Search

検索したいワードを入力してください

気温22度におすすめのレディース服装・天気別コーデ6選

Author nopic iconjingertea
コーディネート / 2018年12月25日
気温22度におすすめのレディース服装・天気別コーデ6選

気温22度ってどれくらい暖かいのか

気温22度におすすめのレディース服装・天気別コーデ6選

気温が22度のときは、半袖では雨や風に当たると少し寒く感じ、厚手の長袖では晴れると少し暑く感じる程で、中途半端な気温です。

22度は、4月から5月、6月の梅雨の時季や、10月の秋が始まる頃の気温です。雨の日は寒く、晴れた日は朝晩冷え込むので、着る物に困るシーズンです。

蒸れたり寒さを感じたりしないように、ファッションアイテムの素材に注意をしながら、薄手のアウターを上手に活用していきましょう。

気温22度の時の服装のポイント

気温22度のときは、厚手か薄手の長袖トップス1枚、または半袖のトップスに長袖のライトアウターをレイヤードした服装がおすすめです。

アウターはジャケットやコートなどの厚手のアイテムではなく、カーディガンなどの軽いタイプで大丈夫です。ストールやスカーフのアクセサリーで温かさの調整をしながら、おしゃれに着こなしてください。

薄手のジャケットは必須

気温22度のときは朝晩冷え込みます。日中も天気によって寒暖差がありますので、薄手のジャケットで体感温度を調整しましょう。

トレンドのレース生地のトップスも、薄手のジャケットを羽織れば温かくおしゃれに着こなせます。太めのデニムと合わせれば、女性らしいラインを崩さずにコーデできます。

薄手のデニムジャケットもおすすめです。どんなコーデにも合わせやすく、カジュアルにもフェミニンにも活用できます。

長袖のトップスが安心

気温22度のときは長袖のトップスが便利です。

気温22度の日は、天気によって体感温度が違います。薄手と厚手の長袖のトップスを、天気によって使い分けます。袖をロールアップしたりボタンを開けたりして、体感温度を調節しましょう。

トレンドのハイネックレーストップスとサロペットをおしゃれにコーデしましょう。通気性もあり他のアイテムとも合わせやすく、気温22度にぴったりのトップスです。

スウェット生地なら寒くない

気温22度のときは、スウェット生地がぴったりです。

スポーツ衣料として発展してきたスウェット生地は、吸湿性の高い綿と速乾性に優れた化学繊維の二重構造で作られた防寒性に富む厚手の衣料生地です。

最高気温が22度のときはスウェットパーカーがおすすめです。はおったり腰に巻いたりと、アウターとしての着まわしもできます。プルオーバーのスモーキーカラースウェットパーカーを揺れ感のあるスカートにおしゃれに合わせましょう。

デニムパンツを履くと間違いない

気温22度の日にいちばん失敗のない服装は、デニムパンツを使ったコーデです。

デニムはカジュアルからフェミニンまで、どんなファッションにも合わせられます。裾をロールアップすれば丈の調節ができるので、温度調整にも役立ちます。厚みがあるので冷え対策にもなります。

白のカットソーとデニムのボトムスは定番です。トレンドのワイドパンツデニムで、ゆったりと風通しよく気温22度を過ごしましょう。

スカート履きたいならばロングスカート

気温22度の日にスカートを穿きたくなったら、ロングで間違いありません。朝晩の寒暖さに対応できますし、暑い日中も涼しく過ごすことができます。

定番は、薄手の生地で作られたシースルー気味のプリーツロングスカートです。トップスをカジュアルにして、甘くなりすぎないテイストに仕上げましょう。

女らしいふわっとしたデザインやスリット入りデニムのロングスカートも、気温22度にしっくりきます。

最高気温22度におすすめなレディース服装9選

最高気温が22度ということは、朝晩はそれ以下の温度になることが予想されます。防寒対策をしっかりとして出掛けることをおすすめします。

その日の最高気温が22度のときは、どの時間帯が22度になるのかを事前に天気予報でチェックしておくと、服装の予測が立てられます。

参考までに、以下におすすめの9つのコーデをご紹介させていただきます。

晴れの日コーデ3選

最高気温が22度で晴れの日は、朝晩と日中の温度差が敏感に感じられる傾向があります。寒暖差を調整できるコーデを心がけましょう。

最高気温が22度のときは厚手の長袖1枚か、半袖のトップスにライトアウターをはおるとよいでしょう。サングラスやロングのボトムスで紫外線対策もしてください。

カーディガン

最高気温が22度で晴れの日は、日焼けに気をつけましょう。

最高気温が22度になる頃は太陽の日差しが強い季節です。紫外線対策のためにも、ライトなアウターをはおりましょう。さわやかなカラーをチョイスして軽やかに着こなしてください。

