Search

検索したいワードを入力してください

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

Small bd48c549 cc8d 4ae0 8ec4 4445a28b8b36
コーディネート / 2018年12月25日
春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

15度の気温の場合、メンズはどんな服装でしのぐ?

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

暑すぎない、少し肌寒い、そんな15度前後の気温のメンズファッションはどうすれば良いでしょうか。春や秋など悩む所です。完全な夏ならTシャツで良いですし、完全に真冬ならセーターとコートで良いでしょう。しかしその中間である少し肌寒いと感じる春や秋の服装には若干困ります。オシャレメンズはどのような装なのかをご紹介します。

15度前後、春のオシャレメンズの服装はどうすれば良いの?

肌寒い日、温かい日が混じり合う春のメンズのオシャレな服装は、その日の気候によって選びましょう。寒くダークな印象を受ける冬の服装を脱ぎ捨て、春は明るい季節です。

まだ寒いのにマフラーなしや、温かいのにコートを羽織っていては春という旬を咲かせることができません。1日1日変化する春の気候に合わせてメンズの服装を変えていきましょう。寒い日の服装と、温かい日の服装を準備しておくと、女子目線もアップします。

イメチェンするにはトップスの色が大切!15度ならなおさら注意!

春コーデの作り方は、トップスの色が大切です。若干寒いと感じる15度前後ならば、ダークな色彩のトップスを用意すれば良いですし、15度ちょっと超えるくらいの気温なら、トップスは明るめにすることです。

15度を下回るようなら、厚手のジャケットも着回すことができます。逆に15度を若干超えるようなら、薄手のカーディガンが役に立ちます。ただ、薄暗くても春であることに変わりないので、ジャケットの中のトップスには春らしさを忍ばせましょう。

明るめのロングTシャツやホワイト系のトップスを着て、春らしさを感じさせると、重い感じがしません。ジャケットもカーディガンも、何着か用意しておくと良いでしょう。

15度の春の服装でジャケットを着るなら、インナーでポイントアップ

もし15度前後、下回るような肌寒さを感じた場合は、ジャケットを羽織りましょう。と言っても、かっちりしたジャケットではなく、緩いトーンのジャケットがベストです。そんなジャケットを春の服装として着るなら、インナーがポイントです。ラフさを出しつつ、インナーで遊ぶのが15度のメンズの服装の定番でしょう。

彼女とディナーに行く際でも、ジャケットを羽織ればかっちり決まりますし、インナーもVネックや落ち着いた色にすることで大人っぽさを出すことができます。ジャケットはネイビーやグレーなどが良いでしょう。その代わり、春らしさを出すために、インナーで遊びましょう。春らしいインナーの色と言えば、やはりホワイト系やイエローなどです。

ジャケットから見えるインナーがアクセントになり、春らしさを出してくれます。

少し暖かい15度以上の気温の服装はカーディガンプラスロンTかYシャツ

ジャケットより服装としてカジュアル感を出したいのなら、カーディガンがおすすめです。特にカーディガンのボタンを全部留め、Yシャツの襟首だけを出すスタイルはカジュアルテイストが出ている服装です。Yシャツによりかっちり感も出すことができ、さらにカーディガンでカジュアル感を出すことができます。カーディガンは色々な色味があるので、3着ほど15度の気温に備えておくと便利です。

何かと活躍してくれるカーディガンなので、コーデ作りも楽になります。肌寒い日は厚手のカーディガンを羽織り、15度より気温が若干高めなら薄手のカーディガンが役に立ちます。中のインナーも寒い日はダークな色をチョイスし、温かい日は淡目カラーのTシャツやYシャツを合わせると、より春らしさを感じる服装になります。

15度の場合のボトムスはどうする?

15度の服装で悩むのがボトムスです。もちろんジーパンを履いても良いですが、それだけでは飽きそうです。いつも同じジーパンばかり履いていると、どうしても単調になりがちな服装になります。

そんな時にはトップスが軽やかなのにジーパンはなかなか服装としては似合いませんから、多少厚手でもスリムに見えるボトムスを服装として選びましょう。最も春で選ばれるボトムスはチノパンでしょう。色合いはベーシックなベージュやグレーが好ましいです。またネイビーなどもジーパンと重なる色合いなので服装としての相性は抜群です。

アクセサリーでハズす15度前後の服装チェック!

