Search

検索したいワードを入力してください

気功の治療・ダイエットのやり方と独学で簡単にする方法

Author nopic iconbiggestsun
スピリチュアル / 2017年10月17日
気功の治療・ダイエットのやり方と独学で簡単にする方法

気功の治療のやり方

気功とは手から出る「気」を使用しますが、「気」とは人間の体に流れているエネルギーの一種です。そのエネルギーを使って気功治療師たちは施術を行いますが、その気功の治療によって、人間の手から気のエネルギーを出し、治療をしていきます。

この方法により多くの症状に渡って施術を行うことができますので、けがや痛み、緊張緩和や心身面へのリラックスなど多くの面において活用ができます。その手のひらを患部の上にかざしてエネルギーを当てて行く治療法のことを「気功での治療法」と言われています。

気功でオーラ体を癒す

通常人の体の周りには、オーラ体といわれるエ―テル状のエネルギー体で覆われています。またこのオーラ体には、思考や感情、健康面の状態が表れていることはご存知でしょうか?それによりオーラ体も体の一部としてとらえられることがわかるでしょう。

例えば、考えすぎて悩んでいるときにはオーラ体の色に表れますが、健康面で心配なときにもオーラ体の色に表れます。そのオーラの色は、黄色や緑、赤、グレーや白色があり、その色をみて健康か不調かが判断できます。

そのオーラ体は、ぱっと見てみて明るく見えたら健康だと判断ができ、くすんだ暗い色だと体の不調があると判断ができるでしょう。

オーラは明るければ健康、くすんでいたら不調

オーラ体の簡単な見方については、元気なときはオーラ体は明るく健康に見えますが、体の具合が悪いときにはくすんだ色をしています。実際に体の調子が良くない時には、顔の表情もすぐれませんし、身体の動きも鈍いために優れません。

もし具合が悪ければ何らかの治療を行う必要がありますので、気功法を一つの治療法として取り入れ、治療していくといいでしょう。

気功で施術を行う治療院の場合

気功で施術を行う治療院には、気功を扱う専門の治療師たちがいます。彼らは目には見えにくいオーラや気のエネルギーを扱いますが、クライアントの問診で、まず顔の表情を見たり、体の動き方を見ることが可能です。また心身の症状で、不調なところはないかどうかを伺います。

それによって治療師はクライアントの心身の不調な部分があれば、部分的ではなく、全体的にエネルギーを使って気功の施術を行います。ちなみに気功での治療は、器具は使用せずに手や体のエネルギーを活用していくため、体の不調な部分や全体的にエネルギーが伝わっていきます。

治療によって心身ともに落ち着いていきますので、体の細部まで丁寧に施術をされていることがおわかりになるでしょう。

気功は器具も身体にも触れずに行う治療法

気の治療をする時は、体のどこか具合が良くない部分があれば、治療に気功法を用いて癒していきます。例えば頭が痛い時には、手を当ててエネルギーを頭に流しますが、おなかが痛い時には、手を当ててエネルギーをおなかに流す方法を取ります。

手から流れるエネルギーを活用して、実際の体へとエネルギーを流していきますが、この気功を行う方法ができれは、クライアント自身が治療院に出向くことはありません。気功は独自で学ぶことができ、手からエネルギーを出して癒すことが可能です。

最初にエネルギーを流す方法で具体的なやり方がわからなければ、専門の先生から気功のやり方を学び、それから行ったほうがいいでしょう。

まずは専門家から学ぶことがおすすめ

手でエネルギーを出して癒していく方法がわからない方は、気功の治療院で治療師によって治療をしてもらいます。人間のオーラ体には邪気が出ていると、グレーや白、黒色のくすんだ色となって表れてしまいます。

その場合にはネガティブな考え方をしていたり、ネガティブな感情などがあるとその考えや感情が色となってオーラ体に表れます。具合が悪くなれば、色がくすんできますのでわかるでしょう。その場合には治療での気功を使い、手をかざしていく治療方法を行います。

気功で邪気を解放する

それらのネガティブな考え方やネガティブな感情から出てしまっている邪気を治療していくのが気功師たちの役割です。気功師たちはそれらを治療をする目的で働きますが、気功師たちは頭からつま先まで、気功でエネルギーを使って癒していくことが可能となります。

また気功師たちは、一切クライアントの実際の体に触れることなく治療をしていきます。治療院では気で治療をしますが、器具を使用することなく、電気や鍼など一切使用することもありません。そのため安心して治療を受け取ることができます。

基本的な気功法のやり方とは?

