、その場では良いと思っても後になって気分が冷めてしまったからドタキャンしたという事例も少なくありません。また、デートに限らず友達同士の集まりでも、気に入ったコーデにならなかったという理由で当日キャンセルということも多いのが、気分屋さんのパターンです。

また、ドタキャンをする女性の中には、デートのプランが気に入らないという理由でドタキャンする人も少なくありません。そのようなわがままな性格の女性は、人から指摘されても開き直ってしまうタイプが多く、反省せずにドタキャンを繰り返してしまう人が多く見られます。普段から注文が多かったり、自分勝手だと思う部分がある女性と予定を組む際は、ドタキャンされないよう一緒にプランを考えると良いでしょう。

ドタキャン癖がある人との付き合い方

ドタキャン癖がある人と付き合うと、その日一日の予定が狂ってしまい、心身ともに疲弊してしまいます。そんなときは、考え方を変えて少しでもストレスの少ない付き合い方をしてみましょう。

その人の性格だと割り切る

あまりにもドタキャンが多いという時は、それがその人の性格なのだと割り切るしかありません。大真面目に付き合うと、こちらのイライラが溜まっていき、最悪な場合はそのまま険悪な仲になってしまうことも考えられます。関係を崩したくないと思う方は、肩の力を抜いてほどほどに付き合うスキルを身につけましょう。

一度真剣に話し合う

ほどほどな付き合い方を心がけても、どうしても許せないという時もあるでしょう。もし、あまりにも相手のドタキャン癖が目に余るようなら、一度思い切って注意してみるのも一つの方法です。しかし、相手がドタキャンしたことを悪いと思っていない場合は喧嘩になる恐れもあるので、あくまでも「少し話したいことがあるけどいいかな」というように柔らかい口調で切り出すようにしましょう。

ドタキャン癖の治し方

「昔からドタキャン癖に悩んでいる」「友達や彼氏から何度も注意された」と、悩んでいる方も少なくはないでしょう。仮にドタキャン癖に悩んでいないとしても、今後友人や彼氏と良い関係を続けていくために、少し意識してドタキャンしてしまう心を改善してみましょう。

相手の立場になってみる

ドタキャン癖を治す上で最も大切なことは、相手の立場になって考えてみることです。ドタキャンした側は、一言「行けない」ということで済むかもしれませんが、された相手は時間もメンタルも消費させられてしまいます。いざ自分が何回もそんな目に遭わされた時のことを考えれば、自然と申し訳ない感情が生まれ、徐々に癖も改善してくることでしょう。

ポジティブに考える

ドタキャン癖に悩む人の多くが、「面倒くさい」「気分が乗らない」といった気持ち面が問題とされています。精神的な部分を変えるのは難しいことですが、癖を直したいという気持ちがあるならば、少しでも出かけることが楽しくなるよう前向きに考えるしかありません。「行ったら楽しいことがある」「家にいるより有意義な時間を過ごせる」というように、楽しいことだけを想像することがおすすめです。

自分に自信を持つ

何度も予定をキャンセルしてしまう人の中には、自分に極端に自信がないという方も珍しくはありません。そんな消極的な方は、「誘われたから好意を持たれている」「自分が参加しないとみんな悲しむ」というように、自分は必要とされているといった意識を持つことが大切です。自信家になる必要はありませんが、「自分はお荷物だ」というようなネガティブな発想は避けるようにしましょう。

ドタキャンされたら脈なしって本当?

