Search

検索したいワードを入力してください

メンズのビジネスシーンにおすすめの髪型|パーマ/メガネ/ツーブロック

Small d90cc038 a244 4a1d 8f1b 91ab04e4c489w-m
メンズファッション / 2020年01月25日
メンズのビジネスシーンにおすすめの髪型|パーマ/メガネ/ツーブロック

メンズのビジネスシーンにおすすめの髪型

ビジネスにおけるメンズの適正な髪型のご紹介をします。新入社員など、ビジネスを始める際に髪型をどうするか悩むことはありませんか。メンズとしてのおしゃれもしたいけど、ビジネスに不適切な髪型もできない、ただその境目がわからないという方に、ぜひともご参考にしていただければ幸いです。

ビジネスマンであってもおしゃれもしたいし、かっこよくありたいとおもうのは当然のことです。イケてるメンズのビジネスでの髪型であれば、できる男に見え女性の評判も上がります。寝起きでボサボサの髪型で出勤しないように注意しましょう。メンズの髪型も身だしなみとして大切です。髪型で自分の印象も変わります。

パーマ

一般企業で働くビジネスマンだからといって、パーマをかけてはいけないわけではありません。パーマの種類にもよりますが、緩めのふんわりパーマであれば、受け入れている企業もたくさんあります。極端なパンチパーマやニグロパーマなど、ビジネスにおける常識を超えたパーマでなければメンズのパーマは社会に許されています。

メンズヘアーにパーマをかける際に、気をつけなければいけないポイントとしては、長さを出しすぎないことです。ロングヘアーにパーマとなると、一歩間違えると不潔感も出る上に、チャラチャラしたイメージを持たれかねません。

メガネ

メガネが似合うビジネス上でのメンズの髪型は、短髪だと少しきつめのイメージとなりますので、ミディアムぐらいの長さにメガネをかけるとすごく爽やかなイメージになります。前髪は目にかからないぐらいの長さがベストです。

メガネは髪の色にあわせるとすごく自然で馴染みやすいです。髪の色が少し明るめだと、黒いメガネをつけるとメガネだけが強調されて浮いている印象を受けることがあります。メガネと髪型を切り離すのではなく、セットにしてコーディネートをすると一段階上のおしゃれができます。

ツーブロック

ビジネスの世界で気をつけなければならない、人気のメンズの髪型がツーブロックです。ツーブロックは女性ウケも良く、とても人気な髪型ではありますが、一歩間違えればビジネスの場には適さない髪型になります。ツーブロックをする際は、段差を激しくつけすぎないこと、刈り上げの面積をあまり増やしすぎないことに注意してください。

少しの加減でビジネスマンとして相応しくない、チャライ髪型になります。メンズの髪型の中で、髪が耳にかからないことはビジネス向きであるので、ツーブロックをうまく利用すれば、ビジネス上でもスタイリッシュですてきなメンズヘアになります。

くせ毛

天然パーマと言われる、くせ毛の方は、寝ぐせもつきやすく、髪をまとめることが難しいので、ビジネス上では短髪にすることをおすすめします。くせ毛髪で髪が伸びてくるとワックスやヘアスプレーなどでうまくまとめないと、髪が広がりとてもだらしなく見えます。特に湿気の高い梅雨のシーズンには、くせ毛髪はひろがりやすいので気をつけましょう。

毎朝、セットすることが面倒くさいのであれば、ショートにすれば、セット時間も短縮できます。くせ毛で悩んでいる方は、縮毛強制をすれば、ストレートヘアーになります。通常のストレートはパーマをした髪をまっすぐに戻すためのメニューです。縮毛強制はくせ毛の方でもまっすぐになります。

ボウズ

基本的にボウズヘアはビジネス向きではない髪型です。ボウズはメンズならでは髪型ですが、ビジネスでボウズにするなら、3cmぐらいは伸ばして、ツルツルのボウズにしないことです。お坊さんほどのボウズだと怖い印象を受けるので、営業職の方などはNGです。内勤の方で外部と接しない職種であれば、ぎりぎりセーフです。

ただし、ボウズヘアはお手入れがとても簡単で便利なので、好きな方はリピートします。シャンプーも少なくてすむし、必要以上なスタイリングがいらないので、一部のメンズには好まれています。

年代別のメンズのビジネスシーンにおすすめの髪型

年代によってファッションの流行がかわるように、ビジネスにおけるメンズの髪型も変化します。会社の中でも、部長や上司の年配の方の中には、昭和を感じさせる髪型の人がいらっしゃいませんか。ビジネス上で、メンズの髪型のイメチェンをすることはあまりなく、昔から決まった髪型の方がいます。

