Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】友人の結婚式の受付の服装やマナー|着物/振袖/スーツ

Author nopic iconはるまき
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2017年09月20日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月20日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】友人の結婚式の受付の服装やマナー|着物/振袖/スーツ

男性の結婚式受付での服装

男性も女性と同じように受付では、新郎新婦の顔となるので服装には気をつけなくてはなりません。ここでは、男性の受付時の服装を紹介します。

スーツ

男性の結婚式での服装は、女性のように着物やドレスといった種類はなく基本的にスーツの出席になります。男性も新郎より目立たないようにブラックやネイビー、グレーのスーツなどの落ち着いた色合いのスーツを着用しましょう。

シャツやネクタイは、派手なデザインや色のものでなければ柄物でもかまいません。受付で悪い印象を与えない服装にするためにもスーツは必ずしわなどがないようにしておきましょう。

男性の靴は、女性と同じようにカジュアルな靴での出席は避けて、黒のストレートチップの靴で出席するようにしましょう。

小物

男性は、ポケットチーフをスーツに合わせてもっておきましょう。ポケットチーフの色は基本的に白になっていますが、スーツやネクタイなどの服装に合わせた色合いを用意しても良いでしょう。

季節別結婚式の受付の服装

結婚式の受付では、新郎新婦の顔として季節に合わせた服装で出席する必要があります。冬に涼しいそうな服装や夏に厚そうな服装だと出席するほかのゲストに良い印象を与えません。結婚式の時期に合った服装で出席して受付をしましょう。

冬季

冬の時期に透け感のある服装では、寒い冬には合わない服装になるので冬の時期に素材は、ベロアやジャガード素材の冬を連想させる素材を使ったドレスがです。冬らしさを出すワインレッドやオレンジ系の色合いの服装などを選んで着用しても良いでしょう。コートなどは、ファー素材などのものは動物殺生をイメージさせて縁起が悪いので避けましょう。

夏季

夏の時期は、熱を逃すさらっとした素材で透け感のあるドレスが良いでしょう。夏に生地は汗を吸収しやすく、風も通すシフォン生地がです。ふんわりとさらっとした生地なので涼しい印象を与えやすいでしょう。色合いは、夏のさわやかなイメージを出すブルー系の色合いの服装が良いでしょう。

春季と秋季

秋と春は、過ごしやすい気候の時期なので涼しすぎず、寒すぎない服装が良いでしょう。ボレロなどを羽織って秋と春らしさを出しましょう。色合いは、秋はオレンジやパープルなどの秋らしい色にして、春は春を感じさせるピンクや若葉の色のような淡いグリーンなどの色合いを着用すると季節感を出せるでしょう。

結婚式での受付のマナー