Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】四十九の法要に適した服装|家族のみ/身内/自宅

Author nopic iconKen
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2017年09月19日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】四十九の法要に適した服装|家族のみ/身内/自宅

男性の四十九日の法要に適した服装

夏場の四十九日で男性が着るべき一番良い服装は、夏用の喪服です。喪服のうち、裏地がないものが夏用です。もし夏用の喪服を持っていない場合でも、余裕があれば四十九日に備えて買い揃えてもよいでしょう。知人から借りたり、貸衣装を利用する方法もあります。

夏場に四十九日を迎える場合の服装

裏地のあるオールシーズン用の喪服を一着しか持っていない場合で、さほど服装に気を配らなくてよい身内のみの四十九日に参列者として出席する時は、ワイシャツの服装で夏場の四十九日に出席しても問題がない場合があります。半袖でも問題ないでしょう。遺族が四十九日に着る服装は、夏場でも正式礼装の喪服、つまり長袖以外はダメです。

そして、参列者の場合でもあくまで原則は黒の喪服着用であることは忘れずにおきましょう。「親しき仲にも礼儀あり」ということわざがある通り、夏場の身内中心の四十九日でも、暑さをがまんして黒の喪服を着用する方がベターです。

ただし、熱中症対策だけは必ず行いましょう。長時間正座するからといって、水分を摂らないのは厳禁です。扇子であおいでも良いですが、できれば黒色の扇子、もし黒い扇子がなくても地味な色の物を持っていきましょう。

ネクタイは黒の無地が基本

四十九日に着けていくネクタイは、無地の黒です。わずかでも柄が入っていてはいけません。また、ネクタイピンも外しましょう。葬儀に着けていたネクタイがあれば、それをそのまま着用すれば良いです。

基本的に黒いネクタイであれば問題ないですが、シルク素材などで光沢のあるネクタイの方が望ましいです。また、できれば喪服の色と合うようなコーディネートも工夫しましょう。

余談ですが、四十九日までは黒で無地のネクタイでほぼ問題ないですが、それ以降の一周忌、三回忌などになると宗派や地域によってグレーなどでも良い場合や黒ネクタイでないといけないなど様々なケースがあります。

その他注意すべきこと

男性の場合は、女性に比べればそれほど服装に迷うことは少ないでしょう。基本的に光沢のない黒の喪服・ネクタイ・靴下・革靴と白のワイシャツを着用すれば問題ありません。あとは数珠などを忘れずに持って行きましょう。

服装とは直接関係ありませんが、バッグも黒など地味な色で、光り物がついている場合は取り外すか隠すなどの工夫をしましょう。数珠や御仏前なども忘れずに持参します。汗をぬぐうために使用するハンカチは、黒やグレーなど地味な色がよいです。白でも構いませんが、派手な絵柄などが入っているハンカチは避けます。

女性の四十九日の法要に適した服装

では、女性の四十九日の法要に適した服はどのようなものでしょうか。

夏場に四十九日を迎える場合の服装

女性の服装も、基本的に光沢のない黒で統一します。ただ、男性に比べて女性の方はそれほど厳格ではありません。夏場に四十九日を迎える場合には、半袖の略式喪服で出席しても問題ありません。また、黒のワンピースやスーツ・アンサンブルの服装で参列しても大丈夫です。

ただし、半袖の服装で四十九日に参列する場合に、肌の露出には気をつけましょう。特に、肩が出るタイプのワンピースは着ないようにすべきです。胸元が露出する服装にもならないように気をつけましょう。

夏場でも短すぎるスカートは避けましょう。目安として、ヒザが隠れる長さであれば問題ありません。そして、夏場でも黒のストッキングを履くのがマナーです。遺族として出席する場合は、当然夏場でも長袖で四十九日に出席しましょう。熱中症対策を行うべきなのはすでに述べた通りです。

妊婦の場合

体調が良好で産気づく心配もないようであれば、妊婦が四十九日に参列するのは何も問題ありません。問題は、妊娠によってお腹が大きくなった妊婦の服装です。多くの場合は妊婦であるという事情に配慮してくれるでしょうが、やはり普段着のままでは失礼に当たる場合もあります。

一番良いのは、お腹まわりがゆったりしている妊婦用喪服を着て四十九日に参列することです。しかし、妊婦として葬儀に参列する機会はそう多くはないでしょう。そこで一番なのは妊婦用喪服のレンタルです。インターネットで日付を指定してレンタルすることもできますので、四十九日の数日前に届くように借りましょう。

ワンピースなどを着ていくこともできますが、できる限り肌の露出などは避けるように配慮しましょう。参列者も妊婦の服装は難しいことには理解を示してくれるはずですが、それに甘えすぎてはいけません。最優先すべきはお産がうまくいくことですので、その前提でできる範囲のことをすれば良いです。

四十九日につけても良いアクセサリー

男性の場合はアクセサリー類は全て取り外すのが基本ですが、女性で洋式の服装の場合は身につけて良いアクセサリーがあります。光るアクセサリーは着用してはいけませんが、例外として結婚指輪やパールのネックレスなどは着用しても良いとされています。その場合でも、二重ネックレスは不幸が重なると捉えられるので避けましょう。

パールの色は白でも黒でも良いですが、大きさは8ミリ以内にしましょう。大きすぎると、派手だと思われてしまうからです。結婚指輪も、ダイヤモンドなど派手な印象を与える場合は外した方が良いです。

また、腕時計も光沢のなくて目立たない物であれば着けたままでも良いです。イヤリングや髪飾りも黒などで地味なら構いません。つけ爪やネイルアートは四十九日に不適切です。ネイルアートは一時的に黒手袋で隠すことはできますが、お焼香の時には手袋を外さないといけません。

ストッキングと靴