Search

検索したいワードを入力してください

斜め前髪の作り方・セットの方法・セルフカットする方法

Author nopic iconERI
カテゴリ:ヘアスタイル

初回公開日:2017年10月25日

更新日:2020年08月21日

記載されている内容は2017年10月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

斜め前髪の作り方・セットの方法・セルフカットする方法

斜め前髪の作り方・セット

女性にとって、髪型は時にファッションよりも重要な役割を果たします。その中でも、もっとも重要な位置づけとして認識されているのが、前髪です。ただ切った前髪を下しているだけでは、とてもおしゃれな髪型とは言えません。

今回は、今トレンドとして注目を集めている斜め前髪を上手にセットする方法や、セルフカットの方法など、多岐にわたって斜め前髪の情報をご紹介していきます。

斜め前髪の作り方・セット【アイロン編】

ツヤツヤの美しいヘアスタイルを完成させるために使用するアイロンですが、このアイロンを使って、斜め前髪を上手に作ることができます。アイロンは、髪の毛を挟んでそのまま流れに沿っておろすだけで、簡単に髪の毛を流すことができます。この力を利用して斜め前髪を作るのは、想像以上に簡単なので、難易度も低く、初心者の人にもです。

まず斜め前髪にするために流したい部分の前髪をアイロンで挟み、根元を少し立ち上げながら流す方向にアイロンをスライドさせます。その後、反対側の前髪も、逆方向に流すようにアイロンを滑らせましょう。この時、反対側の前髪に関しては根元を立ち上げないことがポイントです。

斜め前髪の作り方・セット【コテ編】

ふんわりと髪の毛を巻くために使用するイメージの強いコテですが、このコテを使って変わり足イメージの斜め前髪を作ることができます。普段ロングヘアで小手を使って髪の毛を巻いているという人は、わざわざ斜め前髪を作るためだけにアイロンを購入することに対して、気が引けてしまいます。そんな人でも、コテさえあれば簡単に斜め前髪を作ることができますよ。

コテを使って作る斜め前髪は、アイロンとは違い、表面の動きを演出できるのがポイントです。先ほどご紹介したアイロンでの前髪の巻き方同様、流したい部分の前髪を、コテで挟んで内巻きにしましょう。

残りの前髪に関しては、コテを使って巻かずにそのままにしておくか、前髪専用のピンなどで固定しておくことをします。そして前髪の流したい部分を一度内巻きにし終えたら、その後表面の毛を取り、再度コテで巻きます。すると、表面に動きのある、ふんわりとした立体的な斜め前髪が完成するので、ぜひ試してみてください。

斜め前髪の作り方・セット【ピン編】

アイロンやコテを使っても上手に斜め前髪が作れないと悩んでいる人は、見た目がおしゃれで、そもそも前髪を固定することのできる、ピンを使う方法をします。ピンを使って斜め前髪を作る方法は、やり方を失敗してしまうとふくる際印象になってしまうので要注意です。

ピンを使って斜め前髪を作る中で、もっとも簡単にできるのが、流したい前髪を手で撫でつけて、その最後にピンを止める方法です。この時ふんわりした印象に見せたいのであれば、先にご紹介している、アイロンやコテを使ってあらかじめ前髪にクセをつけておく必要があります。

そうでない場合には、たいてい前髪を流してその最後にピンを止めるだけで、簡単に斜め前髪が完成するので、ぜひ試してみてください。この時、飾りのないアメピンを使用するのではなく、さりげなく飾りがついているタイプのものを使用すると、おしゃれに見えるのでよいでしょう。

飾りのないアメピンを使用するのであれば、表から見たときにピンが見えないような工夫が必要になってきます。

斜め前髪の作り方・セット【カーラー編】

アイロンやコテは肌に触れてしまったらやけどをしてしまうし、第一電源を入れる手間が面倒。でも、ピンで固定するのも気分じゃない。そんな人に挑戦してみてほしいのは、カーラーを使って作る斜め前髪です。

カーラーにもさまざまな種類がありますが、マジックカーラーという、全面がマジックテープのざらざらしているものでできているアイテムだと、テクニックいらずで簡単に斜め前髪を作ることができます。

カーラーを使って斜め前髪を作ると、空気感を含んでふんわりするだけでなく、ナチュラルな見た目に仕上がることもポイントの一つです。いかにもセットしました、という見た目は苦手な人も、きっとカーラーで作る斜め前髪は好きになれるはずです。

顔を洗ったり歯を磨いたり、メイクをしたりなど、朝の支度の間にカーラーを使って前髪を巻いておけば、外出するまでにキレイな斜め前髪を作ることができます。

斜め前髪をセットする際の巻き方

では、どのような巻き方でふんわりとしたかわいらしい斜め前髪を作ることができるのでしょう。ここまででご紹介したアイテムを使ったそれぞれの巻き方をご紹介していきます。

アイロンを使った斜め前髪の作り方

では、さっそくアイロンを使って斜め前髪を作る方法をご紹介します。まず、前髪と再度の髪の毛を区別するために、ダブルピンなどを使って、両サイドの髪の毛をしっかりととめておきましょう。アイロンで斜め前髪を作る作業に慣れてきたら、この工程は省いても良いでしょう。

そして次に、あらかじめ電源を入れておいたアイロンで、斜め前髪にしたい部分の前髪を挟みます。根元からはさんだら、そのまま前髪を流したい方向にスライドさせましょう。これだけでOK。とても簡単です。

コツは、何度もアイロンを通さず、一度で済ませること。何度も前髪にアイロンを通してしまうと、逆に失敗のもとになってしまうので要注意です。ただ一度さっとアイロンを通すだけで、斜め前髪が完成するので、この手軽さからアイロンを愛用している人が多いと言えます。

コテを使った斜め前髪の作り方

次に、コテを使って斜め前髪を作る方法をご紹介します。コテも、アイロン同様電源を入れておいたコテを使って、前髪を通す方法です。

両サイドの髪の毛をダブルピンなどで固定し、流したい部分の前髪だけを巻くように工夫をし、コテで挟んで流したい方向に流すところまでは、アイロンと同様です。
では、コテとアイロンはどのような違いがあるのでしょう。
それは、仕上がりの雰囲気と巻く回数です。

アイロンの場合には、流れるような斜め前髪を、一度まくだけで作ることができました。一方アイロンは、何度かに分けて巻くことで、より立体感のあるふんわりとした斜め前髪を作ることができます。

例えば、前髪を二層に分けて巻くとしましょう。その際、まずは冗談の前髪をダブルピンで上に挙げるなどしてとめておき、下段の前髪を巻きます。その後、ダブルピンを取って冗談の前髪を巻けば、厚みがありつつも空気を含んだ立体的な前髪に仕上がります。

他にも、斜め前髪にしたい部分の前髪を縦に三つにブロッキングし、まず中央を巻いて、その後両サイドを順番に巻いていくという方法もです。前髪が長い人や、ふんわりとしたかわいらしい雰囲気に仕上げたい人は、アイロンよりもコテで作る斜め前髪のほうがこのみな仕上がりになるでしょう。

ピンを使った斜め前髪の作り方