Search

検索したいワードを入力してください

人を探す夢の意味と心理|見つかれない/見つかる/友達/親【夢占い】

Small 883d1efb 5825 4dda a441 eb63144387beheather
カテゴリ:夢占い

初回公開日:2017年08月31日

更新日:2020年06月26日

記載されている内容は2017年08月31日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

人を探す夢の意味と心理|見つかれない/見つかる/友達/親【夢占い】

人を探す夢を見たときの夢占いの意味と心理

皆さんは、誰か人を探す夢を見たことがあるでしょうか。探している人が自分にとって大事な人ほど、その夢の意味がきになりますよね。夢占いでは、出てきた人物や結果を照らし合わせ、潜在意識で何を感じているのか理解することによって、自分が何を求めているのかを知ることができます。

ここでは、人を探す夢の意味を、状態別・人物別に解説していきます。

人を探す夢の意味は?

人を探す夢を見た場合は、不安や焦燥感を表していて、自分の中でその問題をどうにかしたいと強く思っている場合が多いです。

その中でも、特定の人を探す夢を見た場合、その人との距離が物理的にあるいは心理的に遠くなるかもしれないという現れです。誰を探しているか、見つかったのか見つからなかったのかによって自分の潜在意識が何を訴えているのかがわかります。

人に限らず何かを探す夢を見た場合は、あなたにとって失いたくないという不安な気持ちが高まっていたり、自分自身の人生の目標や心の癒し、安定した心を求めているという暗示です。誰かを想うあまり心が不安定になっていたり、自分の未来に大きな不安を抱えてはいるのではないでしょうか。

ですが、人の心配事は9割は現実には起こらないと言われるくらいですから、心配をしすぎるのもよくありません。適度なストレス発散や息抜きが必要だと潜在意識で思っているのでしょう。夢占いの結果をもとに、人を探す夢の意味を参考にしてみてください。

夢占いについて詳しいプロの意見が聞きたいという方は、占いサイトを活用しましょう。あなたの見た夢に対して、どんな意味が込められているのか分かりやすく説明してくれるので、おすすめです。

状況・状態別の人を探す夢を見たときの夢占いの意味

人を探す夢を見たとき、そのときの状況や状態で夢占いの結果を探ってみましょう。

探している人が見つからない

夢占いでは、人を探すが見つからない場合、現実逃避をしていたり、問題の解決の糸口が見つからずがんじがらめの状態で、探している人物が大切であるほどストレスを感じています。また、特定の人が見つからない場合は、その人を失いたくないという強い気持ちから人を探す夢を見ることがあります。

探している人が見つかる

もしあなたが、人を探す夢の最後に無事にその人を見つけることができる夢を見たなら、夢占いでは、最終的には問題を回避できると潜在意識で教えてくれています。

ただ、夢の中で人を見つけるまでに時間や手間がかかった場合は、それまでの努力や心の不安定さを乗り越える必要があります。自分にとって大切な人であればあるほど、大きな結果を残したり、人生にとって大きな成功を得る可能性があります。

友達を探す

夢占いでは、友達の夢を見た場合はその友達が自分自身やトラウマをとも友達に写していることが多く、時には何かに対して劣等感や反面教師の感情を抱いている場合があります。そんな友達を探す夢の場合、自分の弱点や弱い部分、嫌な思い出から逃げたい、忘れてしまいたいという潜在意識が働いています。

もし友達を見つけ出せることができたのなら、自分の弱さと向き合い克服していく、嫌な思い出を乗り越え新しいステップに進む時期であるのでしょう。しかし友達を見つけることができない夢の場合、自分のしてしまった行動や気にかけていたことから逃げたい、忘れたいという不安から後ろ向きになっているのではないでしょうか。

友達と親しい仲であればあるほど、長年気にしてきた問題や課題から目をそらしている可能性があり、自分一人ではどうにもできないという劣等感や絶望感が強いのです。

親を探す夢

夢占いでは、親の夢というのは基本的に「自立したい」「束縛から逃れたい」という独立心を表しています。親を探す夢を見た場合は、自立心とは逆に誰かに構ってもらいたい、大切にされたい、甘えたいという依存心が現れております。

何か一人では抱えきれないことに直面して、大きな喪失感や孤独感を感じているのではないでしょうか。両親は、誰にとっても1つしかないかけがえのないものですので、人を探す夢の中でも強い意味であることが多いです。

親とはぐれる夢は、親からの愛情を欲していることを表しています。親が見つからない場合、親の愛情だけではなく、周囲の人からの愛情をもっと受け取りたいという気持ちから見ることが多いです。もし、夢の中で探している親を見つけることができたのなら、誰か近くの人から援助が受けられたり、助けてもらえたりと、周囲との関係も次第に良くなていくという暗示でしょう。

あなたが親を見つけることができなかった場合は、大きなストレスを感じ、もう一人ではどうにもできないあなたの闇や孤独感が相当強いと考えられます。周囲との関係を悪化させないように、身近な人に相談する、息抜きしてみたり固執を捨てるなど、一度立ち止まってみることが必要かもしれません。

知らない人を探す夢

夢占いで知らない人というのは、同性であれば、自分でも知らないもう一人の自分自身であり、異性であれば恋愛をしている時の自分であると考えています。知らない人を探す夢であれば、その人に会いたいと思っていたり、何か用事があるために必要としているということです。

知らない同性を見つけることができたのであれば、何か自分でも知らなかった可能性を見つけることができ、それによって問題解決ができる可能性があります。夢占いでは、周囲の人いい関係を広げていくことができることを暗示しています。

知らない異性を見つけることができたのであれば、自分の魅力を開花できる、自信を持つことができる出来事があるかもしれません。また、理想の異性像を見ているとも考えられます。

知らない人を見つけることができない夢であれば、自分のアイデンティティに対して自信が持てない、「否定されたらどうしよう」というコンプレックスが強く現れており、ストレスがかかっている状態です。

知らない異性を探して見つけられないのであれば、人を好きになれない、好きと伝えられない、愛されないことに対する恐怖が大きいと潜在意識が訴えています。人は皆個性を持っており、みんなと一緒である必要はありません。知らない人を探す夢を見たら、自分を責めることをやめ、自分自身を愛することが大切です。

死んだ人を探す

夢占いで亡くなった人が出てくる夢は、幸運や財産、諦め掛けていたことが成功する、恋人とうまくいく、何かが復活することを表しています。

もしあなたが亡くなった人を探す夢を見た場合、あなたがその人に今も会いたいという依存心や、強い心残りを感じているのです。ただ、死んだ人を探す夢の最後に、最後に見つけることができたのであれば、近いうちに幸運をつかむことができる可能性があります。基本的に、亡くなった方に会う夢や話す夢、それがいい雰囲気であればあるほど吉夢であることがあります。

夢占いでは、死んだ人を探すが会えない、見つからない夢は、あなたの大切な人を失いたくない、もう一度会いたいという強い思いが現れていると言えます。結果として、人を探すが会うことができない夢というのは、悲しみから少しずつ自分を解放し、前向きに生きることが必要な時期なのかもしれません。

命あるものは、必ず死を迎えます。大切な人であればあるほど深い悲しみを抱え、悲観的になってしまいますが、今のままではいけないと潜在意識が教えてくれているのでしょう。