また、人間の体にはオーラ体というエーテル状の体が存在し、そのオーラ体には人の考えや感情、実際の体のオーラの色が出ています。それらは思考の状態を表すもの、感情の状態を表すもの、精神の状態を表すもの、その1つ1つにオーラ体があり、色があります。

オーラ体は、体を覆う保護をする膜の役割をしていますが、エーテル状でとても敏感です。外から強い影響を受けた場合、たとえば怒りや強い悲しみなど受けると、人によってはオーラ体が弱くなったり破れる現象が起こってしまうでしょう。

そのため人の健康を損ねてしまう原因となってしまいますが、気功法ではそのエーテル状の体を鍛える健康法が行えます。治癒が進めば、健康体となりますので、気功法で焦らずゆっくりと時間をかけながら癒すことを心がけて行くといいでしょう。

気功法は治癒に、健康維持に、心身強化に活用できる

気功法では人のオーラを健康にしていきますが、オーラ体の邪気を取るために気のエネルギーを流す方法があります。また実際の体へと気を送り、肌から筋肉や骨、DNAレベルまで浸透させていく気功の治療法も可能です。

次に健康維持のために行う気功法は、気を取り入れて呼吸法を上手に使いながら心身を鍛える気功法がありますが、それとは別に、呼吸を上手に使って武術を使いこなす気功法も存在します。

こうしてみると、気功法は用途によって数々のやり方があることが、おわかりいただけたのではないでしょうか。これらの気功法では上手に呼吸をし、気のエネルギーを整えながら調整をしていくため、気功法を使いこなすことが可能です。

気功法を学び、活用できれば、最高の味方となることがわかってくるでしょう。ではさらに気功法のやり方についてご紹介していきます。

独学で気功法のやり方を学ぶ

独学で気功法を学ぶには、気功法のやり方について教えている本やDVD、動画や気功教室などを通して学ぶことになります。気功のやり方は、本やDVDでも簡単に行うためのコツが紹介されていたり、ネットやYoutube動画でも紹介されていますのでご覧になってみてください。

独学で学ぶ場合、いずれにしても体や手を使って学びますが、実際に行う気功のやり方は、本をただ流し読みするよりも、実際にやって見ることをお勧めします。具体的なやり方や順番がいまいちわかりづらいときには、動画で実際に見ながら行ってみてください。その方法であれば独学でも気功法を学ぶことは可能です。

誰でも気のエネルギーはある

本来、人間は誰でも気を持っています。人の体にはもともとエネルギーが流れていますので、方法さえ学べば誰でも気功を使いこなすことが可能です。もちろん最初はわからない部分もあるでしょう。

ですので、初めのうちは気功法の教室を主宰している先生に聞いてみたり、市町村などの教室などがあれば気軽に行ってみて教えてもらうのもいいでしょう。ですがまずは治す箇所が具体的な症状として存在していたら、最初は治療をしてもらうことが無難です。

なぜなら気になる症状があったとき、独学で行うと煮詰まってしまう場合もあり得るからです。まずは独学で学ぶ前には専門の方に施術をしてもらってから、気功を行う感覚がつかめれば、どんな感覚なのかがわかっていくでしょう。

以下の動画を参考にしてみてください。

気功の簡単なやり方について

気功のやり方については、器具は一切使用しませんし、幅をとるスペースや場所も必要ありません。ですので必要だと感じたら気功法を簡単に行うことができます。静かな場所で気功法ができれば理想的ですし、環境的にも最適です。

もし広々とした場所がなかったとしても家や部屋の中で始められます。そのため問題は特にありませんので、気軽に行って見てください。ではさらに気功法の詳細について、ご紹介していきます。

