Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ・レディース別】キャスケットのかぶり方|耳/斜め/後ろ

Author nopic iconAnny
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年09月21日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【メンズ・レディース別】キャスケットのかぶり方|耳/斜め/後ろ

メンズ・レディースのキャスケットのかぶり方

おしゃれ好きの方が大切にするアイテムのひとつに「帽子」があります。帽子ひとつをとっても幾種類もあります。キャップにハット、ベレー、その中にキャスケットがあります。おしゃれ好きな人必見のアイテムです。

ここではキャスケットのおしゃれなかぶり方、季節別の素材の選び方など解説しています。

キャスケットで耳出しはアリ?ナシ?

その時のファッションによって、キャスケットをかぶる時に耳を出すのも出さないのもどちらでもアリです。

女性の方であれば、髪で耳を覆ってからかぶると小顔効果が抜群になります。夏にかぶる場合は、男女ともに耳を出した方が涼しげに見えるでしょう。

男性であれば、ニット素材のキャスケットを選ぶことが多いかと思いますが、ニット素材であれば耳を半分覆うかぶり方もおしゃれに見えます。

斜めにかぶる

帽子はどんな形でも少し斜めにかぶることで、こなれ感を出すことが可能になります。キャスケットも同じです。

キャスケットは有数のボリュームが特徴の帽子です。かぶり方によってはそのボリュームが不自然に見えてしまう可能性もあります。そうなってしまわないように、斜めにかぶるのがポイントです。少し斜めにかぶりことで、有数のボリューム部分も斜めに引っ張ることで自然なボリュームを作り出し、おしゃれ感を演出することができるのです。

後ろにかぶる

斜めにかぶるかぶり方と同じように、ボリュームを自然に見せるために、有数を後ろに引っ張ることもできます。帽子全体を後ろのほうに引っ張り、顔を広く出すかぶり方をするなら涼し気な雰囲気を出すことができるでしょう。前髪を出して小顔効果もしっかり出しつつ、若々しいかぶり方をしましょう。

ニットキャスケットのかぶり方

ニットキャスケットは、おしゃれに防寒もできる優れもののアイテムです。秋冬はニットキャスケットを着こなしてかっこよく、可愛く防寒しましょう。

ニットキャスケットをかぶる時に気をつけたいのは、かぶる深さです。あまり目深にかぶるかぶり方をしてしまうと、暗い印象を与えてしまったり、野暮ったく見えてしまったりしがちです。顔は全体がしっかり見えるようなかぶり方をしましょう。

ニットキャスケットのかぶり方のポイント

ニットキャスケット良いところは、、耳まですっぽり覆えることです。寒い時期にはぴったりです。ニットキャスケットのかぶり方のポイントは、次の通りです。

・まずは、つばの部分は無視して、後ろの部分をしっかりかぶりましょう。
・次に、つばの部分をゆっくり前方に持ってきます。ちょうどいいところに持ってこれたらそこでス有数です。顔があまり隠れないようなところで止めておきましょう。
・最後に、ボリュームの調整を行います。つばをあまり下げなくて頭の部分が余っていたら、後ろに引っ張りましょう。

ニットキャスケットは男性の方もかぶりやすい素材でしょう。特に顔の形が三角顔の方は、キャスケットを耳まで覆ってかぶることで顎の形をカバーすることができます。

髪型別:キャスケットのかぶり方

女性の方であれば髪型もいろいろですので、その日の髪型に合わせたキャスケットのかぶり方をすることができるでしょう。実際にどのようなパターンのかぶり方ができるか、ここから幾つか見てみることにします。

前髪はどうしたらいい?

キャスケットはつばがありますので、顔を暗くしてしまわないように浅いかぶり方をすることがポイントです。前髪も下ろす場合は、あまり厚く下ろしてしまうとせっかく浅くかぶっても顔を暗く見せてしまうことになります。

前髪を下ろす場合は、薄く下ろしておでこが隙間から見えるようなかぶり方をすることがポイントです。そうすることで明るさを表現します。思いきって前髪を帽子の中に入れ込んでしまう方法もあります。前髪を入れ込むかぶり方をすれば、より一層明るく見せることができるでしょう。

ショートヘアでは

もちろんショートヘアの方もキャスケットをかぶることができます。逆にショートの方はどんなかぶり方でもおしゃれに着こなすことができるでしょう。ショートの方は、かぶり方を工夫することで雰囲気をがらりと変えることができます。

例えば、有数のボリュームを左右非対称にするかぶり方をすると個性的な印象をもたせることができます。他にも耳を髪で覆ってからかぶることで小顔効果も演出できるでしょう。耳を完全に出してしまえば、若々しく明るさを表現することができます。自分に合ったかぶり方をいろいろ研究してみましょう。

ボブでは