Search

検索したいワードを入力してください

【学年別】入学式の際の親と子供の服装のマナー

Author nopic iconぱんだ
カテゴリ:フォーマル

初回公開日:2017年09月28日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【学年別】入学式の際の親と子供の服装のマナー

保護者の入学式の服装は?

【学年別】入学式の際の親と子供の服装のマナー
※画像はイメージです
出典: People in Couch · Free Stock Photo

入学式の主役は子供!

入学式は親も子も嬉しい行事の一つですが、成長した子供の晴れ舞台ですので、あくまで主役は子供ということが大前提にあります。そうはいっても、参列する保護者が全く見られていないわけではありません。

奇抜な服装で悪目立ちをしてしまうと、子供に恥ずかしい思いをさせてしまいますし、あとに続く学校生活に影響してしまう可能性もゼロでは無いのです。ではどのような服装がふさわしいのでしょうか。今回は、入学式の服装についてご紹介します。

母親

特に初めて入学式に参列するお母さんは、何を着ていけばいいのやらと悩んでしまう方の多い服装ですが、一体どんなものがふさわしいのでしょうか。まずマナーとして入学式は節目の式典ですので、カジュアルなもので無く準正装(セミフォーマル)が基本です。したがって、膝上丈の短いスカートはNGです。色は春らしいパステル系がです。

母親の服装でなのは、和装であれば小紋や訪問着、洋装であればスーツやワンピースです。しかし着付けが大変だったり着慣れていないなどの理由から、近年では洋装を選ぶ方が大多数を占めています。

父親

本来は母親が和装であれば父親も和装にすることが基本です。しかし最近の入学式では、ほとんどの父親が着ているのはビジネスで着るようなスーツです。礼服でもいいのですが目立ちますし第一、礼服は入学式を行う側の服装とされていることもあり選ぶ方は少ないようです。色はダークグレーや紺のスーツが主流となっています。

おしゃれ~ママ~

変に目立ちたくは無いけれど、どこか皆とは違うこなれ感を演出したいものです。そんなおしゃれなママやパパにファッションをご紹介します。

まずおしゃれママになのが、プルオーバーのセットアップです。プルオーバーとはボタンなどが無く被って着るタイプの有数スです。かっちりしたスーツよりリラックス感があり、尚且つどこかクラシカルな雰囲気を醸し出すことできるのが魅力です。かっちりしたスーツのママが多い中でプルオーバーをおしゃれに着こなせば、こなれた感じで注目の的です。

おしゃれ~パパ~

そしておしゃれなパパになのは、ネクタイやシャツでおしゃれ感を出すことです。ネクタイは、春らしい淡い色のドットやストライプ柄のものを合わせるとこなれ感が出ます。シルバーも入学式にぴったりですし、格好いいお父さんというイメージをもたれます。

シャツの色は基本白がです。襟元や袖元などにデザインがあるものなどなら、他のお父さんとは違うおしゃれ感を演出できます。

子供の入学式の服装

男の子

男の子も父親と同様、入学式の服装はスーツを着る子が大半です。子供は成長が速いのでなかなか難しいのですが、出来るだけサイズの合ったスーツを用意するように心がけましょう。いくら格好いいスーツでも、ブカブカやピチピチだと不恰好に見えてしまいます。入学式の少し前に一度着させてみて、サイズを確認しておくようにしましょう。

そしていくら子供が主役といっても、赤などの奇抜な色は避けましょう。入学式の服装は写真にも残りますし、周りから浮いてしまい最悪な思い出になっていまいます。やはり黒や紺、グレーなどの無難な色がベターです。

中に着るシャツも、白か淡い色のものがです。最近ではジャケットは着ず紺や黒などのベストを着ている子も増えています。どちらにしてもカジュアル過ぎずフォーマルを意識した服装で臨むことが大切です。

女の子

入学式での女の子の服装といえば、ブレザーにスカートかワンピースにボレロというコーディネートが多いのではないでしょうか。黒などのダークなカラーや、春らしいパステル系が女の子の定番となっています。ブレザーが黒ならスカートを明るい色にしたり、白のワンピースならボレロを紺や黒などにするなどしてバランスを取るのがです。

また男の子と同様に、奇抜な色やデザインは浮いてしまうので避けましょう。全身フリフリのお姫様のようなドレスや、派手なカチューシャやアクセサリーもフォーマルな入学式にはNGです。

卒園式と入園式の服装の違い

基本的には卒業式はシックな落ち着いた色の服装、入学式はパステルカラーなどの明るい色の服装とされています。そうはいってもスーツは高価ですし度々着るものでもないので、できれば同じものを着回したいと思っている人も多いのではないでしょうか。

皆が同じ小学校や中学校に進むなどの場合ですと、全く同じなのは避けたいところですが、実際にはよほどのことが無い限り、他の母親や父親のファッションは覚えていないことが多いです。そんなこともあり、案外同じスーツを着回している人も多いです。

最近では3点セットでジャケットが2枚付いているものもありますし、スーツが同じでもインナーやアクセサリー・小物を変えるだけで印象はガラッと変わります。

学校別にみる入学式の服装

小学校

まだあどけなさの残る小学校の入学式は、万感の思いで迎える親御さんが多いでしょう。そんな小学校の入学式ならではの服装として挙げられるのは、男の子のズボンです。中学生以降のズボンは足首までの長ズボンになりますが、小学生の男の子とズボンは膝丈や7分丈などの半端丈が多いです。

長ズボンのセットスーツも出てきてはいますが、長ズボンは丈を合わせないといけませんし、半端丈の方が動きやすいし何より可愛いのでです。

中学校