気功を治療として行う場合

気功では体と手があれば、他には特に準備するものは必要ありませんので、一番簡単にできる気功法としては『手をかざす方法』で治療します。手をかざすやり方での気功法とは、体に痛む箇所があったり、けがをしている部分があれば行います。

手のひらをその患部の上に向けて、手のひらをかざしてエネルギーを送り、癒していきます。この場合には「手をかざしながら行う気功法」となりますが、このやり方を学び、覚えたらとても簡単ですし、重宝するでしょう。

気功を健康維持のために行う場合

気功を心身の健康維持のために使用する場合、体と手があれば他に準備するものは必要ありません。簡単な方法では、健康を維持するために呼吸を使って心身を活性化し、オーラを強化していく気功法があります。

実際に、体全体を動かしながら呼吸をうまく活用させ、健康維持するために行いますが、同じ気功法でも健康維持のための気功法とダイエットに特化させた気功法があります。最近では気功をダイエットに用いた気功ダイエットが人気です。

いずれも呼吸を取り入れることにより、血のめぐりや気のめぐりをよくしていきます。ですので、気功法を行うことで健康にもなりますし、ダイエットの効果も期待できるでしょう。

気功を武術で活用する場合

気功を武術で使用する場合も、体と手と足があれば他に準備するものは必要ありません。武術の場合、気功を上手に行いることでさらなるパワーを得られたり、機敏な動きをとることができます。

どの武術を行う時にも呼吸法はとても大切ですが、空手でも柔道でも合気道でも体の気のエネルギーを敏感に感じ取りながら、円滑に技を使用していきます。防御をするときにも呼吸法を上手に活用することで、防御するパワーを強化していくことも可能です。

武術を行う上で気功を取り入れた呼吸法は大切ですが、上級者ともなると相手の体に触れずに相手が勝手に倒れてしまう現象も起こってきます。気のエネルギーは無限大の力を持っていますので、武術を行う上で呼吸法や気功を学んでおくといいでしょう。

気功でできるダイエットのやり方

世の中には数多くのダイエット法が存在しますが、ダイエットのやり方は人それぞれです。食事療法を上手に取り入れた食事ダイエット、運動を上手に取り入れた運動を程よく取り入れたダイエット、サプリメントを上手に取り入れたダイエットがあります。

さらに、気功法の呼吸を上手に用いたダイエット法も存在します。特に気功法は体を用いるだけでとても簡単だと感じられるでしょう。では気功法を用いた気功ダイエットとは、どんなものがあるのかを見ていきます。

気功ダイエットで用意するものは?

気功では体と手があれば他には特に準備するものは必要ありません。気功ダイエットでも体一つあれば他に準備は必要としませんので、体を締め付けない服装で始めるといいでしょう。

気功ダイエットでは呼吸法を行っていきながら、体内の不要な気のエネルギーをだし、新しい気を取り入れていきます。また気功ダイエットの呼吸法では、呼吸を上手に使いながら体内のいらないエネルギーを吐き出していき、内臓にエネルギーを取り入れていくやり方です。

気功ダイエットでは代謝をよくし体を活発にする

人のお腹には『丹田』と言って人間の中心的存在のエネルギーポイントが存在します。気功ダイエットの呼吸法は、ここにエネルギーをためて意識をし、呼吸をしていく方法です。この呼吸を行っていくことにより、体はエネルギーにより活性化し、代謝がされやすくなります。

体の代謝がよくなることで汗もかきますし、心身の滞ったエネルギーやネガティブなエネルギーを浄化していくことが可能です。その結果、心身が健康になり、体のエネルギーも滞りがちだったのが、だんだんとスムーズに流れやすくなってくることが実感できるでしょう。

また気功ダイエット法では、胃の中にエネルギ―を流す方法を取っていきますので、食べ過ぎ防止にもなります。イライラしやすい気持ちも解放されたり、気功ダイエットを行うことでドカ食いをしがちなときも防止することが可能です。気功ダイエットは、とても簡単なやり方で行うことがわかるでしょう。

椅子に座って行う場合

では気功ダイエット法を椅子に座った場合のやり方を説明します。まずはおへその下に「丹田」と言うツボポイントがありますが、おへその下に両手を直接手をあてていきます。手を当てて息を吸っておなかを広げていき、息を吐いておなかを小さくしていきます。