それらの方に比べ、新入社員の初々しいメンズヘアーと比べると、時代の移り変わりが伺えます。若くみせたいのであれば、自分よりも1つ若い世代の社員の髪型を真似してみることもありです。

20代

20代は学生からビジネスマンになりたての世代です。まだまだメンズとしてのおしゃれもしたい時期です。20代のビジネスマンにおすすめに髪型は、ツーブロックや緩めのパーマです。学生の頃に毛染めをしていた方も、黒めのカラーに戻し、スタイルで遊びましょう。好青年風にアレンジしたい方は、短髪がおすすめです。

前髪を作らないスタイルは、知的なイメージを持たれやすく、すっきりした印象となります。社会人になりたてで、髪型に迷われているのであれば、無難に短髪で黒髪で前髪なしのスタイルがおすすめです。

30代

30代に入ると、スーツが似合うデキるメンズを目指したいです。ショートだけれでも、サイドを少しカットすることにより、ソフトなツーブロックとなりおしゃれ感も感じられます。30代になると白髪がでてくる方もいますが、白髪染めをするとあまりにも不自然な真っ黒な髪色になることがあるので、ナチュラルブラウン、もしくはナチュラルブラックぐらいにカラーリングをすると自然な仕上がりになります。

30代に入ると、中年太りで顔もふっくらしてくる頃です。スポーツマンみたいなとても短い髪型は顔の丸みを強調させることになるので、短髪よりも少し長めにし、髪が伸びてきても長すぎない程度の長さがおすすめです。

40代

この世代に気になるのが、薄毛です。人もよりますが、かなりきている方もいます。髪型で薄毛を隠したい気持ちはわかりますが、限界があります。薄毛の方は、髪を長くするよりも短髪にしてすっきりさせた方が好印象です。髪を伸ばして隠そうとすると反って、薄毛を強調させてしまいがちです。

40代におすすめの髪型は、オールバックのベリーショートヘアです。貫禄がありダンディですてきです。少し白髪が入り混じっていても、仕事ができる上層部の方のようでかっこいいです。第一印象は見た目でほぼ決まりますので、清潔感のあるきりっとした髪型がビジネス向きです。

50代

50代になってもおしゃれでイケてるおじさんを目指すのであれば、おすすめの髪型は短髪のツーブロックです。髪の量が少ないでも馴染みやすい、ビジネス向きな髪型です。メンズの悩みである薄毛にも適しています。

オヤジになりがちの七三分けは、50代でするといかにも中年男性という印象を与えるので、イケてる50代メンズは床屋ではなく、美容院での髪型チェンジをしています。仕事ができるビジネスマン向きの髪型はオフの日でもかっこいいです。

60代

60代になると髪の量が減り、どうしてもボリューム感がない髪型となります。メンズのヘアカタログを見てアレンジしても同じようにはいきません。そこで60代のビジネスにおすすめのメンズヘアスタイルは、ソフトモヒカンです。頭部の髪を残しすぎず軽めにモヒカンにすることにより、頭頂部のボリュームアップにもなり薄毛も隠せます。

白髪染めをすれば、一段と若返ります。すごく短髪なソフトモヒカンは、寝ぐせも付きにくく、朝のお手入れの時間も短くすむのでおすすめです。

髪の長さ別のメンズのビジネスシーンのおすすめの髪型

髪の長さで印象はすごくかわります。ビジネスシーンでの髪の長さ別のおすすめのメンズヘアをご紹介します。メンズのロングヘアはビジネス向きではないので、ミディアム以下の長さが適しています。メンズのロングヘアといえば、木村拓也ですが、日本人でメンズのロングヘアが似合う男性は多くはありません。

違和感のある自身に似合っていない髪型よりも、自分のイメージをアップできる髪型の方が良いです。髪型で仕事のできるイケてるメンズ作りをしましょう。日本人男性に似合うヘアスタイルが無難です。

ミディアム

日本人は凹凸の少ない顔の方が多く、ミディアムヘアは爽やかな印象をもたれやすいです。ミディアムヘアをするときは、後ろ髪が長くなりすぎないこと、前髪が目にかぶっていないか、耳に髪がかぶっていないか、この3点を注意しましょう。この3点のどれかでもクリアしていないとビジネス上では、だらしがないとおもわれることもあります。