せっかく楽しみにしていたデートをドタキャンで台無しにされ、自分に自信がなくなっているという女性も多いでしょう。そんなことをされたら、誰だって落ち込んでしまいます。

しかし、実際にはデートを直前で断ってしまう男性の心理は複雑で、必ずしもすべてが脈なしとされるわけではありません。では、どのような違いがあるのか、「脈ありパターン」と「脈なしパターン」に分けて見ていきましょう。

脈ありパターン

男性でも女性でも、好意を抱いている相手には、自分の気持ちを素直に伝えようとします。つまり、「体調不良」や「急な仕事」といったありきたりな理由で済まそうとしないということです。

例えば、体調不良にしても自分の今の状態をありのまま伝えてきたり、他に用事がある場合も信憑性のありそうな理由を素直に話してくれたりします。また、好意を抱いている相手にはメールやラインといった簡単なメッセージだけではなく、電話で事情を説明してくれる場合もあります。

さらに、脈ありのときは相手がドタキャンの後すぐに予定を組んでくれることも多いです。ドタキャンによって女性の心が冷めてしまい関係が終わってしまうのを恐れる男性側の心理が働き、こうした行動にでることがよく見られます。その場合は、ドタキャンの理由を深く追及したりはせず、なるべくポジティブに考えるのが吉です。

脈なしパターン

脈ありとは反対に、「脈なしパターン」でよく見られるのは、ありきたりな理由で済まされてしまうことです。先でも述べたような、「体調不良」や「急な仕事」といった誰でも思いつきそうな言い訳をしてくる場合が、それに当てはまります。この場合、こちらから詳しく聞き出そうとしても音信不通になったり、なあなあで流されてしまうケースが多いです。

また、脈なしの場合は、改めて予定を組もうとした際に適当にあしらわれるといった特徴も見られます。例えば、次のデートの日を聞き出そうとした際に、「○日~○日の間」というように曖昧な日時を指定したり、すべてこちら側がプランを考えなくてはいけないような状況は危険と言っても過言ではありません。


実際、体調不良を言い訳にしてくる人の中にも、本当に病気にかかってしまったというパターンも多々あります。この場合、ドタキャン後しばらく経ってから改めて相手から誘いの連絡があることも考えられるので、体調不良と言われても過度に疑いすぎて質問攻めにするのはご法度です。もし不安であるならば、事前に「体調が良くなったら連絡して」と促しておくのが良いでしょう。

ドタキャンされる前に知ろう!脈あり男性の行動

脈ありかもしれないとわかっていても、いざドタキャンをされると誰だって不安な気持ちになってしまいます。そんな不安感に駆られる前に、脈あり男性が女性に対し取りやすい行動を知っておきましょう。

異性関係を聞いてくる

男性にとっては、好意を抱いている女性の異性関係は気になるものです。もし、知り合った時点で「好きな人はいるの?」「男友達は多いの?」などの質問をしてきた場合は、脈ありの可能性が高いです。中には冷やかしの場合もありますが、ほとんどのケースで脈ありの証拠と考えて良いでしょう。

メール等の返信が早い

メールやラインなどでメッセージがすぐに返ってくるというときは、こちらに好意を抱いているかもしれないと自信を持って良いでしょう。好きな相手から連絡が来たときは、少しでも嫌われないよう早めに返信しようとする心理が働きます。普段から返信が早い人の可能性もありますが、一つの目安として覚えておくと良いでしょう。

メッセージが丁寧

返信が早いというのが一つの目安と言いましたが、その内容も無視してはいけません。たとえ返信が早くても、一言二言程度の文章であったら脈ありの可能性はぐんと下がってしまいます。多少返信に時間がかかっても、内容がしっかりこちらが送った内容と呼応しているか、言葉は丁寧かなど、中身までよく目を通すようにしましょう。

ドタキャンした際の埋め合わせ方法

体調不良などやむを得ない事情でも、単純に面倒になったという理由でも、相手との関係を悪化させたくないという気持ちがあるという場合は、きちんと埋め合わせをするのがベストです。その代表的な方法が、以下の通りになります。

相手に合わせて予定を組む

一度ドタキャンをしてしまい、再度予定を組み直すというときに、こちらから一方的にプランを提示するのではなく、相手の意見を聞きながら予定を立てると好印象を与えられます。相手が任せると言った場合でも、「何が食べたいか」「どんな場所に行きたいか」程度の要望は聞き出しておいた方が良いです。

