Search

検索したいワードを入力してください

メンズのビジネスシーンに髪型|パーマ/メガネ/ツーブロック

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
カテゴリ:メンズファッション

初回公開日:2017年10月20日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

メンズのビジネスシーンに髪型|パーマ/メガネ/ツーブロック

メンズのビジネスシーンに髪型

ビジネスにおけるメンズの適正な髪型のご紹介をします。新入社員など、ビジネスを始める際に髪型をどうするか悩むことはありませんか。メンズとしてのおしゃれもしたいけど、ビジネスに不適切な髪型もできない、ただその境目がわからないという方に、ぜひともご参考にしていただければ幸いです。

ビジネスマンであってもおしゃれもしたいし、かっこよくありたいとおもうのは当然のことです。イケてるメンズのビジネスでの髪型であれば、できる男に見え女性の評判も上がります。寝起きでボサボサの髪型で出勤しないように注意しましょう。メンズの髪型も身だしなみとして大切です。髪型で自分の印象も変わります。

パーマ

一般企業で働くビジネスマンだからといって、パーマをかけてはいけないわけではありません。パーマの種類にもよりますが、緩めのふんわりパーマであれば、受け入れている企業もたくさんあります。極端なパンチパーマやニグロパーマなど、ビジネスにおける常識を超えたパーマでなければメンズのパーマは社会に許されています。

メンズヘアーにパーマをかける際に、気をつけなければいけないポイントとしては、長さを出しすぎないことです。ロングヘアーにパーマとなると、一歩間違えると不潔感も出る上に、チャラチャラしたイメージを持たれかねません。

メガネ

メガネが似合うビジネス上でのメンズの髪型は、短髪だと少しきつめのイメージとなりますので、ミディアムぐらいの長さにメガネをかけるとすごく爽やかなイメージになります。前髪は目にかからないぐらいの長さがベストです。

メガネは髪の色にあわせるとすごく自然で馴染みやすいです。髪の色が少し明るめだと、黒いメガネをつけるとメガネだけが強調されて浮いている印象を受けることがあります。メガネと髪型を切り離すのではなく、セットにしてコーディネートをすると一段階上のおしゃれができます。

ツーブロック

ビジネスの世界で気をつけなければならない、のメンズの髪型がツーブロックです。ツーブロックは女性ウケも良く、とてもな髪型ではありますが、一歩間違えればビジネスの場には適さない髪型になります。ツーブロックをする際は、段差を激しくつけすぎないこと、刈り上げの面積をあまり増やしすぎないことに注意してください。

少しの加減でビジネスマンとして相応しくない、チャライ髪型になります。メンズの髪型の中で、髪が耳にかからないことはビジネス向きであるので、ツーブロックをうまく利用すれば、ビジネス上でもスタイリッシュですてきなメンズヘアになります。

くせ毛

天然パーマと言われる、くせ毛の方は、寝ぐせもつきやすく、髪をまとめることが難しいので、ビジネス上では短髪にすることをします。くせ毛髪で髪が伸びてくるとワックスやヘアスプレーなどでうまくまとめないと、髪が広がりとてもだらしなく見えます。特に湿気の高い梅雨のシーズンには、くせ毛髪はひろがりやすいので気をつけましょう。

毎朝、セットすることが面倒くさいのであれば、ショートにすれば、セット時間も短縮できます。くせ毛で悩んでいる方は、縮毛強制をすれば、ストレートヘアーになります。通常のストレートはパーマをした髪をまっすぐに戻すためのメニューです。縮毛強制はくせ毛の方でもまっすぐになります。

ボウズ

基本的にボウズヘアはビジネス向きではない髪型です。ボウズはメンズならでは髪型ですが、ビジネスでボウズにするなら、3cmぐらいは伸ばして、ツルツルのボウズにしないことです。お坊さんほどのボウズだと怖い印象を受けるので、営業職の方などはNGです。内勤の方で外部と接しない職種であれば、ぎりぎりセーフです。

ただし、ボウズヘアはお手入れがとても簡単で便利なので、好きな方はリピートします。シャンプーも少なくてすむし、必要以上なスタイリングがいらないので、一部のメンズには好まれています。

年代別のメンズのビジネスシーンに髪型

年代によってファッションの流行がかわるように、ビジネスにおけるメンズの髪型も変化します。会社の中でも、部長や上司の年配の方の中には、昭和を感じさせる髪型の人がいらっしゃいませんか。ビジネス上で、メンズの髪型のイメチェンをすることはあまりなく、昔から決まった髪型の方がいます。

それらの方に比べ、新入社員の初々しいメンズヘアーと比べると、時代の移り変わりが伺えます。若くみせたいのであれば、自分よりも1つ若い世代の社員の髪型を真似してみることもありです。

20代

20代は学生からビジネスマンになりたての世代です。まだまだメンズとしてのおしゃれもしたい時期です。20代のビジネスマンにに髪型は、ツーブロックや緩めのパーマです。学生の頃に毛染めをしていた方も、黒めのカラーに戻し、スタイルで遊びましょう。好青年風にアレンジしたい方は、短髪がです。

前髪を作らないスタイルは、知的なイメージを持たれやすく、すっきりした印象となります。社会人になりたてで、髪型に迷われているのであれば、無難に短髪で黒髪で前髪なしのスタイルがです。

30代

30代に入ると、スーツが似合うデキるメンズを目指したいです。ショートだけれでも、サイドを少しカットすることにより、ソフトなツーブロックとなりおしゃれ感も感じられます。30代になると白髪がでてくる方もいますが、白髪染めをするとあまりにも不自然な真っ黒な髪色になることがあるので、ナチュラルブラウン、もしくはナチュラルブラックぐらいにカラーリングをすると自然な仕上がりになります。

30代に入ると、中年太りで顔もふっくらしてくる頃です。スポーツマンみたいなとても短い髪型は顔の丸みを強調させることになるので、短髪よりも少し長めにし、髪が伸びてきても長すぎない程度の長さがです。

40代