Search

検索したいワードを入力してください

【レディース・メンズ別】気温16度のときの服装|最高気温/最低気温

Author nopic iconとみー
コーディネート / 2018年12月25日
【レディース・メンズ別】気温16度のときの服装|最高気温/最低気温

レディース・メンズ別春の最高気温16度のときの服装

【レディース・メンズ別】気温16度のときの服装|最高気温/最低気温

冬が終わりようやく暖かくなる春の季節には、なんだか気持ちもワクワクしおしゃれしてどこか遊びに出かけたくなります。しかし春の季節ってまだ寒かったり暖かかったりで服装選びに苦労したこともあるでしょう。春の平均気温16度ってどんな服装がいいのでしょうか。今回はそんな春におすすめの服装をご紹介いたします。

春の気温16度の服装(コート)

春の気温16度は過ごしやすく、春らしいスプリングコートはいかがでしょうか。スプリングコートとは日本語で「春に着るコート」です。

色合いも様々でブルーやピンク、ベージュや白など明るい色のコートがたくさんあります。冬用の分厚いコートはちょっとな、という日には是非スプリングコートをお試しください。気温16度は少し動くと体が暑くなってきますのでコートの下は脱いでもいいように薄手のTシャツなどがオススメです。

男性のスプリングコートもおしゃれなデザインが多くあります。鮮やかな青やベージュなどパンツと合わせやすい色でコーディネートも楽に選べます。男性のスプリングコートは大人っぽくおしゃれな雰囲気に見えますので、大人な色気をだしたい日は是非スプリングコートをお試しください。

春の気温16度の服装(セーター)

トップスの王道といえばニットやセーターです。明るい色で軽やかな服装になるので、春の季節にはぴったりです。毛玉になりにくいものや、レースやフレアなどのデザインもあ、り服装で迷ったらセーターを着てみるのもよいでしょう。

セーターにはスカートもパンツもどちらも合います。かっこいいコンサバ系でしたらパンツにパンプスで、ふんわり柔らかい印象が希望でしたら、スカートと合わせるのがよいです。最高気温16度の春の暖かさには、明るい色のセーターがぴったりです。

男性の方はコーディネートを考えるのが、めんどくさいって方が多いのでないでしょうか。いつも同じような服装になってしまったりと困ることがあります。

しかし男性がおしゃれに着こなす姿は、とてもカッコイイです。春のセーターは大人っぽさと上品さをアップさせてくれておすすめアイテムです。気温16度くらいの気温まであがる日は、半そでセーターを着て出かけてみるのはいかがでしょうか。

春の気温16度の服装(トレンチ)

若い女性から大人の女性まで、大人気のトレンチはオフィスでも遊びでも、可愛くかっこよく着こなせます。トレンチコートで一番人気の色はなんといってもベージュ色です。

カジュアルな着こなしの服装は、ボーダーのTシャツとデニムのパンツに、スニーカーでおしゃれカジュアルに着こなしましょう。最高気温16度でも陽が当たらない場所は寒いです。首にストールなどを巻くとおしゃれ度は増します。

春の最高気温16度コートのおすすめは、メンズのトレンチ。大人の男を演出したい日にはベストです。トレンチコートとはイギリスの軍用コートとして広まったのが始まりとされていますが、おしゃれなデザインに一気に人気が高まりました。トレンチコートには防水加工が施されており機能性も抜群です。男の品を高めることのできる服装です。

春の最低気温10度の時の服装は

女性の服装なら春は気温16度くらいが平均ですが春先は10度まで下がることもあり、春とはいえ寒いです。暖かいウール素材などがよいでしょう。

男性は厚めのジャケットで、春を楽しんでみてはいかがでしょうか。やはり春らしい薄めの色をチョイスすると素敵にみえます。春は薄い素材の服が多いので、冬用の少し淡い色味がある服装の色を選んでみるのがいいでしょう。

春の最低気温6度の服装は

最低気温6度もはや冬の寒さですが春にはよくあります。「昨日は暖かかったのに今日はとても寒い」など、最高気温16度から6度まですぐに変わってしまいます。ヒートテックと暖かいセーターなどを着て風邪などひかないように注意してください。

女性と同じく男性もヒートテックは必須です。他には手袋、マフラーも必需です。寒いときにはいろいろな色、でおしゃれを楽しんでみてはいかがでしょうか。

春の最低気温9度の服装は

最低気温9度も薄手のコートが必要でしょう。ストールなどで首元を温めることで寒さが和らぎます。日中は暖かくなることが多いですが、夜になると一気に冷えこみます。気温16度最低気温9度だと、急な寒暖差に体がついていけないこともあるので、十分に注意してください。

