Search

検索したいワードを入力してください

【男女別】会社・個人で参加する地鎮祭に服装|春/夏/秋/冬

Author nopic icon澄川ゆい
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2017年09月23日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【男女別】会社・個人で参加する地鎮祭に服装|春/夏/秋/冬

男性・女性別の地鎮祭に服装は?

大人の場合

地鎮祭は建物を建てる際に、神様に工事の無事と安全、建物・家の繁栄をお祈りする儀式です。神様をお迎えする儀式なので、きちんとした服装で出席しましょう。男性はスーツがです。冠婚葬祭ではないので、礼服でなくて構いません。会社で出席する場合で、作業着などの制服がある場合は、制服で出席しましょう。

女性の場合はあまり派手ではない色のスーツ、もしくはブラウスにスカート、ワンピースなどの落ち着いた服装で出席しましょう。赤や黄色などの色は避け、少し地味に感じるくらいの服装が良いでしょう。地鎮祭は足場が悪い場所もあるので、高すぎないヒールの黒のパンプスがです。サンダルやミュール、つま先が出ているパンプスは避けましょう。ただし、雨天時に長くつを履くのはOKです。

子供の場合

子供の場合は、学生なら学生服を着て行きましょう。小さな子供の場合は服装の色合いが多少派手でも構いませんが、サンダルやジャージなど軽装は避けましょう。男の子なら襟付きのシャツにズボン、女の子ならブラウスにスカート、もしくはワンピースがです。

地鎮祭でNGな服装は?

地鎮祭は神様をお迎えする儀式なので、寒い季節でも殺生を意味する毛皮は身に着けないほうが良いでしょう。毛皮のコートやファーのついたコート、小物は避けましょう。毛皮を使っているムートンブーツも避けたほうが無難です。

また、季節問わず赤や黄色などのビビッドカラーは着ないようにしましょう。差し色や小物にも使わないほうが良いでしょう。地鎮祭では落ち着いた色合いを心がけましょう。

足場が悪い場合があるので高すぎるヒールや、不安定なヒールの靴、サンダルは履かないほうが良いです。

季節別の地鎮祭に服装は?

春は自然が色付く季節であり、出回る服も色のついたものが多くなりますが、地鎮祭ではカラフルな服装は避け、色柄ともに落ち着いたものを選びましょう。地鎮祭には男女ともにスーツか、オフィスカジュアルのようなきちんとした服装がです。

男性の服装はグレーのスーツか、グレーのジャケットに白いシャツ、モノトーンかネイビーのスラックスで落ち着いた印象を出せます。

女性の服装はグレーなど落ち着いた色のワンピースに、黒のパンプスを合わせるか、モノトーンのジャケットにシャツかブラウス、スカートかセンタープレスのパンツを合わせて上品な印象を出しましょう。どの場合も靴は黒のパンプスが良いでしょう。アクセサリーをつける場合は、落ち着いた色のシンプルなデザインにすると良いでしょう。

夏は暑さから軽装で出席したくなりますが、地鎮祭にはTシャツにハーフパンツ、ジャージにサンダルなど、あまりカジュアルすぎる服装で参加しないほうが良いでしょう。地鎮祭は暑くてもきちんと見える服装で出席しましょう。

男性の服装はポロシャツなど、襟のついた半袖シャツに落ち着いた色のスラックスを合わせるとしっかりした印象を与えられます。

女性の服装は色柄が派手でない半袖ブラウスかシャツに、綺麗めなスカートかパンツを合わせましょう。白いジャケットを合わせると夏らしい爽やかな印象を与えられます。

地鎮祭ですので上下とも色合いは地味にして、露出が少ない服装を選びましょう。いくら暑くても袖の無いブラウスや、丈の短すぎるスカート、ショートパンツは避けたほうが無難です。小物は黒かグレーに統一すると良いでしょう。

秋は植物が色付き、ファッションも様々な色が出回りますが、秋に出回るカーキ、ブラウンなどのアースカラーの配色は落ち着いて見え、地鎮祭にピッタリです。

男性の服装はスーツか、ジャケットにシャツ、スラックスといったオフィスカジュアルの基本アイテムを、モノトーンやネイビー、ブラウンといった落ち着いた色合いでまとめましょう。気温に合わせて上にコートを羽織ると良いでしょう。

女性の服装はグレーやカーキ、ブラウンといったアースカラーのジャケットかコートに、白いブラウスなどを合わせ、ジャケットと同じ系統か似たような色合いのスカート、もしくはパンツで合わせるのがです。秋カラーは地鎮祭に合いますが、ボルドーなどの赤系で派手な色合いは避けたほうが無難でしょう。

地鎮祭は屋外でだいたい15分~30分程度行う儀式ですので、冬だとコートは必須です。ただし地鎮祭は神様をお迎えする儀式です。結婚式でも殺生を意味する毛皮は禁止されるように、毛皮のコートやファーのついたコート・小物は避けたほうが良いでしょう。

トレンチコート、チェスターコートなど、スーツに合ってしっかりした印象のコートを選びましょう。ブーツはカジュアルなアイテムなので出来れば避け、パンプスを選ぶのがです。ただし、雪や雨で濡れてしまう場合は長靴を履くことができます。

男性はシャツにニットを合わせ、上にチェスターコートなどのコートを羽織ると良いでしょう。女性は、上はニット、下はワイドパンツなどのアンサンブルがです。色はグレーで、落ち着いた雰囲気でまとめましょう。その上にブラウンのチェスターコートを羽織ると素敵です。

黒色のストッキングはカジュアルな印象ですので、できれば肌色のストッキングを履くとさらに良いでしょう。

会社での地鎮祭に服装は?

会社で地鎮祭に出席する場合は、基本的にスーツで出席しましょう。「ラフな格好で大丈夫です」と言われてもスーツで出席したほうが無難です。また普段ラフな格好で出勤している職場でも、地鎮祭の時はスーツが良いでしょう。派手な色は避け、落ち着いた色合いのスーツにしましょう。

会社で制服がある場合は制服で構いません。施工会社で制服が作業着の場合は、作業着で地鎮祭に出席することが多いようです。ただし、大規模な地鎮祭ではスーツで参加する場合や、地域によって昔からの「しきたり」がある場合があるので、事前に確認しておきましょう。