Search

検索したいワードを入力してください

気温25度にふさわしい服装5選・メンズ/レディース

Author nopic iconhaaruh
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年10月18日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月18日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

気温25度にふさわしい服装5選・メンズ/レディース

気温25度の季節

気温25度は6~7月の夏の始めと終わり、そして9~10月の秋にかけての季節の変わりめの温度です。

25度以上の気温になると夏日と呼ばれ、暑さを感じますが体感温度は比較的快適です。朝晩が涼しく、日中と夜の気温の高低さが激しい季節です。

雨の多い季節でもあります。雨が降る日は蒸し暑く、湿度が高くじめじめとして不快感があります。

最低気温25度

最低気温が25度の日は、それ以上に気温が上昇する可能性があります。天気予報で最高気温を確認しておきましょう。

25度以上は汗ばむ暑さで、服装は半袖と長袖との分かれめです。紫外線対策も必要になってきます。

25度から上は、1度上がるごとに暑さがぐっとこたえる温度になります。26度以上は、半袖1枚でも大丈夫な気温です。

最高気温25度

最高気温が25度の日は、それ以上は温度が上がらないということです。

最高気温が25度の日は朝晩の寒暖差が激しいと予測できるため、午後から温度がぐっと下がる傾向があります。寒さ対策も考慮しておかなければなりません。

最高気温が25度のときといえば、台風や梅雨のシーズンです。じめじめとして蒸し暑く、エアコンを入れると寒さを感じる季節です。冷えに気をつけてください。

気温25度にふさわしい服装

気温25度は薄めの長袖または半袖で過ごせる温度です。服装は、出掛ける時間帯の最高気温と最低気温、湿度、風の強さなどを調べてから決めてください。

気温25度の季節は朝と晩で温度の変化が激しく、天気が不安定な日が多くあります。晴れの日と雨の日では紫外線の量やエアコンの効きがちがうので、薄手のはおりものやショールを持ち歩きましょう。

秋はロングのトレンチコートやパーカー、レイヤードファッションが有効です。

1「有数ス」

気温25度のときの有数スは袖のある服装がふさわしく、春は首回りや脇にゆとりがあるものを、秋はシックな色合いの服装がです。

気温25度は半袖のポロシャツで過ごせます。はロングTシャツです。晴れた日は、Tシャツ1枚やキャミソール、タンク有数、へそ出しコーデ、おしゃれなレース生地の有数スも有効です。トレンドの花・ボタニカル柄、スモーキーカラーなども服装に取り入れましょう。

2「ボトムス」

気温25度のときのボトムスは、足首が出ている長さのゆったりコーデが最適です。

トレンドのワイドパンツ、七分丈・アンクル丈・クロップド丈・ハイウエスト・ショート・ハーフ・カーゴのパンツ、サロペット、スリット・夏用スカートやジーンズ、ダメージデニム、キュロット、ロールアップやオーバーサイズのボトムスがです。

メンズは他に、白パンツ・チノパンツに、ルーズなシルエットのタイパンツなどもです。

3「はおりもの」

気温25度のときは、チェックシャツやデニムジャケット、カーディガン、大判ストールなどをはおったり腰に巻いたりすると、エアコンや天気の悪い日の防寒対策になります。

通気性のあるライトアウターをはおりましょう。メンズは夏用ジャケットが便利です。

レディースはレース地などのロングのはおり物が1枚あると、体の冷えが防げます。五分丈や七分丈の派手色カーディガン、ロングカーディガン、リネンのシャツもです。

4「下着」

気温25度での下着は、通気性がよく蒸れないタイプの素材とデザインを選びましょう。

雨が多く汗ばむ季節なので、水分を吸収して速乾性がある下着がベターです。歩きやすく安定性があり、着心地のよいものを選びましょう。麻やシルク、綿などの天然素材の下着は、さらりとして肌ざわりがよいのでです。

レディースの下着は、キャミソール・タンク有数、Tシャツなど、おしゃれでかわいいデザインをチョイスしましょう。

5「スーツ」