Search

検索したいワードを入力してください

気温25度にふさわしい服装5選・メンズ/レディース

Author nopic iconhaaruh
コーディネート / 2018年12月26日
気温25度にふさわしい服装5選・メンズ/レディース

気温25度の季節

気温25度は6~7月の夏の始めと終わり、そして9~10月の秋にかけての季節の変わりめの温度です。

25度以上の気温になると夏日と呼ばれ、暑さを感じますが体感温度は比較的快適です。朝晩が涼しく、日中と夜の気温の高低さが激しい季節です。

雨の多い季節でもあります。雨が降る日は蒸し暑く、湿度が高くじめじめとして不快感があります。

最低気温25度

最低気温が25度の日は、それ以上に気温が上昇する可能性があります。天気予報で最高気温を確認しておきましょう。

25度以上は汗ばむ暑さで、服装は半袖と長袖との分かれめです。紫外線対策も必要になってきます。

25度から上は、1度上がるごとに暑さがぐっとこたえる温度になります。26度以上は、半袖1枚でも大丈夫な気温です。

最高気温25度

最高気温が25度の日は、それ以上は温度が上がらないということです。

最高気温が25度の日は朝晩の寒暖差が激しいと予測できるため、午後から温度がぐっと下がる傾向があります。寒さ対策も考慮しておかなければなりません。

最高気温が25度のときといえば、台風や梅雨のシーズンです。じめじめとして蒸し暑く、エアコンを入れると寒さを感じる季節です。冷えに気をつけてください。

気温25度にふさわしい服装

気温25度は薄めの長袖または半袖で過ごせる温度です。服装は、出掛ける時間帯の最高気温と最低気温、湿度、風の強さなどを調べてから決めてください。

気温25度の季節は朝と晩で温度の変化が激しく、天気が不安定な日が多くあります。晴れの日と雨の日では紫外線の量やエアコンの効きがちがうので、薄手のはおりものやショールを持ち歩きましょう。

秋はロングのトレンチコートやパーカー、レイヤードファッションが有効です。

おすすめ1「トップス」

気温25度のときのトップスは袖のある服装がふさわしく、春は首回りや脇にゆとりがあるものを、秋はシックな色合いの服装がおすすめです。

気温25度は半袖のポロシャツで過ごせます。おすすめはロングTシャツです。晴れた日は、Tシャツ1枚やキャミソール、タンクトップ、へそ出しコーデ、おしゃれなレース生地のトップスも有効です。トレンドの花・ボタニカル柄、スモーキーカラーなども服装に取り入れましょう。

おすすめ2「ボトムス」

気温25度のときのボトムスは、足首が出ている長さのゆったりコーデが最適です。

トレンドのワイドパンツ、七分丈・アンクル丈・クロップド丈・ハイウエスト・ショート・ハーフ・カーゴのパンツ、サロペット、スリット・夏用スカートやジーンズ、ダメージデニム、キュロット、ロールアップやオーバーサイズのボトムスがおすすめです。

メンズは他に、白パンツ・チノパンツに、ルーズなシルエットのタイパンツなどもおすすめです。

おすすめ3「はおりもの」

気温25度のときは、チェックシャツやデニムジャケット、カーディガン、大判ストールなどをはおったり腰に巻いたりすると、エアコンや天気の悪い日の防寒対策になります。

通気性のあるライトアウターをはおりましょう。メンズは夏用ジャケットが便利です。

レディースはレース地などのロングのはおり物が1枚あると、体の冷えが防げます。五分丈や七分丈の派手色カーディガン、ロングカーディガン、リネンのシャツもおすすめです。

おすすめ4「下着」

気温25度での下着は、通気性がよく蒸れないタイプの素材とデザインを選びましょう。

雨が多く汗ばむ季節なので、水分を吸収して速乾性がある下着がベターです。歩きやすく安定性があり、着心地のよいものを選びましょう。麻やシルク、綿などの天然素材の下着は、さらりとして肌ざわりがよいのでおすすめです。

レディースの下着は、キャミソール・タンクトップ、Tシャツなど、おしゃれでかわいいデザインをチョイスしましょう。

おすすめ5「スーツ」

気温25度以上の日の服装は、夏用のスーツで過ごしましょう。

気温25度でのスーツの素材は、春は汗の吸収性が高いコットンがおすすめです。

秋で気温25度のときは、オールシーズン着こなせるウールがぴったりです。見た目やさわり心地が秋の季節にぴったりです。

夏は、リネンや体感温度を下げる特殊加工がされた生地など、涼しく過ごせる素材のスーツを選びましょう。

バッグ

気温25度のときは、カゴバッグがおすすめです。

クールな印象を与えるバッグが、気温25度の服装に向いています。小ぶりの黒のおしゃれなバッグを斜め掛けにしてもいいですし、白や黒のバッグでシンプルに涼しさを演出することもできます。両手がふさがらない、肩掛けやリュックもおすすめです。

