Search

検索したいワードを入力してください

眉毛を染める方法・メンズの注意点|市販の商品/美容院/時間

Author nopic iconもり
カテゴリ:メイク・コスメ

初回公開日:2017年09月21日

更新日:2020年08月29日

記載されている内容は2017年09月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

眉毛を染める方法・メンズの注意点|市販の商品/美容院/時間

では眉毛を染めるのにのには、どのくらい時間がかかるのでしょうか。眉マスカラであれば毎日の朝の支度のときに、数分で染めることができます。ヘアカラーやムダ毛用の脱色クリームであれば、クリームの種類により置く時間が変わります。

ヘアカラーであれば薬剤が強いので、2〜3分で様子を見た方が良いでしょう。ムダ毛用の脱毛クリームであれば、商品に書いている時間通りに使用するのが良いでしょう。しかし、顔の皮膚は弱いので、一番初めは5分ほどで様子を見るのがです。いずれにしても使用の前はパッチテストを行うのが良いでしょう。

眉毛を染める際に痛い時の対処法

パッチテストも行い、問題ないことを確認した上で眉毛を染めても、いざ眉毛を染めてみると痛みが出てしまうという方もいらっしゃいます。

もしも眉毛を染めて痛みが出てしまった場合は、すぐに眉毛を染めるのをやめましょう。眉毛を染める際に痛くなったようであれば今後はお肌への負担が少なく、手軽な眉マスカラを使用することをします。

眉毛を染めて印象を変えよう

眉毛を染めると顔の印象が大きく変わります。自身の髪色に眉毛の色があっていないとどこか野暮ったい印象になりますし、逆に髪色と眉毛の色がぴったりはまっているとスマートでおしゃれな印象になります。せっかくおしゃれをして髪色もきれいなのに、眉毛の色が合っていないだけでどこか物足りなくなってしまいます。

美容院などでも眉毛を染めることはできますが、まずは試しに手軽に使える眉マスカラなども活用して眉毛を染めてみてください。ガラッと印象が変わるでしょう。

髪の毛は染めるけど眉毛を染めたことはなかった、という方も今回の記事で眉毛を染めたくなったのではないでしょうか。眉毛を染めてみたかったけどどうすれば良いのか分からなかったという方も、是非自分に合った方法で眉毛を染めてみてください。