ショート

ビジネスシーンでのできる男の象徴である、ファインショートカットは爽やかで好青年なイメージで高感度もアップになります。就職活動生にもおすすめのメンズの定番のショートヘアです。

髪質が固くストレートヘアに方は、髪が立ちやすいので髪が伸びてくるとマリモみたいになるので、伸びだしてくるとワックスなどで整えましょう。メンズのファッション誌にもよくあるスタイルで、日本人の顔立ちにもあっており、誰でもキマるスタイルです。

ベリーショート

ダンディでワイルドなイメージを持たれやすいベリーショートのおすすめの髪型は、サイドを刈り込んだ、ソフトツーブロックです。メンズらしさがあり、女性にも人気の髪型です。スーツにも似合うメンズヘアとしても人気があります。清潔感もあり、ビジネスシーンに適しています。

角刈りに近いカットだと、昭和のメンズスタイル風でおじさんらしくなります。ベリーショートはとても固い職業にはあまり向かないですが、一般企業に勤める男性にはメンズファッションとしても人気があります。

女性ウケするメンズのビジネス髪型

メンズであれば、女性の目は意識して当たり前です。女性にモテたいと考えるメンズは多いのではないでしょうか。ビジネスシーンにも適している女性ウケする髪型をご紹介します。女性はおしゃれなメンズが好きです。仕事がデキる風で爽やかなメンズヘアなら女性の目線を集めることができます。

条件としては、似合っていることが大前提ですが、かっこいいメンズヘアでいまどき男子を演じてみてはいかがですか。髪型をかえるだけで女性からの態度がかわることもあります。「その髪型すてきです」なんて会社で声をかけられるためにも事前調査が必要です。男性がかっこいいと思う髪型と女性ウケする髪型は異なることがあります。くれぐれも間違った方に行かないようにしましょう。

どんなメンズにも似合うビジネスシーンの髪型

日本人のメンズであれば、長い髪よりもショートが似合うメンズが多く、スポーツマンスタイルがおすすめです。イケメン俳優はミディアムヘアで爽やかな人が多いですが、顔がきれいで整っているから似合います。

どんなメンズにも似合う無難なビジネススタイルは、絶対ショートヘアです。日本人は西洋の方に比べると髪質が固く、しっかりしています。ショートヘアは剛毛な方でも、どんな髪質の方でも落ち着きやすくおすすめです。

ビジネスにNGなメンズの髪型

社会人になると学生気分を抜いて、ビジネス向きな髪型にチェンジしましょう。ビジネスにNGなメンズヘアを徹底チェックします。NGポイントに少しでもかぶると、ビジネスマンとして仕事ができても台なしです。ビジネスは身だしなみが基本です。メンズの身だしなみといえば、女性と違いメイクをしないので、服装と絶対にチェックされるのが、髪型です。

服装を正していても、髪型が乱れていてはマイナスポイントになります。ビジネスの世界では、第一印象が大切なので、マイナスに見られないよう注意しましょう。

派手な髪色

ビジネスシーンであっても、カラーリングをしても良いですが、過度なカラーリングはNGです。目安としては、ダークブラウンを超えるとビジネスには不向きな髪色です。アパレル関係者は、ブラウンカラーでおしゃれな髪型をすることもありますが、一般企業のサラリーマンであれば、NGです。

学生時代に派手なカラーリングの経験がある方は、自分では派手でないとおもっているブラウンでも、ビジネス上では派手とみなされることもありますので、髪色戻しは美容院ですることをおすすめします。メンズを扱うサロンも多いので参考になります。

激しいパーマ

人気俳優に憧れてパーマスタイルに挑戦するビジネスマンが多くなりましたが、パーマはビジネスシーンでは判断が難しいところです。ビジネス世界に長い年配の方からすると、パーマは女性がするものと考える人も多く、良いイメージをもたれないことが多いです。少しのパーマでも懸念されることがあるので、あまりおすすめできません。

最近ではメンズパーマがはやっており、パーマをかけたことがるメンズは珍しくはないですが、パーマに挑戦するなら、気持ちおさえめのカールで、なるべく自然な髪型にしましょう。

だらしのないロンゲ

ロングヘア自体がビジネスシーンに不向きです。たとえ束ねていてもメンズのビジネスヘアとしてはNGです。すぐにカットすることをおすすめします。メンズでロングヘアをする方も少なくなりましたが、髪を切りに行く時間がなく気づけばロングヘアになっているなんてこともあります。ビジネスシーンでは、サイドや前髪が短くても、後ろ髪が肩につくぐらいの長さはNGです。