プレゼントを用意する

相手の趣向に合わせたプレゼントを渡すというのも一つの手です。言葉だけでの謝罪であるとなかなか気持ちが収まらないという人も中にはいます。そういった人でも、プレゼントを貰ったら大抵の場合では悪い気はしません。プレゼントは卑怯と感じる方もいるかもしれませんが、謝罪の気持ちを形で示すというのも大切です。

金銭面を自分が負担する

普段、デートなどで割り勘やおごってもらうことが多いという方は、ドタキャンしてしまった後は自分が食事代や遊び代を出す姿勢を見せることも効果的です。その際は必ず、相手にお金を負担することを告げ、断られるようであれば無理に押し通すことはやめましょう。

自分のスケジュールを伝えておく

今後、自分がまたドタキャンをしてしまうかもしれないと悩んでいる方は、会ったときに自分の日々のスケジュールをあらかじめ伝えておくのが良いでしょう。すべて話すのは嫌という方は、仕事のこと、自身の体調などドタキャンにつながりそうなことは最低限伝えておくと、いざドタキャンしてしまったというときに相手のイライラも少し軽減させることができます。

ドタキャンされたときの対応の仕方

ドタキャンをしてしまうこともあれば、反対にされてしまう側になることもあるでしょう。その際に、「ついつい怒鳴ってしまった」「相手を無視してしまった」と感情的になってしまったことを後悔したことがある方も多いのではないでしょうか。

実は、ドタキャンされたときの対応の仕方で、相手の気持ちもガラリと変わると言います。では、どのように接するのが一番良いのでしょうか。

相手の事情に合わせる

よくドタキャン後に関係がこじれてしまう対応例として挙げられるのが、「怒鳴る」「相手を執拗に責める」「感情的になる」といった行動です。ドタキャンをされて怒り心頭のときの反応としては納得できますが、実はこれで相手の気持ちが冷めてしまう場合もあります。

相手を不快にさせず、なおかつ良好な関係を続けていくには、多少こちら側が折れて大人な対応を見せるしかありません。納得いかなくても、相手の言い訳を理解するそぶりを見せ、むやみやたらに問い詰めない広い心を持つことが大切です。

自分も理由を作る

「実は自分も予定が一つ入っていた」「代わりに友達/彼氏と一緒に遊ぶから平気」というように、相手を心配にさせない程度に適当な理由を作るというのも一つの方法です。罪悪感に浸っていた友達や男性も、こちらにも事情があったと知ったら少しは気持ちが和らぐことでしょう。

自分の気持ちを遠回しに伝える

受け入れているだけでは物足らないという方は、さり気なく自分の気持ちを伝えてみると、相手の気を引くことができます。例えば、「また近いうちに会いたい」といったことや、「久々に会えるから楽しみだったけど、残念だな」といったように、嫌味にならない程度に寂しい気持ちを伝えると良いでしょう。相手が彼氏だった場合、男性の気持ちも汲みつつ、可愛らしい女性も演出することができます。

代わりの条件を提示する

いくら寛大な気持ちを持つことが大事と言っても、何でもかんでも許してしまうのも良いこととは言えません。一度許す気持ちを示した後は、「次のデートでおごってもらうね」「次のプランはこっちで立てる」というように、しっかりと相手に挽回のチャンスを与えてあげることも重要です。そうすることで、相手を過度に責めることなく静かに牽制できるので、自分の存在価値もしっかり示すことができます。

ドタキャンは賢い対応でカバーしよう!

誰しも、気分や急な用事でドタキャンしてしまうときはあるもの。してしまった後は、くよくよ悩んでも仕方ありません。大切なのは、その後の対応です。

・相手が誰かによって適切な対応の仕方を見つける
・開き直らない
・しっかりと謝罪し、後日埋め合わせをする
・ドタキャンされても責めない

このような対応の仕方を心がけておけば、きっと相手が自分に抱く感情も変わってくることでしょう。ピンチをチャンスに変えて、ドタキャンを機に相手との関係がより良いものとなるようポジティブに考えるようにしましょう。

関連記事

Related