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

また15度という服装であれば、アクセサリーで春らしさをアピールしても良いでしょう。飲食店に入ってジャケットを脱いだら、首回りや手首が見えます。その際、ちらりと見えるアクセサリーがより服装を華やかかつ服装を春らしく変えてくれます。軽めな印象を持たせるアクセサリーは春の服装にピッタリのアイテムです。

ブレスレットをつけるメンズはあまりいませんが、ジャケットにブレスレットなどは軽やかでカッコイイです。さらにYシャツボタンを開けて、ネックレスをつけても服装に軽やかさが出ます。

春の服装をより春らしくみせるためには、アクセサリーは重たいものはNGです。あくまで軽めのアクセサリーを選びましょう。派手なものは避け、色合いもダークなもの、素材も軽やかなもので仕上げているものが春の服装に似合っています。

秋に15度!メンズの服装をオシャレに仕上げるには?

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

秋は冬に向けて色々な服装のコーデを楽しめる季節です。15度は若干寒いという男性もいますが、ちょうどいいという男性もいます。アウターで楽しむのもよし、インナーで遊ぶのも良いでしょう。何よりアウターの種類が多いのがメンズの秋の服装の特徴です。アウターで色々遊んでファッションをオシャレに仕上げましょう。

メンズの秋の服装はまずはアウターを押さえよう!

秋はトレンドを押さえて服装を楽しみましょう。15度の服装と言えばちょうど合アウターを羽織る気温です。しかしあまり厚手のアウターを羽織るにはまだ早い頃です。

軽めのアウターを羽織り、トレンドを押さえた服装でオシャレ感を出しましょう。キレイめでアウターを羽織るもよし、少し早めの服装としてニットで秋を楽しむのも良いでしょう。15度という気温を活かしてトレンドを押さえた服装を意識するのがポイントです。

女子受け抜群の秋の服装、まずはステンカラーコートを用意しよう!

まずはメンズの秋の服装で、15度と言えば軽めのコートが必要です。トップスをまだ軽めにしたければ、軽めのコートを服装に合わせることでオシャレコーデが完成します。そのためには、まずはステンカラーコートを用意しましょう。ステンカラーコートと合わせる服装はシンプルになりますが、シルエットでキレイめに映る服装に間違いなしのコートです。

ポイントは細身パンツと合わせることです。着丈が長いステンカラーコートは足が長く見えるので、スキニーパンツなどを合わせると秋の服装としてかなり優秀でしょう。モノトーンなカラーも男性らしさを出してくれます。

テーラードジャケットで秋を楽しむ!

ファッション誌でアンケートを取っても、やはり人気なのが、テーラードジャケットです。女子受け必須の服装としてランクインしています。大人なイメージを持たせることができ、すらっと着こなすことができる15度にぴったりの秋の服装です。

シルエットが細身なテーラードジャケットは、やはりこちらも細身の服装で対応したいです。黒やグレー、ネイビーなどのジャケットを選ぶと間違いありません。テーラードジャケットを着こなす際は、服装がカジュアルになりすぎないよう注意しましょう。せっかくのジャケットのバランスが崩れてしまうからです。

細身デニム、モノトーンの服装で合わせると15度の気温にぴったりの服装になります。15度と言えば、服装としてやはりダークな印象の服装を選びがちなので、黒やグレー、ネイビーなどのジャケットを選びがちですが、個性的な柄入りテーラードジャケットを着こなす上級者もいます。

ストライプ柄は一見目立ちますが、15度の気温に合わせて着こなすには同じ色のインナーと合わせると割と上手く着こなせます。異素材テーラードジャケットもありますが、こちらはインナーやボトムスをシンプルにすることで、ジャケットの素材感を出すことができ、服装として充分オシャレになります。

パーカーを極めて秋を楽しむメンズファッション

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

パーカーはデニムやスウェット、スラックスまで合わせることができる優秀なアウターです。よりカジュアルな服装として知られており、服装としてメンズは一着は持っていることでしょう。

細身のマウンテンパーカーならデニムもスキニーに仕上げ、スッキリシルエットの服装に仕上げましょう。ミリタリーのパーカーなら同じ素材のボトムスで合わせると、外すことのない服装になります。

メンズをさらにオシャレにする秋のインナー、デニムを着こなす

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

定番でトレンドの秋の服装として、アウターの下に着こみたいのがデニムシャツです。スーツ、ジャケットにも合わせることができる服装で、遊びとしてデニムシャツを合わせることができます。

カジュアルテイストのデニムシャツからドレステイストの強いデニムシャツまで幅広く揃っているのが、デニムシャツの特徴です。デニムシャツ1着あれば、アウターは何を着ても決まる、そう言っても過言ではないインナーの1つです。

無地Tシャツは1着は絶対に持っていて欲しいメンズの服装のポイント!