不潔

髪型だけの問題ではなく、ビジネスシーンでは、清潔感も問われます。1日ぐらいシャンプーしないぐらいで不潔とおもわれることはないにしても、何日も髪を洗っていない、ワックスで髪がベトベトしている状態であると、相手に不潔感をあたえてしまうことがあります。ビジネスシーンでは、清潔感がないとだらしのない人とみなされることがあるの絶対にNGです。

スーツをきれいに着こなしていても、フケが落ちていると台なしです。髪型だけの問題ではありませんが、毎日のシャンプーがめんどくさいと感じる人は、ベリーショートにすると少しでも楽になります。

ビジネス向きな芸能人の髪型

有名人はファッションが自由でとてもおしゃれな人がたくさんいます。自由なあまり、ビジネス向きではない髪型の芸能人もおり、参考にならない場合もありますが、芸能人の中には、とてもビジネス向きなすてきな髪型の方がいます。ビジネスシーンに参考にすべき芸能人をご紹介します。参考になる芸能人には共通点があります。

落ち着き感があり、誠実そうであり、スタイリッシュです。あまり髪型を変えないビジネスにおすすめのヘアスタイルである芸能人は、意外と少なくはないです。

タモリ

数々の長者番組を持つ、日本の名司会者である「タモリ」は長きに渡り、オールバッグ一筋の髪型を貫いています。「タモリ」の髪型は、お堅い職種でも適しているビジネス向きな髪型です。20代、30代の若い世代には人気が薄いスタイルですが、40代頃になると貫禄がつき、とてもシンプルで清潔感のあるスタイルです。スーツにも似合うヘアスタイルでありおすすめです。

沢村一樹

俳優である「沢村一樹」は、好青年で正統派のイメージがある俳優です。彼は少しくせのある髪質ですが、アンメトリーな前髪でとても爽やかです。ベースはベリーショートな髪型で、自然なブラックととてもマッチしており、年齢を重ねても若々しさが感じられます。

ビジネスシーンにも適しており、憧れる一般男性も多い俳優です。彼の髪型は世代を問わない髪型で、どんなビジネスマンにも似合う万能な髪型です。迷ったときには「沢村ヘア」がおすすめです。

堤真一

アップバングヘアがとても似合う、実力派の俳優である「堤真一」もまた、ビジネスシーンにおすすめの髪型です。有数にボリュームがでるスタイルで、若い世代にもとても人気です。髪の長さはショートからミディアムの間ぐらいで、髪が伸びてきても、うまく纏めやすいスタイルです。

こんな上司がいると憧れてしまうのではないでしょうか。またスーツだけでなく、普段着にも合いやすいので、おしゃれ上級者におすすめです。

渡辺謙

世界をまたにかけるダンディな俳優である「渡辺謙」は、圧倒的に40代以上の指示が強いです。さっぱりとしたベリーショートヘアで貫禄があります。若作りをするヘアスタイルでないところが、大人の魅力を感じます。

ビジネスにマストアイテムであるスーツを着ると少し怖いという印象を受けますが、それは「渡辺謙」だからです。一般企業に勤めるサラリーマンであれば、ちょうど良い清潔感で凛としたイメージでおさまります。髪が薄くなる世代にも、おすすめです。

伊勢谷友介

男女ともに大人気の「伊勢谷友介」は、ツーブロックが似合うステキなメンズです。彼のツーブロックを真似する世の中の男性は多く、特に若い世代の方から大好評です。

彼の髪型は毎朝のスタイリング時間は少しかかりますが、女性ウケもよく、おしゃれな印象が持たれることが人気の理由です。年齢を感じさせることがない、「伊勢谷友介」は髪型のセンスも抜群に良いので、今後も参考にすべき芸能人です。

メンズの第一印象は髪型が大事

メンズのビジネスシーンにおけるおすすめの髪型特集はいかがでしたか。ビジネスにおける正解の髪型はとてもあいまいで、企業によったり、人によったりとあやふやですが、これだけは言えることがあります。ビジネスシーンでのメンズの第一印象は服装と同じぐらい髪型で判断されます。男性は化粧やネイルをしないので、見られるところが服装と髪型のみです。

髪型は相手をはじめてみるときの目線の位置と同じなので嫌でも目に入ってきます。その髪型がきちんとしていなければ、第一印象だけで、自身のイメージが悪くなってしまうこともあります。仕事ができても印象が悪いと円滑に仕事をまわせないこともあります。せっかくイメチェンをするなら、より印象が良くなる髪型にしてみてはいかがですか。