その動作をゆっくりと焦らずに行いますが、ここでのポイントはゆっくりと3秒から5秒ほど息を吸って一旦息を止めます。そしてゆっくりと息を吐いていき、また3秒から5秒ほど息を吐いていきます。このやり方を繰り返していくだけですので簡単に感じるでしょう。

気功ダイエット法は慣れたらとても簡単に行うことができます。ポイントはできるだけお腹に力を入れすぎず、自然に呼吸を取り入れて行ってみて下さい。

床(ベッド)に横になって行う場合

では次は床(ベッド)に横になって行う場合の気功ダイエット法のやり方を説明します。横になりおへその下にある「丹田」と言うポイントがありますので、そのおへその下に両手をあてます。手を当てて息を吸っておなかを広げ、息を吐いておなかを小さくしていきます。

その動作をゆっくりと焦らずに行いますが、ここでのポイントはゆっくりと3秒から5秒ほど息を吸って一旦息を止めます。そしてゆっくりと息を吐いていき、また3秒から5秒ほど息を吐いていきます。このやり方を繰り返していくだけですので簡単に感じるでしょう。

ポイントはできるだけお腹に力を入れすぎず、自然に呼吸を取り入れて行っていくのがコツですので、ぜひやってみて下さい。

気功ダイエットは簡単にできる

この気功ダイエットは、体一つあれば呼吸をするだけで行うことができますので慣れたらとても簡単です。基本は体で呼吸をしますが、体の中の不要なエネルギーを体外に吐き出します。次に外から新しいエネルギーを体内へと入れて行く方法を見ていきましょう。

ここでは体中のエネルギーが活性化をしていきますので、心身が健康的に働きます。これは体を覆うオーラ体から始まり、肌、筋肉、骨、各体の内臓器官からDNAに至るまで呼吸が浸透し、この一連によって体内の代謝も活発になりますので、体のすべてが活性化します。

この方法によってお腹もすきにくくなりますし、感情的になったり、ネガティブに考えてしまう時にも効果があります。またドカ食いをしたり、間食をしがちだったクセに対しても効果が期待できますので、興味のある方は行ってみるといいでしょう。

以下は参考動画です。

朝の寝起きや夜の就寝時にも

この気功法は、忙しいママさんや社会人の女性や男性にも簡単に行えますのでおすすめのダイエット法です。もちろん年齢を問わず、老若男女ともに行えますので、中性脂肪でおなかが気になる男性も、体重が気になってきた女性にもおすすめの気功法となります。

簡単にできますし、朝起きてすぐこの気功ダイエット法で呼吸を取り入れることによって、一日も体調がよくなっていきます。また寝る前の就寝時にもこの気功ダイエット法で呼吸をすることで、睡眠もとりやすくなりますし、毎日の生活に取り入れることによって一石二鳥となるでしょう。

朝起きてすぐに気功を行うことで、心身の代謝もよくなり全身が活性化していきます。そのあとは仕事や家事、生活も気分よく始められますし、気功ダイエットを行った後はお水を飲むことで、心身の浄化もスムーズに進んでいくでしょう。

こうして簡単に気功ダイエットを行えますので、心身共にいいコンディションが実感できていけるのではないでしょうか。

就寝時に気功ダイエットを行えば快眠に

夜寝る前に気功ダイエット法を行うことによって、睡眠がとりやすくなることがわかってきます。特に一日の仕事や家事、忙しい生活などによって、疲労はたまっていくため、多くの方が心身の疲れを実感しているでしょう。

その一方で、体内でいらないエネルギーを排出し、いいエネルギーを取り入れていくことができれば、心身ともにリラックスができることがわかってきます。こうして気功ダイエットを行えば、そのエネルギーを排出したり、新しいエネルギーを取り入れることが可能となるでしょう。

気功ダイエットは健康法の一つですが、気功の呼吸法ではやり方次第で快眠へと導くことができます。例えば神経が高ぶっている場合、眠りが浅くなっている場合には睡眠が上手にとれない時もあるでしょう。