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

無地のTシャツはインナーとしてかなり着回せる服装の1つです。1枚くらいは持っていて欲しい秋のインナーです。白Tシャツは定番で、どんなアウターにも合わせることができる服装です。

ダークトーンになりがちな秋の装いに華やかさを沿えてくれるホワイト系のインナーはオシャレメンズにとって1着は持っていて欲しいです。カーディガンに合わせるなら、ダークなTシャツもカッコイイ着こなしの服装になる無地Tシャツ。秋にさらっと無地Tシャツというアイテムを着こなすことができれば、オシャレ上級者とも言えるでしょう。

秋にはカジュアルシャツも見逃せないインナーの1つ

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

シャツも秋に活躍する服装の1つです。15度という曖昧な気温差にシャツは重宝します。ラフに着こなし、抜け感を出すことができ、着丈は短めのものを選ぶとなお良いです。

やはり白が秋には服装としては一番似合っており、どんなアウターにも合わせることができる色味です。15度でもさらっとそのまま着るも良し、インナーとしてアウターと合わせて15度の気温を楽しむも良しの万能なアイテムがシャツです。

また厚めのシャツならアウターとして羽織ることもできる服装になるので、若干カジュアルなテイストのシャツを購入しても15度の気候にはマッチしているでしょう。

定番ニットはタートルネックもおすすめ!インナーにもアウターにも!

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

定番のニットは、薄手のものならインナーとしても活躍するアイテムです。特に白系のニットは爽やかなイメージを醸し出すので、キレイめファッションを生み出すことができます。多少厚めのニットはそのまま1枚で15度を乗り切ることができますし、冬になれば厚手のコートのインナーになるのでコストパフォーマンスも高いです。

またタートルネックのセーターも、やはり秋にはおすすめインナーの1つです。ダークカラーのタートルネックは大人っぽさを出すことができます。秋だからと言って、重たくなりすぎないようにパンツはホワイト系にしましょう。

色鮮やかな春のレディースはどんなオシャレを楽しむ?

冬も終わりに近づき、桜が咲きだす春には、レディースのファッション選びも変わってきます。厚いコートを脱ぎ捨て、スプリングコートに着替え、コートの中は色とりどりの華やかな装いをします。

女性だからこそ春のコーデは華やかにがモットー。寒がりなレディースは15度だと寒いと感じる日もあるでしょうが、ファッションのためなら気温も我慢するほどレディースはオシャレに敏感です。そんな女性陣は春をどのようなファッションで楽しんでいるのでしょう。

春のレディースのオシャレファッションを見せて!

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

春はショップでも明るい色のトップスやボトムスが増え、華やかな雰囲気を出します。15度以上になる日もあり、よりファッションを楽しめる季節です。

透明感のある服装やパステルカラー、ワイドデニムなど多くのファッションが楽しめます。まだ長袖でも良いですし、ノースリーブだって上に羽織るものがあれば着こなせます。ワンピースも可愛いですし、春ニットも活躍します。そんなオシャレレディースの春ファッションを紹介しましょう。

春先に羽織るならロングシャツやロングカーディガンをチョイス

春がやってきたなと感じたら着たいロングカーディガン。秋にも活躍できるロングカーディガンですが、春には春らしい色味のものをチョイスしましょう。15度では少し肌寒いと感じる女子の定番スタイルです。

色味はベージュや淡いピンクなど、パステルカラーを選べば問題ありません。また丈の長さはロングがベスト。くるぶしまで必要はないですが、できれば膝下まであるのがトレンド。

さらにロングシャツも春先に欲しいアイテムの1つ。15度以下になった場合にさっと羽織れる万能な1枚。ストライプなどは旬なアイテムなので、1枚は欲しいシャツです。ロングシャツだけで注目を集めることができます。

デニムロングシャツも人気があります。刺しゅう入りのアイテムも最近は販売されており、薄手のデニムロングシャツが春先には人気です。

トップスはブラウスで決まり?とろみシャツは相変わらずの人気!

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

15度にもなれば、ブラウスも着こなせます。やはりとろみシャツは人気があり、くたっとしたテイストが女性らしさを醸し出します。また昨今のトレンドでは刺繍入りブラウスに注目が集まっています。

裾にボリュームのあるブラウスもあり、ボトムスをすっきりさせることでバランスを取ることができ、トレンド先取りができます。

また首元が大きく開いているブラウスも人気で、やはりトレンドはボリューム袖です。首元が開いているブラウスの場合は、アクセサリーで差をつけましょう。

まだ素足は寒いならパンツルックを

15度ではまだ寒いと感じるレディースは、ボトムスにパンツルックを取り入れましょう。デニムはワイドデニムを選ぶとブラウスとの相性も抜群です。15度以上の気温でも厚く感じさせない薄手の素材のデニムがオシャレです。

またベルト使いをするとなお良いでしょう。ワイドパンツは裾が広がるので、ウエストをきゅっと締め、スッキリしたスタイルに見えます。

ボトムスにキテいるのはハイウエストのホワイト!

