Search

検索したいワードを入力してください

【レディース・メンズ別】気温16度のときの服装|最高気温/最低気温

Author nopic iconとみー
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年09月22日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【レディース・メンズ別】気温16度のときの服装|最高気温/最低気温

薄手を重ねて着ても素敵な印象です。デニムのジャケットの下に、さわやかなブルーのシャツを着て、カーディガンを羽織ればおしゃれで春コーデを楽しめます。雨や朝方の気温9度から、最高16度まであがるなどで暑くなってきたらカーディガンとジャケットを脱いで爽やかシャツで過ごしましょう。

レディース・メンズ別秋の最高気温16度のときの服装

夏の暑さも少し落ち着き涼しく過ごせるようになる秋の服装にまたも困る方多いでしょう。秋の最高気温16度の服装とはどういったものでしょう?様々な秋の活躍するアイテムをご紹介させていただきます。

秋の最高気温16度服装(タイツ)

秋らしいアイテムといえばカラータイツがです。チェックや色鮮やかなタイツは秋冬ならではのアイテムです。気温によってタイツの厚さを調整してみましょう。秋の最高気温16度の服装では薄いストッキングに近い30デニールの厚さがよいでしょう。

男性のタイツは、気温16度では女性より履きなれてない分暑く感じてしまうでしょう。チェックの靴下など、デザインで秋を楽しむのはいかがでしょうか。肌寒くなる10月後半あたりから男性用タイツは活躍しそうです。

最高気温16度服装(コート)

秋のコートは、春コーデでもしたトレンチコートです。秋のトレンチコートにチェックのパンツや、ショートブーツなどを合わせると秋らしさ満点コーデです。色は春にも変わらずのベージュやダークなブラック、カーキやキャメルなど秋冬らしいカラーが豊富にそろっています。

秋の気温16度のコートは、男性も深い色のコートにモノトーンのTシャツなどを合わせると素敵です。カチッとしたコーディネートも、デニムでカジュアルに着こなすのもどちらも合う服装です。

最高気温16度服装(セーター)

最高気温16度でしたら、昼間はセーター一枚の服装で十分すごせます。雨の日や夕方以降は寒くなってきますので、羽織れるコートやジャケットがあればよいでしょう。夏が終わり冬に近づいてくると、急にセーターのふわふわとした肌さわりが恋しくなります。

男性は気温16度のセーターは一枚で着れ、シンプルなパンツなどにも合わせてもおしゃれに仕上げるのがよいです。セーター一枚軽やかに涼しい季節を堪能してみてはいかがでしょうか。

最低気温10度の秋の服装は

秋の気温10度は11月頃で冬の寒さがやってくる時期です。風も冷たくなり薄着の服装ではなかなか過ごせなくなります。タイツにブーツなど暖かい小物をプラスしてみましょう。コートは厚手のものがよいです。

厚手のジャケットには黒のパンツやデニムパンツがよく合います。この時期から寒さが苦手な方はヒートテックなどを、シャツやセーターの下に一枚着てみてはいかがでしょうか。

最低気温6度に服装

最低気温6度となると防寒対策は万全にしておきましょう。足元はロングブーツやムートンブーツなどで暖かくして、隙間に冷たい空気が入ってこないようにしましょう。タイツとホッカイロもプラスしましょう。

男性はダウンジャケットやダウンコートとセーター、ヒートテックを着、下はヒートテックパンツとコーデュロイ素材などを合わせれば、寒さにも負けず楽しく外出できます。

最低気温9度の服装