Search

検索したいワードを入力してください

結婚10周年のプレゼントはどうする?|夫・妻が喜ぶものやサプライズ

Small acad2d2b 980d 4dfb a57f 0d1f89e9514dにはかあめんぼう
カテゴリ:結婚

初回公開日:2017年09月08日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月08日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

結婚10周年のプレゼントはどうする?|夫・妻が喜ぶものやサプライズ

結婚10周年は何婚式かご存知ですか?

結婚しあっという間に月日が流れ、気がついたら結婚10周年と言う節目を迎えたというご夫婦もいることでしょう。笑い合い、時にはケンカをしながらも、共に歩んできたパートナーと迎えた結婚10周年を、日本では『錫婚式』と言います。25年目の『銀婚式』や50年目の『金婚式』と比べると、知名度はいまいちかもしれません。

錫とはアルミニウムのことで、別称『アルミ婚式』と言われています。これには、結婚10周年目を迎え、錫のように美しく柔らかい夫婦の関係性を願う意味が込められているそうです。最近では結婚記念日にご夫婦に合ったプレゼントを贈りあうことが多いですが、元々は結婚10周年の錫婚式では、錫の食器製品等、錫に関わる品を贈りあう習慣があったそうです。

結婚10周年に妻へのプレゼントは?

指輪を贈る

結婚10周年と言うと、錫婚式よりも普及しているのが「スイートテンダイヤモンド」です。テレビのコマーシャルでおなじみになったスイートテンダイヤモンドは、結婚10周年に贈る10粒のダイヤが施された貴金属のことを言います。

最近ではダイヤの粒数にこだわらず、結婚10周年に贈るダイヤのことを「スイートテンダイヤモンド」と言い、普段家事などで手を使うことが多い女性には、粒数は1つのシンプルなものが好まれる傾向にあるようです。

ネックレスを贈る

指輪はサイズの確認が必要なため、サプライズで贈り物を考えてるから少し不向きという場合には、ダイヤのネックレスはいかがでしょうか。結婚指輪でダイヤを贈っている方でも、結婚10周年のプレゼントにダイヤのネックレスを贈れば喜んでくれること間違いなしです。

シンプルなデザインのものを選べばどんなスタイルにもあわせられるので、とてもお勧めです。

旅行を贈る

新婚の頃はお互い旅行が好きでよく行ってたけれど、お子さんができたり、仕事が忙しくなったり、だんだん長期で遠出する機会が持てなくなったと言う方も少なくないでしょう。そんな方にこそ、結婚10周年のプレゼントに旅行はいかがでしょうか。

もし、お子さんを預けられるようであれば、ご夫婦2人で行くのも良いですし、お子さんも一緒に家族みんなで行くのも良いでしょう。久しぶりに日常生活から離れて旅行を楽しむのも、結婚10周年の節目に相応しい思い出になります。

ケーキを贈る

結婚10周年のプレゼントを用意することが難しい、忙しくてまとまった時間がとれなそう、という場合には、ケーキはいかがでしょう。

甘いものが好きな女性は多いので、ホールケーキに2人の名前を入れて記念のプレートを付けて用意すれば、世界で1つ旦那さんから奥さんへの結婚10周年のプレゼントになります。名前付きのホールケーキは、年を重ねるともらう機会もほぼなくなってきますので、そういった意味でも嬉しい演出になるでしょう。

なかなか手に入れることができないパティシエのお店のケーキや、少しお高めで普段は頂くことがないようなケーキであれば、さらに結婚10周年に相応しいプレゼントになります。

花を贈る

もしも結婚10周年に特別な事をする時間がとれないようであれば、ぜひお花を贈ってください。好きな花や色が入った花束をもらうことで、十分気持ちが伝わります。生花だと枯れてしまうということが気になる場合は、ブリザーブドフラワーを贈るとずっと残せて記念にもなるのでお勧めです。

フォトウェディングを贈る

結婚式を挙げていないというご夫婦や、もう1回ウェディングドレスを着たい!という奥さんならば、結婚10周年のプレゼントにフォトウェディングを贈られてみるのも良いでしょう。

10年と言う節目に、もう一度、今後も共に歩んでいこうという気持ちを込めて写真を撮れば、錫のように美しく柔らかい絆で再度結ばれること間違いなしです。お子さんがいらっしゃるご夫婦は、ご家族で撮られるのも記念になります。

結婚10周年に夫へのプレゼントは?

時計を贈る

結婚10周年のプレゼントにするなら、常に身に付けていられる生活や仕事での必需品を選びたいという方も少なくないでしょう。そういった希望に適当なのが時計です。最近では、携帯電話で時間を確認しているという方も多いかもしれません。

しかし、奥さんから10周年の記念のプレゼントであれば、旦那さんも喜んで付けるのではないでしょうか。予算に合わせる必要はありますが、10年と言う節目になりますので、長く使えるような時計をプレゼントされることをお勧めします。

財布を贈る

前述の時計は、もしかすると仕事上付けていると支障が出てしまうということがあるかもしれません。そういった場合にお勧めなのが財布です。

普段荷物が少なかったり、色々手に持つことが好きではないという男性でも、財布は必ず持つものですから、10周年のプレゼントとして、相応しいものではないでしょうか。おしりのポケットに入れて持ち歩く男性も多いので、長く使えるよう旦那さんの持ち歩き方や、好みに合わせて記念の1品を贈ってください。

錫製のタンブラー

結婚10周年の錫婚式に錫製のタンブラーを贈ってみてはいかがでしょうか。特にお酒が好きな旦那さんへのプレゼントには最適です。なぜなら、錫は熱伝導率が高くお酒の飲み頃である冷たさや熱さを長くキープでき、分子が粗いため不純物を除去し雑味がなくなりお酒等の飲みものがまろやかになると言われているからです。

元々贈りあう品だった錫製品を、結婚10周年のプレゼントに贈るならタンブラーがお勧めです。