Search

検索したいワードを入力してください

【レディース・メンズ別】気温24度の服装|春/秋/夜

Author nopic iconuruka
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年10月14日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月14日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【レディース・メンズ別】気温24度の服装|春/秋/夜

メンズ・レディース別の気温24度の日に服装

日中の気温が24度といえば、半袖でも長袖でも過ごせる、過ごしやすい気温です。その日の最低・最高気温予測も参考にして、最適な服装を選ぶようにしましょう。

気温24度は、半袖と長袖の切り替えにあたる気温なので、気温だけを目安に服装選びをすると、失敗することがあります。出かける前に一度外へ出て、自分の体感温度を確認してみることも大切です。

気温24度よりも高い気温になる可能性がある日なのか、逆に24度あたりが最高となるのかによっても、服装選びは変わります。男女ともに、複数の重ね着をして、気温に応じて半袖でも長袖でも過ごせるように、調整可能な服装を選んでおくのが無難です。

春の気温24度

春というのは、冬から夏への過渡期なので、今まで寒かった気温がだんだんあがっていきます。身体は低い気温に慣れているので、気温が24度に達すると「暑い」と感じます。

そのため、春に気温が24度になる日は、夏よりの服装の方が快適に過ごせます。男女ともに、半袖で過ごすことができるでしょう。季節の変わり目であることを考慮して七分袖の有数スを選んだり、女性であればニットアンサンブル・ツインニットなども適しています。

男性も、半袖で不安であれば薄めのジャケットやパーカーを持つとよいでしょう。

秋の気温24度

秋は、春とは逆に、身体が暖かい気温になれている状態から、気温が低くなっていくので、24度という気温も肌寒いくらいに感じます。秋の気温24度の日の服装は、半袖や薄い長袖のカットソーで快適に過ごせますが、体感温度が変わったときのために、羽織るものは持参した方がよいでしょう。

春の気温24度のときの服装よりも、薄物1枚加えたくらいの服装が最適です。コートを持ち出すほどではありませんが、レディースの服装としては、薄手の夏・秋用カーディガンがあると便利です。メンズもスウェット素材のカーディガンや薄いパーカーがあると便利です。

夜の気温24度

熱帯夜の基準が気温25度なので、夜になっても24度ある日というのは、結構暑いと感じます。日中に温められた空気が、冷め切らない状態なので、服装は薄着で大丈夫です。夜に気温が24度ある場合は、よほど寒がりでない限り、上に羽織るものも不要です。

男女ともに、半袖の有数スに夏用のボトムスで過ごせます。

最高気温が24度のときの服装

最高気温が24度の日は、暑すぎず、寒すぎず、過ごしやすい日と言えます。ただ、最高気温が24度でも、最低気温が低いなど、寒暖の差がが予想される場合は、最低気温も考慮した服装で出かける必要があります。

安定して1日中24度くらいで過ごせるのであれば、”出かける前の体感に応じた服装”で出かけても、問題ありません。時間ごとの気温予報も気にして、朝の天気予報を見てください。1日の中で、寒暖差がある場合は、最低気温と最高気温を意識した服装にする必要があります。

気温が24度の時期の、基本的な服装は、「暑さ」を意識した薄着で、「寒さ」に備えた上着が羽織れる状態がベストです。

最低気温が16度予想の日

最高気温が24度、最低気温が16度という予報が出ている日は、コートがあったほうが安心できます。特に秋の16度は、今まで暖かい日だったところから、肌寒い温度に変わるので、「寒い」と感じます。

最低気温が16度にも関わらず、最高気温が24度になると、体感温度は24度より高いと感じるはずです。「暑さ」にも対応できる服装を考えましょう。

このような寒暖の差がある日は、重ね着を心がけましょう。レディース・メンズとも、半袖の有数スにカーディガンやパーカーを重ね、春秋用のコートを持ちます。ボトムスは、春秋物か、生地のしっかりした夏物、薄めの冬物を選びます。

有数スは重ね着で、温度調整できるような服装を選び、ボトムスは簡単に温度調節ができないので、寒暖どちらにも偏らない服装を選びます。

日中温度が18度程度の日

最高気温が24度でも、日中温度が18度程度の場合は、半袖はやめておきましょう。長袖の方が過ごしやすいと感じる気温です。

最高気温の24度に備え、長袖から少し軽い服装に変われるようなものを選びます。袖をまくれば、風通しが良くなって、気温24度に耐えられるような長袖カットソーを着たり、半袖の上にカーディガンや薄手のニットを着て、暑くなったら脱ぐといった調節です。

また、最低気温の予報にもよりますが、日中18度で最高気温が24度の日であれば、コートは用意しなくても大丈夫でしょう。重ね着としてカーディガンやパーカーを準備しておいて、日中の気温の変化に応じて、調節しましょう。

天気別の気温24度に服装

気温24度は、半袖と長袖の境目の気温と言われています。また、同じ気温でも、晴れの日と雨の日では体感温度が5度以上違って感じるようです。湿度や風の強さによっても体感温度は変わるので、服装選びの際に考慮する必要があります。

24度の気温なら、日差しの強い日や湿度の高い日は薄着の服装で過ごすことができます。逆に冷たい風の吹いている日は、同じ気温24度でも長袖や風除けの上着が必要になります。

気温24度の基本的な服装は、半袖か薄めの長袖ですが、その日の体感温度によって羽織るものも持参するかどうか選択するようにします。羽織るものを持つ場合は、その素材や厚みで「寒い」と感じたときに対処できるようにしておきます。

気温24度の晴れ日