Search

検索したいワードを入力してください

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

Author nopic iconななたろす
コーディネート / 2018年12月25日
メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

大人カジュアルなコーディネートとは?

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

大人カジュアルといえば「かっこいい」というイメージがあります。まさにその通り、程よく抜け感を出した大人カジュアルな服装は、一度は挑戦してみたいコーディネートでもあります。雑誌のモデルさんみたいにスタイルが良くないと着こなせない。なんて思っていませんか、そんなことはありません。

ポイントを押さえれば、誰だって大人カジュアルな服装を着こなすことができます。そこで今回は、大人カジュアルなコーディネートを紹介するとともに、着こなしのポイントなどをご紹介します。

季節別コーディネート例

大人カジュアルな服装にするためにまず押さえておきたいのは「季節感」です。せっかく素敵なコーディネートをしていても、季節に合っていなかったら台無しになってしまいます。まずは、季節別に大人カジュアルなコーディネートをみていきましょう。

春は鮮やかな色を取り入れて

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

春は、色味を生かしたコーディネートがおすすめです。色味といっても、カラフルにしたら派手になるし子供っぽくなってしまいます。大人カジュアルな色使いは「くすみ」がポイントです。パキッとしたピンクやオレンジもとても素敵ですが、元気で若々しい印象を持ちます。

一方で、くすんだピンクや深みのあるカラーに変えると落ち着いた大人な印象を持ちます。普段はシックな装いをしている方も、春は鮮やかなカラーを使ってコーディネートを楽しんでみてください。

夏らしく爽やかさを意識して

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

夏は涼しげに、重たく見えないコーディネートにしましょう。夏だからといっても足を出すのに抵抗があるという方も、足首を見せるだけでグッと涼しさが出ます。重たく見えそうなパンツスタイルも、ダークカラーを使わずライトベージュなど明るい色をチョイスすれば涼しげです。

スカートを使ったコーディネートなら、膝下丈のスカートで風に揺れる素材をチョイスしてみてください。風が吹くたびに揺れるスカートは涼しげで夏らしさが出ます。

秋は落ち着いたカラーで品よく

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

秋はどうしても地味なカラーを使いがちです。「流行りのカーキやブラウンを取り入れたらコーディネート全体が暗くなってしまった」という方もいるのではないでしょうか。大人カジュアルな着こなしをするには小物使いが大切です。落ち着いたカラーを使ったコーディネートなら小物でアレンジしてみましょう。

ジャラジャラした小物を身に着けるのではなく、シンプルな小物を上手に使うことで品の良い大人カジュアルが完成します。

冬は防寒!抜け感も忘れずに

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

防寒すると厚着になり、何かと悩まされる冬のコーディネートですが、アウターの素材を工夫して軽やかに見せるのも良いです。また、大人っぽいコートを着てあえてニット帽などをかぶって抜け感を出すのも良いです。さらに大人っぽさを重視するならタートルネックがおすすめです。

レディース・メンズの大人カジュアルにするポイントとは?

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

メンズ・レディースともに大人カジュアルをつくるポイントは同じです。「洋服にあまりお金をかけられない」「センスに自信がない」そのような方でも大人カジュアルなファッションを楽しめるポイントをいくつか紹介します。

カラーは3色まで

洋服・靴・小物までを合計3色で作ります。その3色のうち、1色をモノトーン(白・黒・グレー)にするのがコツです。モノトーンは大人っぽい印象をあたえ、モノトーンの割合が多いほど大人の印象になります。ですので、例えば30代の方なら8割くらいをモノトーンにすると年相応のコーディネートになります。

大切なのはシルエット

色合わせが合っていてもシルエットが崩れていたら元も子もありません。お洒落な大人カジュアルなコーディネートは、シルエットで大きく変わります。特におすすめのシルエットは2つです。大人っぽくスッキリと見せてくれる「Iライン」と体型をカバーしてくれる「Yライン」です。この2つのシルエットを意識すれば大人カジュアルになります。

