Search

検索したいワードを入力してください

ハローワークに行く際の服装・持ち物|説明会/模擬面接/就活支援セミナー

Author nopic iconザムトン
カテゴリ:ビジネスファッション

初回公開日:2017年10月07日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月07日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

ハローワークに行く際の服装・持ち物|説明会/模擬面接/就活支援セミナー

ハローワークへ行く時はどんな服装がいい?

若い人たちは、ハローワークという場所へ行ったことのない人も多いでしょう。英語でも勉強する場所なのかと勘違いするような名前ですが、実際は国民に安定した雇用を確保させる目的の「仕事を探す場所」施設です。

ハローワークでは、基本的には求人を探すのですが、そのほかにも、説明会、セミナー、模擬面接なども行われています。そんな場所へ普段着で出かけていくのはどうなのだろうという疑問が湧いてくるはずです。

ハローワークへ行く時の服装で迷う方もいるでしょうが、ハローワークの職員から何もいわれることはないので、面接など企業側の方と会うとき以外は、基本的には普段着で構いません。しかし、あまりにもだらしのない常識外れな服装は考えものです。ボロボロのジーパンに、首の部分が伸び切ったようなTシャツというような服装はやめておきましょう。

ハローワークへ行く時の持ち物は何が必要?

ハローワークへ行く時は何を持っていけばいいのでしょうか。単に求人の閲覧で訪れるだけの場合は手ぶらで大丈夫です。ただあった方がいいものは、履歴書、メモ帳、筆記用具です。

初めての方は、求職申し込み書という書類に記入して登録を行わなければなりません。ここには、個人情報などを記入しなければならないので、履歴書があると、職歴や学歴などスムーズに書くことができます。雇用保険の申請なら、前の会社からの「離職票」が必要でしょう。

状況によって服装は異なるの?

ハローワークでは、さまざまなイベントやプログラムがあります。ただ求人を探しに行くだけなら、普段着でいいのですが、説明会や模擬面接、就職支援セミナーなどではどうでしょうか。服装には、TPOというものが重要です。

ここでは、説明会、模擬面接、セミナーと3つの状況における服装について説明しましょう。

説明会での服装は?

ハローワークでは多種多様な説明会が開催されています。就職説明会、面接説明会、合同企業説明会などがあります。これらは、民間企業の方々に直接質問をしたり、面接を行ったりすることもあるので、服装はフォーマルなものを心がけましょう。ハローワークの職員が相手ではないのです。

具体的な服装ですが、上下リクルートスーツがいいでしょう。ネクタイをしっかり締め、靴やかばんもフォーマルなものにしましょう。ネクタイの締め方がわからない場合は、知っている家族や知り合いに教えてもらっておいてください。

ひげを剃ったり、髪を結んだりして身だしなみを整えることが大切です。企業が参加するかどうかは、説明会のパンフレットなどに記載されているはずなので、もし、企業が参加するようなら面接本番のような服装と心構えで臨みましょう。

模擬面接での服装は?

ハローワークでは、面接対策として模擬面接を行ってくれるところもあります。面接練習はハローワークの職員が面接官役となり、本番の面接のシミュレーションを行い、良い点や改善点などのアドバイスがもらえます。

服装ですが、本番同然に望むのが理想です。練習でしっかりやっておかないと、本番でうまくいくはずがありません。リクルートスーツを着て行きましょう。ハローワークの職員さんも、相手が普段着で気持ちがいいはずがありません。

最後に、模擬面接のないハローワークもあるので、あらかじめ最寄りのハローワークへ問い合わせて確認しておきましょう。

就職支援セミナーでの服装は?

就職支援セミナーは、ハローワーク主催と企業が主催するものがありますので、開催に関しては最寄りのハローワークへ問い合わせてみましょう。

ハローワーク主催であれば、服装は普段着でもいいのですが、セミナーの内容をしっかり確認しておきましょう。履歴書の書き方のセミナーなどはいいのですが、面接セミナーなどはやはりスーツで行くべきでしょう。言わずもがな、企業が主催するものは、スーツを着用しましょう。

ハローワーク職員に対しても、企業関係者に対しても第一印象というのが非常に大切です。その印象はかなり相手に植え付けられます。ハローワークの職員さんも相手がリクルートスーツで来ればその本気さが伝わるはずです。そうなれば、職員さんもその気持ちを汲んでくれて、支援やアドバイスを喜んでしてくれるはずです。

新卒必見!新卒のハローワークの服装は?

新卒には新卒向けのハローワークがあります。新卒応援ハローワークというものです。あなたの住所の最寄りのハローワークに問い合わせて確認してみてください。新卒応援ハローワークは、国営で特にこれといって手続きは必要なく、使用料もかかりませんので、大いに活用しましょう。

服装についてですが、単に利用するだけの時は、普段着で何の問題もありません。ただし、企業によってはすぐに面接に向かうような指示される場合もあるので、常にスーツを着用して行く方が無難でしょう。

また、新卒応援ハローワークでは、各種のセミナーが開催されています。プログラムは地域によってさまざまなので確認してみましょう。就職活動に関する適性検査やカウンセリング、模擬面接やマナー講座など内容は充実しています。

セミナーの内容によっては、普段着でも問題ないですが、説明会、模擬面接、マナー講座などではスーツ着用が望ましいでしょう。髪型やひげ、靴の汚れなど普段から身だしなみに気を付けることを習慣付けておきましょう。

初めてのハローワーク!服装は?

初めてのハローワークは不安なものです。「どんなところだろう?」「職員さんは親切に対応してくれるかな?」など心配はあるでしょうが、気負うことなく気軽な気持ちで向かいましょう。

服装については、「スーツにしようか?私服にしようか?」と迷うところですが、スーツでバッチリと決める必要はありません。仮に初日に面接を受けたい企業が見つかり、紹介状をもらうことになっても、即日面接ということはほとんどないからです。

もし企業側がどうしてもその日に面接させて欲しいと相談してきたら、素直に断ればいいのです。断ったからといって評価が下がることなどほとんどないです。

ハローワークの職員さんに対して服装に気を遣ってしまう方であれば、スーツを当然着るべきでしょう。そのような心構えは、職員さんもうれしいでしょう。ただ、ハローワークの職員さんの立場で考えるのは、大切なことです。

自分がその立場で、あまりにラフでいい加減でだらしのない服装をしていたらどうでしょうか。企業へ応募を橋渡ししてくれるのは、職員の方なので、あまり失礼のない服装を心がけましょう。

ジャージやサンダルなんていいの?