薄手を重ねて着ても素敵な印象です。デニムのジャケットの下に、さわやかなブルーのシャツを着て、カーディガンを羽織ればおしゃれで春コーデを楽しめます。雨や朝方の気温9度から、最高16度まであがるなどで暑くなってきたらカーディガンとジャケットを脱いで爽やかシャツで過ごしましょう。

レディース・メンズ別秋の最高気温16度のときの服装

【レディース・メンズ別】気温16度のときの服装|最高気温/最低気温

夏の暑さも少し落ち着き涼しく過ごせるようになる秋の服装にまたも困る方多いでしょう。秋の最高気温16度の服装とはどういったものでしょう?様々な秋の活躍するアイテムをご紹介させていただきます。

秋の最高気温16度服装(タイツ)

秋らしいアイテムといえばカラータイツがオススメです。チェックや色鮮やかなタイツは秋冬ならではのアイテムです。気温によってタイツの厚さを調整してみましょう。秋の最高気温16度の服装では薄いストッキングに近い30デニールの厚さがよいでしょう。

男性のタイツは、気温16度では女性より履きなれてない分暑く感じてしまうでしょう。チェックの靴下など、デザインで秋を楽しむのはいかがでしょうか。肌寒くなる10月後半あたりから男性用タイツは活躍しそうです。

最高気温16度服装(コート)

秋のコートは、春コーデでもおすすめしたトレンチコートです。秋のトレンチコートにチェックのパンツや、ショートブーツなどを合わせると秋らしさ満点コーデです。色は春にも変わらず人気のベージュやダークなブラック、カーキやキャメルなど秋冬らしいカラーが豊富にそろっています。

秋の気温16度のおすすめコートは、男性も深い色のコートにモノトーンのTシャツなどを合わせると素敵です。カチッとしたコーディネートも、デニムでカジュアルに着こなすのもどちらも合う服装です。

最高気温16度服装(セーター)

最高気温16度でしたら、昼間はセーター一枚の服装で十分すごせます。雨の日や夕方以降は寒くなってきますので、羽織れるコートやジャケットがあればよいでしょう。夏が終わり冬に近づいてくると、急にセーターのふわふわとした肌さわりが恋しくなります。

男性は気温16度のセーターは一枚で着れ、シンプルなパンツなどにも合わせてもおしゃれに仕上げるのがよいです。セーター一枚軽やかに涼しい季節を堪能してみてはいかがでしょうか。

最低気温10度の秋の服装は

秋の気温10度は11月頃で冬の寒さがやってくる時期です。風も冷たくなり薄着の服装ではなかなか過ごせなくなります。タイツにブーツなど暖かい小物をプラスしてみましょう。コートは厚手のものがよいです。

厚手のジャケットには黒のパンツやデニムパンツがよく合います。この時期から寒さが苦手な方はヒートテックなどを、シャツやセーターの下に一枚着てみてはいかがでしょうか。

最低気温6度に服装

最低気温6度となると防寒対策は万全にしておきましょう。足元はロングブーツやムートンブーツなどで暖かくして、隙間に冷たい空気が入ってこないようにしましょう。タイツとホッカイロもプラスしましょう。

男性はダウンジャケットやダウンコートとセーター、ヒートテックを着、下はヒートテックパンツとコーデュロイ素材などを合わせれば、寒さにも負けず楽しく外出できます。

最低気温9度の服装

女性の気温6度の服装は、可愛くダッフルコートのショート丈はいかがでしょうか。ミニスカートを合わせたり、デニムジーンズなどでコーディネートすれば、秋と冬のどちらも感じることができるでしょう。

気温6度に比べると9度はまだ過ごしやすいです。ウール素材の暖かいコートに細身のパンツ、エンジニアブーツやショートブーツをあわせれば、かっこよく着こなすことができます。

季節の変わり目のおしゃれを楽しもう

【レディース・メンズ別】気温16度のときの服装|最高気温/最低気温

いかがでしたでしょうか。季節の変わり目は服装に迷いがちですがまずは今日の気温を調べてからコーディネートを考えてみてください。季節の変わり目は寒暖差が激しいのでお出かけの際は一枚多めに用意しておくのがよいでしょう。自分に合う服装を知ってもっとおしゃれを楽しみましょう。

必須アイテムはすぐに取り入れよう!

忘れないうちに、今年の注目アイテムを手に入れよう!

<大人気アイテムがまとめて変える!SHOPLIST.com>
 ・17万点以上アイテムが まとめて買える!
 ・流行をおさえたアイテムがたくさん!
 ・憧れの有名人が着ているアイテムも!

関連記事

Related