Search

検索したいワードを入力してください

最高気温23度の服装・レディース/メンズ・春/秋・天気別

Author nopic iconまり
コーディネート / 2018年12月26日
最高気温23度の服装・レディース/メンズ・春/秋・天気別

最高気温23度の服装

春から秋は温度変化が激しくて、朝肌寒かったと思ったら、昼には暑くて汗ダラダラになることがあります。そんな気温の変化が激しい時期って一体どのような服装でお出かけすればよいのでしょうか。最高気温が23度の時のレディース・メンズ別で春から秋におすすめのファッションをご紹介します。

気温が23度の服装

「服装指数」という指標をご存知ですか。気温から服装を考える時は気象協会が発表している「服装指数」が参考になります。

最高気温が23度の場合は、日中は暖かく感じても朝番は10度台になる可能性があります。一方、最低気温が23度もあるような日は暑いので、半袖と長袖の重ね着で暑くなったら脱げるようにするなど、外にいる時間や場所に合わせてアイテムで調節しましょう。

最低気温が23度の時

最低気温23度は7月~8月の気温であり、朝は涼しく感じても午後からの猛暑も予想できるので、服装はふんわりと軽い風通しの良い素材である麻やモダールを選びましょう。

最高気温が23度の時

最高気温が23度は、春や秋の最も過ごしやすい時期ですが、夏の訪れを感じる頃でもあります。少し汗ばむ気温なので日中は半袖でもちょうどいいですが、雨の日や朝晩は少し肌寒く感じエアコンなどの冷気も気になるため、半袖の上に羽織れるものがあれば問題ないでしょう。

レディス

晴れの日の場合、最高気温が23度でも比較的暖かい日となります。トップスはブラウスやシャツなど、風通しの良い服装がおすすめです。寒がりな方は長袖のブラウスやトップスを選びましょう。暑がりな方は半袖や七分丈のシャツやトップスがおすすめです。

メンズ

男性もシャツを着ることをおすすめします。男性の場合、生地のしっかりしたTシャツであれば1日快適に過ごせます。男性で寒がりな方はTシャツの上にシャツを羽織ると防寒対策にもなり、暑くなったら脱ぐこともできるのでおすすめです。

子供

子供は大人より暑がりです。気温23度の場合、Tシャツやショートパンツで大丈夫です。大人の着る服装より一枚少なくすることで子供が気持ちよく快適に過ごすことができます。

カラー

女性にかかせないカラーといえば、「パステルカラー」です。淡い色合いはフェミニンな印象を与えてくれます。そして、今期のトレンド「アースカラー」は大人っぽいファッション向きのコーデに取り入れやすいでしょう。

小物

おしゃれは足元からと言います。気温が23度の場合、サンダルに白いソックスを合わせるととっても可愛くなります。白いソックスにウェッジソールを履くコーディネートは意外にも服装を選ばず、どんな服装でもおしゃれ度がアップします。

男性の場合は足元をおしゃれに見せてくれるのがスポーツサンダルです。そのままで履いてもおしゃれですし、白や黒などシンプルな色の靴下を履いても素敵です。

お出かけ時のファッションポイント

お出かけ時、天候や気温で服装に悩み、あれこれコーディネートを考えているとあっという間に気づけば待ち合わせの時間ということもよくあるのではないでしょうか。ここからは、シーン別でのファッションポイントをご紹介します。

屋外で活動するとき

屋外での活動、ディズニーランドに行く時など、一日中歩き回るのでどんな服装をしたらいいのか悩むところです。とにかく着心地のいい服装を選ぶことが大切なので、最高気温23度の場合、カットソーがおすすめです。日が暮れてくると温度は23度以下になります。

夜のパレードやアトラクションに長い時間並ぶことも考えて、パーカーやカーディガンなどの羽織ものも一枚持って行きましょう。

レストラン・ショッピングなど

一言で最高気温23度と言っても、月々によって体感温度は変化し、肌寒く感じる時もあるでしょう。ロングワンピースは脚の防寒にもなりますし、女性らしく華やかなアイテムです。ワンピースは1枚で洗練された印象になるためレストランやショッピングにはおすすめです。

気温23度/天気別の服装

気温が同じ23度でも晴れの日や曇りの日、雨が降ることによって感じ方は変わってきます。ここから、天気別での服装のポイントをご紹介します。どんな天気でもおしゃれを楽しめるヒントになるでしょう。

晴れの日

晴れの日の最高気温23度の場合、少し暑く感じられます。ギャザーブラウスは通気性もよく、カラーバリエーションも豊富です。ギャザーブラウスをを着ることで服装が爽やかになります。肌触りもよく体型カバーにもつながるので、一枚持っているとこの時期のコーディネートのバリエーションが増えて楽しくなるでしょう。

曇りの日

曇りの日にはボトムスでなるべく脚全体が隠れる服装がおすすめです。最高気温が23度の場合でも、曇りの場合、体感温度が肌寒く感じられます。ボトムスはロングパンツやロングデニムなどがおすすめです。パンツは苦手な方はロングワンピースやスカートでも十分に肌寒さの防ぐことができるので、脚を温めるファッションを試してみてください。

雨の日

気温23度の雨というとジメジメしていることがあるので、風通しが良く吸水速乾に優れているリネンや綿100%の素材の服装がおすすめです。汗をかいてしまってもサラッとした着心地で過ごせるでしょう。

また、雨でお気に入りの靴が履けないと悩む方にレインパンプスがあります。オフィスにも相応しい使えるパンプスです。パンプスなのでコーデを選ぶことなく、雨の日もおしゃれが楽しめます。

気温23度の日もおしゃれを楽しもう!

ディースとメンズ別の最高気温23度の場合の服装のご紹介はいかがでしたか。春から秋にかけては天候が崩れやすいので、その日に合った服装でお出かけしましょう。春から秋は着こなし次第でいろんなパターンの着回しができます。自分のワードローブに合う素敵なおしゃれを楽しんでください。

最高気温が23度の感覚