ボトムスはロングスカートやワイドパンツにして、足元を紫外線から守ってください。トップスは半袖にして、通気性を良くしてさわやかに過ごしましょう。

ダンガリーシャツ

最高気温が22度で晴れた日は、ダンガリーシャツもおすすめです。

ダンガリーシャツはどんなボトムスにも合わせやすく、はおればアウターにもなるアイテムです。軽めの色をチョイスすれば、さわやかな印象が作れます。

朝晩の冷え込みが気になる方は、ダンガリーシャツにスカーフをコーデしておしゃれに着こなしてください。

レースインナー

最高気温が22度で晴れの日は、トレンドのレーストップスがおすすめです。

花柄ブラウスやレースのトップスは今風になれるたいへんおしゃれなアイテムです。涼しさが気になる方は、少ししっかりとしたゆったりめのアウターや、コーディガンなどをはおりましょう。

レースのトップスはデニムとのコーデがしっくりきます。アウターの下からのぞくレースはとても女らしいので、秋は色を黒に変えておしゃれに着こなしましょう。

曇りの日コーデ3選

最高気温が22度で曇りのときは、一日中涼しさを感じるでしょう。スウェット生地や薄手のニットのトップスか、半袖にアウターファッションで、冷え対策をしておきましょう。

スカーフやストールなどの小物で暖を取るのも有効です。厚手のトップス1枚で出掛けるときは、大判のストールを持ち歩きましょう。首に巻いてスカーフやマフラー代わりにできますし、腰に巻けばファッションをカジュアルダウンできます。

スウェットパーカー

最高気温が22度で曇りの日は、スウェット生地のパーカー1枚で外出できます。

スウェットパーカーはスポーティーでカジュアルな雰囲気になりがちです。ドレッシーなロングスカートで上手にコーデするとおしゃれに見えます。ネックレスやストールを使ってドレッシーに仕上げ、足元を濃い色のスニーカーやスリッポンにすると今風です。

ジップアップパーカーを選ぶと、アウターや腰巻きとしても使用できるのでたいへん便利です。

ライトアウター

最高気温が22度で曇りの日は涼しく感じられるので、薄くて軽いブルゾンなどのライトアウターがおすすめです。

トップスは半袖にして、フォルムがしっかりとした軽めの上着をはおれば風が防げるので、あたたかさを感じます。カーキーやネイビーカラーを選べば、どんな季節も利用できるので重宝します。

ボーダー柄のトップスをワイドパンツやデニムと合わせ、髪をアップにして小物やアクセサリーですっきりとまとめましょう。

薄手ニット

最高気温が22度で曇りの日は、薄手のニットがちょうどよく感じられます。

襟ぐりの広い白の薄手のニットを、ワイドパンツやロングのスカートなどとコーデしましょう。スエードのショートブーツや小ぶりのバッグで、おしゃれに仕上げます。

帽子を効果的に使うファッションもおすすめです。

雨の日コーデ3選

最高気温が22度で雨の日は、寒さを感じるシーンが多くなります。

レインアイテムを利用して、雨に濡れない工夫をして過ごしましょう。コーデにきれいな目立つ色を使うと、おしゃれでさわやかな印象になります。

どんよりとした空模様の肌寒い雨の日も、明るく元気なイメージでファッションをきめていきましょう。

デニムスカート

最高気温が22度で雨の日は、デニムスカートがちょうどよくて便利です。

デニムスカートは厚手で皺が寄りにくく、濡れてもすぐに拭きとることができます。スウェット生地との相性も抜群です。トップスはインして茶色のベルトでウエストマークしておしゃれに着こなし、レトロカラーのバッグと合わせます。