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

また、15度という気温上、ボトムスを着こなすレディースも多いですが、ボトムスのトレンドはハイウエストでホワイトです。デニムでも白なので、ガーリーになります。

またハイウエストデザインのボトムスが多いのも特徴です。ウエスト位置が高い位置にくるので、スタイルアップします。

ガウチョパンツも白が人気です。どんなトップスとも相性の良い白のガウチョパンツは15度という揺らぎ気温差に負けない人気アイテムです。

スカートはロング丈が人気上昇中!

春のスカートコーデはロング丈が人気上昇中です。15度の気温でも厚くも寒くもなく、15度以下でも15度以上でもスッキリ着ることができます。

春だからこそパステルカラーのスカートを選びましょう。パープルやイエローなども人気ですが、淡い色合いだからこそ、派手過ぎずにロング丈で遊ぶことができます。

また15度でも足を出したい、というレディースのためにおすすめなのはプリーツスカートです。また流行り出したプリーツスカートは細いプリーツがおすすめです。花柄が今トレンドですから、15度ともなれば素足でも、ストッキングを履いても良いでしょう。

オシャレは靴から始まる!春先の靴はどれが流行る?

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

レディースはオシャレは靴から始まることを知っています。春先レディースファッションは靴を制覇して完成します。春先の靴は今まででバレエシューズのようなぺたんこ靴が流行りでしたが、15度にもなればサンダルも活躍します。

春先レディースの15度に丁度いい靴とはどのようなものでしょう。

春っぽいスタイルを出したいなら、シューズだってこだわりたいもの。

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

15度前後の揺らず気候の春先には、ぺたんこ靴が主流でしたが、昨今厚底サンダルがブーム到来です。15度と言えばすでに素足のレディースもいますから、サンダルも履くことが多いです。

厚底サンダルが最近では店頭に並んでおり、特徴としては刺繍入りのものが多いです。冷え性で15度では寒いというレディースも、ソックスを履いてサンダルを履く人が増えました。

また素足でもソックスでも可愛いミュールも15度の気温には相性の良いシューズです。15度ならまだソックスを履きたいというレディースもいますから、ミュールは特にレディースにおすすめの一足です。

さらにヴィンテージ感溢れるサボも15度気候には適したシューズでしょう。20代から30代に渡り大人可愛いレディース向きのサボは15度でまだ寒いと感じるならソックスを履くのもおすすめ。

15度でもレースアップシューズならつま先が見えないシューズも多いので、素足で15度以下でも履けます。リボンのように足首で結ぶタイプが人気を集めています。

秋のレディースファッションのトレンドを押さえよう!

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

秋と言えば残暑の残った名残があるので、15度でもそれほど寒く感じないレディースも多いです。そんな秋のレディースファッションはトレンドを押さえつつ、秋の装いを出しましょう。

トップスはロンTと秋ニットを選ぶべし

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

秋のレディースファッションで肝心なのはトップスは秋ニットを選ぶこと。秋は多くの色合いのニットが出回るので、それぞれ自分に似合った色合いのニットを見つけるのが正解。

薄手素材のニットやタートルニットも人気ですし、ニットベストを着れば多少寒暖差があっても大丈夫です。

秋ニットは完全に寒くなる前の必需品です。本格的に寒くなればインナーを着てニットを着れば冬にも活躍するので、何着か持っていると着回しがききます。

また定番のロンTも押さえておきたいアイテムです。若干寒いと感じる日にはコーディガンやベストを羽織ると良いでしょう。また7分袖などのロンTもおすすめです。

ロンTは多くのシーンで活躍しますから、長く愛せるものを探すことがベストでしょう。

ボトムスはガウチョ、バギーなどのゆったりスタイルがくる!

秋のボトムスはガウチョパンツやバギーパンツなどのゆるリラックスできるスタイルが良いでしょう。大人のオシャレをより魅力的に演出してくれるボトムスです。

トップスはシンプルに、ボトムスにボリュームを持たせることでバランスを取ることができます。デニムもメンズが履くようなワイドデニムが秋にはぴったり。裾をまくり上げて履くのがポイントです。

スカートならヘムスカートが人気が高いです。ランダムな裾になっているスカートで、ひらひらと揺れる個性的なデザインのスカートです。色味は秋を強調して茶系が好ましいです。またダークレッドなども秋には好まれる色合いでしょう。

15度が最低気温の時はどうする?

