Search

検索したいワードを入力してください

【メンズ・レディース別】スキー・スノボのネックウォーマーの付け方

Author nopic icontommie
カテゴリ:コーディネート

初回公開日:2017年09月22日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

【メンズ・レディース別】スキー・スノボのネックウォーマーの付け方

スキーの場合

スキーでネックウォーマーを着用する際には、上着を着る前に着用し、ネックウォーマーが上着の内側に入るようにしましょう。ネックウォーマーが上着の外側に出てしまうと、寒い空気が直接首に当たったり、上着の内側に入ってしまいます。

また、スキーの最中にはストックを握っているため、動いていてもずれにくいタイプのものを選びましょう。紐付きタイプやボタンタイプのもので、自分に合った位置につけれるものが良いでしょう。スキー用にデザインされたものは、顔や首に密着するようになっているのでです。

スノボの場合

スノボの場合にも、スキーの場合と同様にネックウォーマーが上着の内側に来るように着用しましょう。また、顔に冷たい空気が当たらないようにゴーグルのすぐ下あたりまでネックウォーマーで覆います。この付け方をする際は、位置が調整しやすい紐付きタイプのものや頭からそのままかぶるタイプがつけやすいです。

スノボはスキーとは違い、動いている最中には両手があいています。そのため、動いているときにネックウォーマーが多少ずれても直しやすいのですが、あまり頻繁にずれると滑りに集中できず危険です。スノボの場合でも、あまりずれないものを選びましょう。

ネックウォーマーを付けこなしてスキー・スノボを楽しもう

ネックウォーマーは、寒い雪山で行うスキーやスノボには欠かせないアイテムです。紐付きタイプやボタンタイプ、デザイン、色、素材などからさまざまなものがあります。自分に合った素材やサイズ、自分の好みのデザインのネックウォーマーを選んで、しっかりと防寒できる付け方をし、スキー・スノボをさらに楽しくしましょう。