なかなか寝付けないお子さんや、夜の眠りが浅いという高齢者にも簡単に行えますので、しっかりと気功法のやり方を学べるといいでしょう。

気功ダイエットの詳細について

ダイエットに興味のある方は、簡単にできますので気功ダイエットを行ってみるといいでしょう。やり方がわからなければ、本やDVD、ネットなどでも多く出ていますし、気功教室などで学んでみるのもおすすめです。

もちろん上記の方法を読んでいただけたら、気功法で行うダイエットもできますので、楽しみながら気功法を学んでいくことも可能となるでしょう。

手からエネルギーを出して行う気功のやり方

では次に手から行う気功のやり方を説明します。人間の体には、気のエネルギーが出入りする場所が多く存在していますが、サンスクリット語で「チャクラ」と呼ばれますが、そこには、気のエネルギーが出入りするための大切なエネルギースポットが存在します。

そのチャクラの場所は、体の中にいくつも存在しますが、主要となるチャクラは7カ所です。その7か所とは別に、手には「手のチャクラ」、足には「足のチャクラ」、背中には「背中のチャクラ」と呼ばれる場所が存在します。

基本的には、7つのチャクラのある場所の上に手を当て、行っていくやり方ですので、覚えておくといいでしょう。

主要チャクラは7か所

通常、人の体には主なチャクラが7か所あります。頭のてっぺんにあるチャクラは「クラウンチャクラ」で、額にあるチャクラは「第3の目のチャクラ」です。喉にあるチャクラは「喉チャクラ」で、胸にあるチャクラは「ハートチャクラ」となります。

みぞおちにあるチャクラは「みぞおちチャクラ」で、下腹部にあるチャクラは「第二チャクラ」です。土台となるチャクラは「第一チャクラ」となります。これらの7か所が主な主要チャクラと言われますが、おわかりいただけたでしょうか。

この7か所が主に気のエネルギーの出入り口となりますが、気功法ではこれらの7カ所に手を当てエネルギーを流して治療していくことが主流です。

立禅(りつぜん)で行う気功のやり方

立禅で気功を行うやり方については、肩幅に足を開いて立ち、呼吸を整えて行います。立禅は立ちながら行う禅のことですが、そのやり方を簡単にみていきます。まず体を楽にし、肩幅に足を開いて立ちますが、そのままの状態を保ち、自然体で呼吸を整えながら禅を行っていきます。

この気功法を行うことによって、落ち着きも出てきますし、雑念も消えていく練習となりますので、続けて行っていくといいでしょう。家の中でも行えますが、できれば屋外に出て公園や森林、ビーチなどの海辺などで行うと開放感を感じられますのでおすすめです。

立禅を気功法として行うやり方

まず肩幅に合わせて足を広げて立ちます。この時に少し膝を曲げ、あまり足がつっぱらせずにして立ちますが、背筋は伸ばして重心は丹田に集中します。次に肩の力を抜いて身体中の力を抜き、呼吸を整えていきましょう。

あとは自然と呼吸を繰り返して行くだけとなりますが、できるだけ何も考えず、まるで木になったつもりで心身や頭の中をからっぽにします。最初に立禅する時間としては、3分ほどから30分ぐらいまでを目安にするとよいでしょう。

立禅で気功法を行う時は、自然と呼吸を行っていきますが、まるで木になった気分で自然に任せていくといいでしょう。

気功法を学んで健康な体になろう!

気功と気功ダイエットについてご紹介してきました。気功法は使用用途が多数ありますので、数々の活用が可能です。この気功法では気のエネルギーを上手に活用して、毎日の生活にも簡単に取り入れることができます。

また気功は心身の健康維持やダイエットにも活用できますし、気功法を学んだ後には、独自で、または他の人にも癒すことが可能です。この気功法によって、簡単に行えるということがおわかりいただけたのではないでしょうか。

どの気功法でも体一つあれば呼吸法を使って行うことができますので、簡単に始めることが可能です。また気功法は気のエネルギーを使用して、体内の代謝をよくしたり、活性化をしていきます。気功法に興味のある方は挑戦してみるといいでしょう。

Line@