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

最低気温が15度の時は、若干肌寒いと感じる気温なので、羽織ものが必要。メンズならジャケットを、レディースならコーディガンやトレンチコートをクローゼットから出してきましょう。

トップスもTシャツではなくニットを、ボトムスはパンツをそれぞれ選ぶと寒さをしのぐことができます。

子供の服装で15度と言えば何を着せる?

子供の体調は気温に変化されやすいです。15度になると何を着せようか迷うママも多いでしょう。そんな子供が着る秋のファッションを紹介していきましょう。

春に着たい!可愛い子どもの春服とは?

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

春先になると子供にも華やかな洋服を着せたい両親も多いです。ただ、温暖差が激しいので、子供の体調を崩さないように注意しながら春服を選びましょう。

春に子供が着る服の定番はTシャツがメインです。子供はすぐに汗をかくので、多く着替えを用意する必要があります。また保育園などに預けている場合は、上着なども用意しておき、汗をかけばすぐに着替えることができるようにしておきましょう。

春なので、ダークカラーは卒業し、明るい色のTシャツを用意すると明るくなります。

子供が秋に着る服装はどんな服装?

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

よく汗をかく子供が秋に着るのはやはりTシャツです。ただ、秋になるとロンTが主流でしょう。15度なら特にロンTを着せておき、お着替えの時間や自宅で汗をかいた場合には着替えさせるようにします。

気温がゆらぐ季節なので、上着もしっかり用意すること。上着はパーカーなどが便利です。さっと羽織れて、邪魔にならない上着が便利です。

北海道での秋の服装はやっぱり厚着がメイン?

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

秋の北海道の服装は、9月はやや暖かい日が続きますが、10月に入るとぐっと寒くなる日がやってきます。寒暖差が激しいので、インナーは半そでTシャツ、もしくはロンT、そしてジャケットなどがあると便利です。

朝晩の冷え込みが激しくなる北海道の秋ファッションは、吐く息も白くなるので秋ニットやセーターが必要です。その上にコートも必要です。北海道の秋は気温がどんどん下がっていくので、その日に合わせた服装を選びましょう。

15度でスポーツをするにはどんな秋ファッションが適してる?

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

15度という温かい、少し肌寒いような春秋の気温ではどのような服装が良いのでしょうか?薄すぎても暑すぎても季節感がありませんから、意識して季節の変わり目の服装を楽しみましょう。メンズ、レディース、子供などはどんな服装をすれば良いでしょうか。

メンズにも最近はレディースにも人気のゴルフはどんな服装が似合ってる?

春・秋の気温15度の時のメンズ・レディース・子供の服装

ゴルフと言えばポロシャツが正式な服装ですが、昼間のプレーでは半そでプロシャツでも秋では構いません。ただ、朝早いプレーや夕暮れ時になった際、急に寒くなる可能性があるので、上着は必要でしょう。

パーカー、ジャンバーを準備しておく、セーターの重ね着なども良いです。またレディースはミニスカートに厚手ハイソックス、防寒のタイツなどもオシャレです。

秋ゴルフの楽しみは色も楽しめる時期です。ターコイズ、緑やイエローなど時分が着たことのないポロシャツに挑戦しても良いでしょう。特にレディースは秋ゴルフにはワンピースでも良いゴルフ場もあるので、その際はインナーを厚手にするなど工夫をして楽しみましょう。

春秋の15度前後ファッションは最もフレキシブルに楽しめる季節!

春や秋の揺らぎ気温の15度前後の服装は、その日の気温に合わせて最もファッションを楽しめる季節です。メンズはロンTのみでも、多少寒いなら秋ニットに多種類のジャケットを合わせることができます。

レディースはサンダルからワンピース、スカートやブラウスまで多くのアイテムを投入できます。春なら明るいカラーを選び、秋ならクラシックなカラーを選ぶとしっくりきます。15度で寒いと感じる人は、上質な上着を羽織るだけでオシャレになり、厚手のインナーを着るだけでワンピースを楽しめます。

春秋に合わせたカラーも肝心なので、春は明るい色味を、秋はトレンドを押さえた少しダークカラーでクラシックな色味を選ぶとメンズもレディースも秋ファッションをキメることができるでしょう。

関連記事

Related