メンズはグレーのビジネスバッグがさわやかで、気温25度の服装にしっくりきます。

気温25度で履く靴は、レディースはサンダル・スニーカー・スリッポン、雨の日はレインブーツ、メンズはスニーカー・素足に履くエスパドリーユ・ローファー・ひも靴などがおすすめです。

気温25度の日は、素足にクッション性のあるフラットサンダルが定番です。体感温度が低いときは、スポーツサンダル(厚底ビーチやヒールなどもあります)にアンクル丈の靴下コーデがおすすめです。

靴はファッションに合わせて選びましょう。

小物

気温25度の日は、熱中症対策も兼ねてファッション性の高い、キャップ帽やストローハットを被りましょう。

帽子は通気性のよいタイプを選びます。トレンドのサッシュベルトでウエストを締めると、服装全体にメリハリとこなれ感が出せます。首や足首にゴールドのアクセサリーをつけて、服装全体に女子力をアップしておきましょう。

メンズはおしゃれな長財布やシルバーアクセなどが、服装に涼しさを加えられるのでおすすめです。

ファッション通販サイト(SHOPLIST)は、最新のファストファッションアイテムが探し出せるネットショップです。

「25度」と検索してみましょう。25度の気温にぴったりの、クールでかっこいい服やシューズがたくさん見つかります。

登録や購入方法はとても簡単です。お得なセールやイベントは、毎日開催されています。

男女別25度の服装

気温25度の服装は、朝晩の冷え込みや雨などの天候を考え、ライトアウターと通気性が良いファッションアイテムを中心に決定していきましょう。

気温25度は快適な温度ですが、晴れれば日焼けするほど暑くなり、天気が悪いと冷え込む可能性があります。それだけに、服装に迷ってしまいます。

気温25度の服装は、軽めのアウターや肩掛けを組み合わせたコーデを常に心がけておきましょう。

メンズ

気温25度のメンズファッションは、シンプルさが決め手です。

気温25度は快適な温度です。メンズファッションは白を中心にした服装でさわやかにまとめ、着心地の良さを基準にアイテムをチョイスしていきます。

袖をロールアップした白シャツや、白の半袖ポロシャツなどがおすすめです。チェックのシャツや軽めのアウターをはおり、アンクル丈のブラックパンツでおしゃれにきめてください。足元はスニーカーがぴったりです。

レディース

気温25度の日のレディースは、通気性のある涼しげな服装に軽めのアウターを選びましょう。

トレンドのレースを取り入れたコーデがおすすめです。裸足にサンダル、髪はアップにしてレースのライトアウターを軽くはおりましょう。秋はインナーをレースにかえます。ボトムスを人気のワイドパンツにすれば、今風になります。

ワンピースや、薄手のオーバーサイズのゆったりとした服をチョイスしても快適に過ごせます。

子供

子供は服装の調整が難しいので、気温が25度のときは薄手の長袖とズボンを着せましょう。

気温25度のときは長袖のトップスと決めておくと便利です。若干暑さを感じますが、朝夕の寒暖さや雨の日を考慮して、長袖のトップスがおすすめです。

お出かけのときなどはレースのロングアウターもおすすめです。ジーンズにサンダル、ネイビーのボーダーシャツのトリコロールカラーで、おしゃれにきめてあげましょう。

気温25度で楽しむ服装

気温25度のときこそ、おしゃれに力を入れましょう。

気温25度は快適な温度です。肌の露出ができるぐらい暖かいので、シースルーファッションやウエストマークで、若々しいコーデをたのしみましょう。裸足でサンダルが履ける季節です。ペディキュアと一緒におしゃれに履きこなしましょう。

メンズは普段は被らないようなおしゃれなハットや、上質な靴、涼しげな丈のボトムスに挑戦してみましょう。

気温25度のトータルファッション

気温25度は夏日の始まりです。天気予報で気温の上昇具合や下降状態をよく確認しておきましょう。

最高気温25度ではアウターが必要、最低気温25度は半袖で大丈夫だとおぼえておけば、おのずとコーデも決まってくるはずです。あとはトレンドや天気に合わせて、レースやレインシューズを上手に合わせていきましょう。

晴れの日は紫外線対策も忘れずにおこなってください。