デニムスカートはミニや台形を選べば、雨の日は動きやすくて便利です。靴下コーデで足元をあたたかくしてお出掛けください。

レインコート

最高気温が22度で雨の日は、レインコートが重宝します。

レインコートは体をすっぽりと覆ってくれるので、保温効果が万全です。短めの丈を選び、スカートやパンツの丈はそこから出ない長さをチョイスします。ロングレインブーツとコーデすれば、すてきな雨の日ファッションのできあがりです。

トップスは白の半袖がベターです。レインコートはおしゃれなデザインを選び、雨の日もシックなファッションできめていきましょう。

チノパン

最高気温が22度で雨の日は、チノパンがおすすめです。

チノパンはカラーバリエーションも豊富で、形もいろいろです。保温効果もあり皺が寄りにくいので、雨の日は重宝します。トップスはカジュアルでもフェミニンでもよく合います。裾をロールアップして好きな長さで履けます。

最近は撥水性加工がしっかりとした通気性のいいチノパンも販売されています。特殊な繊維で作られたチノパンを利用すれば、雨の日も快適に過ごせます。

ファッション通販サイト(SHOPLIST)は、幅広いジャンルのレディースファッションが見つかる、おしゃれなネットショップです。

ファッション通販サイト(SHOPLIST)は、気温22度の天気にぴったりなファッションアイテムがたくさん取り揃えられています。買い物の方法も簡単です。

ファッション通販サイト(SHOPLIST)は、欲しいアイテムがお手軽価格で手に入る、たいへん便利なネットショップです。

最低気温22度におすすめなレディース服装9選

最低気温が22度の日は、それ以上に温度が上がる可能性があります。服装は半袖と長袖のわかれめです。その日の最高気温が夏日の基準の25度を超えるようでしたら、薄手のトップス1枚でも大丈夫です。

最低気温が22度の日の服装は、ライトアウターの下に半袖のトップスコーデが基本です。最低気温が22度で晴れの日は、通気性の良い服装を心がけましょう。お天気が悪い日は、厚手のトップス1枚で出掛けることができます。

晴れの日コーデ3選

最低気温が22度で晴れる日は、温度の上昇が予想されます。天気予報をよく確かめてから出掛けましょう。汗ばむ気温である25度を上回るようでしたら、半袖にライトアウターをはおる、または薄手の長袖トップス1枚で外出できます。

暑くなったらカーディガンなどの軽めのアウターは脱げば、半袖で快適に過ごせます。長袖トップスは袖をまくります。紫外線対策も心がけましょう。

ワンピース

最低気温が22度のときにおすすめのファッションはロングワンピースです。

ワンピースは体を締め付けないのでゆったりと着こなすことができます。ロングを選べば紫外線対策にもなりますし、朝晩の防寒にもなります。半袖や薄手のロングワンピースには、軽めのアウターをはおりましょう。

ワンピースはウエストを締め付けない、ゆったりとしたタイプを選びます。それは通気性がよく、太陽が照りつける日中も快適に過ごせるからです。

サングラス

最低気温が22度で晴れの日は、太陽光線が強くまぶしく感じられることがあります。25度を超えるような日は、紫外線対策にサングラスが有効です。

サングラスに合わせてアクティブなファッションを心がけましょう。ダメージジーンズに黒のシューズでクールにきめます。白の半そでカットソーと前を全開にしたシックな色合いの薄手のジャケットで、かっこよくきめてください。

長袖シャツ

最低気温22度の晴れの日で、温度が上昇気味のあたたかい日は、シャツやブラウス1枚で過ごすことができます。

長袖トップスは、気温が高くなってきたら、袖をロールアップしたりボタンをはずしたりすれば温度調整が簡単にできます。ビッグシルエットのトップスを選べば裾から風が入るので、快適に過ごせます。