清潔感と大人の余裕

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

そして最後のポイントは、清潔感と大人の余裕です。ダボダボのジーンズにスニーカーだと、少しだらしない印象がありますし清潔感は出せません。しかし、靴をキャンパスシューズにすることで清潔感が出ます。このように、カジュアルなアイテムを取り入れたらキレイめのアイテムを足して、カジュアルすぎないようにしましょう。

また、ゆるく腕まくりをしたり、ルーズにロールアップすることで大人の余裕感が出せます。

ブログを参考にしてみよう

次に、いろいろな大人カジュアルなコーデを見てみましょう。参考になるブログを2つご紹介します。

どちらもとても参考になるブログです。見ているだけで少しお洒落になったような気分になります。芸能人やモデルではなく一般の方のコーディネートなので自分の体型に合わせて好きなコーディネートを見つけてみてください。

大人カジュアルにかかせないブランドとは?

ブランドによってコンセプトはさまざま。自分のタイプに合ったお気に入りブランドを見つけることで洋服選びが楽しくなります。今回は、大人カジュアルを目指している方におすすめしたいブランドを紹介します。

Vis

落ち着いた雰囲気のレディースファッションブランドです。程良いトレンド感と、落ち着いた大人っぽい雰囲気をミックスした商品を展開しています。価格も安めで、30代女性におすすめのブランドです。

ZARA

大人な雰囲気が漂うファストファッションブランドです。H&Mやユニクロといったファストファッションブランドと比べるとやや高い部類に入りますが、 トレンドをしっかり押さえたアイテムが揃っています。

SHIPS

キレイめをベースとした大人カジュアルファッションが得意です。ジャケパンスタイルはもちろん、パーカーやショーツを使いながらもどこか上品な印象を添えたい大人の方におすすめです。

Three dots

品質とシルエットにこだわっているブランドです。Tシャツ1枚でもかっこよく大人っぽく仕上がります。

大人カジュアルにかかせない小物

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

同じTシャツを着ていても、小物があるのとないのじゃ大違いです。簡単にコーディネートを格上げしてくれる優秀なアイテムを紹介します。

リュックをお洒落に使いこなす

子供っぽい印象を持たれがちなリュックですが、使い方次第で大人カジュアルにも合います。重要なのは、サイズ感と物を入れる量です。サイズ感は、自分の身長や体格に合わせた物を選びましょう。どんなにお洒落なリュックを使っていても物がパンパンに入っていたらそのリュックのシルエットが台無しになります。リュックのシルエットを考えて、入れる量を調節しましょう。

スニーカーこそ綺麗な物を

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

「お洒落は足元から」という言葉を聞いたことはありますか。まさにその通り、ボロボロのスニーカーでは大人カジュアルにはなりません。

足元こそ、清潔感が出るポイントです。くたくたのTシャツを着ていても真っ白なスニーカーを履いていたら、むしろくたくたのTシャツもかっこよく見えます。どんなスニーカーでも大人カジュアルなファッションに取り入れることはできますが、綺麗な物を履くようにしましょう。

靴こそこだわろう

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

「全身のコーディネートが決まったのに合う靴がない」という経験はありますか。そうなるとコーディネートを最初から決めなおさないといけなくなります。そんな事態にならないように、靴は一番最初に決めましょう。靴こそこだわりを持って「今日はこの靴を履きたいからこんなコーディネートにしよう」と、靴を中心にコーディネートを考えましょう。

そうなると、自然と靴を大切にするようになりますし、こだわりも出てくるでしょう。また、靴も乱雑に保管していると型崩れや色落ちしますので、丸めた新聞紙を中に入れて型崩れを防ぎ、日の当たらないところで保管するのが良いでしょう。

大人カジュアルに挑戦しよう

メンズ・レディースの大人カジュアルのコーディネート例

大人カジュアルというと、「大人っぽいのにカジュアル?」と、少しコーディネート作りが難しいような気がします。しかし、コツさえ掴んでしまえば簡単に大人カジュアルは完成します。まずは、普段の服装にお洒落な小物を足してみましょう。もっとお洒落が楽しくなるでしょう。

関連記事

Related