Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】公務員試験の服装|説明会/一次・筆記/2次/面接

Author nopic iconneneverland
カテゴリ:ビジネスファッション

初回公開日:2017年09月19日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】公務員試験の服装|説明会/一次・筆記/2次/面接

男女別!公務員試験に着ていくべき服装は?

公務員試験に着ていくべき服装で悩んでいる方もいるかと思います。説明会や筆記試験もリクルートスーツを着て行くべきなのでしょうか。公務員試験で体力テストなどがある場合はどんな服装で参加するべきなのでしょう。それぞれのパターンにおける服装について細かく解説していきます。

説明会はスーツで参加するのが好ましい

公務員試験の前などに開催される採用説明会に参加する際は、服装の指定があるかを必ず確認してください。「服装:スーツ」と指定がある場合は、必ずスーツを着ていきましょう。指定があるにも関わらず私服で参加した場合、規範を守れない人というような印象を与えてしまいます。

特に指定が無い場合は、私服で参加しても構いませんが、大多数の参加者はスーツを着ていますので、スーツを着ていく方が無難です。特にすでに公務員として働かれている方と座談会などで話す機会がある場合は、服装はスーツで参加することが望ましいです。

スーツの着方のマナーに関しては、この記事の後半で解説していますのでご覧ください。

また、服装の指定がなく、どうしても私服で参加したいという場合は、私服で参加しても構いません。しかし、いわゆる「オフィスカジュアル」の服装で参加するようにしてください。

具体的には、男子であれば襟付きのシャツに長ズボン、女子であれば襟付きのブラウスに膝丈のスカートを着ていくのが良いでしょう。

間違えてもTシャツにジーンズで参加したり、派手なワンピースを着たりすることのないようにしましょう。また、露出の激しい服装で参加したり、サンダルを履いていくこともNGです。

公務員試験の一次・筆記では、服装の指定がなければ私服で受験してOK!

公務員試験の一次試験は、筆記試験のことがほとんどです。この場合に、リクルートスーツで参加するべきか、私服で参加するべきか悩む方も多いでしょう。

公務員試験の筆記試験の場合は、服装の指定のない限り、私服で参加して構いません。実際に、公務員試験の筆記ではほとんどの人が私服で受験します。リクルートスーツを着た人もいますが、自分がリラックスできる格好で挑んだ方が良いでしょう。

また、公務員試験の筆記試験は春から初夏に行われることが多いため、エアコンの効きすぎで会場が寒い場合もあります。Tシャツ一枚で受験するのではなく、羽織れるものを持っていくなど、温度調整の効く格好で受験しましょう。

一方で、警察官や消防士・自衛官、その関連事務職員等の公務員試験を受験する場合、リクルートスーツの受験者の割合が高い傾向にあります。私服で受験してはいけないというわけではありませんが、試験会場で浮いてしまうことで、平常心を保てなくなる可能性も考えられます。そのような場合はスーツを着て受験する方が良いでしょう

公務員2次試験はその内容に応じた服装で

公務員試験の2次試験は、試験の内容も一次試験とは異なる場合も多く、こちらもどのような服装で参加するべきか悩む方も多いです。地方公務員試験・国家公務員試験それぞれで内容が異なってきますので、それに応じた服装で受験しましょう。

市役所など、地方公務員試験の2次は面接という場合が多いでしょう。2次試験が面接試験や集団討論である場合は、服装はリクルートスーツを着て参加するようにしましょう。

国家公務員試験の2次は、1次試験と同じような筆記試験である場合があります。このような場合は、1次試験と同様に、服装は私服で参加して構いません。リラックスできる格好で受験しましょう。

しかし、公務員試験の2次試験で筆記試験のあとに面接試験や集団討論があるといった場合は、服装はスーツで受験するのが好ましいです。試験の内容に応じた服装で参加しましょう。

公務員試験の面接はリクルートスーツで受験する

公務員試験の筆記試験を通過すると、面接試験があります。この面接は、受験者一人ひとりの志望度を確認し、公務員としての適性があるかを判断するための試験です。スーツで参加し、服装の細かい点にも気を配りましょう。

スーツの正しい着こなし方とは?

ここからは、公務員試験受験者が抑えておきたい、リクルートスーツを選択する際のポイントを紹介します。

適切な色、形のスーツを選びましょう

まず、色については、黒、紺、グレーが一般的です。特に公務員試験を受験される方は、まじめな印象を与えられることから、黒のスーツを選ぶ方がほとんどです。ストライプ等の柄が入ったスーツや、奇抜な色のスーツは避けましょう。また、光沢感の強い生地も避けた方が良いです。

サイズは体に合ったものを着用しましょう。最近は、リクルートスーツを販売している店舗も多くありますので、専門のスタッフにアドバイスをもらいながら、実際に試着してきちんと自分の体形に合ったスーツを選びましょう。女性の場合は、スカートの丈の長さについても確認しておきましょう。

また、面接前には一度クリーニングに出し、シワや汗染み、ニオイを取り除いておきましょう。公務員試験でも、面接において第一印象は大切ですので、好ましい印象を与えられるよう、気を配っておきましょう。

Yシャツ、ブラウスは白が望ましい

男性の場合、スーツの中に着るYシャツは白が無難です。シャツもサイズ選びには気をつけましょう。首まわりが空いてしまったり、袖が長すぎるシャツはだらしない印象を与えてしまいますし、逆にキツすぎるようでは首が苦しくなってしまいます。シャツに関しても、できればお店の専門スタッフに、首周りや腕の長さを採寸してもらった上で選んだ方が良いでしょう。

女性の場合も白のブラウスが無難です。また、装飾のないシンプルなものを選びましょう。
サイズ選びについても同じことが言えますので気を付けましょう。

シャツやブラウスも、スーツと同じく、できれば面接前にクリーニングに出し、シワや染みのないようにしておきましょう。

ネクタイは相手に与える印象を考えよう

男性が着用するネクタイについては好みが分かれるところです。しかし、あくまで「採用担当者にどの様な印象を与える服装であるか」を一番に考えましょう。この場合、無地かストライプ、ドット系の柄が無難でしょう。色に関しては奇抜な色ではなく、スーツに合った色を選ぶようにしましょう。