涼しくなったらトップスをボトムスにインしましょう。

曇りの日コーデ3選

最低気温が22度で曇りの日は、体感温度がいつもより下がります。汗をかかない程度に防寒対策をしてください。トップスは薄着でも、足元はあたたかくしましょう。

ショートブーツがおすすめです。靴下コーデも有効です。襟ぐりが開いた薄手の長袖ニットや、オールインワンアイテムなどを着るにはちょうどよい季節です。

キャミソール

最低気温が22度で曇りの日は、ビスチェやキャミソールコーデが有効です。

曇りの日は涼しさを感じることもあるので、薄手のトップスの体感温度をビスチェやキャミソールが上手にカバーしてくれます。もしも気温が上昇して暑さを感じたら、脱ぐこともできます。

サロペット

最高気温が22度で曇りの日は、胸元を包み込んでくれるサロペットなどのオールインワンファッションの出番です。

サロペットはアウターを着ていると脱ぎ着が面倒になるので、このような季節にぴったりのファッションアイテムです。普通のボトムスに比べて保温効果もあります。

薄手のトップスと合わせてカジュアルに着こなしましょう。ローファーを合わせればおしゃれにコーデできます。

ショートブーツ

最低気温が22度で曇りの日は、ショートブーツが履けます。

トップスに襟が開いたデザインを合わせて、暑くならないようにさわやかにコーデします。首まわりに涼しさを感じたら、スカーフなどでカバーしてください。

ボトムスはロングスカートがおすすめです。ショートブーツを履くことでコーデにおしゃれ感が増し、足元が冷えずにすみます。

雨の日コーデ3選

最低気温が22度の雨の日は、足元にポイントを置いて仕上げていきましょう。すてきなデザインのレインシューズやブーツを用意して、靴をメインにファッションコーデをしてみてください。

ボトムスは短い丈を選び、思い切って足を見せてもおしゃれです。雨の日はパンツの裾をロールアップしたり、アンクル丈やサブリナパンツを穿いたりして、動きやすいコーデを心掛けましょう。

ミニスカート

最低気温が22度で雨の日は、ミニスカートに長袖のブラウスやシャツをコーデして、さわやかに過ごしましょう。

雨の日は肌寒さを感じることがありますので、足元は靴下コーデで防寒しましょう。雨の日は短い丈のボトムスを選び、裾を気にせずにうんとおしゃれな格好をしましょう。

最低気温が22度なら長袖1枚で外出ができます。雨の日も身軽な行動が可能です。

ショートパンツ

最低気温が22度で雨の日は、ショートパンツに靴下コーデが快適です。

ショート丈のパンツコーデは、雨の日も足元を気にせずに歩くことができます。最低気温が22度で雨の日は、少し肌寒く感じる時間帯と蒸し暑く思える時間帯がありますので、半袖のトップスと長袖のライトアウターで体温調節ができる服装がおすすめです。

雨の日は差し色に明るい色をもってくるとおしゃれ度が増すので、色味のあるアイテムを加えてもよいでしょう。

レインシューズ

最低気温が22度で雨の日は、レインシューズやブーツでおしゃれコーデができます。

雨の日に足元を濡らさないようにするには、やはり専用のシューズがいちばんです。防寒効果もあり、おしゃれで便利なのでおすすめです。

ロングブーツ風に短めのワンピースとレインブーツを合わせると、おしゃれなコーデができます。ブーツと服装のカラーを合わせ、上手にまとめましょう。

寒さ対策をして出かけよう!

気温22度は、朝晩の寒暖差が激しく、雨風で寒さを感じる季節に多いです。冷えは女性の大敵です。寒さ対策をいちばんに考えてコーデしてください。

22度はときどき肌寒さを感じる気温です。薄手の半袖にライトアウター、または薄手か厚手の長袖コーデを定番にして、ストールやスカーフで寒さ対策を万全にすることが、気温22度を快適に乗り切るポイントです。

気温14度・25度の時に着るべき服装

気温14度のときは、薄手と厚手のアイテムを上手に組み合わせてあたたかい服装を心がけてください。気温25度は朝晩の寒暖差が激しく汗ばむ季節です。通気性を重視した服装を心がけてください。

気温14度のときはあたたかいニットやタイツにライトアウターをはおる、または薄手のトップスにコートをコーデしておしゃれと防寒の両方に配慮しましょう。

気温25度のときは袖付きのトップスとライトなはおりもので過ごしましょう。

関連記事

Related